●HOME > 病院概要/患者の権利と職業倫理 > 京大病院の医の倫理綱領

病院概要

患者の権利と職業倫理

京大病院の医の倫理綱領

医学および医療は,病める人の治療はもとより,人びとの健康の維持もしくは増進を図るもので,医療者(医師、看護師、コメデイカルスタッフなど)は責任の重大性を認識し,「人を愛する」ことを基本にすべての人に奉仕するものである。

  1. @ 医療者は生涯学習の精神を保ち,つねに医学の知識と技術の習得に努めるとともに,科学としての医学の進歩・発展に尽くす責務がある。したがって、医療者の医療における言葉と行動にはつねに個人的責任を伴う。
  2. A 医療者は互いに協力して、医療を受ける人びとの人格を尊重し,やさしい心で接するとともに,医療内容についてよく説明し,信頼を得るように努め、患者の視点にたって医療行為を行わなければならない
  3. B 医療者は、患者自らが判断できインフォームド・デイシジョンを行えるよう、情報を正しく伝え,患者の健康と安全を守る義務がある。また、患者自身も質の高い医療を受けるため、患者自身の健康状態に関する正確な情報を提供しなければならない。
  4. C 医療者は医療の質を恒常的に向上させる義務を負う。医療の質には,医療過誤防止・過剰診療抑制・アウトカムの最適化、被験者保護が含まれる。
  5. D 医療はしばしば身体に対する侵襲を伴う。人の生命の複雑性及び多様性ゆえに,医療は本質的に不確実である。医療者は、医療が有害になりうること,医療にできることには限界があることを自覚してつねに謙虚な態度で診療にあたる。
  6. E 医療過誤については,患者に速やかに情報開示することが重要であるだけでなく,過誤の報告・分析体制についても整備しなければならない。決して虚偽の説明や,診療録への虚偽の記載をしてはならない。
  7. F 医療者は医療の公共性を重んじ,医療を通じて社会の発展に尽くすとともに,法規範の遵守および法秩序の形成に努めなければならない。
  8. G 医療者はこの職業の尊厳と責任を自覚し,教養を深め,見識を高めるように心掛け、けっして患者の弱い立場を悪用してはならない。
  9. H 医療者は、医療情報の電子化や遺伝子診断の技術が進むなか、患者のプライバシーを厳守しなければならない。
  10. I 医療者は互いに尊敬し,医療関係者と協力して医療に尽くすとともに、医師を含むすべての医療従事者が例外なくその能力・適性を維持するための仕組みを作らなければならない。
  11. J 医療者は、患者が平等に医療行為を受けられるように努めなければならない。
  12. K 医療者は医療行為を実施するにあたって営利を目的としない。また、保険会社や製薬・医療機器企業などの営利企業との関係が,本来の職業的責務に影響する恐れがあることを認識するだけでなく,「利益相反 (conflict of interests)」に関する情報を開示する義務がある。
  13. L 本院は一般診療と同時に先端医療開発を遂行する責務があり、また医療者の育成をも行っている。医療者はこのことを十分に理解して、患者の協力が得られるように努めなければならない。
  14. M 診療録の開示義務:正当な理由に基づき、患者本人から診療録の開示請求があった場合は、原則として「診療録開示請求に対する基本方針」に則り診療情報提供を行わねばならない。
ページのトップへ [PageTop]
京都大学医学部附属病院 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 TEL.075-751-3111(代表)
※病気や健康法に関するご質問などにお答えすることはできませんのでご了承ください。