業 績(細胞プロセシング 関係のみ)


  論文(原著、総説、著書など)

 
笠井泰成、三浦康生、前川 平.細胞治療と臨床検査.臨床検査 59(13):1504-1509, 2015
 
笠井泰成、前川 平.再生医療の現状と最前線 - 細胞調整施設の概要と運営.整形・災害外科 56(5):451-459, 2013
 
戸口田淳也、青山朋樹、柿木良介、笠井泰成.再生医療の現状と最前線 - 間葉系幹細胞を用いた骨壊死治療法の開発.整形・災害外科 56(5):533-539, 2013
 
戸口田淳也、青山朋樹、後藤公志、柿木良介、笠井泰成.大腿骨頭無腐性壊死症に対する細胞治療.日本臨床 69(12):2225-2230, 2011
 
Kitawaki T, Kadowaki N, Fukunaga K, Kasai Y, Maekawa T, Ohmori K, Kondo T, Maekawa R, Takahara M, Nieda M, Kuzushima K,Ishikawa T, Uchiyama T.: A phase I/IIa clinical trial of immunotherapy for elderly patients with acute myeloid leukemia using dendritic cells co-pulsed with WT1 peptide and zoledronate. Brit J Haematol 153: 796-799, 2011
 
青山朋樹、笠井泰成、上田路子、井沼俊明、高橋 稔、海平和男、山田 実、戸口田淳也、前川 平.再生医療に用いる生体由来物搬送容器ユニットの開発.バイオインダストリー 28(5):29-34,2011
 
Kitawaki T, Kadowaki N, Fukunaga K, Kasai Y, Maekawa T, Ohmori K, Itoh T, Shimizu A, Kuzushima K, Kondo T, Ishikawa T, Uchiyama T.: Cross-priming of CD8(+) T cells in vivo by dendritic cells pulsed with autologous apoptotic leukemic cells in immunotherapy for elderly patients with acute myeloid leukemia. Exp Hematol 39: 424-433, 2011
 
笠井泰成. 細胞プロセシングセンター(CPC)における臨床検査技師の役割‐細胞治療の臨床応用に向けて. 検査と技術 38:1246-1249,2010
 
青山朋樹、笠井泰成、上田路子、前川平、中村考志、戸口田淳也. 大腿骨頭無腐性壊死症に対する自己骨髄間葉系幹細胞を用いた臨床試験:細胞調整の安全性管理体制に関して. 再生医療 9:25−31,2010
 
Kitawaki T, Kadowaki T, Fukunaga K, Kasai Y, Maekawa T, Ohmori K, Maekawa R, Takashige K, Nieda M, Yokokawa K, Itoh T, Shimizu A, Tada H, Kuzushima K, Ishikawa T, Uchiyama T.: Phase I/II aclinical trials of dendritic cell-based immunotherapy for acute myeloidleukemia in elderly patients using autologous apoptotic leukemic cells or aheteroclitic WT1 peptide as antigens. Brit J Haematol (in press, 2010)
 
Ito K, Aoyama T, Fukiage K, Otsuka S, Furu M, Jin Y, Nasu A, Ueda M, Kasai Y, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T, Kobayashi A, Yoshida S, Niwa H, Otsuka T, Nakamura T, Toguchida J.: A novel method to isolate mesenchymal stem cells from bone marrow in a closed system using a device made by non-woven fabric. Tissue Eng Part C Methods. 16: 81-91,2010
 
西川昭子、村山敏典、前川 平.産業界のためのガイダンスヒトの細胞,組織,および細胞・組織製剤−(HCT/P)に関する規制小規模事業所の準拠ガイド.臨床評価36(Suppl XXVI): 183-196,2009
 
西川昭子、村山敏典、前川 平.産業界のためのガイダンスヒトの細胞,組織,および細胞・組織製剤−(HCT/P)のドナーの適格性判断.臨床評価36(Suppl XXVI): 197-256,2009
 
西川昭子、村山敏典、前川 平.産業界のためのガイダンス―第T相研究新薬のためのCGMP (Guidance for Industry - CGMP for Phase 1 Investigational Drugs).臨床評価36(Suppl XXVI): 257-273,2009
 
前川 平.開発段階に応じたGMP規制(stepwise approach, フェーズ1GMP)の重要性─アカデミアにおけるトランスレーショナルリサーチ推進のために─ .臨床評価36(Suppl XXVI):274,2009
 
笠井泰成、前川 平:細胞プロセシングセンター.「歩みつづける細胞移植療法の実際 −再生医療の実現に向けた科学・技術と周辺要素の理解−」、遺伝子医学MOOK(田畑泰彦 編集)、メディカル ドゥ社、大阪、pp.226-230, 2008
 
