活動状況

活動状況

活動状況

わが国におけるEBMを実践するために、必要な臨床データを登録・収集・解析し、様々な大学の研究者相互の協力促進を図ることを目的として、2001年2月、京都大学に「EBM共同研究センター」(2007年5月10日EBM研究センターへ名称変更)を設立し、CASE-J試験などの製造販売承認後の薬剤に関する臨床試験を中心に、疫学研究なども含めた研究活動を10年以上にわたり実施してきました。
2016年1月現在で、教授1名、准教授1名、助教1名、研究員2名(内訳;医師3名、薬剤師1名、理学療法士1名)それぞれのスタッフが、専門家としての知識を生かして研究活動を続けております。2016年
1月時点までに受け入れた臨床試験は46試験であり、35試験は終了し、11試験は現在継続中です。

スタッフはそれぞれ独自の研究を行っており、競争的研究資金を獲得し独自のアイデアとノウハウを生かしながら臨床研究を進めています。また、介入試験だけでなく観察研究(コホート研究)にも力を注いでおり、健診データによる生活習慣病・慢性腎臓病との関連を検討したKyoto Surveillanceや内臓脂肪とメタボリック症候群、生活習慣病との関連を検討したMERLOT Studyなどにも力を注いでいます。さらには、循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業では「肥満および関連疾患に対する政策に関する国際比較研究」を行うとともに、厚労省からレセプト情報の提供を受け、「メタボリック症候群・肥満症の臨床疫学研究:ナショナルデータベースを用いた横断・縦断解析」を実施するなど、医療行政への提言も積極的に行っています。

