サイトマップ

患者の皆様へ

 当科の診療内容については、 京都大学医学部附属病院放射線診断科のページを ご覧下さい。

研究に関するお知らせ

 京大病院では画像診断のさらなる発展のため、 検査結果の画像や所見を後日研究目的で使用する場合があります。 このような研究は医の倫理委員会の審査を受け、 承認された後に関連の研究倫理指針に従って実施されます。

以上をご理解の上、検査をお受けください。

 ご自身の医療画像の研究使用をご承諾いただけない場合は、 当教室では書面でのご連絡を受け付けておりますので、 メールか郵送か FAX でのご連絡をお願いします。

メール
郵送 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学医学部附属病院 放射線診断科
FAX 075-771-9709

 ご連絡の際には以下の情報をお願いします。

 なお、拒否された場合には検査結果が研究に用いられることはなく、 拒否されたことにより不利益を被ることもありません。

また、研究の実施に支障のない範囲で本研究の計画書等を閲覧できます。 閲覧希望そのほか研究に関しては、上記相談窓口もしくは下記京大病院相談窓口にご連絡ください
《京都大学相談窓口》 京大病院 総務課 研究推進掛
TEL 075-751-4899
電子メール:

臨床研究一覧

Olea社製画像処理ソフトウエアを使用した脳画像解析の検討

(1)研究名:Olea社製画像処理ソフトウエアを使用した脳画像解析の検討
(2)研究の目的:本研究では、東芝メディカルシステムズ株式会社の子会社であるOlea社の画像解析ワークステーションに搭載された画像処理ソフトウエア(薬事未承認)を使用して、脳画像解析の検討を行い、臨床所見などと対比を行います。本研究は、倫理審査委員会の審査を受け、研究機関の長の許可を受けている研究です。
(3)研究の方法:2000年1月から2018年12月31日までに当施設でMR検査を受けた患者さんの画像をワークステーション内で後ろ向きに研究します。利用するデータは、当院の画像保存通信システム内にある脳灌流画像、脳構造画像です。臨床所見については、情報を匿名化して抽出します。
(4)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、情報の削除が可能ですが、匿名化の後では情報の削除はできません。
(5) 個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。症例登録票を作成する際には、被験者の個人情報(氏名・住所・電話番号など)を記載せず、被験者識別コードまたは登録番号を用いて、当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。被験者を識別するための、個人情報と被験者識別コードとの対応表は研究責任者が保管します。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。共同研究会社である東芝メディカルシステムズ株式会社が、画像解析の動作のチェック目的や、画像解析において不具合が生じた場合の対処の目的で、被験者が特定できないように個人情報が保護された状態で、学外でデータを使用する事がありえます。研究成果の根拠となる画像データは、東芝メディカルシステムズ株式会社の展示会や営業資料に商業的などの営利目的には使用されません。
(6) 研究自体に支障がない範囲で研究に関する資料の入手・閲覧の方法:下記の問い合わせ先にお尋ねください。
(7) 問い合わせ先:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 電話:075-751-3760 (担当秘書 吉井) この治療について何か分からないことや心配なことがありましたら、いつでも担当医師にご相談下さい。(TEL 075-751-3760 放射線診断科:吉井)
研究責任者 富樫かおり 放射線医学講座 画像診断学・核医学 教授
実施責任医師 伏見育崇  放射線医学講座 画像診断学・核医学 助教
また、病院の相談窓口は下記の通りです。
総務課 研究推進掛 (TEL075-751-4899 E-mail: ) (8) 共同研究機関の名称および責任者氏名:東芝メディカルシステムズ株式会社、瀧口登志夫氏