Kitawaki, T., Kadowaki, N., Kondo, T., Ishikawa, T., Ichinohe, T., Teramukai, S., Fukushima, M., Kasai, Y., Maekawa, T., Uchiyama, T.: Potential of dendritic cell immunotherapy for relapse after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation, shown by WT1 peptide- and keyhole limpet hemocyanin-pulsed, donor-derived dendritic cell vaccine for acute myeloid leukemia. Am J Hematol. 83:315-317, 2008
 
笠井泰成、前川平:本邦における安全な細胞療法の実施に向けて.血液フロンティア、18(1): 69-73, 2008
 
Kitawaki, T., Kadowaki, N., Kondo, T., Ishikawa, T., Ichinohe, T., Kuzushima, K., Teramukai, S., Fukushima, M., Kasai, Y., Maekawa, T., Uchiyama, T.: WT1 peptide-pulsed, donor-derived dendritic cell therapy for a relapse of acute myeloid leukemia after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: a case report. Int J Hematol(in press 2007)
 
笠井泰成、前川平:再生医学のいま 臨床応用に向けて−その基盤整備の重要性−.治療、89(10): 2888-2893, 2007
 
笠井泰成、中川陽子、松岡玲子、芦原英司、木村晋也、前川平:再生医療分野における海外動向.再生医療に用いられる細胞・再生組織の評価と安全性(大串 始 監修)、シーエムシー出版、東京、pp.288-303, 2007
 
Maekawa, T.: How to comply with cGMP during early phase of translational cell therapy at academia. Clin Eval 33(3):569-578, 2006
 
西川昭子、村山敏典、笠井泰成、前川 平、福島雅典:産業界、試験責任医師、および審査官のためのガイダンス―探索的IND試験-(邦訳).臨床評価、33(3): 583-602, 2006
 
江副幸子、村山敏典、西川昭子、笠井泰成、川真田伸、中村憲正、福島雅典、前川 平:産業界のためのガイダンス.INDs - 第・相試験におけるCGMPに準拠したアプローチ(邦訳).臨床評価、33(3): 603-624, 2006
 
前川 平:探索的臨床試験に求められるGMP基準とは.臨床評価、33(3):625-627, 2006
 
前川 平:アカデミア発CGMPへの挑戦・1- CPC構造設備基準と探索臨床用CGMPの普及に向けて.臨床評価、33(3): 629-640, 2006
 
笠井泰成:GMP/GLP/GCP. 分子細胞治療、5(4): 374-375, 2006
 
Matsumoto, S., Okitsu, T., Iwanaga, Y., Noguchi, H., Yonekawa, Y., Nagata, H., Yamada, Y., Fukuda, K., Seino, Y., Shibata, T., Kasai, Y., Maekawa, T., Tanaka, K.: Successful islet transplantation from non-heart-beating donor pancreata using modified Ricordi islet isolation method. Transplantation, 82(4):460-465, 2006
 
Okitsu T, Matsumoto S, Iwanaga Y, Noguchi H, Nagata H, Yonekawa Y, Maekawa T, Tanaka K : Kyoto islet isolation method: the optimized one for non-heart-beating donors with highly efficient islet retrieval.Transplant Proc, 37:3391-3392, 2005
 
笠井泰成、前川 平:これからの臨床検査技師教育を考える−期待される活動領域と技師教育:高度先進医療部門.臨床検査、49(8):872-873, 2005
 
Matsumoto S, Okitsu T, Iwanaga Y, Noguchi H, Nagata H, Yonekawa Y, Yamada Y, Fukuda K, Tsukiyama, K., Suzuki, H., Kawasaki, Y., Shimodaira, M., Matsuoka, K., Shibata T, Kasai Y, Maekawa T, Shapiro AMJ, Tanaka K.: Insulin independence after living-donor distal pancreatectomy and islet allo-transplantation. The Lancet, 365(9471): 1642-1644, 2005
 
前川 平:末梢血幹細胞移植ドナーの安全性を確保するために.綜合臨床、54(3):488-490, 2005
 
Maekawa, T., Kimura, S., Kasai Y: Development of novel advanced cell and gene therapy and GMP-controlled cell processing. JMAJ, 48(2):1-4, 2005
 
山田祐一郎、松本愼一、福田一仁、濱崎暁洋、小倉雅仁、松岡啓子、藤本新平、興津 輝、岩永康裕、野口洋文、米川幸秀、永田英生、柴田登志也、笠井泰成、前川 平、清野 裕、田中紘一:心停止ドナーからの膵島移植によってインスリン離脱した1型糖尿病の一症例.糖尿病、47(12):945-950, 2004
 