活動状況

原著論文

2018
  1. 1. Nakao YM, Miyamoto Y, Ueshima K, Nakao K, Nakai M, Nishimura K, Yasuno S, Hosoda K, Ogawa Y, Itoh H, Ogawa H, Kangawa K, Nakao K Effectiveness of nationwide screening and lifestyle intervention for abdominal obesity and cardiometabolic risks in Japan: The metabolic syndrome and comprehensive lifestyle intervention study on nationwide database in Japan (MetS ACTION-J study) PLOS ONE. 2018 Jan 9.
  2. 2. Raz I, Mosenzon O, Bonaca M, Cahn A, Kato ET, Silverman M, Bhatt D, Leiter L, McGuire D, Wilding J, Gause-Nilsson I, Langkilde AM, Johansson P, Sabatine M, Wiviott S. DECLARE-TIMI 58: Participants' Baseline Characteristics Diabetes Obese Metabolism 2018; 1-9 Nakao YM, Miyamoto Y, Ueshima K, Nakao K, Nakai M, Nishimura K, Yasuno S, Hosoda K, Ogawa Y, Itoh H, Ogawa H, Kangawa K, Nakao K Effectiveness of nationwide screening and lifestyle intervention for abdominal obesity and cardiometabolic risks in Japan: The metabolic syndrome and comprehensive lifestyle intervention study on nationwide database in Japan (MetS ACTION-J study) PLOS ONE. 2018 Jan 9.
  3. 3. Wiviott S, Raz O. Bonaca M, Mosenzon O, Kato ET, Cahn A, Silverman M, Bansilal S, Bhatt D, Leiter L, McGuire D, Wilding J, Gause-Nilsson I, Langklide AM, Johansson P, Sabatine M. The Design and Rationale for the Dapagliflozin Effect on Cardiovascular Events (DECLARE)-TIMI 58 Trial. American Heart Journal 2018
  4. 4. Hiroshi Itoh, Issei Komuro, Masahiro Takeuchi, Takashi Akasaka, Hiroyuki Daida, Yoshiki Egashira, Hideo Fujita, Jitsuo Higaki8, Ken-ichi Hirata, Shun IshibashiD, Takaaki Isshiki, Sadayoshi Ito, Atsunori Kashiwag, Satoshi Kato, Kazuo Kitagaw, Masafumi Kitakaze Takanari Kitazono, Masahiko Kurabayashi, Katsumi Miyauchi, Tomoaki Murakami, Toyoaki Murohara, Koichi Node, Susumu OgawaD, Yoshihiko Saito, Yoshihiko Seino, Takashi Shigeeda, Shunya Shindo, Masahiro Sugawara, Seigo Sugiyama, Yasuo Terauchi, Hiroyuki Tsutsui, Kenji Ueshima, Kazunori Utsunomiya, Masakazu Yamagish, Tsutomu Yamazaki, Shoei Yo, Koutaro Yokote, Kiyoshi Yoshida, Michihiro Yoshimura, Nagahisa Yoshimura, Kazuwa Nakao, Ryozo Nagai, for the EMPATHY Investigators Cardiovascular and Metabolic Risk - Intensive treat-to-target statin therapy in high-risk Japanese patients with hypercholesterolemia and diabetic retinopathy: report of a randomized study Diabetes Care in press
2017
  1. 1. Nakao K, Kuwahara K, Nishikimi T, Nakagawa Y, Kinoshita H, Minami T, Kuwabara Y, Yamada C, Yamada Y, Tokudome T, Nagai-Okatani C, Minamino N, Nakao YM, Yasuno S, Ueshima K, Sone M, Kimura T, Kangawa K, Nakao K. Endothelium-Derived C-Type Natriuretic Peptide Contributes to Blood Pressure Regulation by Maintaining Endothelial Integrity. Hypertension. 2017 Feb;69(2):286-296.
  2. 2. Ohtera S, Kanazawa N, Ozasa N, Ueshima K, Nakayama T. Proposal of quality indicators for cardiac rehabilitation after acute coronary syndrome in Japan: a modified Delphi method and practice test. BMJ Open. 2017 Jan 27; 7(1):e013036.
  3. 3. 熊坂礼音 大宮一人 長山雅俊 安達 仁 折口秀樹 上嶋健治 牧田 茂 上月正博 増田 卓 代田浩之 野原隆司 百村伸一 伊東春樹 後藤葉一 一般健常人および虚血性心疾患患者を対象とした心臓リハビリテーションの社会的認知度調査  心臓リハビリテーション 22:170-183 2017
  4. 4. Kanazawa N, Ueshima K, Tomonari S, Nakayama T. Underuse of Cardiac Rehabilitation in Workers With Coronary Artery Disease: Claims Database Survey in Japan. Circ J. 2017; 81: 1424-1431
  5. 5. Moriyasu T, Hosoda K, Tanaka-Mizuno S, Konda M, Ueshima K, Ida M, Nin K. Effects of monthly feedback of VFA measured by dual BIA method in Japanese patients with obesity: a randomized controlled study. Obes Sci Pract. 2017;3(4):407-416
  6. 6. Kato TE, Cannon C, Blazing M, Bohula E, Guneri S, White J, Murphy S, Park JG, Braunwald E, Giugliano R. Efficacy and Safety of Adding Ezetimibe to Statin Among Men and Women: Insight from IMPROVE-IT. Journal of the American Heart Association. 2017; e009690
2016
  1. 1. Ueshima K, Itoh H, Kanazawa N, Komuro I, Nagai R, Takeuchi M, Yamazaki T, for the EMPATHY study group Rationale and Design of the Standard Versus Intensive Statin Therapy for Hypercholesterolemic Patients with Diabetic Retinopathy (EMPATHY) Study: a Randomized Controlled Trial J Atheroscler Thromb. 2016; 23. [Epub ahead of print]
  2. 2. Okita Y, Minakata K, Yasuno S, Uozumi R, Sato T, Ueshima K, Konishi H, Morita N, Harada M, Kobayashi J, Suehiro S, Kawahito K, Okabayashi H, Takanashi S, Ueda Y, Usui A, Imoto K, Tanaka H, Okamura Y, Sakata R, Yaku H, Tanemoto K, Imoto Y, Hashimoto K, Bando K. Optimal timing of surgery for active infective endocarditis with cerebral complications: a Japanese multicentre study. Eur J Cardiothorac Surg. 2016 Mar 10. pii: ezw035. [Epub ahead of print]
  3. 3. Ueda-Sakane, Kanamoto N, Fushimi Y, Tanaka-Mizuno S, Yasuno S, Miura M, Sone M, Yasoda A, Okada T, Togashi K, Nakao K, Inagaki N. Overall safety and efficacy of high-dose and low-dose intravenous glucocorticoid therapy in patients with moderate-to-severe active Graves' ophthalmopathy. Endocr J. 2016 Jun 5. [Epub ahead of print]
  4. 4. Kimura G, Kasahara M, Ueshima K, Tanaka S, Yasuno S, Fujimoto A, Sato T, Imamoto M, Kosugi S, Nakao K. Effects of atorvastatin on renal function in patients with dyslipidemia and chronic kidney disease: assessment of clinical usefulness in CKD patients with atorvastatin (ASUCA) trial. Clin Exp Nephrol. 2016 Jul 8. [Epub ahead of print]
  5. 5. M Suzuki and K Sato Description and Evaluation of the Research Ethics Review Process in Japan: Proposed Measures for Improvement. Journal of Empirical Research on Human Research Ethics. 2016; 11(3):256?266
  6. 6. M. Ikeda, S. Shimizu, T. Sato, M. Morimoto, Y. Kojima, Y. Inaba, A. Hagihara, M. Kudo, S. Nakamori, S. Kaneko, R. Sugimoto, T. Tahara, T. Ohmura, K. Yasui, K. Sato, H. Ishii, J. Furuse & T. Okusaka Sorafenib plus hepatic arterial infusion chemotherapy with cisplatin versus sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma: randomized phase II trial. Annals of Oncology. 2016; 27:2090-2096
2015
  1. 1. Yamashiro H, Iwata H, Masuda N, Yamamoto N, Nishimura R, Ohtani S, Sato N, Takahashi M, Kamio T, Yamazaki K, Saito T, Kato M, Lee T, Ohno S, Kuroi K, Takano T, Takada M, Yasuno S, Morita S, Toi M. Outcomes of trastuzumab therapy in HER2-positive early breast cancer patients. Int J Clin Oncol. 2015 Feb 10. [Epub ahead of print]
  2. 2. Nakao YM, Ueshima K, Nohara R, Mizunuma Y, Segawa I, Tanaka-Mizuno S, Yasuno S, Nakao K, Hiramori K, Kihara Y. Holter monitoring for the screening of cardiac disease in diabetes mellitus: The non-invasive Holter monitoring observation of new cardiac events in diabetics study. Diab Vasc Dis Res. 2015 Aug 5. [Epub ahead of print]
  3. 3. 兼定祐里,保野慎治,西河浩之,増田陽子,中塚かなゑ,福永康智,齋藤信雄,五郎丸直美,田巻俊一,桝田出,上嶋健治,宮脇尚志 内臓脂肪蓄積と生活習慣及び食事内容との関連 ―人間ドック受診者を対象とした横断研究― 日本臨床栄養学会雑誌 37:130-141,2015
2014
  1. 1. Nakao YM, Ueshima K, Yasuno S, Sasayama S. Effects of nocturnal oxygen therapy in patients with chronic heart failure and central sleep apnea: CHF-HOT study. Heart Vessels. 2014 Oct 28. [Epub ahead of print]
  2. 2. Yamada Y, Kinoshita H, Kuwahara K, Nakagawa Y, Kuwabara Y, Minami T, Yamada C, Shibata J, Nakao K, Cho K, Arai Y, Yasuno S, Nishikimi T, Ueshima K, Kamakura S, Nishida M, Kiyonaka S, Mori Y, Kimura T, Kangawa K, Nakao K. Inhibition of N-type Ca2+ channels ameliorates an imbalance in cardiac autonomic nerve activity and prevents lethal arrhythmias in mice with heart failure. Cardiovasc Res. 2014 Oct 1;104(1):183-93.
  3. 3. Minakata K, Bando K, Tanaka S, Takanashi S, Konishi H, Miyamoto Y, Ueshima K, Yasuno S, Ueda Y, Okita Y, Masuda I, Okabayashi H, Yaku H, Okamura Y, Tanemoto K, Arinaga K, Hisashi Y, Sakata R. Preoperative chronic kidney disease as a strong predictor of postoperative infection and mortality after coronary artery bypass grafting. Circ J. 2014;78(9):2225-31. Epub 2014 Jul 25.
  4. 4. Kanatani KT, Adachi Y, Sugimoto N, Noma H, Onishi K, Hamazaki K, Takahashi Y, Ito I, Egawa M, Sato K, Go T, Kurozawa Y, Inadera H, Konishi I, Nakayama T; Japan Environment & Children's Study Group. Birth cohort study on the effects of desert dust exposure on children's health: protocol of an adjunct study of the Japan Environment & Children's Study. BMJ Open. 2014 Jun 23;4(6):e004863.
  5. 5. Saito M, Ueshima K, Saito M, Iwasaka T, Daida H, Kohzuki M, Makita S, Adachi H, Yokoi H, Omiya K, Mikouchi H, Yokoyama H, Goto Y; Japanese Cardiac Rehabilitation Survey Investigators. Safety of exercise-based cardiac rehabilitation and exercise testing for cardiac patients in Japan: a nationwide survey. Circ J. 2014;78(7):1646-53. Epub 2014 May 19.
  6. 6. Nakagawa Y, Nishikimi T, Kuwahara K, Yasuno S, Kinoshita H, Kuwabara Y, Nakao K, Minami T, Yamada C, Ueshima K, Ikeda Y, Okamoto H, Horii K, Nagata K, Kangawa K, Minamino N, Nakao K. The Effects of Super-Flux (High Performance) Dialyzer on Plasma Glycosylated Pro-B-Type Natriuretic Peptide (proBNP) and Glycosylated N-Terminal proBNP in End-Stage Renal Disease Patients on Dialysis. PLoS One. 2014;9(3):e92314. Epub 2014 May 19.
  7. 7. Kuwabara T, Mori K, Kasahara M, Yokoi H, Imamaki H, Ishii A, Koga K, Sugawara A, Yasuno S, Ueshima K, Morikawa T, Konishi Y, Imanishi M, Nishiyama A, Nakao K, Mukoyama M. Predictive significance of kidney myeloid-related protein 8 expression in patients with obesity- or type 2 diabetes-associated kidney diseases. PLoS One. 2014;9(2):e88942. 2014 Feb
  8. 8. Kuwabara T, Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Nakao K. Macrophage-mediated glucolipotoxicity via myeloid-related protein 8/toll-like receptor 4 signaling in diabetic nephropathy. Clin Exp Nephrol. 2014 Aug;18(4):584-92. Epub 2013 Dec 20.
  9. 9. Kodama S, Horikawa C, Fujihara K, Yoshizawa S, Yachi Y, Tanaka S, Ohara N, Matsunaga S, Yamada T, Hanyu O, Sone H. Quantitative relationship between body weight gain in adulthood and incident type 2 diabetes: a meta-analysis. Obes. Rev. 2014;15(3):202-14.
  10. 10. 斎藤雅彦,上嶋健治,斎藤宗靖,岩坂壽二,代田浩之,上月正博,牧田茂,安達,仁,横井宏佳,大宮一人,三河内弘,横山広行,後藤葉一(厚生労働省循環器病研究委託費15指-2 研究班) わが国における心臓リハビリテーションの安全性:全国実態調査結果 心臓リハビリテーション 19:199-201 2014
2013
  1. 1. Yasuno S, Kuwahara K, Kinoshita H, Yamada C, Nakagawa Y, Usami S, Kuwabara Y, Ueshima K, Harada M, Nishikimi T, Nakao K. Angiotensin II type 1a receptor signalling directly contributes to the increased arrhythmogenicity in cardiac hypertrophy. Br J Pharmacol. 2013;170(7):1384-95.
  2. 2. Honda K, Sone M, Tamura N, Sonoyama T, Taura D, Kojima K, Fukuda Y, Tanaka S, Yasuno S, Fujii T, Kinoshita H, Ariyasu H, Kanamoto N, Miura M, Yasoda A, Arai H, Ueshima K, Nakao K. Adrenal reserve function after unilateral adrenalectomy in patients with primary aldosteronism. J Hypertens. 2013;31(10):2010-7.
  3. 3. Kuwabara Y, Kuwahara K, Takano M, Kinoshita H, Arai Y, Yasuno S, Nakagawa Y, Igata S, Usami S, Minami T, Yamada Y, Nakao K, Yamada C, Shibata J, Nishikimi T, Ueshima K, Nakao K. Increased expression of HCN channels in the ventricular myocardium contributes to enhanced arrhythmicity in mouse failing hearts. J Am Heart Assoc. 2013;2(3):e000150.
  4. 4. Kawai M, Yoshimura M, Harada M, Mizuno Y, Hiramitsu S, Shimizu M, Shoda T, Kuwahara K, Miyagishima K, Ueshima K, Nakao K. Determination of the B-type Natriuretic Peptide Level as a Criterion for an Abnormality in Japanese Individuals in Routine Clinical Practice: The J-ABS Multi-Center Study (Japan Abnormal BNP Standard). Intern Med. 2013;2:171-177.
  5. 5. Ando K, Ueshima K, Tanaka S, Kosugi S, Sato T, Matsuoka H, Nakao K, Fujita T. Comparison of the Antialbuminuric Effects of L-/N-type and L-type Calcium Channel Blockers in Hypertensive Patients with Diabetes and Microalbuminuria: The Study of Assessment for Kidney Function by Urinary Microalbumin in Randomized (SAKURA) Trial. Int J Med Sci. 2013;10:1209-1216.
  6. 6. Tanaka S, Yoshimura Y, Kamada C, Tanaka S, Horikawa C, Okumura R, Ito H, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H. Intakes of dietary fiber, vegetables, and fruits and incidence of cardiovascular disease in Japanese patients with type 2 diabetes. Diabetes Care. 2013;36(12):3916-22.
  7. 7. Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Yamashita H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Sone H; on behalf of the Japan Diabetes Complications Study Group:Cohort Profile: The Japan Diabetes Complications Study: a long-term follow-up of a randomised lifestyle intervention study of type 2 diabetes. Int J Epidemiol. 2013 May 18. [Epub ahead of print]
  8. 8. Fukui T, Bando K, Tanaka S, Uchimuro T, Tabata M, Takanashi S. Early and mid-term outcomes of combined aortic valve replacement and coronary artery bypass grafting in elderly patients. Eur J Cardiothorac Surg. 2014;45(2):335-40.
  9. 9. Kawasaki R, Tanaka S, Tanaka S, Abe S, Sone H, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Yamashita H, for the Japan Diabetes Complications Study Group:Risk of cardiovascular diseases is increased even with mild diabetic retinopathy: The Japan Diabetes Complications Study. Ophthalmology. 2013;1:84-90.
  10. 10. Tanaka S, Yoshimura Y, Kawasaki R, Kamada C, Tanaka S, Horikawa C, Ohashi Y, Araki A, Ito H, Akanuma Y, Yamada N, Yamashita H, Sone H for the Japan Diabetes Complications Study Group:Fruit intake and incident diabetic retinopathy in Japanese patients with type 2 diabetes. Epidemiology. 2013;24(2): 204-211.
  11. 11. Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Yamashita H, Katayama S, Akanuma Y, Yamada N, Araki A, Ito H, Sone H, Ohashi Y for the Japan Diabetes Complications Study Group and the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial Group:Predicting macro- and micro-vascular complications in type 2 diabetes: the Japan Diabetes Complications Study/the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial risk engine. Diabetes Care. 2013;36(5):1193-9.
  12. 12. Yokoi H, Kasahara M, Mori K, Kuwabara T, Toda N, Yamada R, Namoto S, Yamamoto T, Seki N, Souma N, Yamaguchi T, Sugawara A, Mukoyama M, Nakao K. Peritoneal Fibrosis and High Transport are Induced in Mildly Pre-Injured Peritoneum by 3,4-Dideoxyglucosone-3-Ene in Mice. Peritoneal Dialysis International. 2013;33(2):143-154.
2012
  1. 1. Minami T, Kuwahara K, Nakagawa Y, Takaoka M, Kinoshita H, Nakao K, Kuwabara Y, Yamada Y, Yamada C, Shibata J, Usami S, Yasuno S, Nishikimi T, Ueshima K, Sata M, Nakano H, Seno T, Kawahito Y, Sobue K, Kimura A, Nagai R, Nakao K. Reciprocal expression of MRTF-A and myocardin is crucial for pathological vascular remodelling in mice. EMBO J. 2012;31(23):4428-40.
  2. 2. Nakao YM, Miyawaki T, Yasuno S, Nakao K, Tanaka S, Ida M, Hirata M, Kasahara M, Hosoda K, Ueshima K, Nakao K. Intra-abdominal fat area is a predictor for new onset of individual components of metabolic syndrome: MEtabolic syndRome and abdominaL ObesiTy (MERLOT study). Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci. 2012;88(8):454-61.
  3. 3. Ueshima K, Kasahara M, Koya D, Babazono T, Sato T, Imamoto M, Yasuno S, Fujimoto A, Tanaka S, Kimura G, Nakao K, on behalf of the ASUCA trial Investigators. Effects of atorvastatin on renal function in patients with dyslipidemia and chronic kidney disease: Rationale and design of the ASsessment of clinical Usefulness in CKD patients with Atorvastatin (ASUCA) trial. Clin Exp Nephrol. 2012. [Epub ahead of print:2013 Apr;17(2):211-7]
  4. 4. Minakata K, Bando K, Takanashi S, Konishi H, Miyamoto Y, Ueshima K, Sato T, Ueda Y, Okita Y, Masuda I, Okabayashi H, Yaku H, Yasuno S, Muranaka H, Kasahara M, Miyata S, Okamura Y, Nasu M, Tanemoto K, Arinaga K, Hisashi Y, Sakata R; JMAP Study Investigators. Impact of diabetes mellitus on outcomes in Japanese patients undergoing coronary artery bypass grafting. J Cardiol. 2012;59(3):275-84.
  5. 5. Nakao YM, Teramukai S, Tanaka S, Yasuno S, Fujimoto A, Kasahara M, Ueshima K, Nakao K, Hinotsu S, Nakao K, Kawakami K. Effects of renin-angiotensin system blockades on cardiovascular outcomes in patients with diabetes mellitus: A systematic review and meta-analysis. Diabetes Res Clin Pract. 2012;96(1):68-75.
  6. 6. Sone H, Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Ishibashi S, Oikawa S, Shimano H, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, on behalf of the Japan Diabetes Complications Study Group. Comparison of various lipid variables as predictors of coronary heart disease in Japanese men and women with type 2 diabetes. Subanalysis of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Diabetes Care 2012:35:1150-57.
  7. 7. Kuwabara T, Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Saito Y, Ogawa Y, Imamaki H, Kawanishi T, Ishii A, Koga K, Mori K, Kato Y, Sugawara A, Nakao K. Exacerbation of diabetic nephropathy by Hyperlipidaemia is mediated by Toll-like receptor 4 in mice. Diabetologia. 2012;55(8):2256-2266.
  8. 8. Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Nakao K. [Disease biomarkers for CKD]. Nihon rinsho.Japanese journal of clinical medicine. 2012;70(5):864-868.
  9. 9. Ogawa Y, Mukoyama M, Yokoi H, Kasahara M, Mori K, Kato Y, Kuwabara T, Imamaki H, Kawanishi T, Koga K, Ishii A, Tokudome T, Kishimoto I, Sugawara A, Nakao K. Natriuretic peptide receptor guanylyl cyclase-A protects podocytes from aldosterone-induced glomerular injury. Journal of the American Society of Nephrology. 2012;23(7):1198-1209.
  10. 10. Yokoi H, Kasahara M, Mori K, Ogawa Y, Kuwabara T, Imamaki H, Kawanishi T, Koga K, Ishii A, Kato Y, Mori K, Toda N, Ohno S, Muramatsu H, Muramatsu T, Sugawara A, Mukoyama M, Nakao K. Pleiotrophin triggers inflammation and increased peritoneal permeability leading to peritoneal fibrosis. Kidney international. 2012;81(2):160-169.
  11. 11. 保野慎治 上嶋健治 大庭幸治 中尾葉子 笠原正登 藤本 明 宮脇尚志 桝田出 中尾一和:慢性腎臓病発症予測因子の検討 人間ドックデータベースから見た生活習慣病の関わり 健康管理事業団研究助成論文集(1347-0795)XXVII:19-27 2012
  12. 12. 中本まり子 福富まさ美 大江陽子 井上房子 小林純子 藤堂祥子 長谷部美代子 田中佐智子 保野慎治 笠原正登 藤本明 中尾一和 症例登録に関わる試験参加医師の背景因子についての検討:SAKURA試験参加医師へのアンケートの調査から 臨床評価 40(1):179-185 2012
  13. 13. 藤堂祥子 上嶋健治 小林純子 長谷部美代子 福富まさ美 大江陽子 井上房子 中本まり子 田中佐智子 保野慎治 笠原正登 藤本明 中尾一和 臨床試験における臨床検査中欧測定システムについて:ASUCA試験参加医師へのアンケートの調査から 臨床評価 40(1):179-185 2012
  14. 14. 行岡秀和 尾崎孝平 鶴田良介 西 信一 布宮伸 宮内善豊 多治見公高 上嶋健治 土手健太郎 妙中信之 福岡敏雄 吉持智恵 庄司由美 山口典子 山田章子 足羽孝子 伊藤聡子 遠藤みどり 安藤朋子 日本集中治療医学会規格・安全対策委員会:ICUにおける鎮痛・鎮静に関するアンケート調査 日本集中治療医学会雑誌 19:99-106 2012
  15. 15. 柳本智 野木佳男 松尾善美 千葉誠 上嶋健治:心大血管リハビリテーションを地域で実施する循環器慢性期病院の役割:理学療法兵庫 17:28-31 2012
  16. 16. 関根章博 北本卓也 北本綾 水澤精穂 寺西啓 堀田紀久子 上嶋健治 小杉眞司 中尾一和:ファーマコゲノミクスの臨床応用とその展開 薬剤応答性の違いを調査するためのPharmacokinetics関連遺伝子群の日本人における高精度遺伝子型およびゲノム配列決定法の確立 日本遺伝カウンセリング学会誌 33:7-12 2012
2011
  1. 1. Ogihara T, Ueshima K, Nakao K, Fukiyama K, Oba K, Yasuno S, Fujimoto A, Sato T, Matsuoka H, Saruta T; CASE-J Ex Study Group. Long-term effects of candesartan and amlodipine on cardiovascular morbidity and mortality in Japanese high-risk hypertensive patients: the Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan Extension Study (CASE-J Ex). Hypertens Res. 2011;34(12):1295-301.
  2. 2. Ueshima K, Oba K, Yasuno S, Fujimoto A, Tanaka S, Ogihara T, Saruta T, Nakao K. Influence of coronary risk factors on coronary events in Japanese high-risk hypertensive patients. - Primary and secondary prevention of ischemic heart disease in a subanalysis of the Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan (CASE-J) trial-.Circ J. 2011;75(10):2411-6.
  3. 3. Nakao YM, Ueshima K, Teramukai S, Tanaka S, Yasuno S, Fujimoto A, Kawakami K, Nakao K. Considering selection bias when developing a search strategy. Arch Intern Med. 2011;171(5):471-2.
  4. 4. Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Nakao K. Evaluation of tubulointerstitial injury by new biomarkers. Japanese Journal of Nephrology. 2011;53(4):596-599.
  5. 5. Hata L, Murakami M, Kuwahara K, Nakagawa Y, Kinoshita H, Usami S, Yasuno S, Fujiwara M, Kuwabara Y, Minami T, Yamada Y, Yamada C, Nakao K, Ueshima K, Nishikimi T, Nakao K. Zinc-finger protein 90 negatively regulates neuron-restrictive silencer factor-mediated transcriptional repression of fetal cardiac genes. J Mol Cell Cardiol. 2011;50(6):972-81.
  6. 6. Matsuoka H, Ando K, Ueshima K, Babazono T, Kario K, Tanaka S, Nakao K, Fujita T: Design and rationale of the Study of Assessment for Kidney function by Urinary microalbumin in RAndomized (SAKURA) trial: Comparison of the antialbuminuric effects between L-/N-type and L-type calcium channel blocker in hypertensive patients with diabetes and microalbuminuria. Clin Exp Hypertens. 2011;33:455-462.
  7. 7. Sakai M, Nakayama T, Shimbo T, Ueshima K, Kobayashi N, Izumi T, Sato N, Yoshiyama M, Yamashina A, Fukuhara S: Post-discharge depressive symptoms can predict quality of life in AMI survivors: A prospective cohort study in Japan. Int J Cardiol. 2011;146: 379-384.
  8. 8. Ogihara T, Fujimoto A, Ueshima K, Nakao K, Saruta T: Age-related differences in the effects of antihypertensive therapy on left ventricular hypertrophy in high-risk patients with hypertension-candesartan antihypertensive survival evaluation in Japan subanalysis (letter). J Am Geriatr Soc. 2011;59:180-181.
  9. 9. Sawata H, Ueshima K, Tsutani K: Changes in the environment surrounding Japanese large-scale clinical trials for cardiovascular diseases. Trials. 2011;12:96-102.
  10. 10. Sone H, Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Oida K, Yamasaki Y, Oikawa S, Ishibashi S, Katayama S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N; for the Japan Diabetes Complications Study Group. Serum level of triglycerides is a potent risk factor comparable to LDL cholesterol for coronary heart disease in Japanese patients with type 2 diabetes: Subanalysis of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). J Clin Endocrinol Metab 2011: 96: 3448-56.
  11. 11. Katanoda K, Saika K, Yamamoto S, Tanaka S, Oshima A, Nakamura M, Satoh H, Tajima K, Suzuki T, Tamakoshi A, Tsugane S, Sobue T. Projected cancer mortality among Japanese males under different smoking prevalence scenarios: evidence for tobacco control goal setting. Jpn J Clin Oncol 2011: 41:483-89.
  12. 12. Kawasaki R, Tanaka S, Tanaka S, Yamamoto T, Sone H, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N, Yamashita H; on behalf of the Japan Diabetes Complications Study Group. Incidence and progression of diabetic retinopathy in Japanese adults with type 2 diabetes: 8 year follow-up study of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Diabetologia 2011: 54: 2288-94.
  13. 13. Katayama S, Moriya T, Tanaka S, Tanaka S, Yajima Y, Sone H, Iimuro S, Ohashi Y, Akanuma Y, Yamada N; for the Japan Diabetes Complications Study Group. Low transition rate from normo- and low microalbuminuria to proteinuria in Japanese type 2 diabetic individuals: the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Diabetologia 2011: 54:1025-31.
  14. 14. Ogihara T, Fujimoto A, Ueshima K, Nakao K, Saruta T. Age-related differences in the effects of antihypertensive therapy on left ventricular hypertrophy in high-risk patients with hypertension-candesartan antihypertensive survival evaluation in Japan subanalysis. J. Am. Geriatr. Soc. 2011;59:180-181.
  15. 15. 大江陽子 上嶋健治 大庭幸治 福富まさ美 井上房子 高木真理子 中本まり子 小林純子 田中佐智子 保野慎治 藤本明 中尾一和:臨床試験の症例登録は一部の参加医師により大部分がなされるのか?:CASE-J試験によるパレートの法則の検証 臨床評価 38:885-890 2011
  16. 16. 小林純子 上嶋健治 大江陽子 福富まさ美 井上房子 高木真理子 中本まり子 藤堂祥子 長谷部美代子 山中真由美 大庭幸治 田中佐智子 保野慎治 藤本明 中尾一和:CASE-J Ex試験への継続参加医師の背景因子について 臨床評価 39:407-412 2011
  17. 17. 上嶋健治 中本まり子 福富まさ美 大江陽子 井上房子 小林純子 藤堂祥子 長谷部美代子 中尾一和:臨床試験の症例登録とデータマネージメントを効率的に進めるための試み 循環器内科 70:621-624 2011
  18. 18. 柳本智 野木佳男 松尾善美 上嶋健治:心大血管リハビリテーションを地域で実施する循環器慢性期病院の役割 理学療法兵庫 17:28-31 2011
  19. 19. 森潔 向山政志 笠原正登 中尾一和:【尿細管間質性腎障害】 各論:尿細管間質性腎障害の最近の話題 新規バイオマーカーからみた尿細管間質性腎障害 日本腎臓学会誌 53(4):596-599 2011
2010
  1. 1. Ueshima K, Yasuno S, Oba K, Fujimoto A, Mukoyama M, Ogihara T, Saruta T, Nakao K. Impact of left ventricular hypertrophy on the time-course of renal function in hypertensive patients ? a subanalysis of the CASE-J trial ?.Circ J. 2010;74(10):2132-8.
  2. 2. Nakao K, Hirata M, Oba K, Yasuno S, Ueshima K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T; CASE-J Trial Group. Role of diabetes and obesity in outcomes of the candesartan antihypertensive survival evaluation in Japan (CASE-J) trial. Hypertens Res. 2010;33(6):600-6.
  3. 3. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Hirata M, Ogihara T, Saruta T, Nakao K. Is pulse pressure a predictor of new-onset diabetes in high-risk hypertensive patients?: a subanalysis of the Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan (CASE-J) trial. Diabetes Care. 2010;33(5):1122-7.
  4. 4. Ueshima K, Kobayashi N, Yamazaki T, Saitoh M, Nakamura M, Nakao K: Clinical significance of awake oscillatory ventilation in patients with heart failure and effects of open-heart surgery. Clin Cardiol. 2010;33(7):E20-23.
  5. 5. Kinoshita H, Kuwahara K, Nishida M, Jiang Z, Rong X, Kiyonaka S, Kuwabara Y, Kurose H, Inoue R, Mori Y, Li Y, Nakagawa Y, Usami S, Fujiwara M, Yamada Y, Minami T, Ueshima K, Nakao K.: Inhibition of TRPC6 channel activity contributes to the antihypertrophic effects of natriuretic peptides-guanylyl cyclase-A signaling in the heart. Circ Res. 2010;106:1849-1860.
  6. 6. The GASTRIC Group. Benefit of Adjuvant Chemotherapy for Resectable Gastric Cancer: A Meta-analysis. JAMA. 2010;303:1729-37.
  7. 7. Zamani S, Farnia M, Torknejad A, Alaei BA, Gholizadeh M, Kasraee F, Kihara MO, Oba K, Kihara M. Patterns of drug use and HIV-related risk behaviors among incarcerated people in a prison in Iran. J Urban Health 2010;87:603-16.
  8. 8. 山田真輔 千葉誠 藤本泰史 柳本智 堀井吉幸 鎌田里香 早瀬智子 近藤敦子 上嶋健治 野木佳男:当院の心臓リハビリテーション実施患者が訴える疼痛に関する調査 臨床運動療法研究会誌 12:32-35 2010
  9. 9. 田中司朗 大庭幸治 吉村健一 手良向聡:代替エンドポイントの評価のための統計的基準とその適用事例 計量生物学会誌 31:23-48 2010
2009
  1. 1. Ueshima K, Yamashina A, Usami S, Yasuno S, Nishiyama O, Yamazaki T, Nakao K, Nishimura T. Prognostic value of myocardial perfusion SPECT images in combination with the maximal heart rate at exercise testing in Japanese patients with suspected ischemic heart disease: a sub-analysis of J-ACCESS. Ann Nucl Med. 2009;23(10):849-54.
  2. 2. Nakagawa Y, Kuwahara K, Takemura G, Akao M, Kato M, Arai Y, Takano M, Harada M, Murakami M, Nakanishi M, Usami S, Yasuno S, Kinoshita H, Fujiwara M, Ueshima K, Nakao K. p300 Plays a Critical Role in Maintaining Cardiac Mitochondrial Function and Cell Survival in Postnatal Hearts. Circ Res. 2009;105(8):746-54.
  3. 3. Kinoshita H, Kuwahara K, Takano M, Arai Y, Kuwabara Y, Yasuno S, Nakagawa Y, Nakanishi M, Harada M, Fujiwara M, Murakami M, Ueshima K, Nakao K. T-Type Ca2+ Channel Blockade Prevents Sudden Death in Mice With Heart Failure. Circulation. 2009;120(9):743-52.
  4. 4. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K. Clinical significance of left ventricular hypertrophy and changes in left ventricular mass in high-risk hypertensive patients: a subanalysis of the Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan trial. J Hypertens. 2009;27(8):1705-12.
  5. 5. Ogihara T, Saruta T, Rakugi H, Fujimoto A, Ueshima K, Yasuno S, Oba K, Takeda K, Higaki J, Nakao K. Relationship between the achieved blood pressure and the incidence of cardiovascular events in Japanese hypertensive patients with complications: a sub-analysis of the CASE-J trial. Hypertens Res. 2009;32(4):248-54.
  6. 6. Yasuno S, Usami S, Kuwahara K, Nakanishi M, Arai Y, Kinoshita H, Nakagawa Y, Fujiwara M, Murakami M, Ueshima K, Harada M, Nakao K. Endogenous cardiac natriuretic peptides protect the heart in a mouse model of dilated cardiomyopathy and sudden death. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2009;296(6):H1804-10.
  7. 7. Ueshima K, Yasuno S, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K. Effects of Cardiac Complications on Cardiovascular Events in Japanese High-Risk Hypertensive Patients. Circ J. 2009;73(6):1080-5.
  8. 8. Ueshima K, Oba K, Yasuno S, Fujimoto A, Sato T, Fukiyama K, Azuma J, Ogihara T, Saruta T, Nakao K; for the CASE-J trial Group. Long-term effects of candesartan and amlodipine on cardiovascular mortality and morbidity in Japanese high-risk hypertensive patients: Rationale, design, and characteristics of candesartan antihypertensive survival evaluation in Japan extension (CASE-J Ex). Contemp Clin Trials. 2009;30(1):97-101.
  9. 9. Sasayama S, Izumi T, Matsuzaki M, Matsumori A, Asanoi H, Momomura S, Seino Y, Ueshima K, for The CHF-HOT Study Group: Improvement of quality of life with nocturnal oxygen therapy in heart failure patients with central sleep apnea. Circ J 73: 1255-1262 2009
  10. 10. Ogihara T. Fujimoto A. Nakao K. Saruta T. Effects of Antihypertensive Drugs in the Prevention of New-Onset Diabetes in High-Risk Hypertensive Patients in Relation to Aging. J Am Geriatr Soc. 2010;58:395-396.
  11. 11. Yoshikawa T, Tsuburaya A, Hirabayashi N, Yoshida K, Nagata N, Kodera Y, Takahashi N, Oba K, Kimura M, Ishikura S, Miyashita Y, Sakamoto J. A phase I study of palliative chemoradiation therapy with paclitaxel and cisplatin for local symptoms due to an unresectable primary advanced or locally recurrent gastric adenocarcinoma. Cancer Chemother Pharmacol. 2009;64:1071-7.
  12. 12. Oba K, Kobayashi M, Matsui T, Kodera Y, Sakamoto J. Efficacy of immunochemotherapy with lentinan for patients with unresectable/recurrent gastric cancer: An individual-patient-based meta-analysis of randomized controlled clinical trials. Anticancer Res. 2009;29:2739-45.
  13. 13. Nagata N, Kondo K, Shibata Y, Kato T, Okuyama Y, Ikenaga M, Tanemura H, Oba K, Sakamoto J, Mishima H. Multicenter Phase II Study of FOLFOX for Metastatic Colorectal Cancer in Japan: SWIFT-1 & 2 study. Hepatogastroenterology. 2009;56:1346-53.
  14. 14. 山田真輔 千葉誠 柳本智 坂本有希子 早瀬智子 近藤敦子 上嶋健治 野木佳男:心臓リハビリテーション実施施設のインターネット上にみられる心臓リハビリテーションに関する情報量の検討 心臓リハビリテーション 14:217-219 2009
  15. 15. 上月正博 齋藤宗靖 岩坂壽二 代田浩之 上嶋健治 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行 後藤葉一 :わが国における心臓リハビリテーションの採算性:多施設調査結果 心臓リハビリテーション 14:269-275 2009
  16. 16. 後藤葉一 上月正博 上嶋健治 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行 代田浩之 岩坂壽二 齋藤宗靖:急性心筋梗塞全国実態調査に基づく心臓リハビリテーション1セッション当たり参加患者数の検討:施設基準および採算性を念頭に 心臓リハビリテーション 14:336-344 2009
2008
  1. 1. Ogihara T, Nakao,K, Fukui T, Fukiyama K, Ueshima K, Oba K, Sato T, Saruta T, for the CASE-J Trial Group: Effects of candesartan compared with amlodipine for treatment of hypertensive patients with high cardiovascular risks in CASE-J trial. Hypertension. 2008;51:393-398
  2. 2. Ogihara T, Nakao K, Fukui T, Fukiyama K, Fujimoto A, Ueshima K, Oba K, Shimamoto K, Matsuoka H, Saruta T, for the CASE-J Trial Group: The optimal target blood pressure for antihypertensive treatment in Japanese elderly patients with high-risk hypertension: A subanalysis of the candesartan antihypertensive survival evaluation in Japan (CASE-J) trial. Hypertens Res. 2008;31:1595-1601.Usami S, Kishimoto I, Saito Y, Harada M, Kuwahara K, Nakagawa Y, Nakanishi M, Yasuno S, Kangawa K, Nakao K. Association of CT dinucleotide repeat polymorphism in the 5'-flanking region of the guanylyl cyclase (GC)-A gene with essential hypertension in the Japanese. Hypertens Res. 2008;31:89-96.
  3. 3. Cho H, Tsuburaya A, Sakamoto J, Morita S, Oba K, Yoshikawa T, Miyajima N; Adjuvant Exercise for General Elective Surgery (AEGES) Study Group. A randomized phase II trial of preoperative exercise to reduce operative risk in gastric cancer patients with metabolic syndrome: adjuvant exercise for general elective surgery (AEGES) study group. Jpn J Clin Oncol. 2008;38:71-3.
  4. 4. Morita S, Kaptain AA, Oba K, Sakamoto J. Domain Structure of the EORTC QLQ-STO22 Supported by Japanese Validation Data. Psychooncology. 2008;17:474-9.
  5. 5. 上嶋健治 大庭幸治 保野慎治 藤本明 中尾一和:【わが国における高血圧大規模臨床試験の現況】 臨床試験におけるEBM研究センターの役割 CASE-J試験を題材に 循環器科 64:266-270 2008
  6. 6. 柳本智 千葉誠 坂本有希子 野木佳男 早瀬智子 上嶋健治:循環器慢性病院における心大血管リハビリテーションの経験 心臓リハビリテーション13:128-130 2008
  7. 7. 本田貴博 小林昇 山崎琢也 藤井祐輔 山下砂織 川戸多喜子 岡林均 高橋嘉代 佐藤滋 中村元行 上嶋健治:心大血管リハビリテーションにおける監視型リハビリテーション移行の遅延因子の検討 心臓リハビリテーション 13:180-183 2008
  8. 8. 上嶋健治:反省的実践のためのReflection-on-actionの試み:Significant Event Analysisによる聴診実習後の行動・学習プランの変化 循環器科 63:491-494 2008
  9. 9. 柳本智 千葉誠 坂本有希子 野木佳男 早瀬智子 近藤敦子 上嶋健治:当院における心大血管リハビリテーションの経験:循環器疾患慢性期病院の役割 臨床運動療法研究会誌10:8-10 2008
2007
  1. 1. Goto Y, Saito M, Iwasaka T, Daida H, Kohzuki M, Ueshima K, Makita S, Adachi H, Yokoi H, Omiya K, Mikouchi H, Yokoyama H for the Japanese Cardiac rehabilitation Survey Investigators: Poor implementation of cardiac rehabilitation despite broad dissemination of coronary interventions for after acute myocardial infarction in Japan: A nationwide survey Circ J 71: 173-179 2007
  2. 2. Nakanishi M, Harada M, Kishimoto I, Kuwahara K, Kawakami R, Nakagawa Y, Yasuno S, Usami S, Kinoshita H, Adachi Y, Fukamizu A, Saito Y, Nakao K. Genetic disruption of angiotensin II type 1a receptor improves long-term survival of mice with chronic severe aortic regurgitation. Circ J. 2007 ;71(8):1310-6.
  3. 3. Sakamoto J, Hamada C, Yoshida S, Kodaira S, Yasutomi M, Kato T, Oba K, Nakazato H, Saji S, Ohashi Y. An individual patient data meta-analysis of adjuvant therapy with uracil-tegafur (UFT) in patients with curatively resected rectal cancer. Brit J Cancer. 2007;96:1170-7.
  4. 4. Kobayashi M, Oba K, Sakamoto J, Kondo K, Nagata N, Okabayashi T. Pharmacokinetic study of paclitaxel of weekly administration dose in advanced or recurrent gastric cancer patients in Japan. Gastric Cancer. 2007;10:52-7.
  5. 5. Ninomiya M, Kondo K, Matsuo K, Hirabayashi N, Kojima H, Kobayashi M, Kawamura S, Ando T, Musha N, Konno H, Nagata N, Usuki H, Miyashita Y, Oba K, Morita S, Sakamoto J. Multicenter Phase II Trial of Combination Chemotherapy with Weekly Paclitaxel and 5-Fluorouracil for the Treatment of Advanced or Recurrent Gastric Carcinoma. J Chemotherapy. 2007;19:444-50.
  6. 6. Oba K, Teramukai S, Kobayashi M, Matsui T, Kodera Y, Sakamoto J. Efficacy of Adjuvant Immunochemotherapy with Polysaccharide K for Patients with Curative Resections of Gastric Cancer. Cancer Immunol Immun. 2007;56:905-11.
  7. 7. 本田貴博 小林昇 山崎琢也 高橋嘉代 山下砂織 斎藤雅彦 斎藤誠一 大坂美和子 大島杏子 川戸多喜子 佐藤滋 上嶋健治 中村元行:開心術後患者の機器を利用した監視型リハビリテーションへのスムーズな移行を妨げる要因についての検討:リハビリテーション遷延因子の検討 心臓リハビリテーション12:129-132 2007
2006
  1. 1. Sasayama S, Izumi T, Seino Y, Ueshima K, Asanoi H: Effects of nocturnal oxygen therapy on outcome measures in patients with chronic heart failure and Cheyne-Stokes respiration Circ J. 2006;70:1-7.
  2. 2. Oba K, Morita S, Rahman M, Sakamoto J. Factors associated with compliance and non-compliance by physicians in a large-scale randomized clinical trial. Trials. 2006;7:26.
  3. 3. Oba K, Morita S, Tsuburaya A, Kodera Y, Kobayashi M, Sakamoto J. Efficacy of Adjuvant Chemotherapy Using Oral Fluorinated Pyrimidines for Curatively Resected Gastric Cancer: A Meta-Analysis of Centrally Randomized Controlled Clinical Trials in Japan. J Chemother. 2006;18:311-7.
  4. 4. Sakamoto J, Morita S, Oba K, Matsui T, Kobayashi M, Nakazato H, Ohashi Y; Meta-Analysis Group of the Japanese Society for Cancer of the Colon Rectum. Efficacy of adjuvant immunochemotherapy with polysaccharide K for patients with curatively resected colorectal cancer: a meta-analysis of centrally randomized controlled clinical trials. Cancer Immunol Immunother. 2006;55:404-11.
  5. 5. Sakamoto J, Oba K, Matsui T, Kobayashi M. Efficacy of Oral Anti-Cancer Agents for Colorectal Cancer. Dis Colon Rectum. 2006;49 Suppl 1:S82-91.
  6. 6. Morita S, Kobayashi M, Oba K, Ichihara T, Nakao A, Sakamoto J. Truth-telling to Patients with Advanced Cancer: A Comparison between Cancer center, University Hospitals, General City Hospitals, and Private General Practitioners in Japan. Ann Cancer Res Therap. 2006;14:1-11.
  7. 7. Kobayashi M, Tsuburaya A, Nagata N, Miyashita Y, Oba K, Sakamoto J. A feasibility study of sequential paclitaxel and S-1 (PTX/S-1) chemotherapy as postoperative adjuvant chemotherapy for advanced gastric cancer. Gastric Cancer. 2006;9:114-9.
  8. 8. 高橋嘉代 上嶋健治 小林昇 佐藤滋 本田貴博 斎藤雅彦 山崎琢也 川戸多喜子 中村元行:心筋梗塞症患者に合併する周期性呼吸(Oscillatory Ventilation)の有無と運動療法効果の関連 心臓リハビリテーション 11:127-130 2006
  9. 9. 斎藤雅彦 上嶋健治 佐藤滋 小笠原るみ子 高橋嘉代 小林昇 山崎琢也 酒井敏彰 松井宏樹 平盛勝彦:心臓リハビリテーション運動療法の費用対効果:急性心筋梗塞症30例を対象とした後向き比較対照検討 心臓リハビリテーション 11:167-171 2006
  10. 10. 上嶋健治 山崎琢也 斎藤雅彦 小林昇 中村元行:心不全患者における覚醒時Oscillatory Ventilationの意義と開心術の及ぼす影響 臨床運動療法研究会誌 8:6-7 2006
  11. 11. 後藤葉一 斎藤宗靖 岩坂壽二 代田浩之 上月正博 上嶋健治 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 田邊潤 横山広行 小池朗 長山雅俊:我が国における急性心筋梗塞症回復期心臓リハビリテーションの全国実態調査 心臓リハビリテーション 11:36-40 2006
  12. 12. 小林昇 斎藤雅彦 山崎琢也 上嶋健治:心臓外科手術後患者のQuality of life 性行為の運動耐容能 心臓リハビリテーション11:115-118 2006