静音化技術を用いた拡散強調画像についての研究

(1)研究名:静音化技術を用いた拡散強調画像についての研究。
(2)研究の目的:本研究では、実際の小児診療で行われた静音化技術併用の拡散強調画像および通常の拡散強調画像の画質を研究します。
(3)研究の方法:2017年8月1日から2021年7月31日までに当施設でMR検査を受けた患者さんの画像および患者さんの診療内容の情報を抽出・匿名化(患者さんの個人情報を消去する処理)して画像処理を行い、過去にさかのぼって研究します。
(4)倫理委員会の承認について:本研究は、倫理審査委員会の審査を受け、研究機関の長の許可を受けています。
(5)了解していただきたい事項:画像および患者さんの診療内容の情報を抽出すること、および匿名化(患者さんの個人情報を消去する処理)後の画像データに対して画像処理を行うこと。
(6)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(7)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。症例登録票および症例報告書等を作成する際には、被験者の個人情報(氏名・住所・電話番号など)を記載せず、被験者識別コードまたは登録番号を用いて、当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。被験者を識別するための、個人情報と被験者識別コードとの対応表は研究責任者が保管します。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(8)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(9)研究責任者の氏名:富樫かおり
(10)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(11)の窓口にお問い合わせください。
(11)研究対象者からの相談への対応・窓口:
 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
 放射線診断科窓口(担当:伏見育崇)
 電話: 075-751-3760、
 京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
 電話: 075-751-4899 
(12)利益相反について:この臨床研究は、運営費交付金により実施します。また、本研究は、特定の企業からの資金提供を受けておりません。利益相反については、「京都大学利益相反ポリシー」「京都大学利益相反マネジメント規程」に従い、「京都大学臨床研究利益相反審査委員会」において適切に審査・管理しています。

胆管癌の術前 thin-slice CT 腹膜播種評価における微小所見の診断精度と再現性

(1) 研究名:胆管癌の術前 thin-slice CT 腹膜播種評価における微小所見の診断精度と再現性
(2) 研究の目的・意義:胆管癌の術前診断において、 造影 CT で腹膜播種という遠隔転移の有無を診断することは重要です。 近年、高分解能 CT が普及してきたため、 腹膜播種の可能性がある微細な所見を検出できるようになってきました。 しかし、こうした微細な所見にどの程度の意味があるのか、 まだ研究されていません。微細な所見に意義はあるのか、 あるとすれば、それはどんな所見か、研究します。
(3) 研究の方法:2010 年 1 月から 2016 年 4 月の間に当院(京都大学医学部附属病院)の肝胆膵移植外科で手術を受けられ、 胆管癌(肝内胆管癌、肝門部胆管癌、遠位胆管癌) と診断された患者さんの画像および病理所見を対象とし、 個人の特定のできないような状態にした上で、解析を行います。
(4) 研究により得られたデータを取り扱う際は、 個人を特定できないように符号や番号を付けて匿名化します。 この研究の成果は専門の学会や学術雑誌に発表することがありますが、 プライバシーを十分に尊重し、個人に関する情報(氏名など)が外部に公表されないようにします。
(5) 本研究は、当院ですでに記録されている臨床情報(画像・検査情報など)を利用して行うため、 対象となる患者さんに新たな負担をおかけすることはありません。
(6) 研究対象とならないことを希望される際には、以下の窓口で受け付け、対象から削除します。
(7) 本研究の結果がまとまり発表できるようになった段階で、 希望された場合には本研究に関する資料を、 他の研究対象者の個人情報保護に支障がない範囲で入手・閲覧をすることが可能です。

 研究機関 :京都大学医学部附属病院
 放射線診断科 研究責任者:富樫かおり

《研究に関する相談窓口》
 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町 54
 京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
 TEL:075-751-3760 電子メール:

《病院の相談窓口》
 京都大学医学部附属病院 総務課 研究推進掛
 TEL:075-751-4899 電子メール:

子宮体癌の治療前ADC値と長期予後に関する検討

(1)研究名:子宮体癌の治療前ADC値と長期予後に関する検討
(2)研究の目的・意義:子宮体癌患者さんにおいて、 治療前のMRI画像から計測されるADC値 (apparent diffusion coefficient value) が、 予後や再発と関連しているかどうか研究することを目的としています。 この相関が認められれば、治療方針に対し、非侵襲的に新たな情報を提供できる可能性があると考えています。
(3)研究の方法:当院産婦人科に受診され、子宮頸癌と診断された患者さんのうち、 2004年1月から2015年3月までの間に当施設でMRI検査を受けた患者さんの画像および臨床情報、既往歴、治療経過につき、 個人の特定のできないような状態にした上で取り出し、解析を行います。この期間外にMRI検査を受けた患者さんは含まれません。
(4)研究拒否:研究対象とならないことを希望される際には京都大学医学部附属病院 総務課研究推進掛を窓口とし、当科で対処致します。

