医学部卒業後2年間初期研修を受けたのち、卒後3年目に京大専門修練(麻酔科)プログラムの一つとして、麻酔科における専門研修を始めていただきます。

 麻酔科医師としての初期専門研修をどこで行うべきでしょうか。大学病院には難治症例や重症例が集まっています。麻酔科、周産期医学の専門家のみならず、他の科の専門家から学ぶ機会に恵まれています。診療における自分の考えを多くの先輩の意見によって確認したり、あるいは訂正することができます。つまり大学には数多くの多様な考えを持った人たちがいて、最も客観的な思考が養える場であります。私たちは、この大学における恵まれた教育環境を十分に活用して、入局1年目(卒後3年目)における麻酔科の専門教育を行います。