総説

2018
  1. 1. 佐藤恵子、上嶋健治:市民から信頼される臨床試験のために必要なものは:臨床麻酔 臨時増刊号42(増):377-391, 2018
2017
  1. 1. 上嶋健治:運動負荷心電図:診断と治療 105:223-229 2017
  2. 2. 佐藤恵子、上嶋健治:臨床試験とprecision medicine:循環器内科. 82(1):88-93, 2017
  3. 3. 加藤恵理:我が国の臨床研究の課題-TIMI Study Groupでの経験より:日本医事新報 4879: 34-35 2017
2016
  1. 1. 伊藤智範 上嶋健治:安定労作狭心症の定義と病型:日本臨床増刊号 最新冠動脈疾患学(下)74:58-62 2016
  2. 2. 上嶋健治:EBMの実践と循環器内科診療のコントラバーシー:循環器内科 79:167-168 2016
  3. 3. 保野 慎治:特集/循環器内科診療のコントラバーシー『近年のジゴキシンに関する臨床研究:エビデンスの視点から』:循環器内科 79: 173-176 2016
  4. 4. 佐藤恵子:医療者が親御さんにできそうな支援は-子どもへの対応を一緒に考える-:子どもの健康科学. 16(1):29-34, 2016
2015
  1. 1. 上嶋健治:たどり来て未だ山麓:心臓リハビリテーションと私:心臓リハビリテーション20:24-33 2015
  2. 2. 上嶋健治 保野慎治 笠原正登:腎症のリスクファクターとその管理:Diabetes Contemporary 2:26-29 2015
2014
  1. 1. Adachi H, Goto Y, Hasegawa E, Ishihara S, Itoh H, Kimura Y, Maehara K, Makita S, Matsuo H, Momomura S, Musha H, Nagayama M, Nakatani T, Takura T, Ueshima K, Watanabe K, Yamada S, Yamashina A, Ikegame T, Kohzuki M, Nakane E, Origuchi H, Sato S, Takahashi T, Tnanaka K, Tanaka N, Yoshida T. Guidelines for rehabilitation in patients with cardiovascular disease (JCS 2012). Circ J 78:2022-2093 2014
  2. 2. Kasahara M, Nakagawa T, Yokoi H, Kuwabara T, Yasuno S, Mori K, Mukoyama M, Ueshima K. Do statins play a role in renoprotection? Clin Exp Nephrol. 2014;18(2):282-5. Epub 2014 Jan 10.
  3. 3. 佐藤恵子:実地臨床につながる臨床試験の倫理的要素:産婦人科の実際. 63(13):2031-2040 2014
  4. 4. 中尾葉子 保野慎治 宮脇 尚志 中尾一泰 田中佐智子 笠原正登 藤本明 上嶋健治 中尾一和:高血圧発症に関する内臓脂肪蓄積の意義 MEtabolic syndRome and AbdominaL ObesiTy (MERLOT研究):日循予防誌 49(3):209-212 2014
  5. 5. 佐藤恵子:臨床試験におけるインフォームド・コンセント 患者に自己決定してもらうためには、何をどうすればよいのか:日本婦人科腫瘍学会雑誌 32(4):727-738 2014
  6. 6. 佐藤恵子 岩崎学 菅波秀規 佐藤俊哉 椿広計:統計家の行動基準の策定-背景と今後の課題:計量生物学 35(1):37-53 2014
  7. 7. 上嶋健治:Evidence Based Medicineと臨床試験 臨床研究論文の批判的吟味のために:アプライド・セラピューティクス 6(1):34-40 2014
  8. 8. 上嶋健治 大江陽子 保野慎治:【最新臨床高血圧学-高血圧治療の最前線-】 日本人を対象とした大規模試験の概要 CASE-J/CASE-J Ex Trial:日本臨床増刊号 最新臨床高血圧学 646-651 2014
  9. 9. 斎藤雅彦(盛岡赤十字病院) 上嶋健治 齋藤宗靖 岩坂壽二 代田浩之 上月正博 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行 後藤葉一;厚生労働省循環器病研究委託費(15指-2)研究班:ここまでわかった わが国の心臓リハビリテーションのエビデンス わが国における心臓リハビリテーションの安全性 全国実態調査結果:心臓リハビリテーション 19(2) 199-201 2014
  10. 10. 中尾葉子 保野慎治 宮脇尚志 上嶋健治 中尾一和:【最新肥満症学-基礎・臨床研究の最前線-】 MONK研究とMERLOT研究:日本臨床増刊号 最新肥満症学 711-714 2014
  11. 11. 中尾葉子 保野慎治 中尾一泰 細田公則 宮脇尚志 上嶋健治 中尾一和:生活習慣病発症における内臓脂肪蓄積の意義に関する縦断的研究 MEtabolic syndRome and abdominaL ObesiTy (MERLOT) study:健康医科学研究助成論文集 29号 105-111 2014
  12. 12. 折口秀樹 伊東春樹 百村伸一 野原隆司 代田浩之 増田卓 上月正博 牧田茂 上嶋健治 長山雅俊 大宮一人 安達仁 後藤葉一:ここまでわかった わが国の心臓リハビリテーションのエビデンス 日本におけるCABG後外来心臓リハビリテーションの有効性 J-REHAB後ろ向き調査:心臓リハビリテーション 19(1) 33-37 2014
  13. 13. 上嶋健治:生理機能検査を活用した心不全の一次予防 運動負荷試験と運動療法:日循予防誌 49(1) 31-35 2014
  14. 14. 上嶋健治 越路正敏 岩坂潤二:循環器疾患に漢方の出番はあるか(座談会):漢方と診療 4(4) 228-240 2014
2013
  1. 1. 中尾葉子 保野慎治 宮脇尚志 上嶋健治 中尾一和:MONK研究とMERLOT研究 日本臨床 2013 印刷中
  2. 2. 上嶋健治:CASE-J・CASE-J Ex試験から学ぶ 医学のあゆみ 244:1295-1300 2013
  3. 3. 上嶋健治:臨床研究におけるレジストリの位置づけ 日循予防誌 48:154-159 2013
  4. 4. 笠原正登:【透析室での臨床研究-研究デザインと研究のまとめ方】介入試験非ランダム化比較試験N-of-1試験,クロスオーバー試験など 臨床透析 29(4):419-425 2013
  5. 5. 石井輝 桒原孝成 笠原正登:【糖尿病における心腎連関】 治療薬 スタチン 月刊糖尿病 5(11):80-87 2013
  6. 6. 森慶太 笠原正登:特殊病態における冠動脈イベントの予防 慢性腎臓病をどう治療する 伊藤浩 編 冠動脈疾患のパーフェクトマネジメント 南江堂 180-188 2013
  7. 7. 笠原正登:疾患・病態別栄養ケア・マネジメント 腎・尿路疾患. 飯嶋正広, 今本美幸 編著 吉田勉 監修 臨床栄養学(食物と栄養学基礎シリーズ ; 10) 学文社 151-155 2013
  8. 8. 森潔 桑原孝成 横井秀基 笠原正登 向山政志 中尾一和:【尿バイオマーカー】Neutrophil gelatinase-associated lipocalinによる病態解析 臨床検査 57(6):617-622 2013
  9. 9. 瀬田公一 笠原正登:【心腎連関の病態を知る-治療に活かす-】心腎連関にかかわる因子を理解する 造影剤腎症の病態と対策 Circulation 3(7): 97-104 2013
  10. 10. 武田正之 横山修 内村直尚 笠原正登:夜間頻尿 注意しなくてはならない多尿と睡眠障害 泌尿器外科 26(7):1091-1098 2013
  11. 11. 森潔 桑原孝成 横井秀基 笠原正登 向山政志 中尾一和:【わが国におけるAKI診療の現状と課題】 薬剤性AKIの早期診断と予防法 臨床透析 29(11):1565-1572 2013
  12. 12. 上嶋健治:リスク評価から個別化医療へ:心臓核医学検査における検査前リスクをどのように考えるか? 心臓核医学 13:2 2013
  13. 13. 上嶋健治:臨床研究を継続するための心構えについて 日循予防誌 45:54 2013
  14. 14. 野間久史 田中司朗 田中佐智子 和泉志津恵:Multiple Imputation法によるネステッド ケースコントロール研究:ケースコホート研究の解析 計量生物学 33(2):101-124 2013
2012
  1. 1. Yasuno S, Fujimoto A, Nakagawa Y, Kuwahara K, Ueshima K. Fixed-dose combination therapy of candesartan cilexetil and amlodipine besilate for the treatment of hypertension in Japan. Expert Rev Cardiovasc Ther. 2012;10(5):577-83.
  2. 2. 保野慎治 藤本明 上嶋健治 荻原俊男:CASE-J研究から見る高血圧治療と糖尿病 糖尿病診療マスター 10:339-344 2012
  3. 3. 保野慎治 上嶋健治:ハイリスク高血圧患者におけるカンデサルタンとアムロジピンの心血管イベントに対する長期効果:CASE-J Extensionの結果から Angiotensin Research 9:45-49 2012
  4. 4. 保野慎治 藤本明 上嶋健治:CASE-J Extensionの結果を臨床にどう活かすか 日本臨牀 70:519-527 2012
  5. 5. 上嶋健治:耳鼻科領域のEBM:EBMの概念 JOHNS 28:135-137 2012
  6. 6. 上嶋健治 安隆則:ASOに求められるEvidence based Medicine(EBM) 循環器(CIRCULATION) 2:107-115 2012
  7. 7. 上嶋健治:心不全の治療と予防のEBM:非侵襲的・非薬物療法を考える 日循予防誌 47:24-29 2012
  8. 8. 上嶋健治 藤本明:大規模な市販後臨床試験の意義 最新医学 67:1740-1744 2012
  9. 9. 上嶋健治:心臓リハビリテーションと左室リモデリング 循環器内科 72:85-91 2012
  10. 10. 上嶋健治:運動療法前のメディカルチェック 循環器内科 72:200-204 2012
  11. 11. 野原隆司 安達仁 石原俊一 伊東春樹 上嶋健治 木村穣 後藤葉一 田倉智之 中谷武嗣 長山雅俊 長谷川恵美子 前原和平 牧田茂 松尾汎 武者春樹 百村伸一 山科章 山田純生 渡辺健 池亀俊美 折口秀樹 上月正博 佐藤真治 高橋哲也 田中克俊 中根英策 吉田俊子 和泉徹 神原啓文 斎藤宗靖 鄭忠和 道場信孝:循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006年度合同研究班報告 心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン(2012年改訂版)http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2012_nohara_h.pdf新しいウィンドウが開きます(ホームページのみ公開)
  12. 12. 和泉志津恵 藤井良宜 田中佐智子:コホート内ケース・コントロール研究におけるデザインと方法 計量生物学 32:97-118 2012.
  13. 13. 石井輝 笠原正登:診断力をみがく イメージトレーニング 梢神経障害と排尿困難を主訴に来院したネフローゼ症候群の1例 片腎摘出後に大量の胸腹水が出現した多発性嚢胞腎の1例 胸腹水貯留のメカニズムを考える 内科 109(4):715-718 2012
  14. 14. 森慶太 堀井和子 笠原正登:臓器保護を見据えた降圧戦略 降圧療法におけるCa拮抗薬の役割(腎保護)糸球体上皮細胞に着目して 循環plus 12(10):7-9 2012
  15. 15. 桑原孝成 向山政志 森潔 笠原正登 横井秀基 中尾一和:【心腎連関の病態と治療の進歩-心臓と腎臓からみた循環器疾患】 治療薬解説 ナトリウム利尿ペプチド カレントテラピー 30(8):839-845 2012
  16. 16. 石井輝 小出達真 笠原正登:【心腎連関を考慮した利尿薬の使い方】 利尿薬と電解質異常 Circulation 2(9):24-32 2012
  17. 17. 森潔 向山政志 笠原正登 横井秀基 中尾一和:【心腎貧血症候群-cardiorenal anemia sydrome-】 診る 心腎貧血症候群の診断 バイオマーカーで診る Heart View 16(9):898-904 2012
  18. 18. 上嶋健治:臨床研究の仕組みと制度:治験・臨床試験の位置づけと問題点 リーガルマインド 330(October 2012) 1-61 2012
  19. 19. 上嶋健治:甲状腺機能低下症を見逃さない:無気力症状が初発症状のことも Medical Practice 27:1053 2010
  20. 20. 森潔 向山政志 笠原正登 横井秀基 中尾一和:【最新の疾患バイオマーカー研究-より適切な診療を目指して-】 疾患バイオマーカーの臨床研究 その他の疾患バイオマーカー(診断、治療、予後予測など) 慢性腎臓病(CKD) 日本臨床 70(5):864-868 2012
2011
  1. 1. 上嶋健治 森山賢治 宮脇尚志 中尾一和:コホート研究から得られたメタボリックシンドロームに関する知見 MONK研究とCASE-J試験 日本臨床増刊号 メタボリックシンドローム(第2版)83-87 2011
  2. 2. 上嶋健治:急性冠症候群の予後 カレントテラピー 29:65-70 2011
  3. 3. 上嶋健治:日本人高血圧患者の心血管系イベント発症に及ぼすACE阻害薬およびARBの影響:メタアナリシスからの検討 循環器専門医 19:25-33 2011
  4. 4. 上嶋健治:最新運動療法:分子から心理まで こころを評価するということ 臨床運動療法研究会誌 13:20-22 2011
  5. 5. 上嶋健治:日本発臨床試験の紹介と反省点を語る:Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan (CASE-J)試験 内科 100:1449-1455 2011
  6. 6. 上嶋健治:慢性心不全の治療:運動療法の位置づけ 心臓 43:579-582 2011
  7. 7. 上嶋健治:Pros & Con あらためて考える「日常診療とEBM」:Pros:「日常診療にはEBMが大切である」 アプライド・セラピューティクス 3:54-58 2011
  8. 8. 上嶋健治:高血圧治療と管理の課題:心血管イベント発症予防のための高血圧管理 日本臨床 69:1993-1998 2011
  9. 9. 上嶋健治:そもそもEBMとはなにか?:氾濫するEBMとガイドラインを正す Heart View 11月増刊号 循環器実地診療のためのEBM講座 8-11 2011
  10. 10. 上嶋健治 伊藤智範:安定労作性狭心症の概念と病型 日本臨床増刊号 冠動脈疾患(下):診断と治療の進歩 70-74 2011
  11. 11. 上嶋健治:疫学研究と臨床研究の接点 公衆衛生学会雑誌 58:1060-1063 2011
  12. 12. 笠原正登:造影剤腎症 心CT 9:117-121 2011
  13. 13. 植田浩司 笠原正登:【排尿障害の私の治療1】 夜間頻尿・尿失禁 夜間頻尿の病態 治療へのアプローチのために 排尿障害プラクティス 19(2):148-154 2011
  14. 14. 笠原正登 森慶太 向山政志 中尾一和:【利尿薬からのメッセージ】 腎臓とナトリウム利尿ペプチド ANPの腎保護効果、腎臓での作用 Modern Physician 31(6):746-749 2011
  15. 15. 笠原正登:【排泄障害への対処】 コンチネンス医学 排泄障害への対処 内科医が診る夜間頻尿 複雑な背景を解きほぐず メディカル朝日 = medical ASAHI 40(6):20-21 2011
  16. 16. 桑原孝成 向山政志 森潔 笠原正登 中尾一和:【腎不全の最近の動向と阻止対策-原疾患とメカニズムに基づいた治療法の新たな展開 腎不全進展のメカニズムに基づく治療研究の最前線】 糖尿病性腎症における脂質代謝異常とその役割 カレントテラピー 29(8):717-721 2011
  17. 17. 桑原孝成 向山政志 森潔 笠原正登 中尾一和:【腎における内分泌関連トピックス】 心腎連関におけるナトリウム利尿ペプチドとNgal 腎と透析 71(5):685-691 2011
  18. 18. 桑原孝成 森潔 向山政志 笠原正登 横井秀基 齋藤陽子 今牧博貴 川西智子 石井輝 古賀健一 森慶太 加藤有希子 菅原照 中尾一和:高脂血症がもたらす糖尿病性腎症悪化の分子機構 Therapeutic Research 33(2):173-175 2011
  19. 19. 藤本明:EBMにおけるエビデンスの妥当性とは:内的妥当性と外的妥当性 Heart View増刊号 循環器実地診療のためのEBM講座 65-69 2011
  20. 20. 笠原正登 向山政志 中尾一和:【CKDとアディポサイエンス】 臨床 CKDと脂質代謝異常 Adiposcience 7(4):352-358 2011
  21. 21. 横井秀基 笠原正登 向山政志:【腹膜透析療法の新展開】 腹膜透析による腹膜障害のメカニズム 成長因子・サイトカイン研究の進歩と展望 医学のあゆみ 239(7):784-789 2011
2010
  1. 1. 上嶋健治:スタチン系薬剤による腎保護効果 The Lipid 21: 146-152 2010
  2. 2. 上嶋健治:心血管イベント予防のためのハイリスク高血圧患者の管理 日本臨床 68:1575-1580 2010
  3. 3. 上嶋健治:健康レベルに応じた予防医学:運動療法の有効性 体育の科学 60:548-553 2010
  4. 4. 上嶋健治 中尾一和:糖尿病・肥満とARB:CASE-J試験 血圧 17:908-909 2010
  5. 5. 上嶋健治:リハビリテーションにおけるエビデンス:心臓疾患 総合リハビリテーション 38:829-835 2010
  6. 6. 上嶋健治:虚血性心疾患の二次予防としての心臓リハビリテーション 総合臨床 59: 2463-2465 2010
  7. 7. 保野慎治:高リスク高血圧患者における左室肥大と左室重量変化の臨床的意義 ― CASE-J試験サブ解析 血圧 17:2-3 2010
2009
  1. 1. Oba K. Efficacy of adjuvant chemotherapy using tegafur-based regimen for curatively resected gastric cancer: Update of a meta-analysis. Int J Clin Oncol. 2009;14:85-9.
  2. 2. 上嶋健治 平田雅一 保野慎治 中尾一和:CASE-Jから見た肥満の重要性を考える Life Style Medicine 3:301-306 2009
  3. 3. 平田雅一 大庭幸治 上嶋健治 中尾一和:CASE-Jと肥満 日本臨床 67:404-407 2009
  4. 4. 今井優 桝田出 上嶋健治:行政:地域社会と運動の介入:医療法42条における運動プログラム 日本臨床2009年4月増刊号2 身体活動・運動と生活習慣病:運動生理学と最新の予防・治療 516-521 2009
  5. 5. 千葉誠 上嶋健治 栄領樹 坂口智康 山田真輔 柳本智 坂本有希子 早瀬智子 近藤敦子 野木佳男:中高年における慢性期の運動・生活指導の実際:医療法42条施設での実際 臨床スポーツ医学 26:1261-1267 2009
  6. 6. 上嶋健治 木村玄次郎 今本美幸 中尾一和:慢性腎臓病を合併した脂質異常症患者を対象に、アトルバスタチンが推算糸球体濾過量を指標にした腎機能に及ぼす影響を検討する多施設共同研究実施の意義 Therapeutic research 30:1425-1426 2009
  7. 7. 上嶋健治 中尾一和:日本人の大規模臨床試験 CASE-J 日本臨床増刊号 627-631 2009
  8. 8. 山科章 上嶋健治 木村一雄 栗林幸夫 佐久間肇 玉木長良 吉田清 北川覚也 小菅雅美 陣崎雅弘 近森大志郎 寺岡邦彦 林田晃寛 原田昌樹 吉岡邦浩 吉永恵一郎 渡邉望:循環器病の診断と治療に関するガイドライン:2007-2008年度合同研究班報告 冠動脈病変の非侵襲的診断に関するガイドライン Circ J 73 (Suppl III): 1019-1114 2009
  9. 9. 藤本明 中尾一和:京都大学EBM研究センターの現況と展望 日本臨床 67 705-708 2009
  10. 10. 藤本明 荻原俊男:わが国におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬のエビデンス 医学のあゆみ 228:583-587 2009
  11. 11. 藤本明 荻原俊男:高血圧領域での最新エビデンス CASE-J試験サブアナリシス 循環器科 65:127-132 2009
  12. 12. 藤本明 荻原俊男:大規模臨床試験 Up-to-Date CASE-J 血圧 16:18-22 2009
  13. 13. 坂本純一 森田智視 大庭幸治:DFSとOSの相関:大腸がん補助化学療法 - surrogate endpointの探索と留意点 - 腫瘍内科 4:433-44 2009
2008
  1. 1. Ogihara T, Fujimoto A, Nakao K. Saruta T. ARB Candesartan and CCB Amlodipine in Hypertensive Patients: the CASE-J Trial. Expert Rev Cardiovasc Ther. 2008;6:1195-1201.
  2. 2. 上嶋健治:循環器疾患領域における運動療法:「回復の医学」から「予防の医学」へ 心臓リハビリテーション 13:19-21 2008
  3. 3. 後藤葉一 斎藤宗靖 岩坂壽二 代田浩之 上月正博 上嶋健治 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行:わが国における心疾患リハビリテーションの実態調査と普及促進に関する研究(第12回学会特別セッション) 心臓リハビリテーション 13:49-52 2008
  4. 4. 上嶋健治 今井優:心疾患患者に対する運動療法はどの程度安全か?:安全な運動療法実施のために HeartView 12:496-501 2008
  5. 5. 上嶋健治:CASE-Jの今後 日本臨床 2008特別号CASE-J(CASE-J Studyの軌跡) 97-102 2008
  6. 6. 大庭幸治:CASE-J -CASE-J Studyの軌跡- CASE-Jの参加医師について-誰が参加し、なぜ参加したのか?- 日本臨床 66:28-32 2008
  7. 7. 佐藤俊哉 森田智視 大庭幸治:CASE-J -CASE-J Studyの軌跡- 医療統計家の役割 日本臨床 66:51-55 2008
  8. 8. 桝田出 今井優 市川菜々 近藤好美 丸瀬めぐみ 上嶋健治:地域医療連携:生活習慣病予防外来での試み 治療2008年3月増刊号 地域医療連携実践ガイドブック 90:1027-1033 2008
  9. 9. 上嶋健治 大庭幸治 中尾一和:循環器研究の新しい潮流:CASE-J研究 別冊-医学のあゆみ 71-77 2008
  10. 10. 宇佐美覚 上嶋健治:血管疾患と腎機能障害 Vascular Lab 5:115-119 2008
  11. 11. 上嶋健治:心臓リハビリテーションに必要な基礎知識:心臓リハビリテーションに必要な循環器系の構造と機能 Clinical Rehabilitation別冊 188-192 2008
  12. 12. 上嶋健治 津谷喜一郎 中尾一和:循環器領域のEBM研究:JAMP studyから見える臨床試験の課題 臨床薬理 39:61S-62S 2008
  13. 13. 上嶋健治 今井優:心筋梗塞のリハビリテーションにおける安全性:安全な実施のために Monthly Book Medical Rehabilitation No.92 10-15 2008
  14. 14. 上嶋健治:臨床試験におけるEBM研究センターの役割:CASE-J試験を題材に 循環器科 64:266-270 2008
  15. 15. 上嶋健治:大規模臨床試験におけるCRCの役割 日本臨床2008年10月増刊号 大規模臨床試験:循環・代謝系を中心に 38-42 2008
  16. 16. 佐藤直樹 田中啓治 神畠宏 公文啓二 上嶋健治 坪井秀之 中尾浩一 林田憲明 三嶋正芳 宮崎俊一 吉野秀朗 山科章:急性心筋梗塞に関する全国データネットワークの構築の意義 日本集中治療医学会雑誌 15:503-507 2008
  17. 17. 上嶋健治:高齢者における心臓リハビリテーションのノウハウ:その有効性と限界 Geriatric Medicine 46:1487-1490 2008
  18. 18. 大橋靖雄 石塚直樹 大庭幸治 広崎真史 折笠秀樹:データマネージメントの難しさ‐今後のあり方(座談会) 動脈硬化予防 6:52-67 2008
  19. 19. 野原隆司 上嶋健治 伊藤春樹 牧田茂 松尾汎 後藤葉一(座談会):心疾患治療と予防:心血管リハビリテーションと改訂ガイドラインに期待すること Pharma Medica 26:71-78 2008
2007
  1. 1. 上嶋健治 大庭幸治 保野慎治 藤本明 中尾一和:臨床研究・基礎研究からみた循環器疾患予防の観点:CASE-J試験から学ぶもの 日循予防誌 42:112-116 2007
  2. 2. 上嶋健治 大庭幸治 中尾一和:循環器研究の新しい潮流:CASE-J研究 医学のあゆみ 220:531-537 2007
  3. 3. 上嶋健治:心臓リハビリテーション:いつからどのように開始するのか? Modern Physician 27:202-204 2007
  4. 4. 上嶋健治:回復期心臓リハビリの効用を識る:QOL向上に向けて 東京都医師会雑誌 60:719-724 2007
  5. 5. 平田雅一 上嶋健治 大庭幸治 中尾一和:RASの新知見:臨床編:CASE-J 肥満 J Angiotensin Research 4:142-144 2007
  6. 6. 上嶋健治:慢性心不全のリハビリテーション・運動療法 Cardiac Practice 18:263-267 2007
  7. 7. 上嶋健治 中尾一和:エビデンスに基づく高血圧診療:CASE-J 総合臨床 56:2648-2653 2007
  8. 8. 上嶋健治:先進医療としての心臓リハビリテーション(運動療法) 日本内科学会雑誌 96:2546-2553 2007
  9. 9. 上嶋健治:メタボリックシンドロームと運動療法:内科の立場から 関西臨床スポーツ医・科学研究会誌 17:41-44 2007
  10. 10. 平田雅一 泰江慎太郎 益崎裕章 大庭孝治 上嶋健治 中尾一和:ARBの代謝への影響 基礎から臨床まで 血圧 14:1196-1200 2007
  11. 11. 野原隆司 安達仁 伊東春樹 上嶋健治 片桐敬 川久保清 神原啓文 岸田浩 後藤葉一 高橋幸宏 長嶋正實 中谷武嗣 前原和平 武者春樹 山田純生 石原俊一 小林昇 田倉智之 中根英策 長山雅俊 長谷川恵美子 牧田茂 松尾汎 北畠顕 木全心一 斎藤宗靖 谷口興一 道場信孝 村山正博:循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2006年度合同研究班報告 心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン:2007年改訂版)http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_nohara_h.pdf新しいウィンドウが開きます(ホームページのみ公開)
  12. 12. 上嶋健治 大庭幸治 保野慎治 中尾一和 臨床研究・基礎研究からみた循環器疾患予防の観点:CASE-J試験から学ぶもの 日循予防誌 2007;42:44.
  13. 13. 保野慎治 上嶋健治:心筋梗塞の初発症状・糖尿病との関連(Q&A) 日本医事新報4349号 Page90 2007
2006
  1. 1. 上嶋健治:マグネシウムと心筋梗塞症 マグネシウム 25:11-17 2006
  2. 2. 上嶋健治:心血管疾患のハイリスク患者でも運動を行う方がよいのか? 治療 88(増刊号):959-962 2006
  3. 3. 上嶋健治:聴診実習の指導経験:心音シミュレータをより活かすために 医学教育 37:211-213 2006
  4. 4. 上嶋健治:いきいき長寿へのアプローチ:今すぐ始めよう生活習慣病対策 第50回山形国保地域医療学会学会誌 87-122 2006
  5. 5. 上嶋健治:循環器疾患予防のための運動療法:最近の動向と「エクササイズガイド2006」日本医事新報 4298 57-62 2006
  6. 6. 上嶋健治:どうなる?これからの包括的心臓リハビリテーション ハートナーシング 19:1135-1141 2006
  7. 7. 上嶋健治:私の処方 安定労作性狭心症 Modern Physician 26:142-143 2006
  8. 8. 上嶋健治:循環器疾患患者への運動療法:昔の常識は今の非常識 循環器科 60:483-487 2006
  9. 9. 坂本純一 大庭幸治 小林道也 弓場健義:腹膜播種の先進医療 臨床外科 61:769-774 2006
  10. 10. 坂本純一 大庭幸治 松井隆則 小林道也:バイオセラピィに関するEBM Biotherapy 20 363-373 2006
  11. 11. 上嶋健治:循環器疾患の運動療法に医療経済効果は認められるか? Medical Practice 23:156 2006
  12. 12. 上嶋健治:医学教育におけるSignificant Event Analysis:reflection-on-action実践のためのツール Medical Practice 24:312 2006