笠井泰成、前川 平:細胞プロセッシングとGMP.臨床検査,48(10),1141-1146,2004
 
笠井泰成、前川 平:細胞治療・再生治療開発に関するレギュレーションと細胞プロセシング.「再生医療へのブレイクスルー-その革新技術と今後の方向 性」、遺伝子医学MOOK(田畑泰彦 編集)、メディカル ドゥ社、大阪、pp.245-250, 2004
 
阿部 充、木村 剛、木村晋也、前川 平:治療的血管新生療法と輸血部門の役割.臨床医、30(10):1900-1902, 2004
 
前川 平、笠井泰成:細胞治療・再生治療とトランスレーショナル・リサーチ −輸血部門の変革を求めて−.日本内科学会雑誌、93(7): 1404-1410, 2004
 
黒田純也、木村晋也:ドナーリンパ球輸注療法.日本内科学会雑誌、93(7): 1392-1397, 2004
 
前川 平:先端医療開発と臨床検査技師の大学院教育.臨床病理 52(5):430-434, 2004
 
興津 輝、松本慎一、岩永康裕、野口洋文、小林直哉、田中紀章、前川 平、田中紘一:臨床膵島移植のための膵島分離技術.再生医療(日本再生医療学会雑誌)、3(2): 81-89, 2004
 
前川 平:先端的細胞治療開発とGMP準拠細胞プロセッシング.日本医師会雑誌、131:911- 913, 2004
 
前川 平、木村晋也:末梢血幹細胞の動員.Hematology Insight、22-23, 2004
 
前川 平:細胞プロセッシングセンター.Hematological Malignancy Review 27:5-6, 2004
 
前川 平:先端医療開発に必要なGMP準拠細胞プロセッシング−Institutional GMP構築の必要性−.臨床血液、45: 32-38, 2004
 
Maekawa T.: Current good manufacturing practices (cGMP) controlled cell processing for the development of novel advanced cell and gene therapy. Education program book pp.43-48, 2003. The 65th Annual meeting of Japanese Society of Hematology and The 45th Annual meeting of Japanese Society of Clinical Hematology.
 
前川 平:細胞治療・再生治療などの先端治療開発に必要なGMP準拠無菌的細胞プロセッシング.低温医学、29: 103-107, 2003
 
前川 平:細胞治療・再生治療などの先端治療開発に必要なGMP準拠無菌的細胞プロセッシング−臨床医としての立場から−.PDA Journal of GMP and Validation in Japan), 5: 21-27, 2003
 
前川 平:細胞治療・再生治療開発に必要なGMP準拠無菌的細胞プロセッシング−わが国の現状−.医学のあゆみ、205(5):361-366, 2003
 
Maekawa, T.: GMP cell processing facilities in Japan- status quo-. ISCT Telegraft 10(1):6, 2003
 
前川 平:細胞治療・再生治療開発のためのGMP準拠細胞プロセッシング−品質確保に必要なインフラストラクチャー−. 臨床病理レビュー特集第122号  「最新 造血細胞移植とその実際手技」(原 宏 編)、臨床病理刊行会、pp.81-91, 2002
 
前川 平:輸血管理から先端医療開発へ−京都大学輸血部の取り組み−. 医学と薬学、48(2): 197-198, 2002






  学会、研究会発表

 
Kasai, Y. Nakagawa, Y. Matsuoka, R. Maekawa, T. : Establishment of Cell Processing Center for Advanced Cell Therapy in Kyoto University Hospital. Kyoto University 21st Century COE Symposium (Kyoto, Japan) (29th-30th June, 2007)
 
前川 平:細胞治療に関する探索的臨床試験とGMP準拠アプローチ.第2回細胞プロセシング運営セミナー(先端医療振興財団 臨床研究情報センター)平成18年9月2日 (2006年)
 
Maekawa, T. : Intelligently controlled cell processing is mandatory for the development of novel advanced cell and gene therapy (Invited lecture). 2006 Yonsei International Symposium of Laboratory Medicine (Eun-myeong Auditorium, Severance Hospital, Seoul, Korea) (8th June, 2006)
 
