プロジェクト内容

プロジェクト内容

これまでの受入試験一覧

01

浸潤性膀胱癌患者に対する膀胱全摘出術の多施設間治療成績の比較:補助化学療法の有効性を中心として

研究代表者 : 京都大学 医学研究科 小川 修

02

JaSWAT (Japanese Study of Warfarin and Aspirin for Prevention of Thrombosis after Valve Replacement)

研究代表者 : 国立循環器病センター 心臓血管外科 坂東 興

03

進行・再発胃癌に対するS-1とPaclitaxel併用化学療法の第I/II相臨床試験
Phase I/II study of A combination of S-1 and Paclitaxelin patients with Advanced/Recurrent Gastric Cancer)

研究代表者 : 京都府立医科大学 消化器外科 山岸 久一

04

乳癌併用化学療法研究会

研究代表者 : 大阪大学 医学系研究科 野口 眞三郎

05

進行胃癌に対する併用化学療法研究会 (FT療法研究会)

研究代表者 : 臨床試験研究会 中里 博昭

06

腹水貯留を伴う胃癌治療に対するWeekly・Paclitaxel療法の検討研

研究代表者 : 近畿大学医学部 塩崎 均

07

大腸癌補助化学療法臨床試験の長期フォローアップ

研究代表者 : がん集学的治療研究財団 佐治 重豊

08

手術不能再発乳癌に対するCapecitabine, Epirubicin, Cyclophosphamide 併用第一相臨床試験

研究代表者 : 東京都立駒込病院 戸井 雅和

09

術後再発及び手術不能進行胃癌における・Biweekly・PaclitaxelとS1併用療法の検討

研究代表者 : 鹿児島大学 医学部 愛甲 孝

10

原発性骨軟部悪性腫瘍に対する十全大補湯の有用性に関する多施設共同研究

研究代表者 : 大阪大学医学部 上田 孝文

11

切除不能・再発胃癌に対するPaclitaxel+Cisplatin+5-fluorouracil3併用療法の検討(Phase I Study)

研究代表者 : 金沢大学 医学系研究科 大村 健二

12

進行再発胃癌併用療法Phase II 研究(TC療法研究会)

研究代表者 : 京都大学 医学研究科 坂本 純一

13

進行再発胃癌に対するBiweekly.Cisplatin.Paclitaxelの日韓協同PhaseII

研究代表者 : 三沢市立三沢病院 坂田 優

14

進行大腸癌に対するFOLFOX6J療法の初回治療としての多施設第II相臨床試験

研究代表者 : 大阪医療センター 三嶋 秀行

15

進行大腸癌に対するPRMI-OX療法の初回治療としての多施設第II相臨床試験

研究代表者 : 大阪医療センター 三嶋 秀行

16

治癒切除大腸癌に対するPSKを用いた免疫化学療法臨床試験のメタアナリシス

研究代表者 : 京都大学 医学研究科 坂本 純一

17

進行胃癌 sequential VS concurrent 治療研究

研究代表者 : 熊本大学 医学薬学研究部 馬場 秀夫

18

京都市内の医療機関入院患者および介護施設入所者におけるバンコマイシン耐性腸球菌の保菌状況に関する疫学調査

研究代表者 : 京都大学 医学研究科 一山 智

19

進行再発乳癌に対するフェアストンの有効性に関する研究

研究代表者 : 大阪大学 医学系研究科 野口 眞三郎

20

進行再発大腸癌に対する FOLFIRI 療法

研究代表者 : 山口大学医学部付属病院 第二外科 硲 彰一

21

進行・再発胃癌に対する逐次併用または同時併用化学療法のRandomized PhaseIITrial

研究代表者 : 馬場 秀夫
熊本大学大学院医学薬学研究部 先端生命医療科学生育再建・移植医学消化器外科

22

高血圧症に伴う心血管系疾患の発症予防におけるアンジオテンシンII受容体拮抗薬とカルシウム拮抗薬の比較試験(CASE-J)

研究代表者 : 慶應義塾大学 名誉教授 猿田 享男

23

漿膜浸潤胃癌症例を対象とした術後補助化学療法のFactorial Design によるランダム化比較試験(SAMIT)

研究代表者 : 神奈川県立がんセンター 消化器外科 円谷 彰

24

CASE-J (Candesartan Antihypertensive Survival Evaluation in Japan)追跡調査(CASE-J Ex)