著書

2017
  1. 1. 上嶋健治:スキ間で極意!! いつでもどこでも心電図判読88問 克誠堂出版 東京 2017
  2. 2. 佐藤恵子:薬学倫理・医薬品開発・臨床研究・医療統計学. 乾賢一監修. 臨床薬学テキストシリーズ 中山書店 東京 2017
2016
  1. 1. 松尾善美 上嶋健治:実践EBM 心臓リハビリテーション:エビデンス診療ギャップとその対応 文光堂 東京 2016
  2. 2.上嶋健治:ビギナーのための心電図便利帳:エキスパートも使える完全マスターへの1冊 最新医学社 大阪 2016
  3. 3. 保野慎治:エビデンス構築のための臨床研究:臨床検査技師のための臨床研究・治験ハンドブック 一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会 監修 pp47-49 じほう 東京 2016
  4. 4. Keiko Sato:Informed Consent. Procedures, Ethics and Best Practic Nova Science Publishers Inc 2016
  5. 5. 國頭英夫、佐藤恵子、吉村健一:誰も教えてくれなかった癌臨床試験の正しい作法 中外医薬社. 2016
2014
  1. 1. 佐藤恵子 鈴木美香:幹細胞研究ってなんだ 京都大学再生医科学研究所 2014 http://www.cape.bun.kyoto-u.ac.jp/project/project02/
  2. 2. 上嶋健治 藤本明:大規模な市販後臨床試験の意義:臨床研究のススメ 井村裕夫 監修 pp161-168 最新医学社 大阪 2014
  3. 3. 上嶋健治:メタボリックシンドロームにおける血圧管理について,目標血圧と降圧薬の選択と投与方法はどのようなものでしょうか:高血圧診療Q&A155 エキスパートからの回答 北風政史 編 pp286-288 中外医学社 東京 2014
  4. 4. 上嶋健治 中尾一和:CASE-Jについて教えてください:高血圧診療Q&A155 エキスパートからの回答 北風政史 編 pp431-433 中外医学社 東京 2014
  5. 5. 上嶋健治:脂質異常症:循環器病予防ハンドブック 第7版 日本循環器病予防学会 編 pp263-272 保健同人社 東京 2014
  6. 6.上嶋健治:メタボリックシンドローム:循環器病予防ハンドブック 第7版 日本循環器病予防学会 編 pp290-298 保健同人社 東京 2014
2013
  1. 1. 上嶋健治 保野慎治:内分泌代謝疾患とEBM 最新内分泌代謝学 中尾一和 監修 細田公則 編 診断と治療社 東京 2013
  2. 2. 保野慎治 上嶋健治:内分泌性高血圧のEBM 最新内分泌代謝学 中尾一和 監修 細田公則 編 診断と治療社 東京 2013
  3. 3. 上嶋健治:「改訂第2版 運動負荷試験 Q&A 119」総214頁 南江堂 東京 2013
  4. 4. 上嶋健治:心臓リハビリテーション各論 慢性心不全 標準心臓リハビリテーション pp271-276 上月正博 編 医歯薬出版株式会社 東京 2013
2012
  1. 1. 上嶋健治:循環器予防からみたリスク評価 エビデンスに基づく循環器予防医学 和泉徹 編 pp19-26 南山堂 東京 2012
  2. 2. 上嶋健治:運動選手の息切れを考える 息切れの診かた:症例で読み解く呼吸困難の診療 原田博雅・松尾汎 編 pp182-189 文光堂 東京 2012
2011
  1. 1. 保野慎治 上嶋健治 中尾一和:ハイリスク高血圧患者における糖尿病新規発症予測因子としての脈圧の意義:CASE-J試験サブ解析の結果から 糖尿病学2011 中尾一和 編 122-127 診断と治療社 東京 2011
  2. 2. 上嶋健治:EBMと診療ガイドライン 病態から学ぶ新腎臓内科学 中尾一和 監修 向山政志 編 pp198-200 診断と治療社 東京 2011
2010
  1. 1. 上嶋健治:心臓リハビリテ-ションの有効性:指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携 pp211-220 日本心臓リハビリテーション学会 東京 2010
  2. 2. 上嶋健治:虚血性心疾患 リハビリスタッフに求められる薬・栄養・運動の知識:内部障害のケアのために 上月正博 編 pp32-47 南江堂 東京 2010
  3. 3. 上嶋健治:運動強度の決め方について具体的に教えてください:心肺運動負荷試験で決める場合 現場の疑問に答える心臓リハビリ徹底攻略Q&A 上月正博 編 pp119-121 中外医学社 東京 2010
  4. 4. 上嶋健治:運動強度の決め方について具体的に教えてください:心肺運動負荷試験を行わず決める場合 現場の疑問に答える心臓リハビリ徹底攻略Q&A 上月正博 編 pp122-124 中外医学社 東京 2010
2009
  1. 1. 上嶋健治:回復期心臓リハビリテーション 狭心症・心筋梗塞のリハビリテーション 第4版 斎藤宗靖 後藤葉一 編 pp187-202 南江堂 東京 2009
  2. 2. 今井優 上嶋健治:監視下運動療法と非監視下運動療法 狭心症・心筋梗塞のリハビリテーション 第4版 斎藤宗靖 後藤葉一 編 pp208-210 南江堂 東京 2009
  3. 3. 斎藤雅彦 上嶋健治:二次予防目標と患者教育 狭心症・心筋梗塞のリハビリテーション 第4版 斎藤宗靖 後藤葉一 編 pp211-215 南江堂 東京 2009
  4. 4. 小林昇 上嶋健治:復職指導と運動許容範囲 狭心症・心筋梗塞のリハビリテーション 第4版 斎藤宗靖 後藤葉一 編 pp216-219 南江堂 東京 2009
  5. 5. 上嶋健治:運動負荷心電図:たかが心電図されど心電図 循環器検査のグノーティ・セアウトン 山科章 編 pp14-18 シナジー出版 東京 2009
  6. 6. 上嶋健治 中尾一和:エビデンス:CASE-J試験 循環器病ケースアプローチシリーズ 1 高血圧 小室一誠 編 p207 羊土社 東京 2009
  7. 7. 今井優 上嶋健治:運動機能評価と運動プログラム作成:CPXを用いない運動処方 心臓リハビリテーションと運動負荷試験 シリーズ今日の循環器病の臨床 川名正敏 長山雅俊 編 中山書店 pp166-174 東京 2009
2008
  1. 1. 上嶋健治 中尾一和:メタボリックシンドロームと二次性高血圧 概念・疫学・病態・鑑別診断・治療 循環器8 二次性高血圧 新しい診断と治療のABC 53巻 菊池健次郎 編 pp77-83 最新医学社 大阪 2008
  2. 2. 平田雅一 上嶋健治 大庭幸治 中尾一和:糖尿病に関する最近の知見:大規模臨床試験 分子糖尿病学の進歩:基礎から臨床まで 監修 矢崎義雄 清野進 渥美義仁 門脇孝 春日雅人 編 pp124-128 金原出版 東京 2008
  3. 3. 上嶋健治:安全性と知っておくべき運動療法中の心事故は? 心臓リハビリテーション:現場で役立つTips 監修 伊東春樹 編集 ジャパンハートクラブ pp57-59 中山書店 東京 2008
  4. 4. 上嶋健治:抗血小板薬や抗凝固薬服用患者での注意点は? 心臓リハビリテーション:現場で役立つTips 監修 伊東春樹 編集 ジャパンハートクラブ pp222-223 中山書店 東京 2008
  5. 5. 大庭幸治 他 (訳者11名):医学研究のための多変量解析一般回帰モデルからマルチレベル解析まで 木原雅子 木原正博 監訳 メディカルサイエンスインターナショナル 東京 2008
2007
  1. 1. 上嶋健治:大動脈弁狭窄例の運動制限 新・心臓病診療プラクティス 第9巻 弁膜症を解く 山本一博 別府慎太郎 編 pp84-86 文光堂 東京 2007
  2. 2. 上嶋健治 田中早津紀:運動の抗動脈硬化作用:その運動生理学的・分子医学的メカニズム 糖尿病カレントライブラリー8 糖尿病の食事・運動療法 津田謹輔 林達也 編 pp141-144 文光堂 東京 2007
  3. 3. 上嶋健治:心臓リハビリテーションの効果:一次・二次予防効果 心臓リハビリテーション 昨日・今日・明日 濱本紘 野原隆司 編 pp164-172 最新医学社 大阪 2007
2006
  1. 1. 上嶋健治:冠動脈疾患の運動処方:心筋梗塞のリハビリテーション 循環器疾患 最新の治療2006-2007 山口徹 堀正二 編 pp114-119 南江堂 東京 2006
  2. 2. 上嶋健治:慢性心不全と睡眠時呼吸障害 老年医学 update 2006-07 日本老年医学会雑誌編集員会 編 pp210-218 メジカルビュー社 東京 2006
  3. 3. 坂本純一 松井隆則 大庭幸治:胃癌・大腸癌の術後補助化学療法 消化器がん化学療法2006 編集 市倉隆 p219-228 日本メディカルセンター 東京 2006
  4. 4. 坂本純一 大庭幸治 小寺泰弘:胃癌の術後補助化学療法 別冊医学のあゆみ 消化器疾患ver.3 - state of arts I. 消化管 (食道・胃・腸) 編集 市倉隆 日比紀文 p585-587 医歯薬出版株式会社 東京 2006

