京都大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭顎部外科

専門外来のご案内

腫瘍外来

頭頸部に発生する腫瘍を取り扱います。頭頸部の腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍(いわゆる癌)があります。

頭頸部癌とは

頸部より頭側で脳、脊髄、眼球以外の部位に生じる腫瘍のすべてを含み、口腔癌、喉頭癌、咽頭癌、頸部食道癌、上顎癌、甲状腺癌、唾液腺癌などの悪性腫瘍が発生する部位であります。

日本で最も多いのは甲状腺癌で、女性に多くみられます。次に多いのは口腔癌のなかで舌癌であり、続いて喉頭癌、咽頭癌となります。口腔から頸部食道にいたる癌の多くは喫煙や飲酒が発生に関与しています。

頭頸部癌の特徴

頭頸部は嚥下、咀嚼、発声、呼吸といった生きるうえで最も基本的な機能を有する場所です。ひとは呼吸ができなければ生きていけませんし、食事ができなくてもそうです。従って、この部位に悪性腫瘍ができると多くの機能障害がおこりますし、放置して進行すると命にかかわってきます。また顔や頸部は外から見える部位であり、この領域の癌が進行すると顔や頸部に変形をきたして参ります。従って、早期に治療を受けることが重要であります。

しかし、治療後にも機能障害や顔・頸部の変形はきたす可能性があります。したがって、病状に応じた適切な治療を受けることが必要です。

頭頸部癌の治療

癌の治療は手術治療と放射線療法とに大分されます。それぞれに利点・欠点がありますので病状に応じて選択する必要がありますし、これらを組み合わせて行うことも必要な場合があります。

1.放射線治療
早期の癌であれば放射線治療で治癒することが可能です。この場合手術を行わずにすめば組織の欠損がないので機能も十分に残る可能性があります。ただし、進行癌には効果が不定であること、放射線による後遺障害の問題は残ります。
最近では放射線療法に化学療法を併用する化学放射線療法が登場し、一部の進行癌にも用いられるようになってきました。しかし、その効果は一定ではなく、日本では進行癌には手術主体の治療が標準的です。
2.手術治療
頭頸部癌の進行癌に対しては、部位にもよりますが手術が主体になります。病状に応じてはこれに化学療法や放射線療法を併用して治療することが必要です。進行癌に対する手術治療では組織欠損が大きく生じることが多いので、その場合には再建が必要です。当科では形成外科と協力してお腹や腕、足の皮膚などを用いた遊離移植術でよりよい機能再建を行っております。

また、最近ではより機能を温存するための機能温存手術、機能温存治療を行っております。従来、咽頭癌、喉頭癌などの進行癌では喉頭を摘出する必要がありました。術後は声を失い、頸部に永久的な気管の穴が残ります。当科では極力喉頭を温存するために、化学療法、放射線療法を組み合わせた機能温存手術をすすめております。これにより従来では拡大切除が必要なかたが、うまくいけば最小限の手術ですみ、機能をより多く残すことが可能となりました。

京都大学がん診療部頭頸部癌ユニットについてはこちら

ページトップへ