京都大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科

s

専門外来のご案内

中耳炎・側頭骨外科外来

耳の周囲の骨を側頭骨と言いますが、側頭骨全般の様々な病変の治療を行う外来です。

側頭骨には蝸牛という音を感じる部分と三半規管・前庭という平衡感覚をつかさどる部分があります。それに加えて、顔の表情を作る顔面神経、味覚を脳に伝える鼓索神経が通っています。

また、大きな血管(頸動脈・S状静脈洞など)、脳(側頭葉・小脳)、食事に必要な神経(下位脳神経)とも近接しています。

手術中には顔面神経の位置や機能を調べる神経モニタを全例に使用し、安全かつ正確に手術できるようにしています。また、手術用顕微鏡にはハイビジョンカメラを2台装着し、手術の助手や介助者も3Dで手術操作を観察できるようにしています。症例によっては内視鏡、ナビゲーションなど最先端の機器も用いて手術を行います。

中耳手術の場合、通常は手術してから2週間程度耳の穴に詰め物をします他に大きな病気が無く通院が可能な方は、3泊程度で退院可能となります。

真珠腫性中耳炎・中耳真珠腫

真珠腫性中耳炎(中耳真珠腫)とは、皮膚(角化重層扁平上皮)が鼓膜より内側に入り込み、周囲の組織を破壊していく疾患です。外から見ると鼓膜に小さなくぼみがあるだけですが(左図 矢印)、奥では病変が骨を壊しながら広がっています。この部分が白い塊に見えるため、「真珠」という名前がついています(右図)。

難聴・耳漏が主な症状ですが、ほとんど症状が無いまま進行するものもあります。放置しておくと、内耳障害(耳鳴・めまい・高度難聴)、顔面神経麻痺、頭蓋内合併症(髄膜炎)をきたすこともあります。鼓室形成術という手術が唯一の治療法ですが、再発することが稀ではないため、病変の状態によって最適な方法を選択しています。

ページトップに戻る

慢性中耳炎

鼓膜に穿孔があり、耳漏・難聴をきたす状態です。感染の有無や耳小骨の状態に応じて、日帰りや入院で鼓室形成術・鼓膜形成術とよばれる手術を行います。

特殊なものとして、癒着性中耳炎や鼓室硬化症とよばれる難治性のものもありますが、これらに対しても手術治療を行っています。

通常はこめかみのあたりにある側頭筋膜という膜を使って鼓膜を作り直します(左図)。穿孔を繰り返している場合や鼓膜の位置がずれてしまっている場合は軟骨スライサー(右図)という道具で非常に薄くした軟骨を使う場合もあります。

耳硬化症・耳小骨固着

鼓膜から入った音を内耳に伝える3つの骨のうち、内耳に一番近い「アブミ骨」と呼ばれる骨の動きが悪くなることにより難聴がおこります。

アブミ骨を人工のピストン(矢印)に交換するアブミ骨手術により聴力の改善が期待できます。

顔面神経麻痺

名前のとおり、顔の半分が動かなくなる病気です。

ベル麻痺と呼ばれるものが最も多く、ステロイドの治療で大部分が改善します。外傷で生じた場合や難治例では顔面神経減圧手術といって、神経周囲の骨をとりのぞいて障害が増悪しにくくする手術も行っています。

症例によっては中頭蓋窩法とよばれる手技を併用して神経が頭の中に入る部分まで骨を除去します。

(顔面神経全減圧手術、顔面神経管開放術、下図)。

■側頭骨外科

側頭骨にできた腫瘍は、良性であっても徐々に大きくなり様々な神経の症状をきたします。

当科では脳外科と協力してこれらの側頭骨腫瘍に対しても手術を行っており、腫瘍の全摘出と顔面神経麻痺の回避、聴力温存を目標としています。

ページトップに戻る

聴神経腫瘍

音など耳に入った情報を内耳から脳に伝える神経を聴神経といいますが、その聴神経に出来る腫瘍です(厳密には音を伝える神経のすぐ隣を走る前庭神経に出来るものが多い)。

良性腫瘍で、ゆっくり大きくなるので、小さな腫瘍であれば定期的にMRIを撮影しながら手術せずに様子を見ます。

発見時にかなり大きいもの、増大速度の速いもの、若い人に生じたものは手術で摘出します。

グロームス腫瘍

耳の周囲にある神経から生じる腫瘍です。心臓の音に一致した耳鳴、顔面神経麻痺、内耳障害、下位脳神経障害(嚥下障害、発声障害)をきたすこともあります。

腫瘍が大きくなって頸動脈や頸静脈に進展すると顔面神経や下位脳神経障害の機能をチェックしながら手術する必要があります(下図)。

錐体部真珠腫、錐体尖真珠腫

中耳にできた真珠腫が耳の骨の最も深いところ(錐体部)に進展したものです。

多くの場合、顔面神経に沿って深い部分に入り込んでいきます。

治療法は手術しかありませんが、内耳道(耳と脳をつなぐ通路、左図矢印)や内頸動脈(右図矢印)にまで進展していることも多く、聴力を犠牲にせざるを得ない場合も稀ではありません。また、手術後も再発に対して十分な注意が必要です。

コレステリンのう胞・コレステリン肉芽腫

耳の中で何らかの原因で出血がおこり、それが原因でのう胞(ふくろ)ができる病気です。

病変が徐々に大きくなっていき、難聴・めまい・顔面神経麻痺・三叉神経麻痺(顔の知覚が鈍くなる)などの症状をきたします。比較的浅いところにできた場合は摘出しますが、深いところにできた場合は穴をあけて内部の液体が抜けるような通路を作ります(ドレナージ手術)。

顔面神経鞘腫

顔の筋肉を動かす顔面神経から生じる腫瘍です。大きくなると顔面神経麻痺を起こしたり、頭に中に入っていったりします。

全部をとると顔面神経も一緒に切れてしまうため、たとえ神経をつなぎなおしても顔面神経麻痺は完全には治りません。そのため、十分に相談しながら治療方針を決めていく必要があります。

経過観察・完全摘出手術・部分切除手術(腫瘍を一部残して顔面神経を温存する)・顔面神経減圧手術を行います。

巨細胞腫、軟骨芽細胞腫

側頭骨、特に顎の関節周囲には、巨細胞とよばれる特殊な細胞からなる腫瘍ができることがあります。これらは「臨床的悪性」とよばれ、根治には徹底的な手術が必要です。

その他、外耳・中耳の奇形や腫瘍など、さまざまな病気を取り扱っています。

ページトップへ