この試験で得られた結果は、上記の目的の通り、今後、子宮頸癌において予後に関連するかどうかを見極めることを確認する資料として使用致します。 専門の学会や学術雑誌に発表されることもありますが、患者さんのプライバシーは十分に尊重され、個人が同定できるような形での発表や、 個人情報(氏名など)が外部に公表されることは一切ありません。

また、この試験の研究計画書や研究に関する試料は他の研究対象者の個人情報および知的財産の保護等に支障がない範囲で、お求めにより入手閲覧が可能です。

・研究機関の名称 京都大学医学部附属病院
・研究責任者の氏名 富樫 かおり
・研究の主体及び問い合わせ先(電話番号、氏名等)
  研究者における窓口
京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
助教 木戸 晶
TEL: 075-751-3760 PHS 2159
E-mail: 
  病院の窓口
京都大学医学部附属病院 総務課 研究推進掛 075-751-4899 

非浸潤性乳管癌におけるMRI・マンモグラフィ画像所見の検討

(1)研究名:非浸潤性乳管癌におけるMRI・マンモグラフィ画像所見の検討
(2)研究の目的:実際に撮影されたMRI及びマンモグラフィ画像の所見を解析し、非浸潤性乳管癌の診断精度向上のための条件につき検討します。
(3)研究の方法:2012年1月~2016年9月15日までに当施設でMR検査を受けた患者さんの画像および既往歴の情報を 抽出・匿名化して画像処理を行い、後ろ向きに研究します。
(4)了解していただきたい事項:画像および既往歴の情報を抽出すること、 および匿名化後の画像データに対して画像処理を行うこと。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。データを院外に出す際にはその前に匿名化することで当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。匿名化されたデータで用いるIDと診療用患者IDとの対応表は、外部の人の入室が制限された施錠できる場所に設置した機器のパスワードによる認証が必要な領域に保管し、研究を実施する区画以外への持ち出しは行いません。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:片岡正子
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口: 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:片岡正子)
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899

術前治療評価への応用に向けた高分解能DWIを用いた乳房病変の評価

(1)研究名:術前治療評価への応用に向けた高分解能DWIを用いた乳房病変の評価
(2)研究の目的:実際に撮影されたMRIの拡散強調画像(DWI)において、高分解能DWIや従来のDWI、造影画像と比較を行うことにより、病変の術前治療評価の有効性につき検討します。
(3)研究の方法:2015年7月~2016年9月までに当施設でMR検査を受けた患者さんの画像および既往歴の情報を 抽出・匿名化して画像処理を行い、後ろ向きに研究します。
(4)了解していただきたい事項:画像および既往歴の情報を抽出すること、 および匿名化後の画像データに対して画像処理を行うこと。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。データを院外に出す際にはその前に匿名化することで当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。匿名化されたデータで用いるIDと診療用患者IDとの対応表は、外部の人の入室が制限された施錠できる場所に設置した機器のパスワードによる認証が必要な領域に保管し、研究を実施する区画以外への持ち出しは行いません。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:片岡正子
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について: 他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口: 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:片岡正子)
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899

卵巣内膜症性嚢胞から発生した悪性・境界悪性腫瘍の腫瘍発生前後における MRI 画像の検討

(1)研究名:卵巣内膜症性嚢胞から発生した悪性・境界悪性腫瘍の腫瘍発生前後におけるMRI 画像の検討
(2)研究の目的・意義:卵巣子宮内膜症性嚢胞の経過観察中に、0.7~1%程度と頻度は低いですが、 病変内から腫瘍が発生することが知られています。本研究では、腫瘍発生前後のMRI 画像を比較検討することで、 早期での発見・治療へとつながるような画像所見がないかを検討します。
(3)研究機関:京都大学医学部附属病院放射線診断科
(4)研究責任者:富樫 かおり
(5)問い合わせ先
京都大学医学部附属病院 総務課研究推進掛 電話075-751-4899
京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学) 電話 075-751-3760
(6)研究の方法:1988 年から2013 年の間に京都大学医学部附属病院産婦人科で手術され、 卵巣子宮内膜症性嚢胞との関与が示唆される悪性・境界悪性腫瘍と診断された患者さんのうち、 腫瘍発生前後の画像を評価可能な方が対象です。 該当する方の画像および既往歴、血液生化学検査、治療経過につき、 個人の特定ができないような状態にした上で取り出し、解析を行います。
(7)研究拒否:研究対象とならないことを希望される際は 京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学) 電話 075-751-3760 を窓口とし対処いたします。 苦情等の相談は京都大学医学部附属病院 総務課研究推進掛 電話 075-751-4899 を窓口とし対処いたします。

