プロジェクト内容PASQol

プロジェクト内容
  • 2014/06/16Projectプロジェクト内容に「PASQol」を追加しました。

1.目的

進行がんで倦怠感があるPS2・3の終末期患者対するステロイド経口投与の倦怠感改善に関する有効性を評価する。またステロイド投与によるQOL改善を評価し、有害事象の程度と頻度を把握する。

2.試験方法

二重盲検無作為群間比較試験

3.調査期間

2014年5月~2016年3月

4.対象患者

進行がんで倦怠感があるPS2・3の終末期患者

5.主要評価項目

EORTC QLQ-C15-PALのQOL評価によるFA(倦怠感)スコア

6.予定症例数

210名

7.研究代表者

京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻健康情報学分野 助教 宮崎 貴久子

ページの先頭へ