学会発表

国際学会(特別講演・シンポジウムなど)

2012
  1. 1. Tanaka S:Comparison of the inverse probability weighted estimators in the analysis of the nested case-control study data. East Asia Regional Biometric Conference 2012, Seoul, Korea, 2012
2010
  1. 1. Ueshima K: The role of ARB on macrovascular complications: A lesson from CASE-J. 2nd Asian Key Opinion Leaders (KOLs) Meeting on AngiotensinIIReceptor Blocker (ARB), Singapore, Singapore,2009
  2. 2. Ueshima K: Clinical study in the latest progress in the renin-Angiotensin research. Satellite symposium 2, Latest Progress in the Renin-Angiotensin Research. 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, 2010.
  3. 3. Nakao K, Ogihara T, Matsuoka H, Oba K, Yasuno S, Fujimoto A, Ueshima K, Saruta T,:Long-term effects of candesartan and amlodipine on cardiovascular events in high-risk hypertensive patients: Results of CASE-J Extension. Hotline2 European Society of Hypertension 2010, Oslo, Norway, 2010
2009
  1. 1. Ueshima K: The role of ARB on macrovascular complications: A lesson from CASE-J. 2nd Asian Key Opinion Leaders (KOLs) Meeting on Angiotensin II Receptor Blocker (ARB), Singapore, Singapore,2009
  2. 2. Ueshima K: The role of ARB (Angiotensin II Receptor Blocker) in metabolic syndrome. RAAS (Renin-Angiotensin-Aldosteron System) Academy 2009 in Seoul, Soeul, Korea, 2009
  3. 3. Ueshima K: Current status of multi-national clinical trials in Japan. The 2nd Catholic International Clinical Trial Symposium on activating global clinical trials in Asia Pacific Area, Seoul, Korea, 2011
  4. 4. Ueshima K: The role of ARBs in managing the macrovascular complication: Learning from CASE-J. 18th Annual Scientific Meeting of Indonesian Heart Association, Lunch Symposium, Jakarata, Indonesia, 2009
  5. 5. Ueshima K: Recent updates on JSH guideline 2009. The 18th Annual Scientific Meeting of Indonesian Heart Association, Symposium 4, Jakarata, Indonesia, 2009
2008
  1. 1. Ueshima K: Experience of multicenter clinical trials for antihypertensive drugs in Japan. The 1st Catholic International Clinical Trial Symposium on activating global clinical trials in Asia Pacific Area, Seoul, Korea, 2008
  2. 2. VanCutsem E, Oba K, on behalf of the Global Adv./Adj. Stomach Tumor Research through International Collaboration (GASTRIC). Meta-analyses of randomized trials assessing the interest of chemotherapy in advanced gastric cancer. The 10th World Congress Gastrointestinal Cancer 2008, Barcelona, Spain, 2008

国際学会(一般演題)