この試験で得られた結果は、上記の目的の通り使用致します。 専門の学会や学術雑誌に発表されることもありますが、患者さんのプライバシーは十分に尊重され、 個人が同定できるような形での発表や、個人情報(氏名など)が外部に公表されることは一切ありません。

拡散強調MRIを用いた真珠腫性中耳炎診断における質的評価

(1)研究名:拡散強調MRIを用いた真珠腫性中耳炎診断における質的評価
(2)研究の目的:造影剤を使用することなく組織内構造の評価が可能な拡散MRIを用いて、真珠腫性中耳炎診断における質的評価を行います。
(3)研究の方法:2013年12月1日から2016年8月31日までに当施設でMRI検査を受けた患者さんの画像および患者さんの診療内容の情報を抽出・匿名化(患者さんの個人情報を消去する処理)して画像処理を行い、過去にさかのぼって研究します。
(4)了解していただきたい事項:画像および患者さんの診療内容の情報を抽出すること、および匿名化(患者さんの個人情報を消去する処理)後の画像データに対して画像処理を行うこと。(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。匿名化されたデータで用いるIDと診療用患者IDとの対応表は、外部の人の入室が制限された施錠できる場所に設置した機器のパスワードによる認証が必要な領域に保管し、研究を実施する区画以外への持ち出しは行いません。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:山本憲) 
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899

視線追跡技術を用いた画像診断支援システムの臨床評価に関する探索的研究

(1)研究名:視線追跡技術を用いた画像診断支援システムの臨床評価に関する探索的研究
(2)研究の目的:実際に撮影された画像を処理して骨の経時差分画像を生成し、画像診断医がそれを読影することで、画像診断の質と効率の向上に寄与するかを、現在日常診療で同じ目的で行われている骨シンチグラフィー検査の読影と比較することで調査します。
(3)研究の方法:当施設で放射線画像検査を受けた患者さんの画像を処理して当施設内で画像診断医が読影し、後ろ向きに研究します。
(4)了解していただきたい事項:診療とは別に画像データを処理して読影すること。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。データを院外に出す際にはその前に匿名化することで当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。匿名化されたデータで用いるIDと診療用患者IDとの対応表は、外部の人の入室が制限された施錠できる場所に設置した機器のパスワードによる認証が必要な領域に保管し、研究を実施する区画以外への持ち出しは行いません。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:八上全弘)
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899 
(11)その他:本研究はキヤノン株式会社との共同研究です。

非線形の変形位置合わせアルゴリズムを用いた経時差分画像作成システムと骨シンチグラフィー検査の骨病変の画像診断に対する有用性に関する比較検討

(1)研究名:非線形の変形位置合わせアルゴリズムを用いた経時差分画像作成システムと骨シンチグラフィー検査の骨病変の画像診断に対する有用性に関する比較検討
(2)研究の目的:実際に撮影されたCT画像を処理して骨の経時差分画像を生成し、画像診断医がそれを読影することで、画像診断の質と効率の向上に寄与するかを、現在日常診療で同じ目的で行われている骨シンチグラフィー検査の読影と比較することで調査します。
(3)研究の方法:当施設で放射線画像検査を受けた患者さんの画像を処理して当施設内で画像診断医が読影し、後ろ向きに研究します。画像処理を院外で行う場合は、データを院外に出す前に匿名化します。
(4)了解していただきたい事項:診療とは別に画像データを処理して読影すること。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。なお、解析を実施する期間は、倫理審査承認日から2017年3月31日までです。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。データを院外に出す際にはその前に匿名化することで当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。匿名化されたデータで用いるIDと診療用患者IDとの対応表は、外部の人の入室が制限された施錠できる場所に設置した機器のパスワードによる認証が必要な領域に保管し、研究を実施する区画以外への持ち出しは行いません。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:八上全弘)
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899 

