サイトマップ
画像診断グループ | 中枢神経グループ | 呼吸器グループ | 循環器グループ | 乳腺グループ | 上腹部グループ | 泌尿生殖系グループ | 骨軟部グループ | 腫瘍核医学グループ |

呼吸器グループ

代表: 久保 武

 呼吸器疾患の早期発見、病態理解に画像診断は大きな貢献をしてきました。 とくにマルチディテクター CT により 0.5mm厚の thin-slice 画像が容易に得られるようになり、 得られる情報の質は大きく向上してきました。 当科では原則全例で thin-slice CT 画像を作成し、特に小型肺癌の診断、術前評価のほか、 種々の呼吸器疾患、特にびまん性肺疾患症例での診断に活用しています。

 当呼吸器グループでは、呼吸器疾患全般を幅広く扱っていますが、 特に肺腫瘍については、 京都大学がんセンター肺がん・中皮腫ユニットカンファレンスに参加し、 肺癌症例の画像についてのコンサルトを受けつけています。 また、間質性肺炎を中心としたびまん性肺疾患についても定期的にコンサルトを受けており、画像読影を担当しています。 呼吸器外科とも毎週カンファレンスで 治療方針決定のための画像的な助言、手術前症例画像所見の再確認を行っています。

 当グループの研究は、 呼吸器内科呼吸器外科放射線治療科 との共同研究が活動の中心です。 肺癌、COPD、抗酸菌症、肺移植、間質性肺炎などについて画像検討を担当してきました。 また、医工連携グループCKプロジェクト診断支援(IIIM)グループに対して全面的に協力しています (プロジェクトの内容については、 CKプロジェクト診断支援(IIIM)グループをご覧ください)。

 呼吸器画像診断へ関心を持つ医師を増やすことを目的として、ミニレクチャーを毎週行っています。 前期修練医、学生を主として対象としたものですが、参加自由ですので、関心のある方はご連絡ください (日時・予定についてはミニレクチャー 予定をご覧ください)。

サイトマップ