サイトマップ

IVRグループ

代表: 古田 昭寛

 スタッフ2人で、上腹部グループに属しています。

 IVRはインターベンショナル・ラジオロジー(Interventional Radiology)の略で 「画像下治療」と訳されます。X線透視、超音波、CTなどの画像診断機器を利用しながら、 血管内などの体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す治療法です。 低侵襲で幅広い領域で応用されています。

臨床業務は 血管系領域では肝細胞癌(HCC)に対する動注塞栓療法(TACE)や 動注カテーテル(A-port)留置、出血症例に対する 救急・緊急の血管塞栓術(TAE)などを行っており、 非血管系領域でもHCCに対するラジオ波治療(RFA)、 胆道系IVR(ドレナージ、ステント留置)、膿瘍ドレナージ、 イメージガイド下生検など、幅広い領域に対応しています。

 当院では肝移植、肝切除に関するIVRが多いのが特徴で、 これらを主なテーマとして研究活動を行っています。

 院内カンファレンスはIVRカンファレンスのほか、 肝胆膵移植外科との合同カンファレンスに参加し、 画像診断とともにIVRの治療方針の決定に携わっています。

2016年度スタッフ
放射線部 特定病院助教 古田 昭寛
放射線部 助教 今峰 倫平


サイトマップ