非線形の変形位置合わせアルゴリズムを用いた経時差分画像作成システムの実利用化に関する探索的研究

(1)研究名:非線形の変形位置合わせアルゴリズムを用いた経時差分画像作成システムの実利用化に関する探索的研究
(2)研究の目的:実際に撮影された画像を処理して経時差分画像を生成し、画像診断医がそれを読影することで、画像診断の質と効率の向上に寄与するかを調査します。
(3)研究の方法:当施設で放射線画像検査を受けた患者さんの画像を処理して当施設内で画像診断医が読影し、後ろ向きに研究します。画像処理を院外で行う場合は、データを院外に出す前に匿名化します。
(4)了解していただきたい事項:診療とは別に画像データを処理して読影すること。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。データを院外に出す際にはその前に匿名化することで当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。匿名化されたデータで用いるIDと診療用患者IDとの対応表は、外部の人の入室が制限された施錠できる場所に設置した機器のパスワードによる認証が必要な領域に保管し、研究を実施する区画以外への持ち出しは行いません。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:
他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:八上全弘)
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899 
(11)その他:本研究はキヤノン株式会社との共同研究です。

圧縮センシングを用いた高時間解像度乳房ダイナミックMRIの解析 臨床データを用いた画像処理解析の後方視的研究

実施責任者:富樫かおり
概要:乳房造影MRIは乳癌の広がりや特徴の評価、 また治療効果の判定などに現在幅広く用いられています。 撮像装置の進歩により、最近は高速でより詳細な撮影が可能となりましたが、 その画像データの最適な再構成・解析およびその情報を用いた診断法について検討します。 2015年12月より2016年8月10日の間に京都大学医学部附属病院で、 特定の3TMRI装置および撮像法を用いて乳房造影MRI検査を受けた症例を対象とします。 対象者の画像を専用のソフトウェアで再構成・解析し、画質の最適化や定量データ情報を用いた診断法を検討します。

プラークイメージングにおける圧縮センシングと血流信号抑制についての研究

(1)研究名:プラークイメージングにおける圧縮センシングと血流信号抑制についての研究
(2)研究の目的:実際に撮影された頸動脈プラーク画像について、圧縮センシング及び血流信号抑制技術のプラークの描出における有用性について研究します。
(3)研究の方法:2016年5月1日から2020年4月30日までに当施設でMR検査を受けた患者さんの画像および患者さんの診療内容の情報を抽出・匿名化(患者さんの個人情報を消去する処理)して画像処理を行い、過去にさかのぼって研究します。
(4)了解していただきたい事項:画像および患者さんの診療内容の情報を抽出すること、および匿名化(患者さんの個人情報を消去する処理)後の画像データに対して画像処理を行うこと。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。症例登録票および症例報告書等を作成する際には、被験者の個人情報(氏名・住所・電話番号など)を記載せず、被験者識別コードまたは登録番号を用いて、当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。被験者を識別するための、個人情報と被験者識別コードとの対応表は研究責任者が保管します。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:伏見育崇) 
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899 

臨床頭部・頸部MRIにおける最適な受信コイル選択についての研究

(1)研究名:臨床頭部・頸部MRIにおける最適な受信コイル選択についての研究
(2)研究の目的:実際に撮影された頭部・頸部MRI画像から受信コイルの最適な選択方法について研究します。
(3)研究の方法:2015年1月から2019年12月31日までに当施設でMR検査を受けた患者さんの画像および既往歴の情報を抽出・匿名化して画像処理を行い、後ろ向きに研究します。
(4)了解していただきたい事項:画像および既往歴の情報を抽出すること、および匿名化後の画像データに対して画像処理を行うこと。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。症例登録票および症例報告書等を作成する際には、被験者の個人情報(氏名・住所・電話番号など)を記載せず、被験者識別コードまたは登録番号を用いて、当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。被験者を識別するための、個人情報と被験者識別コードとの対応表は研究責任者が保管します。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:伏見育崇)
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899 

臨床検査MRIにおける後方視的な定量的磁化率マッピングを用いた前立腺の石灰化の検出についての研究

(1)研究名:臨床検査MRIにおける後方視的な定量的磁化率マッピングを用いた前立腺の石灰化の検出についての研究
(2)研究の目的:実際に撮影されたMRI画像から定量的磁化率マッピングという新しい方法で、前立腺の石灰化の検出について研究します。
(3)研究の方法:2015年8月から2020年7月31日までに当施設ですでにMR検査を受けた患者さんの画像および既往歴の情報を得たものを匿名化してから、画像処理を行い、解析、研究します。
(4)了解していただきたい事項:画像および既往歴の情報を得ること、および匿名化後の画像データに対して画像処理を行うこと。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には放射線診断科窓口に連絡をすれば、解析前であれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者(患者さん)の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。症例登録票および症例報告書等を作成する際には、被験者の個人情報(氏名・住所・電話番号など)を記載せず、被験者識別コードまたは登録番号を用いて、当該実施医療機関(京都大学)外の者が被験者を特定できないようにします。被験者を識別するための、個人情報と被験者識別コードとの対応表は研究責任者が保管します。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:古田昭寛) 
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛 
電話: 075-751-4899 