前川 平:輸血から先端医療開発へ − 京都大学の挑戦 −.京都大学医学研究科大学院教育 臨床研究コース講演(京都大学芝蘭会館別館)平成18年6月5日 
 
前川 平:先端医療開発と医の倫理(総合講義)平成18年度京都府立医科大学総合講義 平成18年5月31日
 
北脇年雄、門脇則光、近藤忠一、川村和子、田端淑恵、福永桂子、笠井泰成、内田百合香、中川陽子、木村晋也、前川 平、内山 卓:同種造血幹細胞移植後の急性骨髄性白血病再発に対するWT1ペプチドパルス・ドナー由来樹状細胞療法.第9回京都免疫ワークショップ学術集会プログラム「基礎及び臨床免疫学のクロストーク」(京都大学 芝蘭会館)平成18年4月1日
 
前川 平:細胞プロセシングとGMP-再生治療・細胞治療開発の隘路克服のために.第1回細胞プロセシング運営セミナー(京都大学第一臨床講堂)平成18年3月4日
 
Maekawa, T.: How to comply with cGMP during early phase of translational cell therapy at academia. 1st Franco-Japanese Translational Research Initiative (Kyoto, Japan) (24th February, 2006)
 
前川 平:輸血治療から先端医療開発へ ―京都大学の挑戦-(特別講演)京都府医師会学術講演会(京都、京都府医師会館)平成18年1月28日
 
前川 平:わが国における先端医療開発の隘路とその克服.2005年度第2回産学連携セミナー(21世紀COEプログラム「融合的移植再生治療を目指す国際拠点形成」、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻知的財産経営学コース、社団法人芝蘭会、京都大学「医学領域」産学連携推進機構 共催)(於 京都大学芝蘭会館)平成18年1月19日
 
前川 平:トランスレーショナル・リサーチ(TR)における院内製剤の安全性保証とCPCの役割.第2回CPCワークショップ(神戸) 平成17年3月25日
 
前川 平:細胞治療のトランスレーショナルリサーチに必要なインフラストラクチャー.第78回日本薬理学会年会 シンポジウム「トランスレーショナルリサーチと薬理学の役割」(横浜、パシフィコ横浜) 平成17年3月22日 
 
前川 平:アカデミアにおける先端医療開発とGMP準拠細胞プロセシング.第3回トランスレーショナルリサーチ研修会(神戸) 平成17年3月4日 
 
前川 平:輸血治療と先端医療開発の接点. 第15回鹿児島輸血医療懇話会(鹿児島) 平成17年2月19日 
 
前川 平:京都大学における先端医療開発への挑戦―細胞治療から分子標的治療まで― (特別講演).第6回細胞療法研究会(札幌) 平成17年1月15日 
 
前川 平:輸血治療から先端医療開発へ(特別講演).第15回日本臨床化学会近畿支部総会(京都) 平成16年12月18日
 
笠井泰成:京都大学CCMTの概要・運用・今後の展望.細胞プロセッシングセミナー(東北大学 艮陵会館) 平成16年11月26日 
 
笠井泰成、内田百合香、前川 平:細胞治療・再生治療開発における検査技師の活動(共).第11回日本輸血学会秋季シンポジウム(高松)シンポジウムII. 「細胞治療・再生治療などの先端医療開発における検査技師 の役割」 平成16年11月6日 
 
笠井泰成、内田百合香、中川陽子、一戸辰夫、門脇則光、松本慎一、木村晋 也、田中紘一、中畑龍俊、内山 卓、前川 平:細胞治療・再生治療開発における細胞プロセッシングセンターの役割(共).第66回日本血液学会総会、第46回日本臨床血液学会総会(京都)一般演題ポスター37「細胞療法・再生医療 細胞医療・新規開発薬」 平成16年9月18日 
 
前川 平:細胞治療のためのGMP準拠細胞プロセッシング指針 細胞組織医療機器等の製品化のための環境整備.再生医療の安全性確保と産業化基盤作りのためのキックオフ・ミーティング〜セルプロセッシング〜(大阪、大阪科学技術センター) 平成16年7月24日 
 
前川 平:再生医療におけるTR固有の課題と進め方について.第3回トランスレーショナルリサーチ懇話会(東京、国立保健医療科学院) 平成16年7月23日 
 
前川 平:21世紀の輸血医学と先端医療開発.第24回滋賀血液・免疫研究会(大津市、琵琶湖ホテル) 平成16年6月12日 
 
一戸辰夫、笠井泰成:新たなcell therapyの臨床開発. 第7回未来医療勉強会(大阪大学 銀杏会館) 平成16年5月26日
 
興津 輝、松本慎一、岩永康裕、野口洋文、前川 平、田中紘一: iGMP(Institutional Good Manufacturing Practice) に則ったヒト膵ランゲルハンス島分離とその移植.第6回京都分子血液フォーラム(於 ホテルフジタ京都) 平成16年5月8日
 
