膵島移植とは

血液中のブドウ糖(血糖)の濃度調節に重要な役割を果たしている膵島組織を膵臓から分離し、重症インスリン依存状態糖尿病患者に移植する細胞組織移植療法です。

膵島移植は、インスリン依存状態糖尿病でご本人の膵臓からインスリンが分泌されておらず
内科的なインスリン治療や食事・運動療法をしても重症低血糖発作を起こしたり、
血糖値のコントロールが困難な方が適応となります。

膵島組織はその直径が0.1〜0.5マイクロメーター(1ミリの10分の1から2分の1の長さ)です。1回の膵島移植では、総体積にして約10mlの膵島組織を肝臓の門脈の中に移植します。大がかりな手術を必要とせず、通常は局所麻酔によって経皮経肝的に門脈内に留置した管(カテーテル)を通して点滴の要領で膵島組織を注入することによって行われます。
このように膵島移植はそれを受ける患者にとって身体的負担が低いものとなっています。

Islet Tx

この膵島移植はカナダ、エドモントンにあるアルバータ大学によって確立されました。
彼らは、複数(2人から3人)の脳死ドナー(組織提供者)から分離した膵島組織を比較的短期間に、ひとりの1型糖尿病患者に移植するという膵島移植を7人の1型糖尿病患者に対して行い、その7人全員がインスリン離脱(正常血糖値を維持するのにインスリン注射が不要である状態)となったとの結果を得ました。この臨床治験が2000年に著名医学雑誌に報告され、それを契機として、膵島移植が世界に普及しました。
最近、このアルバータ大学から膵島移植後5年間の成績が発表されました。
それによりますと、インスリン離脱率は移植後1年では80%を越えていますが、3年経つとおよそ24%に減り、5年経つと約10%となります。(図1)しかしながら、移植膵島からのインスリン分泌の指標となるC-ペプチドの陽性率は5年を経ても80%を超えています。また、インスリン注射が再び必要となった場合も内因性のインスリン分泌がある限りは血糖の安定化を得ることができることも報告されました。すなわち、ほとんどの患者において移植した膵島は徐々にその働きは落ちていくが、少なくとも5年間は存在し、血糖の調節に大きく貢献することが分かりました。

IndexFigures

この発表から、現在では膵島移植は内因性のインスリン分泌が枯渇し血糖不安定性をもつインスリン依存状態糖尿病患者にとって、血糖の安定性を得るには非常に効果的かつ安全性の高い治療法であると認識されています。しかしながら、インスリン離脱を目標とした場合、現在の技術では、複数回の移植が必要であること、長期間の維持が困難であるなどの限界があります。