間質性肺炎における FDG-PET/CT の臨床的有用性について

(1) 研究名:間質性肺炎における FDG-PET/CT の臨床的有用性について
(2) 研究の目的・意義:FDG-PET/CT は悪性腫瘍の評価での有用性が広くみとめられ、病期診断や転移再発診断目的の場合、保険適応となっています。一方で近年、炎症性病変の評価にも有用であることが明らかにされています。しかし間質性肺炎における意義については未だ十分解明されていません。非侵襲的な(=ほとんど苦痛や有害な作用がない)検査法であるため、他の検査値や予後との関連を見出すことができると病態の把握に有用な情報を提供できる可能性があると考えています。
(3) 研究の方法:当院で2009年5月から2015年6月までの間にPET/CT検査を受けた間質性肺炎の患者さんの画像および既往歴、治療経過につき、個人の特定のできないような状態にした上で取り出し、解析を行います。また、2009 年 5 月から 2015 年 9 月までの間に、PET/CT と肺野の HRCT を半年間の間に両方受けられた、悪性リンパ腫治療後の患者さんの画像を正常群(=肺に 異常のない方)として、比較検討致します。
(4) 個人情報保護の観点から、各個人のデータは新たに割り振られたナンバーで管理され、解析され ます。また各個人とナンバーを連結させたファイルは厳重にパスワード管理されます。
(5) 個人情報保護、および研究の実施に支障のない範囲で計画書を閲覧できます。 閲覧するには、下記連絡先を通じての流れとなります。
京都大学医学部附属病院 放射線診断科
郵送:〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町 54
京都大学医学部附属病院放射線診断科
FAX:075-771-9709
e-mail:
ご連絡の際、ご氏名、京都大学医学部附属病院での診察券番号、本研究名称をお伝え下さい。
(6) 本研究に同意されないこと、又は同意を撤回することによって、本研究の対象となる患者さんが不 
利益な取扱いを受けることはありません。
(7) 本研究についてのご相談は以下で承ります。
研究機関:京都大学医学部附属病院 放射線診断科
研究責任者:富樫 かおり
相談窓口:京都大学医学部附属病院 総務課 研究推進掛
TEL: 075-751-4899
e-mail:
または
京都大学医学部附属病院 放射線診断科
FAX:075-771-9709
e-mail:

 この試験で得られた結果は、上記の目的の通り、今後、間質性肺炎において他の臨床検査や予後に関連するかどうかを見極めることを確認する資料として使用致します。専門の学会や学術雑誌に発表され ることもありますが、患者さんのプライバシーは十分に尊重され、個人が同定できるような形での発表や、 個人情報(氏名など)が外部に公表されることは一切ありません。

パーキンソニズムを来す神経変性疾患における核医学画像・MRI画像の後方視的検討

(1)研究名:パーキンソニズムを来す神経変性疾患における核医学画像・MRI画像の後方視的検討
(2)研究の目的:実際に撮影されたダットスキャン・MRI画像の解析を行い、パーキンソン病・パーキンソン症候群の診断能について研究します。ダットスキャン検査とは、パーキンソン症候群の診断のために行われる画像検査です。
(3)研究の方法:2014年4月以降2016年9月までに当施設でダットスキャン検査を受けた患者さんのダットスキャン画像およびMRI画像、既往歴の情報を抽出・匿名化して画像処理を行い、後ろ向きに研究します。
(4)了解していただきたい事項:画像および既往歴の情報を抽出すること、および匿名化後の画像データに対して画像処理を行うこと。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。症例登録票および症例報告書等を作成する際には、被験者の個人情報(氏名・住所・電話番号など)を記載せず、被験者識別コードまたは登録番号を用いて、当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。被験者を識別するための、個人情報と被験者識別コードとの対応表は研究責任者が保管します。研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。研究で取得されたデータは研究終了あるいは結果公表後の10年以上保管されます。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について:他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口:
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:岡田知久)
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899 