前川 平:先端医療開発に必要なインフラストラクチャー.JST異分野研究者交流フォーラム「ゲノムケミストリーに基づく総合的遺伝子 診断・治療法の新技術創出」(主催:科学技術振興機構)(高知県・芸西村、土佐ロイヤルホテル) 平成16年1月22日 
 
前川 平:21世紀の輸血医学と先端治療開発の接点−京都大学の挑戦−(特別講演).平成15年度第6回院内学術講演会(兵庫県成人病センター、明石市) 平成16年1月 16日 
 
前川 平:輸血管理から先端医療開発へ−京都大学の挑戦−(特別講演).第11回岐阜臨床輸血研究会(岐阜) 平成15年11月 14日 
 
前川 平:先端医療開発と臨床検査技師の大学院教育.シンポジウム「臨床検査技師の大学院教育」第43回日本臨床化学会年会、第50回日本臨床検査医学会総会連合大会−検査2003−(広島)平成15年10月 30日 
 
前川 平:わが国の先端医療開発に必要なインフラストラクチャー−あたらしい細胞治療、再生治療の発展のために−(特別講演).関西TLO技術情報クラブ10月例会 平成15年10月 21日 
 
前川 平:先端医療開発に必要なGMP準拠細胞プロセッシング−治療用細胞の品質及び安全性確保のために−(教育講演).第65回日本血液学会総会・第45回日本臨床血液学会総会(大阪) 平成15年8月28日
 
前川 平:京都大学における分子標的治療と細胞治療の開発(特別講演).第3回北陸造血細胞移植研究会(金沢) 平成15年6月21日 
 
前川 平:血管再生医療におけるGMP細胞プロセッシングと輸血部の関わり.シンポジウムIII「血管再生医療の現状と将来展望」第51回日本輸血学会総会(北九州、小倉)平成15年5月 29日
 
前川 平:先端医療開発と臨床検査技師の将来像.京都府臨床衛生検査技師会 輸血検査研究班・血液検査研究班 合同学術講演会(特別講演)(於 京都アスニー) 平成15年3月1日
 
前川 平:細胞治療、再生治療の開発に必要なインフラストラクチャー.京大臨床心血管再生研究会(京都 芝欄会館)第1回シンポジウム(Keynote lecture)文部科学省21世紀型革新的先端ライフサイエンス技術開発プロジェクト 平成15年2月21日 
 
前川 平:臨床検査技師と先端医療開発−GMP準拠細胞プロセッシング−.京都大学医療技術短期大学部特別講演会(特別講演) 平成15年2月3日
 
前川 平:細胞治療、再生治療、遺伝子治療のトランスレーショナル・リサーチに必要な21世紀のインフラストラクチャー−如何にして基礎研究の成果を臨床応用させるか−.第19回大阪血液学研究会(大阪大学、銀杏会館)(特別講演) 平成15年1月31日
 
前川 平:輸血管理から先端医療開発へ−細胞治療、再生治療に必要なGMP準拠細胞プロセッシング−.第188回泌尿器科Monthly Meeting(京都)(特別講演) 平成14年12月14日 
 
前川 平:輸血管理から先端医療開発へ−新しい輸血部のあり方を求めて 京都大学輸血部の取り組み−.第4回福井県輸血懇話会学術集会(福井市)(特別講演) 平成14年11月16日 
 
前川 平:細胞治療、再生治療、遺伝子治療など先端医療開発に必要な細胞プロセッシング−治療用細胞の品質及び安全性確保のために−.日本PDA第10回記念会シンポジウム(東京)(特別講演) 平成14年11月7日
 
前川 平:医学系研究の技術移転を促進するために.京都大学「医学領域」産学連携推進機構企業説明会(京都大学医学部) 平成14年9月17日
 
前川 平:輸血管理から先端医療開発へ−京大輸血部の取組み−.第10回京滋臨床血液研究会(京都)(特別講演) 平成14年6月21日 
 
前川 平:輸血から細胞治療へ.平成13年度血液製剤使用適正化講演会(京都)(特別講演) 平成14年2月 27日 
 
前川 平:輸血から細胞治療へ−21世紀の大学輸血部の在り方をもとめて−.第45回日本輸血学会近畿支部総会(大津)(特別講演) 平成13年12月8日 
 
前川 平:あたらしい細胞療法のためのインフラストラクチャー(教育講演).第49回日本輸血学会総会(東京) 平成13年6月2日
 
前川 平:21世紀に向けた細胞療法のためのインフラストラクチャー −輸血から細胞療法へ−.第23回造血細胞移植学会(京都)シンポジウム「細胞療法の新展開」 平成12年12月19日