研究代表者 : 慶應義塾大学 名誉教授 猿田 享男

25

糖尿病合併高血圧患者におけるシルニジピンの腎保護効果に関するランダム化比較試験(SAKURA Trial)

研究代表者 : 東京大学 医学系研究科 藤田 敏郎

26

糖尿病患者における冠動脈手術前後の至適血糖コントロールに関する多施設共同後ろ向き研究(JMAP Study-0)

研究代表者 : 京都大学 医学研究科 坂田 隆造、榊原記念病院 高梨 秀一郎、国際医療福祉大学塩谷病院 坂東 興

27

肥満残存高血圧合併睡眠時無呼吸患者に対する防風通聖散及び大柴胡湯の治療効果の比較と病態生理の解明(OHOK Study)

研究代表者 : 京都大学 医学研究科 陳 和夫

28

多発進行肝細胞癌に対するシスプラチン-TACE療法とエピルビシン-TACE療法との有効性に関する無作為化比較臨床試験(TACE試験)

研究代表者 : 京都大学 医学研究科 波多野 悦郎

29

中枢型睡眠時無呼吸を合併した慢性心不全患者におけるAdaptive Servo Ventilation(Bipap® auto SV Advanced)療法と酸素療法の治療効果の比較検討(CHF-Sleep study)

研究代表者 : 京都大学 医学研究科 三嶋 理晃

30

わが国における2次性高血圧症、特に原発性アルドステロン症をはじめとした内分泌性高血圧症の頻度を明らかにする横断研究(Project-E)

研究代表者 : 京都大学 内分泌・代謝内科学 中尾一和

31

国内使用実態下における、手術可能乳癌(Early Breast Cancer;EBC)に対する補助療法としてトラスツズマブを投与した場合の有効性・安全性を評価する前向き・後ろ向き観察研究(JBCRG C01) 国内使用実態下における、補助療法としてトラスツズマブの投与し再発が認められた再発乳癌患者を対象に、トラスツズマブ療法の有効性・安全性を評価する前向き・後ろ向き観察研究(JBCRG C02)

研究代表者 : 三菱京都病院 乳腺外科 山城 大泰

32

糖尿病・糖尿病境界型患者の心臓病の予防と早期発見を目的とした無症候性2型糖尿病患者を対象としたホルター心電図検診の有用性の評価および指標群、カットオフ値の設定を目的とするための多施設共同横断研究(NIHON study)

研究代表者 : 広島大学 循環器内科学 木原康樹

33

安定時に高二酸化炭素血症を伴っている極めて重症のCOPD症例を対象に、従来の治療を継続する群とNIVを治療として追加する群のいずれかに無作為グループ化し、6カ月後の臨床的効果を明らかにする非盲検無作為群間比較試験(COPD-NIV)

研究代表者 : 京都大学大学院医学研究科 呼吸管理睡眠制御学講座 陳 和夫

34 DESを用いたPCI後患者に対する外来型心臓リハビリの効果と安全性を前向き無作為割付多施設研究により検証し、PCI後患者に対する外来心臓リハビリの有効性に関するエビデンスを構築する並行群間比較(J-REHAB PCI)

研究代表者 : 国立循環器病研究センター心臓血管内科 後藤葉一

35

手術可能なHER2陽性乳がんに対する術前化学療法による病理学的完全寛解(pathological complete response:pCR)率の向上を目指し、FEC療法→TCH療法と、それらの順序をいれかえたTCH療法→FEC療法さらにAnthracycline系薬剤を含まない治療法の可能性を検討する非盲検無作為群間比較試験(JBCRG-10)

研究代表者 : 京都大学大学院医学研究科 外科学講座乳腺外科学 戸井雅和
国立病院機構 大阪医療センター外科 増田慎三
京都大学大学院医学研究科 外科学講座乳腺外科学 上野貴之

36

肥満症患者に対し、臨床検査などによる代謝パラメーターと並行して内臓脂肪面積測定装置(DUALSCAN)を用いた内臓脂肪測定を実施し、その値を患者にフィードバックすることで、1.内臓脂肪面積、2.体重、3.自己効力感、4.食行動における変化を検討する非盲検無作為群間比較法(DS-MeGot)

研究代表者 : 京都大学大学院医学研究科 呼吸管理睡眠制御学講座 陳 和夫

ページの先頭へ