臨床検査MRIにおける後方視的な定量的磁化率マッピング研究

(1)研究名:臨床検査MRIにおける後方視的な定量的磁化率マッピング研究
(2)研究の目的:実際に撮影されたMRI画像から定量的磁化率マッピングという新しいアルゴリズムの解析を行い、 脳組織の磁化率について研究します。
(3)研究の方法:2005年3月から2019年3月31日までに当施設でMR検査を受けた患者さんの画像および既往歴の情報を 抽出・匿名化して画像処理を行い、後ろ向きに研究します。
(4)了解していただきたい事項:画像および既往歴の情報を抽出すること、 および匿名化後の画像データに対して画像処理を行うこと。
(5)研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば、情報の削除が可能です。
(6)個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、適用される法令、条例等を遵守します。 また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、 本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。 症例登録票および症例報告書等を作成する際には、 被験者の個人情報(氏名・住所・電話番号など)を記載せず、 被験者識別コードまたは登録番号を用いて、当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。 被験者を識別するための、個人情報と被験者識別コードとの対応表は研究責任者が保管します。 研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
(7)研究機関の名称:京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)
(8)研究責任者の氏名:富樫かおり
(9)研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧について: 他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内おいて、 研究計画書および研究の方法に関する資料の入手・閲覧が可能です。(10)の窓口にお問い合わせください。
(10)研究対象者からの相談への対応・窓口: 〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54 放射線診断科窓口(担当:伏見育崇)
電話: 075-751-3760、
京都大学医学部附属病院窓口 総務課 研究推進掛
電話: 075-751-4899 

臨床検査MRIにおける後方視的な圧縮センシング研究

研究責任者:富樫 かおり
実施責任医師:伏見 育崇
概要: 研究の目的:圧縮センシングという数学的な手法を用いた画像再構成法が、 後ろ向きな手法でも有用かどうかを全身各部位ごとのMRI画像において研究します。
研究の方法:1999年3月から2019年3月31日までに当施設でMR検査を受けた患者さんの 画像および既往歴の情報を抽出・匿名化して画像処理を行い、後ろ向きに研究します。
研究拒否:研究対象とならないことを希望する際には当科に連絡をすれば 情報の削除が可能ですが、匿名化の後では情報の削除はできません。
個人情報保護:研究に関わる関係者は、個人情報の保護について、 適用される法令、条例等を遵守します。 また、被験者の個人情報およびプライバシー保護に最大限の努力をはらい、 本研究を行う上で知り得た個人情報を正当な理由なく漏らしません。 症例登録票および症例報告書等を作成する際には、 被験者の個人情報(氏名・住所・電話番号など)を記載せず、 被験者識別コードまたは登録番号を用いて、 当該実施医療機関外の者が被験者を特定できないようにします。 被験者を識別するための、個人情報と被験者識別コードとの対応表は研究責任者が保管します。 研究責任者等が研究で得られた情報を公表する際には、被験者が特定できないよう十分配慮します。
対象:1999年3月から2019年3月31日までに 当施設でMR検査を受けた患者の皆様

日常診療下における心臓CTの被曝線量に関する調査研究

研究責任者:富樫 かおり
概要:京都大学医学部附属病院で 2013年1月から12月に心臓CT検査が実施された症例を後ろ向きに収集・解析することで、 心臓CT検査における被曝線量の実態を明らかにし、 被曝線量の大小(ばらつき)に影響する患者因子および 撮影因子について検査目的別に検討する。
使用する情報: カルテ記載事項 (年齢、性別、身長、体重、血清クレアチニン値、心拍数、不整脈の有無、CT検査の目的)、 CT画像から得られる情報(撮像条件、被曝線量、画像のノイズ量)
上記カルテ記載事項の転記、CT画像から得られる情報の使用を了解願います。
対象:2013年1月1日から12月31日の間に 造影剤を使用した心臓 CT 検査が実施された患者の皆様
研究期間:2017年3月31日まで