2017
  1. 1. Kuwabara Y, Yasuno S, Kasahara M, Ueshima K, Nakao K: The Association Between the Control of LDL-Cholesterol Level and Renal Function in CKD Patients with Hyperlipidemia: a Sub-Analysis of the ASUCA Trial. European Renal Association - European Dialysis and Transplant Association 54th Congress (ERA-EDTA), Madrid, Spain, 2017
  2. 2. Sato K: Interventions to help patients with dementia approach their end of life in peace 32nd International Conference of Alzheimer’s Disease International, Kyoto Japan, 2017
  3. 3. Liu J: Long-term effects of antihypertensive therapy on cardiovascular mortality, morbidity, and new-onset diabetes mellitus in Japanese high-risk hypertensive patients: 10 years follow-up of the candesartan antihypertensive survival evaluation in Japan Asian Pacific Society ofCardiology Congress 2017, Singapore, 2017
  4. 4. Raz I, Bonaca M, Mosenzon O, Kato ET, Cahn A, Silverman M, Bhatt D, Leiter L, McGuire D, Wilding J, Gause-Nilsson I, Langkilde AM, Johansson P, Sabatine M, Wiviott S : DECLARE-TIMI 58: Design and Baseline Characteristics DECLARE-TIMI 58: Design and Baseline Characteristics American Diabetes Association 77th Scientific Sessions, Sandiego, USA, 2017
  5. 5. Raz I, Bonaca M, Mosenzon O, Kato ET, Cahn A, Silverman M, Bhatt D, Leiter L, McGuire D, Wilding J, Gause-Nilsson I, Langkilde AM, Johansson P, Sabatine M, Wiviott S : Baseline Characteristics of the DECLARE-TIMI 58 trial population European Association for the Study of Diabetes Scientific Sessions, Lisbon, Portugal, 2017
2016
  1. 1. Kuwabara Y, Yasuno S, Kasahara M, Ueshima K, Kimura G, Nakao K: Association Between the Degree of Early-Reduction of LDL-Cholesterol Level and Future Renal Function in CKD Patients with Hyperlipidemia: Sub-analysis of the ASUCA Trial 15th Asian Pacific Congress of Nephrology & 52nd Australian and New Zealand Society of Nephrology Annual Meeting, Perth,Australia, 2016
  2. 2. Nakao K, Nakao YM, Miyawaki T, Nakao K, Yasuno S, Ueshima K, Miyamoto Y, Saito N, Shiga T, Kangawa K: Achievement of MEtabolic syndRome and abdominaL ObesiTy (MERLOT) study And Development of Dual BIA method for Visceral Adiposity. International Conference on Obesity and Chronic Diseases 2016 (ICOCD-2016), Las Vegas, USA,
  3. 3. Nakagawa Y, Nishikimi T, Kuwahara K, Yasuno S, Kinoshita H, Yamada C, Inazumi H, Kato T, Kuwabara Y, Ueshima K, Nakao K, Kimura T: MiR30-GALNT1/2 axis-mediated O-glycosylation plays a critical role in the processing and secretion of pro-brain natriuretic peptide by failing myocardium. European Society of Cardiology 2016, Rome, Italia,
  4. 4. Sato K, M Suzuki, S Izumi.: Developing a program to foster professionalism for statisticians The 27th International Biometric Conference 2016, Victoria, Canada,
2015
  1. 1. Okita Y, Minakata K, Yasuno S, Sato T, Ueshima K, Morita N, Harada M, Kobayashi J: Optimal timing of surgery for active infectious endocarditis with cerebral complications: Japanese multi-centre study. the 29th Annual Meeting of the European Association for Cardio-Thoracic Surgery (EACTS), Amsterdam, Netherland, 2015
2014
  1. 1. Michinari Hieda, Shinji Yasuno, Noritoshi Nagaya, Hiroshi Takaki, Yoichi Goto: Reduced Exercise Capacity Attributable to Latent Left Ventricular Diastolic Dysfunction Unmasked by Invasive Exercise Testing in Diabetic Patients After Acute Myocardial Infarction. American Heart Association Scientific Sessions 2014, Chicago, USA, 2014
  2. 2. Ishii A, Kasahara M, Yokoi H, Kuwabara T, Yasuno S, Mori K, Fujimoto A, Tanaka S, Satoh-Asahara N, Sakamoto T, Morii N, Horii K, Sakai T, Mukoyama M, Ueshima K: Effects of Atorvastatin on Salt Sensitivity and Blood Pressure in Hypertensive Patients (DUET Study). Kidney Week 2014, Philadelphia, USA, 2014
  3. 3. Kuwabara T, Mori K, Yokoi H, Yasuno S, Kasahara M, Ueshima K, Nakao K, Imanishi M, Nishiyama A, Yanagita M, Mukoyama M: Glomerular MRP8 expression predicts progression of proteinuria in obese or type 2 diabetic patients. Kidney Week 2014, Philadelphia, USA, 2014
  4. 4. Kurose S, Masuda I, Yasuno S, Imai M, Yamamoto H, Hamamichi S, Suzuki Y, Hamada Y, Kajikawa K, Ueshima K: Associations Between Exercise Habit and Body Fat Distribution: a Cross-Sectional Study Using Medical Visceral Fat Monitor. The 5th Asia Preventive Cardiology & Cardiac Rehabilitation Conference, Hong Kong, China, 2014
  5. 5. Usami S, Ozasa N, Bingyuan B, Ikegami K, Shizuta S, Doi T, Sugiyama H, Ueshima K, Kimura T: Severe chronotropic incompetence is associated with exercise capacity in patients with cardiac devices. The 5th Asian Preventive Cardiology & Cardiac Rehabilitation Conference, Hong Kong, China, 2014
  6. 6. Yasuno S, Ueshima K, Tanaka S, Fujimoto A, Kasahara M, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Impact of chronic kidney disease and coronary heart disease on cardiovascular risks in high-risk hypertensive patients: a subanalysis of the CASE-J Ex. European Society of Cardiology 2014, Barcelona, Spain, 2014
  7. 7. Suzuki M, Sato K: Research project Developing a program to foster professionalism for stem cell researchers. Uehiro-Carnegie-Oxford Ethics Conference, Kyoto, Japan, 2014
  8. 8. Sato K, Iwasaki M, Suganami H, Sato T, Tsubaki H, Ohashi Y: Establishing Standards of Conduct to Encourage Statisticians to Hold Individual Principles. The 27th International Biometric Conference, Florence, Italy, 2014
  9. 9. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Kasahara M, Fujimoto A, Nakao YM, Miyawaki T, Masuda I, Nakao K: Associations between blood pressure and new-onset of proteinuria in Japanese: MIYAKO (Multicenter Investigation for Yearly medical check Assessment in KyotO) surveillance. Hypertension 2014, Athens, Greece, 2014
2013
  1. 1. Kimura G, Kasahara M, Tanaka S, Yasuno S, Fujimoto A, Sato T, Imamoto M, Kosugi S, Ueshima K, Nakao K, on behalf of the ASUCA trial Investigators: Effects of atorvastatin on renal function in patients with dyslipidemia and chronic kidney disease: Principal results of ASsessment of clinical Usefulness in CKD patients with Atorvastatin (ASUCA) trial. Kidney Week 2013, Atlanta, USA, 2013
  2. 2. Kinoshita H, Kuwahara K, Nishida M, Kurose H, Kiyonaka S, Mori Y, Yamada C, Kuwabara Y, Yasuno S, Nakagawa Y, Nishikimi T, Ueshima K, Nakao K: Blockade of TRPC6 is a Novel Therapeutic Approach Against Pathological Cardiac Remodeling. International Conference on Endothelin ET-13, Tokyo, Japan, 2013
  3. 3. Yasuno S, Ueshima K, Tanaka S, Fujimoto A, Kasahara M, Nakao YM, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Type 2 diabetes and a history of coronary heart disease are additive cardiovascular risks in high-risk hypertensive patients: a subanalysis of the CASE-J Ex. European Society of Cardiology 2013, Amsterdam, Netherlands, 2013
  4. 4. Nakagawa Y, Nishikimi T, Kuwahara K, Yasuno S, Kinoshita H, Kuwabara Y, Yamada C, Nakao K, Ueshima K, Nakao K: Effect of hemodyalysis on precursor proBNP and glycosylated NT-proBNP in end-stage renal disease patients. European Society of Cardiology 2013, Amsterdam, Netherlands, 2013
  5. 5. Ishikawa K, Masuda I, Miyawaki T, Fukunaga Y, Hayashi T, Yasuno S, Ueshima K, Kuzuya H: VISCERAL FAT OBESITY MEASURED BY A NEWLY DEVELOPED DUAL BIOELECTRICAL IMPEDANCE ANALYSIS. American Diabetes Association 73rd Scientific Sessions, Chicago, USA, 2013
  6. 6. Kasahara M, Ueshima K, Koya D, Babazono T, Sato T, Imamoto M, Yasuno Y, Fujimoto A, Tanaka S, Kimura G, Nakao K: Effects of atorvastatin on renal function in patients with dyslipidemia and chronic kidney disease: Rationale and design of the Assessment of clinical Usefulness in CKD patients with Atorvastatin (ASUCA) trial. WCN 2013 satellite Synposium 2013, Fukuoka, Japan, 2013
  7. 7. Yamamoto N, Yamashiro H, Iwata H, Masuda N, Ohtani S, Takahashi M, Yamazaki K, Kato M, Ohno S, Kuroi K, Yamagami K, Morimoto T, Hasegawa Y, Takano T, Shigematsu H, Hosoda M, Abe H, Morita S, Yasuno S, Toi M: Safety of trastuzumab in HER2 positive primary breast cancer in Japan; Initial safety report for the large scale cohort study (JBCRG-C01). 2013 ASCO Annual Meeting, Chicago, USA, 2013
  8. 8. Mori K, Mori K, Mukoyama M, Kasahara M, Yokoi H, Kuwabara T, Imamaki H, Sugawara A, Koga K, Kato Y, Sugawara A, Nakao K: High fat diet- or fasting-induced renal lipid deposition is differentially associated with changes in systemic and renal lipid-modulating factors. World Congress of Nephrology 2013, Hong-Kong, China, 2013
  9. 9. Ueshima K, Nohara R, Mizunuma Y, Segawa I, Yasuno S, Tanaka S, Nakao Y, Nakao K, Hiramori K, Kihara Y: Holter monitoring for the screening of cardiac disease in diabetic patients without symptoms of coronary artery disease. EuroPRevent 2013, Roma, Italy, 2013
  10. 10. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Tanaka S, Kasahara M, Fujimoto A, Nakao YM, Miyawaki T, Masuda I, Nakao K: Impact of blood pressure on new-onset of proteinuria in Japanese population: MIYAKO (Multicenter Investigation for Yearly medical check Assessment in KyotO) surveillance. EuroPRevent 2013, Roma, Italy, 2013
  11. 11. Masuda N, Yamashiro H, Iwata H, Nishimura R, Sato N, Kamio T, Saito T, Lee T, Yasuno S, Toi M: Cohort study evaluating trastuzumab in HER2 positive early breast cancer in Japan; JBCRG-C0. 13th St.Gallen International Breast Cancer Conference 2013, St. Gallen Switzerland, 2013
2012
  1. 1. Kasahara M, Ueshima K, Koya D, Babazono T, Sato T, Imamoto M, Yasuno S, Fujimoto A, Tanaka S, Kimura G, Nakao K: Effects of Atorvastatin on Renal Function in Patients with Dyslipidemia and Chronic Kidney Disease: Design of the ASsessment of Clinical Usefulness in CKD Patients with Atorvastatin (ASUCA) Trial. American Society of Nephrology, Kidney Week 2012, San Diego, USA, 2012
  2. 2. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Tanaka S, Kasahara M, Fujimoto A, Nakao YM, Miyawaki T, Masuda I, Nakao K: Title: Predictors of new-onset of proteinuria in Japanese population: MIYAKO surveillance. American Society of Nephrology, Kidney Week 2012, San diego, America, 2012
  3. 3. Yasuno S, Ueshima K, Tanaka S, Fujimoto A, Kasahara M, Nakao YM, Ogihara T, Fukiyama K, Saruta T, Nakao K: Title: Type 2 diabetes mellitus and residual cardiovascular risk in high-risk hypertensive patients: a subanalysis of the CASE-J Extension. The 24th Annual Meeting of International Society of Hypertension, Sydney, Australia, 2012
  4. 4. Ando K, Ueshima K, Tanaka S, Kosugi S, Sato T, Matsuoka H, Nakao K, Fujita T: Comparison of the Antialbuminuric Effects between L-/N-Type and L-Type Calcium Channel Blockers in Hypertensive Patients with Diabetes and Microalbuminuria:the Study of Assessment for Kidney Function by Urinary Microalbumin in Randomized (SAKURA) Trial. The 24th Annual Meeting of International Society of Hypertension, Sydney, Australia, 2012
  5. 5. Ogihara T, Fujimoto A, Ueshima K, Nakao K, Saruta T: Optimal Blood Pressure to Prevent Cardiovascular Events in the Elderly High-risk Hypertensive Patients: Subanalysis of the CASE-J Ex Study. The 24th Annual Meeting of International Society of Hypertension, Sydney, Australia, 2012
  6. 6. Yasuno S, Ueshima K, Tanaka S, Fujimoto A, Kasahara M, Nakao YM, Ogihara T, Fukiyama K, Saruta T, Nakao K: Impact of type 2 diabetes and coronary heart disease on cardiovascular risk in high-risk hypertensive patients: a subanalysis of the CASE-J Ex. European Society of Cardiology 2012, Munich, Germany, 2012
  7. 7. Nakao YM, Ueshima K, Yasuno S, Sasayama S: Effects of Nocturnal Oxygen Therapy on Cardiac Arrhythmias in Patients with Chronic Heart Failure and Central Sleep Apnea: CHF-HOT Study. European Society of Cardiology 2012, Munich, Germany, 2012
  8. 8. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Nakao YM, Tanaka S, Kasahara M, Fujimoto A, Miyawaki T, Masuda I, Nakao K: Predictors of new-onset of chronic kidney disease in Japanese population: Kyoto surveillance. EuroPRevent 2012, Dublin, Ireland, 2012
  9. 9. Nakao YM, Yasuno S, Miyawaki T, Nakao K, Tanaka S, Fujimoto A, Kasahara M, Ueshima K, Nakao K: Predictive impact of visceral adiposity on new-onset of metabolic syndrome components in healthy Japanese population: Metabolic syndrome and visceral obesity (MERLOT study) EuroPRevent 2012, Dublin, Ireland, 2012
  10. 10. Tanaka S, Tanaka S: Semiparametric Regression Analysis for Interval Censored Time-to-event Data with Covariate Measured with Error. International Biometric Conference, Kobe, Japan, 2012
  11. 11. Kuwabara Y, Kuwahara K, Takano M, Kinoshita H, Nakagawa Y, Usami, Nakao K, Minami T, Yamada Y, Yamada C, Shibata J, Yasuno S, Nishikimi T, Ueshima K, Nakao K : Overexpression of HCN Channels in Failing Heart Contributes to Increased Ventricular Arrhythmicity. Basic Cardiovascular Sciences 2012 Scientific Session, New Orleans, USA, 2012
  12. 12. Yamada C, Kuwahara K, Kinoshita H, Kuwabara Y, Minami T, Nakao K, Yasuno S, Nakagawa Y, Ueshima K, Nakao K: Direct Renin Inhibitor Strongly Prevents Ventricular Arrhythmogenic Remodeling and Sudden Cardiac Death in Mice with Dilated Cardiomyopathy. American Heart Association scientific meeting 2011, Los Angeles, USA, 2012
2011
  1. 1. Ueshima K, Yasuno S, Tanaka S, Fujimoto A, Ogihara T, Fukiyama K, Saruta T, Nakao K: Blood pressure goal in elderly hypertensive patients with diabetes mellitus: A subanalysis of the CASE-J trial, European Society of Cardiology 2011, Paris, France, 2011
  2. 2. Kuwabara Y, Kuwahara K, Kinoshita H, Nakagawa Y, Usami S, Minami T, Yamada Y, Fujiwara M, Ueshima K and Nakao K: HCN channel inhibition with ivabradine prevents sudden arrhythmic death in a mouse model of dilated cardiomyopathy. Euripean Society of Cardiology Congress 2011, Paris, France, 2011
  3. 3. Kinoshita H, Kuwahara K, Nishida M, Kurose S, Kiyonaka S, Mori Y, Kuwabara Y, Nakagawa Y, Ueshima K, Nakao K: Blockade of TRPC6/3 is a novel therapeutic approach for preventing pathological cardiac hypertrophy. European Society of Cardiology 2011, Paris, France, 2011
  4. 4. Kuwabara Y, Kuwahara K, Takano M, Kinoshita H, Nakagawa Y, Usami S, Yasuno S, Nakao K, Minami T, Nishikimi T, Ueshima K and Nakao K : Blockade of HCN channel prevents sudden arrhythmic death in a cardiomyopathy mouse. The 28th Annual Meeting of the International Society for Heart Research Japanese Section, Tokyo, Japan, 2011
  5. 5. Kuwabara Y, Kuwahara K, Takano M, Kinoshita H, Nakagawa Y, Usami S, Nakao K, Minami T, Yamada Y, Yamada C, Shibata J, Nishikimi T, Ueshima K and Nakao K :Inhibition of HCN overexpression in failing heart of dilated cardiomyopathy mouse model by ivabradine prevents sudden arrhythmic death. American Heart Association scientific meeting 2011, Orlando, USA, 2011
  6. 6. Yamada Y, Kuwahara K, Kinoshita H, Kuwabara Y, Nakagawa Y, Shibata J, Yamada C, Minami T, Yasuno S, Usami S, Nakao K, Nishikimi T, Ueshima K: N-Type Ca2+ Channel Blocker is Effective to Prevent Sudden Cardiac Death in Mice with Heart Failure. American Heart Association scientific meeting 2011, Orlando, USA, 2011
  7. 7. Kuwabara Y, Kuwahara K, Takano M, Kinoshita H, Nakagawa Y, Usami S, Nakao K, Minami T, Nishikimi T, and Nakao K : Inhibition of HCN overexpressed in failing hearts of dilated cardiomyopathy model mice by ivabradine prevents sudden arrhythmic death. 4Th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session, Fukuoka, Japan, 2011
2010
  1. 1. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Blood pressure indices and cardiovascular risk in high-risk hypertensive patients: A subanalysis of CASE-J trial. EuroPRevent 2010, Prague, Czech Republic, 2010
  2. 2. Ogihara T, Nakao K, Ueshima K, Fujimoto A, Saruta T: Age-related differences in the effects of candesartan and amlodipine on left ventricular hypertrophy in high-risk hypertensive patients: CASE-J subanalysis. European Society of Hypertension 2010, Oslo, Norway, 2010
  3. 3. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Relation between achieved blood pressure level and the reduction of cardiovascular risk in high-risk hypertensive patients: A subanalysis of the CASE-J trial. European Society of Hypertension 2010, Oslo, Norway, 2010
  4. 4. Yasuno S, Ueshima, K, Oba K, T. Ogihara T, Saruta T, K. Nakao K: Pre-existing type 2 diabetes and history of coronary heart disease on cardiovascular risk in high-risk hypertensive patients: a subanalysis of the CASE-J trial. European Society of Cardiology 2010, Stockholm, Sweden, 2010
  5. 5. Ueshima K, Yasuno S, Ogihara T, Fukiyama K, Saruta T, Nakao K: Pre-existing diabetes and cardiovascular risks in high-risk hypertensive patients: A subanalysis of the CASE-J Extension (CASE-J Ex). The 23rd Annual Meeting of International Society of Hypertension, Vancouver, Canada, 2010
  6. 6. Ueshima K, Yasuno S, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Adverse effects of coronary risks on coronary events in Japanese high-risk hypertensive patients : A subanalysis ofthe CASE-J trial. 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, 2010.
  7. 7. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Is pulse pressure a predictor for new-onset diabetes mellitus in high-risk hypertensive patients? : A subanalysis of CASE-J trial. 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, 2010.
  8. 8. Nakagawa Y, Kuwahara K, Takemura G, Akao M, Arai Y, Harada M, Usami S, Yasuno S, Kinoshita H, Inoue R, Nishida M, Kurose H, Kiyonaka S, Mori Y, Harada M, Murakami M, Yasuno S, Fujiwara M, Kuwabara Y, Minami T, Yamada C, Ueshima K, Nakao K: Functional inhibition of p300 affects the mitochondrial function and cell survival in the post-natal heart in mice. 4th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, 2010.
  9. 9. Kuwabara Y, Kuwahara K, Takano M, Arai Y, Kinoshita H, Yamada Y, Minami T, Fujiwara M, Usami S, Yasuno S, Harada M, Murakami M, Ueshima K, Nakao K: Blockade of T-Type Ca2+ channel corrects cardiac autonomic nervous system imbalance and prevents sudden death in mice with heart failure. 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, 2010.
  10. 10. Yamada Y, Kuwahara K, Kinoshita H, Kuwabara Y, Nakgawa Y, Harada M, Yasuno S, Minami T, Usami S, Fujiwara M, Murakami M, Ueshima K, Nakao K: N-type Ca2+ channel blockade prevents sudden death in mice with heart failure. 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, 2010
  11. 11. Kinoshita H, Kuwahara K, Nishida M, Jiang Z, Rong X, Kiyonaka S, Kuwabara Y, Hurose H, Inoue R, Mori Y, Li Y, Nakgawa Y, Usami S, Ueshima K, Nakao K: Atrial and brain natriuretic peptides-guanyl cyclase-A signaling pathway inhibits TRPC6-mediated pro-hypertrophic signaling in the hearts. 14th International Congress of Endocrinology, Kyoto, Japan, 2010.
  12. 12. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Impact of diabetes and coronary heart disease on cardiovascular events in high risk hypertensive patients: A subanalysis of CASE-J trial. International Symposium on Cardiovascular Endocrinology and Metabolism CVEM 2010, Nara, Japan, 2010.
  13. 13. Yamada Y, Kuwahara K, Kinoshita H, Kuwabara Y, Nakgawa Y, Harada M, Yasuno S, Minami T, Usami S, Fujiwara M, Murakami M, Ueshima K, Nakao K: N-type Ca2+ channel blockade is effective to prevent cardiac sudden death in mice with heart failure. International Symposium on Cardiovascular Endocrinology and Metabolism CVEM 2010, Nara, Japan, 2010.
  14. 14. Kuwabara Y, Kuwahara K, Murakami M, Nakagawa Y, Yasuno S, Usami S, Kinoshita H, Fujiwara M, Yamada Y, Minami T, Yamada C, Ueshima K, Nakao K: T-Type Ca2+ channel blockade improved survival and arrhythmogenecity in the mouse model of myocardial infarction. International Symposium on Cardio
  15. 15. Kinoshita H, Kuwahara K, Makoto T, Kuwabara Y, Fujiwara M, Yasuno S, Usami Y, Nakagawa Y, Ueshima K, Nakao K: T-type Ca2+ channel blockade improved cardiac autonomic nervous system imbalance and reduced sudden death in mice model of chronic heart failure. European Society of Cardiology 2010, Stockholm, Sweden, 2010
  16. 16. Kinoshita H, Kuwahara K, Nishida M, Kurose H, Kiyonaka S, Mori Y, Usami S, Nakagawa Y, Ueshima K, Nakao K: Blockade of TRPC6 is a novel therapeutic approach against pathological cardiac hypertrophy. American Heart Association Scientific Session 2010, Chicago, USA, 2010
2009
  1. 1. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Impact of Diabetes and Coronary Heart disease on Cardiovascular Events in High-risk Hypertensive Patients: A Subanalysis of CASE-J Trial, EuroPRevent 2009, Stockholm, Sweden, 2009
  2. 2. Usami S, Yamashina A, Ueshima K, Yasuno S, Nishiyama O, Yanmazaki T, Nakao K, Nishimura T: Prediction of cardiac events of patients with suspected coronary artery disease evaluated by double product at the end point of exercise testing combined with myocardial perfusion SPECT images, EuroPRevent 2009, Stockholm, Sweden, 2009
  3. 3. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Clinical Implication of Isolated Systolic Hypertension in the Antihypertensive Treatment for High-risk Hypertensive Patients: A Subanalysis of CASE-J Trial, European Society of Cardiology Congress 2009, Barcelona, Spain, 2009
  4. 4. Kinoshita H, Kuwahara K, Inoue R, Nishida M, Kurose H, Kiyonaka S, Mori Y, Harada M, Murakami M, Nakagawa Y, Yasuno S, Usami S, Fujiwara M, Kuwabara Y, Minami T, Yamada Y, Ueshima K, Nakao K: Cardiac natriuretic peptides inhibit TRPC6-mediated prohypertrophic signaling through cGMP-PKG pathway. The 4th International Conference of cGMP Generators, Effectors and Therapeutic Implictions. Rosenburg, Germany, 2009
2008
  1. 1. Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Yasuno S, Nakao K, Ogihara T, Saruta T:Cardio-Cerebral and Cardio-Renal complications in high-risk hypertensive patients with cardiac risks based on the results of CASE-J (Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan) Trial, 22nd Annual Meeting of International Society of Hypertension, Berlin, Germany, 2008
  2. 2. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Nakao K, Ogihara T, Saruta T: Prognostic value of left ventricular hypertrophy and changes of left ventricular mass in high-risk hypertensive patients: An analysis of CASE-J (Candesartan Anti- hypertensive Survival Evaluation in Japan) trial, 22nd Annual Meeting of International Society of Hypertension, Berlin, Germany, 2008
  3. 3. Ueshima K, Yasuno S, Oba K, Fujimoto A, Mukoyama M, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Effects of proteinuria and the glomerular filtration rate on cardiovascular events rate in high-risk Japanese hypertensive patients. 30th Annual Meeting of European Society of Cardiology, Munich, Germany, 2008
  4. 4. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Differences in prognostic value of blood pressure indexes for the prediction of cardiovascular events in cetween younger and older high-risk hypertensive patients: An analysis of CASE-J trial. 30th Annual Meeting of European Society of Cardiology, Munich, Germany, 2008
  5. 5. Oba K, Sato T:Evaluation of surrogate endpoints through direct and indirect causal effects. The XXIVth International Biometric Conference, Dublin, Ireland, 2008.
  6. 6. Rougier P, Oba K, on behalf of the Global Adv./Adj:Stomach Tumor Research through International Collaboration (GASTRIC). Meta-analyses of randomized trials assessing the interest chemotherapy in advanced gastric cancer. The 44th American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2008, Chicago, U.S.A, 2008.
  7. 7. Yumiba T, Oba K, Iishi H, Narahara H, Morimoto T, Nakamura T, Imamoto H, Kakutani C, Sakamoto J, Shiozaki H: A multicenter phase II trial of paclitaxel for patients with ascites caused by advanced/recurrent gastric cancer, a new concept of clinical benefit response for non-measurable type of gastric cancer. The 5th Gastrointestinal Cancers Symposium 2008, Orland, U.S.A., 2008.
  8. 8. Hirabayashi H, Yoshikawa T, Tsuburaya A, Yoshida K, Nagata N, Kodera Y, Takahashi N, Oba K, Ishikura S, Sakamoto J: A phase I study of palliative chemoradiation therapy with paclitaxel and cisplatin for patients with local symptoms due to unresectable primary advanced or locally recurrent gastric adenocarcinoma. The 5th Gastrointestinal Cancers Symposium 2008, Orland, U.S.A., 2008.
  9. 9. Ueshima K, Yasuno S, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Chronic kidney disease, especially proteinuria, is a powerful Predictor for cardiovascular events in high-risk hypertensive patients. 2nd Asian Preventive Cardiology & Rehabilitation Conference, Hongkong, 2008
  10. 10. Yasuno S, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Predictive values of blood pressure indexes for cardiovascular events in high-risk hypertensive patients: A subanalysis of CASE-J trial. 2nd Asian Preventive Cardiology & Rehabilitation Conference, Hongkong, 2008
  11. 11. Sakaguchi T, Chiba M, Sakae R, Yanagimoto S, Sakamoto Y, Takaoka S, Hayase T, Ueshima K, Nogi Y: The Role of the Health Fitness Programmer for Cardiac Rehabilitation in a General Hospital. 2nd Asian Preventive Cardiology & Rehabilitation Conference, Hongkong, 2008
  12. 12. Yamada S, Chiba M, Sakaguchi T, Sakamoto Y, T Hayase T, Kondo A, Ueshima K, Nogi Y: Disclosure of Information on the Internet about Cardiac Rehabilitation in Insurance-Approved Institutes in Japan. 2nd Asian Preventive Cardiology & Rehabilitation Conference, Hongkong, 2008
  13. 13. Yanagimoto S, Chiba M, Sakamoto Y, T Hayase T, Ueshima K, Nogi Y: Profitability of the Japanese Cardiovascular Rehabilitation System for a Small General Hospital. 2nd Asian Preventive Cardiology & Rehabilitation Conference, Hongkong, 2008
  14. 14. Imai M, Masuda I, Uenishi K, Mishina M, Ueshima K, Kuzuya H: The accuracy of the new portable ECG monitor, HCG-901 and its usefulness on cardiac rehabilitation. 2nd Asian Preventive Cardiology & Rehabilitation Conference, Hongkong, 2008
  15. 15. Murakami M, Kuwahara K, Harada M, Nakagawa Y, Usami S, Kinoshita H, Yasuno S, Fujiwara M, Ueshima K, Nakao K: Identification of A New NRSF-binding Partner, Zfp90, Which Negatively Regulates The Repression Activity Of NRSF, A Critical Transcriptional Regulator Of Cardiac Fetal Gene Program, AHA (American Heart Association) 2008, New Orleans, U.S.A., 2008
2007
  1. 1. Yasuno S, Oba K, Hirata M, Ueshima K, Fujimoto A, Nakao K, Ogihara T, FukuiT, Fukiyama K, Saruta T: Prevention of New-onset Diabetes in high-risk Hypertensive Patients with Cardiac Disease: a Subanalysis of CASE-J Trial, 29th Annual Meeting of European Society of Cardiology, Vienna, Austria, 2007
  2. 2. Tournoux C, Oba K: Meta-analysis of randomized trials assessing the interest of chemotherapy in the treatment of gastric cancer. The 9th World Congress on Gastrointestinal Cancer 2007, Barcelona, Spain, 2007.
  3. 3. Oba K, Morita S, Matsui T, Kobayashi M, Kondo K, Sakamoto J: An individual patient data meta-analysis of the immunochemotherapy using lentinan in patients with advanced gastric cancer. The 43th American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2007, Chicago, U.S.A, 2007.
  4. 4. Shibata Y, Kondo K, Nagata N, Kato T, Okuyama Y, Ikenaga M, Takemoto H, Oba K, Sakamoto J, Mishima H: Multicenter phase II study of FOLFOX for metastatic colorectal cancer (mCRC) in Japan; SWIFT-1&2 study. The 43th American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2007, Chicago, U.S.A, 2007.
  5. 5. Nakagawa Y, Kuwahara K, Harada M, Takemura G, Akao M, Kato M, Takano M, Arai Y, Murakami M, Nakanishi M, Usami S, Kinoshita S, Fujiwara M, Ueshima K, Nakao K: Functional inhibition of p300 leads to mitochondrial dysfunction and autophagic myocardial cell death in the adult heart, 80th Annual Meeting of American Heart Association Scientific Sessions, Orlando, USA, 2007
  6. 6. Nakagawa Y, kuwahara K, Takemura G, Akao M, Takano M, Harada M, Nakanishi M, Usami S, Yasuno S, Kinoshita H, Fujiwara M, Ueshima K, Nakao K: A role of p300 in the regulation of mitochondrial gene expression and the maintenance of normal cardiac function in post-natal heart, The 1st international Congress of Cardiomyopathies and Heart Failure, Kyoto, Japan, 2007
  7. 7. Kinoshita H, Takano M, Nakagawa Y, Nakanishi M, Usami S, Yasuno S, Harada M, Fujiwara M, Murakami M, Ueshima K, Kuwahawa K, Nakao K: Blockade of dual T- and L-type Ca2+ channel prevents lethal arrhythmia and sudden death in mouse model of heart failure through multiple mechanisms, The 1st international Congress of Cardiomyopathies and Heart Failure, Kyoto, Japan, 2007
2006
  1. 1. Kobayashi M, Kondo K, Nagata N, Shibata Y, Kato T, Ikenaga M, Mishima H, Takemoto H, Oba K, Sakamoto J: Multicenter Phase II study of FOLFOX-4&m FOLFOX-6 for metastatic colorectal cancer (CRC) in Japan; SWIFT & study. The Joint Meeting of the 3rd ISC International Conference on Cancer and the 11th International Symposium on cancer Chemotherapy, Tokyo, Japan, 2006.
  2. 2. Sakamoto J, Morita S, Oba K, Sato T, Fukui T, Ogihara T, Nakao K, Saruta T: The practical problem in a large scale randomized clinical trial for hypertensive patients (CASE-J). The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Fukuoka, Japan, 2006.
  3. 3. Oba K, Morita S, Rahman M, Sakamoto J: Compliance and non-compliance by physicians in a large-scale randomized clinical trial. The 21st Scientific Meeting of the International Society of Hypertension, Fukuoka, Japan, 2006.
  4. 4. Kondo K, Nagata N, Shibata Y, Kato T, Okuyama Y, Ikenaga M, Mishima H, Takemoto H, Oba K, Sakamoto J: Multicenter Phase II of FOLFOX (FOLFOX-4&mFOLFOX-6) for metastatic colorectal cancer (CRC) in Japan; SWIFT1&2 study. The 31st European Society of Medical Oncology Congress, Istanbul, Turkey, 2006.
  5. 5. Sakamoto J, Morita S, Matsui T, Oba K, Kodera Y, Kobayashi M, Yoshida K, Nakao A: Adjuvant chemotherapy with tegafur/uracil (UFT) for gastric cancer. A meta-analysis of centrally randomizes clinical trials. The 42th American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2006, Atlanta, U.S.A., 2006.
  6. 6. Oba K, Teramukai S, Kobayashi M, Matsui T, Nakazato H, Ito K, Sakamoto J: Efficacy of adjuvant immunochemotherapy with polysaccharide k (PSK) for patients with curatively resected gastric cancer. The 42th American Society of Clinical Oncology Annual Meeting 2006, Atlanta, U.S.A., 2006.

国内学会(特別講演・教育講演・シンポジウム・セミナーなど)