酸素吸入MRIの検討

研究責任者:富樫 かおり、 実施責任医師:伏見 育崇
概要: 酸素吸入により血管内から脳脊髄液に酸素が拡散し、 脳脊髄液のT1値の短縮が生じることが知られている。 本研究では、健常被験者を対象として、 酸素吸入MRIにおいてT1値を測定し、 脳脊髄液のT1値の変化を3D撮影法により経時的に評価し、 造影剤を使用せずに脳脊髄液イメージングを行うための撮像法の最適化を行う。
対象:説明のもと研究に参加する同意の得られた、20歳~60歳の健常なボランティア
研究期間:2021年2月まで

圧縮センシングMRIの臨床応用に向けた基礎的検討

研究責任者:富樫 かおり、 実施責任医師:富樫 かおり
概要: MRIにおいて圧縮センシング (CS) は撮影時間短縮に貢献できる可能性のある技術として近年大きな注目を集めている。 CSは高次元データにおけるスパース性(ゼロ成分が多いという性質)を利用して少ない観測データから対象を復元する技術である。 MRIが本質的にフーリエ変換による線形写像であることが、 アーティファクトを増やすことなく周波数空間での間引き収集を可能としている。 CS併用MRIによる脳血管、心血管の評価における有用性を検討する。
対象:説明のもと研究に参加する同意の得られた健常な成人ボランティア、 脳神経外科医の協力を得て同意が得られた脳動脈瘤・もやもや病・脳動静脈奇形の患者の皆様
研究期間:2019年3月まで

定量的磁化率マッピングMRIの検討

研究責任者:富樫 かおり、 実施責任医師:伏見 育崇
概要: 磁化率強調画像はMRI撮影においてルーチン撮影とされるような基本的な撮影方法であり、 高血圧などに伴った脳内の微小出血の検出、石灰化の評価などに用いられる。 近年この磁化率強調画像を定量的に評価できるアルゴリズムが開発され、 定量的磁化率マッピングと呼称されている。 MRI装置の静磁場の違いによる定量的磁化率マッピングを検討する。
対象:説明のもと研究に参加する同意の得られた健常な成人ボランティア、 肝胆膵・移植外科医の協力を得て、同意が得られた入院中の肝機能障害患者の皆様
研究期間:2019年6月まで

乳房専用PETにおける集積形態の分析と乳癌診断法の確立

実施責任者:富樫かおり
概要: 乳癌は女性の中で罹患率の高い疾患です。本院では、これまでに、新しく開発された高分解能・高感度型の乳房専用陽電子放射断層撮影(PET)による乳房撮影を行ってきました。本装置では、従来型の全身用PETでは捉えられなかったレベルの詳細な集積状態を読み取れる可能性があり、現在、当科では、アメリカ・スタンフォード大学と共同で、この検査を受検された患者さんのデータよりどのような集積形態が観察できるのかを分析し、集積形態に基づいた新しい診断法を検証しています。この研究では、カルテ記載事項、従来型全身用PET/CTおよび乳腺MRIの画像データ、組織標本も解析対象としております。個人として認識されるデータは全て匿名化した状態で、共同研究機関と共有します。
対象:2009年11月から2014年3月に乳房専用PETを受検された方(「高分解能・高感度型乳腺用PET装置による乳癌の診断」の研究に参加された方))
研究期間:2017年7月まで

ガリウム68標識オクトレオタイドによる腫瘍の画像診断

実施責任者:中本裕士
概要:ソマトスタチン受容体に親和性を持つ68Ga標識DOTA-TOCを投与してPET/CT装置による撮像を行い、臨床上保険診療として行われているFDG-PET/CT検査では診断できない神経内分泌腫瘍など、ソマトスタチン受容体を発現する腫瘍性病変の検索を行うものである。68Ga-DOTA-TOC-PET/CTの画像診断法としての診断精度、治療方針への影響を検証し、臨床的有用性を確立することを目的とする。

アミノ酸製剤を用いたPET/CT検査の臨床的有用性の確立と検証

実施責任者:中本 裕士
概要:陽電子放出核種である炭素-11で標識されたメチオニンを静脈内投与し、 複合型PET/CT装置で撮像することにより、アミノ酸代謝の亢進部位を画像化することができる。 CT、MRI、FDG-PET、MIBI-SPECTなど、 その他の画像診断法では局在同定が困難な副甲状腺腫、骨髄腫、脳腫瘍の再発・壊死の鑑別診断に当薬剤を用いたPET/CT検査を行い、その臨床的有用性を確立し検証するものである。

京都大学大学院医学研究科 放射線医学講座(画像診断学・核医学)


サイトマップ