2017
  1. 1. 上嶋健治:循環器病予防から見た臨床研究と疫学研究の接点 第53回日本循環器病予防学会  会長講演 京都 2017
  2. 2. 上嶋健治:今日から身体を動かそう!: 知っ得・納得 運動の効用 第53回日本循環器病予防学会  市民公開講座 京都 2017
  3. 3. 上嶋健治:虚血性心疾患の読影:心筋血流イメージングの読影とレポート作成 日本心臓核医学会 平成29年度関西地区地域別研修会全体会 大阪 2017
  4. 4. 上嶋健治:臨床研究の企画と運営 第30回日本循環器病予防セミナー (日本循環器病予防学会)  府中 2017
  5. 5. 桒原 佳宏:前向き介入試験データを用いたサブ解析の可能性・意義について 第53回日本循環器病予防学会 メインシンポジウム『循環器予防から見た臨床研究と疫学研究の接点』 京都 2017
  6. 6. 佐藤 恵子、 誉田 真子:いい研究をしようじゃないか 第53回日本循環器病予防学会 教育セミナー 京都 2017
  7. 7. 加藤 恵理:臨床研究 他の国ではどうなっているの? 第53回日本循環器病予防学会 教育セミナー 京都 2017
  8. 8. 小林学司:データマネージメントの世界へようこそ 第53回日本循環器病予防学会 教育セミナー 京都 2017
  9. 9. 加藤 恵理:大規模臨床試験の現状と課題 -海外の経験よりー 第65回日本心臓病学会総会 大阪 2017
2016
  1. 1. 上嶋健治:生き生きとした長寿へ:心リハとは? その有効性について 近畿心血管ジョイントライブ(KCJL2016) 市民健康講座 京都 2016
  2. 2. 上嶋健治:臨床研究の企画と運営 第29回日本循環器病予防セミナー (日本循環器病予防学会)  花巻 2016
  3. 3. 上嶋健治:臨床研究スタート・ アップ!:改訂倫理指針のエッセンス 第18回日本褥瘡学会学術集会 編集・倫理委員会企画講演 横浜 2016
  4. 4. 岡島年也 橋本昌人 吉牟田剛 上釜ゆき子 上嶋健治:その症状もしかして…足にも起こる動脈硬化! 血管疾患をともに考える会 市民健康講座2016 いきいき健康座談会 大阪 2016
  5. 5. 上嶋健治:心血管領域の研究に関する研究計画の立て方を学ぶ 日本心血管理学療法学会 第2回臨床研究サポートレクチャー 大阪 2016
  6. 6. 佐藤 恵子:.「統計家の行動基準」を作成した背景と内容、今後の課題. 統計関連連合大会. 日本計算機統計学会企画セッション 臨床研究における統計家の倫理的役割 金沢 2016
  7. 7. 佐藤 恵子:インフォームド・コンセントの現状と課題 第3回他職種間学際シンポジウム. 医療安全とインフォームド・コンセント 京都 2016
  8. 8. 佐藤 恵子:ヒト胚へのゲノム編集技術 日本生命倫理学会 ワークショップ ヒト胚へのゲノム編集技術:臨床応用の是非. 大阪 2016
2015
  1. 1. Kasahara M, Yasuno S, Kuwabara Y, Sato K, Ueshima K:The direction of the ideal future clinical trials in our country. 第79回日本循環器学会 シンポジウム Explore the Japanese Style Clinical Investigation beyond the Global Trends 大阪 2015
  2. 2. 上嶋健治:知っておこう!質の高い臨床研究に必要なこと:改訂倫理指針のポイント 第21回日本心臓リハビリテーション学会 教育講演 福岡 2015
  3. 3. 上嶋健治:CKD患者への介入試験:臨床試験の考え方 第28回日本循環器病予防セミナー(日本循環器病予防学会) ランチョンセミナー 横浜 2015
  4. 4. 上嶋健治:疫学手法と評価指標 第28回日本循環器病予防セミナー(日本循環器病予防学会) 横浜 2015
  5. 5. 上嶋健治:臨床研究の動向と改訂倫理指針のポイント 第28回日本循環器病予防セミナー(日本循環器病予防学会) 横浜 2015
  6. 6. 岡島年也,久保田義則,渡部匡朗,上嶋健治:ホントに?足にも起こる動脈硬化! 血管疾患をともに考える会 市民健康講座2015 テーブルディスカッション 大阪 2015
2014
  1. 1. 佐藤恵子:医療者が親御さんにできそうな支援は 子ども健康科学学会 特別企画セミナー 京都 2014
  2. 2. 上嶋健治:循環器疾患とマグネシウム--マグネシウム研究から学んだこと 第34回日本マグネシウム学会学術集会 会長講演 京都 2014
  3. 3. 笠原正登:腎領域におけるマグネシウムのエビデンス 第34回日本マグネシウム学会学術集会 教育講演 京都 2014
  4. 4. 保野慎治:心血管疾患におけるマグネシウムのエビデンス 第34回日本マグネシウム学会学術集会 教育講演 京都 2014
  5. 5. 佐藤恵子:理屈を実践するための形をつくる-「ひとモノの研究利用をどうする」を例に- 研究施設における人由来試料の取り扱いに関するガイダンスの検討 日本生命倫理学会 第26回年次大会 ワークショップ 浜松 2014
  6. 6. 佐藤恵子:正統な研究とは 日本心理学会第78会大会 シンポジウム 実験と応用の「はざま」で-研究倫理を考える- 京都 2014
  7. 7. 上嶋健治:Evidence Based Medicineと臨床試験 第5回日本アプ ライド・セラピューティクス学会 教育講演 神戸 2014
  8. 8. 上嶋健治:臨床研究論文の批判的吟味の取り組みを進めよう 第5回日本アプ ライド・セラピューティクス学会 シンポジウム 神戸 2014
  9. 9. 上嶋健治:介入研究・臨床試験の計画と実 施:ASUCA試験を題材に 第27回 日本循環器病予防セミナー(日本循環器病予防学会) 大津 2014
  10. 10. 保野慎治:臨床研究のABC 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 教育講演 京都 2014
  11. 11. 上嶋健治:たどり来て未だ山麓:心臓リハビリテーションと私 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 会長講演 京都 2014
  12. 12. 上嶋健治:循環器領域の運動療法 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 ランチョンセミナー 京都 2014
  13. 13. 斎藤雅彦 上嶋健治 斎藤宗靖 岩坂壽二 代田浩之 上月正博 牧田 茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行 後藤葉一(厚生労働省循環器病研究委託費15指-2 研究班):わが国における心臓リハビリテーションの安全性:全国実態調査結果 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 シンポジウム1 心臓リハビリテーション・この20 年 の発展と進歩:日本発のエビデンスを中心に 京都 2014
  14. 14. 熊坂礼音 百村伸一 野原隆司 代田浩之 増田 卓 上月正博 牧田茂 上嶋健治 折口秀樹 安達仁 大宮一人 西崎真理 木村穣 安隆則 鶴川俊洋 長山雅俊 後藤葉一:ICD・CRT-D植え込み患者に対する心臓リハビリテーション・CPXの安全性と有効性の検討 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 シンポジウム7 ハイブリッド心臓リハビリテー ション:デバイス全盛時代でのあり方 京都 2014
  15. 15. 熊坂礼音 長山雅俊 大宮一人 安達仁 折口秀樹 上嶋健治 牧田茂 上月正博 増田卓 代田浩之 野原隆司 百村伸一 伊東春樹 後藤葉一:わが国における心臓リハビリテーションの社会的認知度:普及方策検討のための基礎データ 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 パネルディスカッション1 心臓リハビリテーションのエビデンスと広報:普及のための次の一手 京都 2014
  16. 16. Kasahara M, Mukoyama M, Yasuno S, Tanaka S, Fujimoto A, Ueshima K:Strategy of Renoprotection by Lipid Control 第78回日本循環器学会 シンポジウム Treatment Strategy of CKD: Collaboration by Cardiologists and Nephrologists 東京 2014
  17. 17. Bando K, Kimura K, Ueshima K, Konishi H, Minakata K, Ueda Y, Okita Y, Okabayashi H, Ogawa H, Fukuda K, Takanashi S, Yaku H, Tsutsui H, Miyamoto Y, Masuda I, Hashimoto K for jCUTE study group:A Multidisciplinary Approach to Insure Scientific Integrity in Clinical Research for Heart Disease: jCUTE Proposal 第78回日本循環器学会 シンポジウム 循環器診療ガイドラインと日本のEBM~信頼を取り戻すために~ 東京 2014
2013
  1. 1. 上嶋健治:EBMの正しいとらえ方 第19回日本心臓リハビリテーション学会 教育講演 仙台 2013
  2. 2. 上嶋健治:CKD患者の腎臓を護る:運動療法とスタチンの腎保護効果 第19回日本心臓リハビリテーション学会 ランチョンセミナー 仙台 2013
  3. 3. Yasuno S, Ueshima K, Fujimoto A, Tanaka S, Kasahara M, Nakao YM, Nakao K: Is There a Need for a Reappraisal of Blood Pressure Goal in the Hypertensive Patients with Diabetes? 第77日本循環器学会 シンポジウム 新しい高血圧治療ガイドラインJSH2014はいかに進化すべきか 横浜 2013
  4. 4. 上嶋健治:循環器領域の運動療法:回復・治療・予防の3冠王に学ぶ 第26回日本循環器病予防セミナー(日本循環器管理研究協議会)ランチョンセミナー 福島 2013
  5. 5. 上嶋健治:臨床試験を企画・運営の実際:介入研究 ASUCA試験を題材に 第26回日本循環器病予防セミナー(日本循環器管理研究協議会) 福島 2013
  6. 6. 上嶋健治:心筋シンチグラムの読影精度を高めるために:検査前確率とアーチファクトの考察 平成25年度心臓核医学会京滋地区教育研修会 京都 2013
  7. 7. 上嶋健治:Candesartan-based Treatment for Variability Lowering of Individual Blood Pressure at Home Study:CAVALIER at HOME Study 第77回日本循環器学会 Late Breaking Clinical Trial (LBCT)1 コメンテーター 横浜 2013
  8. 8. 上嶋健治:心電図・運動負荷試験 第49回日本循環器予防学会 シンポジウムB 生理機能検査を活用した心不全の一次予防 金沢 2013
  9. 9. 上嶋健治:“心血管疾患のリハビリテーションガイドライン最新版”はどう変わったか?:高齢者・女性 第19回日本心臓リハビリテーション学会 シンポジウム 仙台 2013
  10. 10. 上嶋健治:市販後臨床試験の意義と研究の質を担保するための条件 シンポジウム7 ICH-GCP水準の臨床研究へのCRCの関わり 第13回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2013 IN 舞浜(臨床薬理学会) 舞浜 2013
  11. 11. 内田雅子 笠原正登 今本美幸 三浦由美子 上嶋健治:CKD合併脂質異常症を対象にしたASUCA-Trialにおける栄養指導 第58回日本透析医学会 学術集会・総会 福岡 2013
  12. 12. 笠原正登:CKDにおける脂質制御の意義 第36回日本高血圧学会 ランチョンセミナー 大阪 2013
  13. 13. 笠原正登:造影剤腎症 腎臓が障害を受ける理由と対策 第31回日本画像医学会 シンポジウム 茨木 2013
2012
  1. 1. 上嶋健治:EBM、その正しい解釈のコツ:質の高いエビデンスを創るには 第27回心血管インターベンション治療学会東海北陸地方会 ランチョンセミナー 名古屋 2012
  2. 2. 上嶋健治:循環器疾患のEBM:氾濫するEBMを糺す 第18回日本心臓リハビリテーション学会 教育講演 さいたま 2012
  3. 3. 上嶋健治:CKD患者の腎臓を護る:運動療法とスタチンの腎保護効果 第18回日本心臓リハビリテーション学会 ランチョンセミナー さいたま 2012
  4. 4. 上嶋健治:高血圧介入試験の不足点と今後 第35回日本高血圧学会 フォーカスイン(教育講演)10 名古屋 2012
  5. 5. 上嶋健治:心不全治療に必要な心血管リハビリテーションをよく知ろう 第38回JCC(日本心臓病学会)教育セミナー ファンダメンタルコース 仙台 2011
  6. 6. 上嶋健治:臨床試験を企画・運営の実際:介入研究の実際 ASUCA試験を題材に 第25回日本循環器病予防セミナー(日本循環器管理研究協議会)大阪 2012
  7. 7. 上嶋健治:心疾患の病態生理と診断治療 第13回心臓リハビリテーション指導士講習会(心臓リハビリテーション学会) さいたま 2012
  8. 8. 上嶋健治:臨床研究におけるレジストリの位置づけ 第48回日本循環器予防学会 シンポジウム 日本の循環器疾患登録実現に向けて 東京 2012
  9. 9. 上嶋健治:心臓核医学検査における検査前リスクをどのように考えるか? 第22回日本心臓核医学会 シンポジウム 慢性虚血性心疾患におけるリスク評価の意義とその戦略 金沢 2012
  10. 10. 上嶋健治:心不全の運動療法 復興研究ワークショップ「被災地における心不全患者の在宅療法に関する研究」(橋本班) 岩手八幡平 2012
  11. 11. 上嶋健治 中尾一和:我が国発の大規模研究が明らかにした高血圧に関するエビデンス:日本からの最新エビデンスを総括し、次のガイドラインを占う CASE-J 第35回日本高血圧学会 特別企画4 名古屋 2012
  12. 12. 田中佐智子:栄養疫学研究における食事調査に伴う測定誤差モデルの提案 統計連合大会 北海道 2012
  13. 13. 笠原正登:脂質異常合併症の腎機能障害に対する介入研究 第32回日本臨床薬理学会 浜松 2012
  14. 14. 笠原正登 福永康智 上嶋健治 向山政志 保野慎治 田邊一明 木村建彦 池添正哉 細谷貴亮 中尾一和:造影剤が正常腎機能に及ぼす影響の検討 第99回日本内科学会総会 京都 2012
  15. 15. 笠原正登:RA系薬剤だけで腎疾患の治療は万全か ~スタチン系薬剤の腎保護作用に期待して~ 第35回日本高血圧学会総会 ランチョンセミナー 名古屋 2012
  16. 16. 内田雅子 笠原正登 三浦由美子 今本美幸 向山政志 上嶋健治:CKD合併症を対象にしたASUCA-Trialにおける栄養指導 第55回日本腎臓学会学術総会 横浜 2012
2011
  1. 1. Ueshima K, Oba K, Yasuno S, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Influences of diabetes mellitus on cardiovascular events in Japanese hypertensive patients and roles of angiotensin receptor blockers in new-onset diabetes 第75回日本循環器学会 シンポジウム 糖尿病と血管病 横浜 2011
  2. 2. Kihara Y, Ueshima K, Yasuno S, Segawa I, Mizunuma Y, Nohara R, Hiramori K: Non-invasive Holter monitoring reveals silent cardiac burden in Japanese patients with Type-2 diabetes mellitus: NIHON pilot study 第75回日本循環器学会 シンポジウム 糖尿病と血管病 横浜 2011
  3. 3. 上嶋健治:疫学研究から臨床研究へ 第28回日本医学会総会 シンポジウム 疫学研究と臨床研究 東京 2011
  4. 4. 上嶋健治:日常診療にはEBMが大切である:Pro 第2回日本アプライド・セラピューティクス学会 ディベートセッション あらためて考える「日常診療とEBM」東京 2011
  5. 5. 上嶋健治:心不全の治療と予防のEBM:非薬物療法を考える 第47回日本循環器予防学会 心不全学会共催シンポジウム 心不全を予防する 博多 2011
  6. 6. 今井優 黒瀬聖司 上嶋健治 桝田出:健康運動指導士からのアプローチ 第17回日本心臓リハビリテーション学会 パネルディスカッション 心臓リハビリにおける多職種の位置づけ:現状と将来展望 大阪 2011
  7. 7. 岡島年 松尾汎 上嶋健治:TAKE! ABI 2011:足の血圧でわかる脳や心筋梗塞の危険度 第1回日本心・血管病予防会 市民公開講座 大阪 2011
  8. 8. 上嶋健治:臨床研究の仕組みと制度:治験の位置づけと問題点 第41回日本医事法学会 シンポジウム 臨床研究 岡山 2011
  9. 9. 関根章博 北本卓也 北本綾 水澤精穂 寺西啓 堀田紀久子 上嶋健治 小杉眞司中尾一和:薬剤応答性の違いを調査するためのPharmacokinetics関連遺伝子群の日本人における高精度遺伝子型およびゲノム配列決定法の確立 シンポジウム遺伝医学合同学術集会2011 京都 2011
  10. 10. 北本綾 北本卓也 水澤精穂 寺西啓 堀田紀久子 上嶋健治 小杉眞司 中尾一和 関根章博:薬物代謝関連遺伝子群の高密度・高精度な遺伝子型決定法の確立 シンポジウム 第56回日本人類遺伝学会 千葉 2011
  11. 11. 上嶋健治:EBM、その正しい解釈のコツ:氾濫するEBMとガイドラインを正す 第59回日本心臓病学会 教育講演 神戸 2011
  12. 12. 上嶋健治:脂質低下療法の新たな可能性:スタチンの腎保護効果とASUCA試験 第54回日本腎臓学会 ランチョンセミナー 横浜 2011
  13. 13. 保野慎治 症例・対照研究:なくてはならない研究法 第24回日本循環器病予防セミナー 京都 2011
  14. 14. 上嶋健治:心不全治療に必要な心血管リハビリテーションをよく知ろう 第36回JCC(日本心臓病学会)教育セミナー ファンダメンタルコース 大阪 2011
  15. 15. 上嶋健治:心疾患の理学療法:病態と治療 平成22年度(社)兵庫県理学療法士会研修部新人向け講習会 神戸 2011
  16. 16. 上嶋健治:心不全治療に必要な心血管リハビリテーションをよく知ろう 第37回JCC(日本心臓病学会)教育セミナー ファンダメンタルコース 東京 2011
  17. 17. 上嶋健治:臨床試験を企画する:質の高い臨床研究を目指す 第24回日本循環器病予セミナー(日本循環器管理研究協議会) 京都 2011
  18. 18. 上嶋健治:疫学研究と臨床研究の接点:あるべき姿を考える 第24回日本循環器病予防セミナー モーニングセッション(日本循環器管理研究協議会) 京都 2011
  19. 19. 上嶋健治:循環器疾患予防に必須のストラテジ 運動療法を見直す:回復・治療・予防の三冠王に学ぶ 第24回日本循環器病予防セミナー(日本循環器管理研究協議会)京都 2011
  20. 20. 上嶋健治:心疾患の病態生理と診断治療 第12回心臓リハビリテーション指導士講習会(心臓リハビリテーション学会) 大阪 2011
  21. 21. 上嶋健治:GuidelineとAppropriate Criteria:タテマエとホンネの間での実臨床 第36回New Town Conference Meet the Experts ACC/ASNCクライテリアによる心臓核医学検査の適応:Real WorldでのMPIの有用性 神戸 2011
  22. 22. 田中佐智子:ネスティッド・ケース・コントロール研究における解析方法の比較 計量生物学会年会シンポジウム 大阪 2011
2010
  1. 1. Ueshima K, Oba K, Yasuno S, Fujimoto A, Nakao K: Effects of ACE inhibitors and angiotensin-receptor-blockers on major cardiovascular events in Japanese hypertensive patients: the first meta-analysis of randomized trials 第74回日本循環器学会 シンポジウム17 Accumulating Evidence of Cardiovascular Disease Prevention and Treatment in Japanese Population 京都 2010
  2. 2. 上嶋健治:論文を読むための基礎知識:Keynote Lecture エデュケーショナルシアター 近畿心血管治療ジョイントライブ(KCJL)2010 論文の読み方 神戸 2010
  3. 3. 上嶋健治:QOLを評価するということ 第29回臨床運動療法研究会 シンポジウム 最新運動療法:分子から心理まで 大阪 2010
  4. 4. 上嶋健治 荻原俊夫 猿田享男 中尾一和:CASE-J試験から考える臨床試験の質 第33回日本高血圧学会 パネルディスカッション2 より高い日本発エビデンスを生み出すために何をなすべきか 福岡 2010
  5. 5. 上嶋健治:積極的脂質低下療法の新たな可能性:スタチンの腎保護効果とASUCA試験 第109回日本循環器学会九州地方会 ランチョンセミナー 長崎 2010
  6. 6. 上嶋健治:心疾患の理学療法:病態と治療 平成21年度(社)兵庫県理学療法士会研修部新人向け講習会 神戸 2010
  7. 7. 上嶋健治:臨床試験の企画・運営の実際:質の高い臨床試験とは? 第23回日本循環器病予防セミナー(日本循環器管理研究協議会)札幌 2010
  8. 8. 上嶋健治:フィルムリーディングと読影上のピットフォール 平成22年度心臓核医学会京滋地区教育研修会 京都 2010
  9. 9. 上嶋健治:心不全患者への運動療法:エビデンスと実際 第109回日本循環器学会近畿地方会 専門医を目指す研修医のための循環器学基礎セミナー 大阪 2010
  10. 10. 上嶋健治:心疾患の病態生理と診断治療 第11回心臓リハビリテーション指導士講習会(心臓リハビリテーション学会) 鹿児島 2010
2009
  1. 1. Ueshima K, Yasuno S, Oba K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T, Nakao K: Which risk factor has an adverse effect on coronary events in Japanese high-risk hypertensive patients? : A subanalysis of CASE-J. 第73回日本循環器学会 シンポジウム16 Comprehensive Risk Management for Prevention of Coronary Artery Disease 大阪 2009
  2. 2. Oba K: Disease-free-survival as a surrogate endpoint for overall survival in adjuvant trial of curatively resected gastric cancer. Educational Lecture 1, WJOG 3rd International Symposium on Clinical Trial, Osaka, Japan, 2009
  3. 3. 上嶋健治:運動耐容能と心筋灌流イメージを組み合わせることで虚血性心疾患疑い患者の予後をよりよく推測できるか? 第34回New Town Conference トピックス 本邦大規模臨床試験から得られた新たなデータ:J-ACCESS 京都 2009
  4. 4. Goto Y, Saitou M, Iwasaka T, Daida H, Kohzuki M, Ueshima K, Makita S, Adachi H, Yokoi H, Omiya K, Mikohchi H, Yokoyama H, Koike A, Nagayama M: Efficacy and cost of cardiac rehabilitation in patients after acute myocardial infarction in Japan: a multi-center retrospective study. 第73回日本循環器学会 シンポジウム16 Comprehensive Risk Management for Prevention of Coronary Artery Disease 大阪 2009
  5. 5. 上嶋健治:虚血性 心疾患の二次予防としての心臓リハビリテーション 第15回日本心臓リハビリテーション学会 プレナリーセッション2 心臓リハビリテーションと予防医学の融和:JACPRに向けて 東京 2009
  6. 6. 上嶋健治:心臓リハビリテーションのさらなる普及に向けて:医療スタッフに問う課題と解決策 第73回日本循環器学会 教育講演 2009 大阪
  7. 7. 上嶋健治:心不全と心臓リハビリテーション 第57回日本心臓病学会 教育講演 札幌2009
  8. 8. 上嶋健治:心疾患の理学療法:病態と治療 平成20年度(社)兵庫県理学療法士会研修部新人向け講習会 神戸 2009
  9. 9. 上嶋健治:心疾患の病態生理と診断治療 第10回心臓リハビリテーション指導士講習会(心臓リハビリテーション学会)東京 2009
  10. 10. 上嶋健治:フィルムリーディングと読影上のピットフォール 平成21年度心臓核医学会京滋地区教育研修会 京都 2009
  11. 11. 大庭幸治:胃がん術後化学療法の評価における全生存期間に対する無病生存期間の代替性 特別セッション 臨床試験におけるサロゲートエンドポイントの評価 2009年度計量生物学会 大阪 2009
2008
  1. 1. Nakao K, Ueshima K, Oba K, Fujimoto A, Yasuno S, Ogihara T, Saruta T: To make the best use of Japanese evidences to future guidelines: From the results and experiences of CASE-J Trial. 第72回日本循環器学会 シンポジウム18 How Can We Make the Best Use of Japanese Evidences to Future Guidelines 福岡 2008
  2. 2. 田村尚久 上嶋健治 保野慎治 曽根正勝 福永康智 朴貴典 小山田尚史 田浦大輔 犬塚恵 園山拓洋 佐藤俊哉 中尾一和:原発性アルドステロン症の診断と疫学調査 第81回日本内分泌学会 クリニカルアワー5 原発性アルドステロン症:診断の進歩と課題 青森 2008
  3. 3. 上嶋健治 保野慎治 大庭幸治 藤本明 向山政志 荻原俊男 猿田享男 中尾一和:ハイリスク高血圧患者において左室肥大が心血管事故と腎機能に及ぼす影響:CASE-J試験からの検討 第56回日本心臓病学会 パネルディスカッション3 腎機能障害と心血管病:現状と対策 東京 2008
  4. 4. 上嶋健治 保野慎治 大庭幸治 藤本明 向山政志 荻原俊男 猿田享男 中尾一和:日本人ハイリスク高血圧患者において心リスクが心血管事故と腎機能に及ぼす影響:CASE-J試験からの検討 第38回日本腎臓学会西部会 ワークショップ1 日本人CKD治療のエビデンス 名古屋 2008
  5. 5. 上嶋健治:運動と心臓を考える:心リハと健康づくりは表裏一体 第14回日本心臓リハビリテーション学会 ランチョンセミナー 大阪 2008
  6. 6. 上嶋健治:循環器負荷研究会の演題から見た運動心臓病学の趨勢 第58回循環器負荷研究会特別企画:循環器負荷研究会終了記念講演 東京 2008
  7. 7. 上嶋健治:肥満高血圧患者への治療戦略:脱メタボリックシンドローム 平成20年高知県臨床内科医会学術講演会 特別講演 高知 2008
  8. 8. 上嶋健治:肥満高血圧患者への治療戦略:脱メタボリックシンドローム 平成20年京都臨床内科医会定例講演会 特別講演 京都 2008
  9. 9. 上嶋健治:心疾患の病態生理と診断治療 第9回心臓リハビリテーション指導士講習会(心臓リハビリテーション学会)大阪 2008
  10. 10. 上嶋健治:今日から身体を動かそう:脱メタボリックシンドローム事始め 第14回日本心臓リハビリテーション学会 市民公開講座 「知っ得!?納得!!メタボリックシンドローム」 大阪 2008
  11. 11. 上嶋健治:虚血性心疾患の読影:心筋シンチグラムと読影上のピットフォール 平成20年度心臓核医学会京滋地区教育研修会 京都 2008
  12. 12. 柳本智 千葉誠 坂本有希子 野木佳男 井上智子 近藤敦子 上嶋健治:循環器慢性病院で実施する心大血管リハビリテーションの意義 第72回日本循環器学会 コメディカルシンポジウム2 心臓病のリハビリテーションの進歩と課題 福岡 2008
  13. 13. 中尾一和 上嶋健治 荻原俊男 猿田享男:CASE-J試験からみた血圧管理の重要性 第31回日本高血圧学会 シンポジウム2 日本の高血圧診療のエビデンス:血圧管理の重要性 札幌 2008
  14. 14. 大庭幸治:癌の大規模臨床試験とメタアナリシス・臨床における意義 進行・術後胃癌におけるランダム化比較試験を対象としたメタアナリシス(GASTRIC研究) シンポジウム1 癌の大規模臨床試験とメタアナリシス・臨床における意義 第46回日本癌治療学会総会 名古屋 2008
  15. 15. 大庭幸治:PSKを用いた免疫化学療法のメタアナリシスによる有効性評価 シンポジウム 外科医が行う免疫を利用した癌治療 第29回癌免疫外科研究会 東京 2008
2007
  1. 1. 上嶋健治 大庭幸治 保野慎治 中尾一和:Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan(CASE-J)試験から学ぶもの 第23回日本循環器病予防学会 シンポジウムII 臨床研究・基礎研究からみた循環器疾患予防の視点 大津 2007
  2. 2. 田村尚久 上嶋健治 保野慎治 曽根正勝 宮下和希 佐藤俊哉 中尾一和:我が国の高血圧患者における原発性アルドステロン症の頻度の検討 第80回日本内分泌学会 シンポジウム5 アルドステロン症はコモンディジーズか? 東京 2007
  3. 3. 田村尚久 上嶋健治 保野慎治 曽根正勝 中尾一和:二次性高血圧(とくに内分泌性高血圧症)の全国調査 第11回日本心血管内分泌代謝学会 イブニングセミナー 東京 2007
  4. 4. 上嶋健治:循環器疾患領域での運動療法:「回復の医学」から「予防の医学」へ 第13回日本心臓リハビリテーション学会 教育講演 東京 2007
  5. 5. 上嶋健治:肥満合併高血圧患者への治療ストラテジ:CASE-J試験(Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan )から見えるもの 第55回日本心臓病学会 ランチョンセミナー 東京 2007
  6. 6. 上嶋健治:運動負荷試験の基礎と実際:心電図の読影から心肺運動負荷試験まで 第24回日本心電図学会 公開講座 名古屋 2007
  7. 7. 上嶋健治:肥満合併高血圧患者への治療ストラテジ:CASE-Jから見えるもの 平成19年度 青森県臨床内科医会総会 学術講演 青森 2007
  8. 8. 上嶋健治:心疾患の病態生理と診断治療 第8回心臓リハビリテーション指導士講習会(心臓リハビリテーション学会) 東京 2007
  9. 9. 上嶋健治:メタボリックシンドロームとスポーツ 平成19年度滋賀スポーツ医会総会 特別講演 大津 2007
  10. 10. Ueshima K, Oba K, Tsutani K, Nakao K:Trends of large-scale clinical trials of cardiovascular diseases in Japan 第71回日本循環器学会 プレナリーセッション8 Clinical trials update in Japan and future perspective 神戸 2007
  11. 11. Saito M, Ueshima K, Saitou M, Iwasaka T, Daida H, Kohzuki M, Makita S, Adachi H, Yokoi H, Omiya K, Mikohchi H, Yokoyama H, Goto Y:Safety of exercise cardiac rehabilitation in patients with acute myocardial infarction in Japan: A nationwide Survey 第71回日本循環器学会 プレナリーセッション7 Cardiac rehabilitation therapy at the chronic stage 神戸 2007
  12. 12. 上嶋健治:メタボリックシンドロームと運動療法:内科の立場から 第17回関西臨床スポーツ医・科学研究会 シンポジウム メタボリックシンドロームの予防 大阪 2007
  13. 13. 上嶋健治 津谷喜一郎 中尾一和:循環器領域における本邦初の多施設共同無作為割付け前向き比較対照試験JAMP studyの意義 第28回日本臨床薬理学会 シンポジウム5 我が国で実施された循環器用薬による大規模臨床試験成績の意義について 宇都宮 2007
  14. 14. 坂本純一 大庭幸治 森田智視 松井隆則 小寺泰弘 小林道也 近藤建:進行胃癌患者に対するレンチナン併用化学療法の個人データを用いたメタアナリシス ミニシンポジウム4 消化器癌と免疫療法 第62回日本消化器外科学会定期学術総会 東京 2007
2006
  1. 1. 上嶋健治:スポーツを始める前のメディカルチェック 第17回日本スポーツ歯科医学会 教育講演 盛岡 2006
  2. 2. 上嶋健治:本邦における心疾患への運動療法の現況と展望:心不全患者への展開を中心に 第54回日本心臓病学会 ランチョンセミナー 鹿児島 2006
  3. 3. 上嶋健治:心疾患の病態生理と診断治療 第7回心臓リハビリテーション指導士講習会(心臓リハビリテーション学会)名古屋 2006
  4. 4. 上嶋健治:回復期心臓リハビリの効用を識る:生命予後とQOL向上に向けて 日本医師会教育協力講座 セミナー「脳・心血管疾患講座」 東京 2006
  5. 5. 上嶋健治:運動負荷心電図の実際 平成18年度日本心臓リハビリテーション学会主催心臓リハビリテーションスキルアップセミナー 枚方 2006
  6. 6. 上嶋健治:心臓リハビリテーションの安全性と費用対効果 第70回日本循環器学会 シンポジウム わが国における心疾患リハビリテーションの実態調査と普及促進に関する研究 名古屋 2006
  7. 7. 上嶋健治 斎藤雅彦 斎藤宗靖 岩坂壽二 代田浩之 上月正博 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行 後藤葉一:わが国における心疾患リハビリテーションの実態調査と普及促進に関する研究 第12回日本心臓リハビリテーション学会 特別セッション わが国における急性心筋梗塞症回復期心臓リハビリテーションの安全性:初めての全国調査(厚生労働省循環器病研究委託費15指-2) 名古屋 2006
  8. 8. 代田浩之 後藤葉一 斎藤宗靖 岩坂壽二 上月正博 上嶋健治 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行:わが国における心疾患リハビリテーションの実態調査と普及促進に関する研究 第12回日本心臓リハビリテーション学会 特別セッション わが国における急性心筋梗塞症回復期心臓リハビリテーションの実態(厚生労働省循環器病研究委託費15指-2) 名古屋 2006
  9. 9. 上月正博 斎藤宗靖 岩坂壽二 代田浩之 上嶋健治 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行 後藤葉一:わが国における心疾患リハビリテーションの実態調査と普及促進に関する研究 第12回日本心臓リハビリテーション学会 特別セッション わが国における心臓リハビリテーションの採算性(厚生労働省循環器病研究委託費15指-2) 名古屋 2006
  10. 10. 後藤葉一 川上利香 斎藤宗靖 岩坂壽二 代田浩之 上月正博 上嶋健治 牧田茂 安達仁 横井宏佳 大宮一人 三河内弘 横山広行 小池朗 長山雅俊:わが国における心疾患リハビリテーションの実態調査と普及促進に関する研究 第12回日本心臓リハビリテーション学会 特別セッション わが国における急性心筋梗塞症回復期心臓リハビリテーションの費用対効果:多施設後ろ向き調査結 (厚生労働省循環器病研究委託費15指-2) 名古屋 2006
  11. 11. Yamazaki T, Ueshima K, Saitoh M, Kobayashi N, Nakamura M:Cost effectiveness of exercise cardiac rehabilitation in patients with cardiovcascular disease 第70回日本循環器学会 プレナリーセッション7 Costs of clinical practice in cardiovascular diseases 名古屋 2006

国内学会(一般演題)

2018
  1. 1. 市原 睦子、誉田 真子、金 梨花、北尾 裕美、佐藤 恵子、加藤 恵理、桒原 佳宏、小林 学司、鈴木 渉太、坂東 興、上嶋 健治: データマネジメントプロセスの評価  -jBLADE study-0参加施設とデータセンターにおける横断的調査- 日本臨床試験学会 第9回学術集会総会, 仙台, 2018
  2. 2. Kuwabara Y, Kitao H, Ichihara C, Hamanaka A, Yasuno S, Kasahara M, Ueshima K: The Association Between the BP variability and Renal Function in CKD Patients with Hyperlipidemia : a Sub-Analysis of the ASUCA Trial. 第82回日本循環器学会学術集会, 大阪, 2018

研究助成

  1. 1. 平成19-21年度 成人血管病研究振興財団学術研究支援助成 上嶋健治:EBM研究の支援・育成・推進に関する研究
  2. 2. 平成19-21年度 日本臨床研究支援ユニット 研究助成大庭幸治:胃がんメタアナリシス(GASTRIC project)の研究
  3. 3. 平成19-21年度 厚生労働科学研究費補助金(代表 後藤葉一)研究事業 循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業 研究課題名「虚血性心疾患に対する外来型心臓リハビリテーションの有効性のエビデンスの確立と普及方策の検討に関する多施設研究」 上嶋健治:虚血性心疾患に対する外来型心臓リハビリテーションの有効性のエビデンスの確立と普及方策の検討に関する多施設研究 分担研究
  4. 4. 平成20年度 厚生労働科学研究費補助金(代表 木原正博)
  5. 5. 都市在住者を対象としたHIV 新規感染者及びAIDS 発症者を減少させるための効果的な広報戦略の開発 研究協力 大庭幸治
  6. 6. 平成20-21年度 京都大学若手研究者スタートアップ研究費 保野慎治:慢性腎臓病発症予測因子の検討:健診データベースから見た生活習慣病
  7. 7. 平成20-22年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)上嶋健治:効率的な大規模臨床試験の実施システムの構築に関する研究
  8. 8. 財団法人日本心臓血圧研究振興会 糖尿病者の心臓病対策推進事業(代表 平盛勝彦)糖尿病ホルター心電図検診多施設共同臨床試験 分担研究 上嶋健治(データ解析担当委員)
  9. 9. 平成21-23年度 循環器病研究振興財団 指定研究(代表 西村恒彦)「虚血性心疾患における心電図同期SPECT(QGS)検査に関する国内臨床データベース作成のための調査研究 3」上嶋健治:慢性腎臓病患者における心電図同期心筋SPECTの有用性検討のための調査研究(J-ACCESS III)分担研究
  10. 10. 平成21-23年度 厚生労働科学研究費補助金(代表 坂田隆造)研究事業 糖尿病戦略等研究事業 研究課題名「糖尿病患者における心血管イベント発症に関する後ろ向きコホートに関する研究」分担研究 上嶋健治(プロトコル委員)
  11. 11. 平成21年度 京都大学教育研究振興財団 国際研究集会派遣助成大庭幸治:米国臨床腫瘍学会2009
  12. 12. 平成21年度 京都大学教育研究振興財団 国際研究集会派遣助成 保野慎治:ヨーロッパ心臓病学会 2009
  13. 13. 平成21-22年度 科学研究費補助金 若手研究(B)大庭幸治:因果効果に基づく代替変数の妥当性評価基準の開発
  14. 14. 平成22年度 成人血管病研究振興財団 学術研究支援助成 保野慎治:慢性腎臓病発症予測因子の検討:人間ドックデータベースから見た生活習慣病のかかわり
  15. 15. 平成22-24年度 厚生労働省科学研究費補助金(代表 後藤葉一)研究事業 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 研究課題名 「虚血性心疾患の疾病管理プログラムとしての外来型心臓リハビリテーションの効果と普及方策に関する研究」分担研究 上嶋健治
  16. 16. 平成22-24年度 厚生労働省科学研究費補助金(代表 陳和夫)研究事業 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 研究課題名「肥満残存高血圧合併睡眠時無呼吸患者に対する防風通聖散及び大柴湖湯の治療効果の比較と病態生理の解明」 分担研究 上嶋健治
  17. 17. 平成22-23年度 厚生労働省科学研究費補助金(代表 中山健夫)研究課題名「今後のEBM普及促進に向けた診療ガイドラインの役割と可能性に関する研究」研究協力者 上嶋健治
  18. 18. 平成22-23年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)笠原正登:腹膜透析における新規バイオマーカーの開発と分子機序の解明
  19. 19. 平成22-23年度 科学研究費補助金 若手研究(B)田中佐智子:区間打ち切り生存時間データに対する測定誤差モデルとその推測法
  20. 20. 平成22-23年度 厚生労働科学研究費補助金(代表 木村健二郎)CKD進展予防のための特定健診と特定保健指導のあり方に関する研究 分担研究 笠原正登
  21. 21. 平成23-25年度 厚生労働科学研究費補助金(代表 田中英夫)研究事業 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(肝炎関係研究分野) 研究課題名 「肝炎対策の状況を踏まえたウイルス性肝疾患患者数の動向予測に関する研究」分担研究 田中佐智子
  22. 22. 平成23-24年度 財団法人健康管理事業団 第27回研究助成事業 保野慎治:慢性腎臓病発症予測因子の検討:健康診断データベースから見た生活習慣病の関わり
  23. 23. 平成24年(2012年)度公益信託 タニタ健康体重基金研究助成 中尾葉子:メタボリックシンドローム発症における内臓脂肪蓄積の意義に関する縦断的研究:MEtabolic syndRome and abdominaL ObesiTy (MERLOT) study
  24. 24. 平成24年度 明治安田厚生事業団 健康医科学研究助成 中尾葉子:生活習慣病発症における内臓脂肪蓄積の意義:MERLOT study
  25. 25. 平成24-25年度 厚生労働科学研究費補助金(代表 田中佐智子)研究事業 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 研究課題名「肥満および関連疾患に対する政策に関する国際比較研究:日本における肥満施策のための基礎分析」
  26. 26. 平成24-26年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)田中佐智子:栄養疫学データにおける測定誤差モデルの推測方法の提案
  27. 27. 平成25年度 独立行政法人国立がん研究センター運営費交付金研究開発費(代表 岩崎基)バイオマーカーを用いた発がんリスク診断・前がん状態診断の実用化に関する研究 分担研究 田中佐智子
  28. 28. 平成25-26年度 厚生労働科学研究費(代表 渡辺毅)「特定健康診査による個人リスク評価に基づく、保健指導と連結した効果的な慢性腎臓病(CKD)地域医療連携システムの制度設計 分担研究 笠原正登
  29. 29. 平成25-27年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)上嶋健治:合併症を有するハイリスクの日本人高血圧患者の至適降圧目標値の検討
  30. 30. 第2回日本心臓財団・日循協・アストラゼネカ臨床疫学研究助成(平成25-27年)尾崎裕香:運動が禁煙継続に及ぼす影響に関する検討 分担研究:上嶋健治
  31. 31. 平成25-27年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)保野慎治:健診データを用いた肥満指標と生活習慣病との関係についての検討
  32. 32. 平成25-27年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)笠原正登:腹膜透析におけるPTN, CTGFを標的とするmicroRNAの意義の検討
  33. 33. 平成26-28年度 第3回日本心臓財団・日循協・アストラゼネカ臨床疫学研究助成 中尾葉子:メタボリック症候群・肥満症の臨床疫学研究:ナショナルデータベースを用いた横断・縦断研究
  34. 34.平成29-31年度 科学研究費補助金 基盤研究(C)佐藤恵子:価値共有の認知による信頼関係に基づく人由来検体・情報のガバナンス体制の構築
  35. 35. 平成30-31年度公益財団法人 江頭ホスピタリティ事業振興財団 2018 (研究開発助成事業)鈴木渉太:外国人患者が処方されたくすりを適正に使用することを目指したメソッド「OMOTENASHI」アプリ版の開発と調剤薬局における評価

受賞

  1. 1. Kuwabara Y, Kuwahara K, Takano M, Kinoshita H, Arai Y, Nakagawa Y, Ysuno S, Igata S, Usami S, Minami T, Yamada Y, Nakao K, Yamada C, Shibata J, Nishikimi T, Ueshima K, Nakao K:Increased Expression of HCN channels in the Ventricular Myocardium Contributes to Enhanced Arrhythmicity in Mouse Failing Hearts 第31回日本心電学会学術集会 東京 2014 (第19回日本心臓学会学術奨励賞)
  2. 2. 笠原正登:脂質異常合併CKD患者に対するアトルバスタチンの腎保護効果の検討(ASUCAトライアル) 第57回日本腎臓学会学術総会 横浜 2014 (第57回日本腎臓学会学術総会 優秀演題賞)
  3. 3. 中尾葉子 保野慎治 中尾一泰 宮脇尚志 福永康智 石川健治 田中佐智子 笠原正登 藤本明 細田公則 上嶋健治 中尾一和:高血圧症発症の予測因子としての高尿酸血症と内臓脂肪蓄積の意義に関する縦断的研究 日本高血圧学会 第2回臨床高血圧フォーラム 東京 2013 (日本高血圧学会 第2回臨床高血圧フォーラム YCA:Young Clinician Award)
  4. 4. 中尾葉子 保野慎治 中尾一泰 宮脇尚志 福永康智 石川健治 田中佐智子 笠原正登 藤本明 細田公則 上嶋健治 中尾一和:メタボリック症候群発症の予測因子としての内臓脂肪蓄積の意義に関する縦断的研究 第33回日本肥満学会 京都 2012 (第33回日本肥満学会 若手研究奨励賞)
  5. 5. 中尾葉子 保野慎治 宮脇尚志 中尾一泰 田中佐智子 笠原正登 藤本明 上嶋健治 中尾一和:高血圧発症に関する内臓脂肪蓄積の意義:Metabolic synd Rome and Abdominal Obesity (MERLOT研究) 第48回日本循環器病予防学会 東京 2012 (第48回日本循環器病予防学会 第2回日本循環器管理研究協議会予防医学賞)
  6. 6. 保野慎治 上嶋健治 中尾葉子 田中佐智子 藤本明 笠原正登 荻原俊男 猿田享男 中尾一和:ハイリスク高血圧患者において糖尿病合併と冠動脈疾患既往が心血管イベント発症に与える影響 日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム 大阪 2012 (日本高血圧学会 第1回臨床高血圧フォーラム ポスター優秀賞)
  7. 7. Nakao YM, Yasuno S, Miyawaki T, Nakao K, Tanaka S, Fujimoto A, Kasahara M, Ueshima K, Nakao K:Predictive impact of visceral adiposity on new-onset of metabolic syndrome components in healthy Japanese population: Metabolic syndrome and visceral obesity (MERLOT study) EuroPRevent 2012 Dublin, Ireland 2012 (EuroPRevent 2012, Winner of the best original scientific work in the poster session)
  8. 8. 中尾葉子 保野慎治 宮脇尚志 中尾一泰 田中佐智子 藤本明 笠原正登 上嶋健治 中尾一和:メタボリックシンドローム診断項目の新規発症に関する内臓脂肪蓄積の意義 MEtabolic syndRome and abdominaL ObesiTy (MERLOT研究) 第109回日本内科学会総会 京都 2012 (日本内科学会 奨励賞)
  9. 9. Nakao K, Hirata M, Oba K, Yasuno S, Ueshima K, Fujimoto A, Ogihara T, Saruta T; CASE-J Trial Group.:CASE-J Trial Group. Role of diabetes and obesity in outcomes of the candesartan antihypertensive survival evaluation in Japan (CASE-J) trial. Hypertens Res 33:600-606 2010 第34回日本高血圧学会総会 宇都宮 2011 (2011年度 日本高血圧学会優秀論文賞)
  10. 10. 上嶋健治: 第12回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 名古屋 2006 (第3回木村登賞)
Get ADOBE READER
PDFをご覧いただくには、Adobe ReaderのPlug-inが必要です。お持ちでない方はダウンロードのうえご覧ください。

ページの先頭へ