京都大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭顎部外科

解剖実習・ワークショップ

音声外科

謹啓

音声外科は耳鼻咽喉科領域の一翼を担う重要な外科領域であり、これに日本の果たしてきた役割は大きく、これまでに幾多の世界的に著明な先達者を輩出してまいりました。一方で、音声外科の手術は日夜進歩しており、世界的な流れに追いついていく必要性があります。本ワークショップでは、主に、これから音声外科を志す5-10年目あたりの耳鼻咽喉科医師を対象に、音声外科の手術に焦点をあて、摘出喉頭を用いた手術シミュレーション、ライブサージャリーを中心に実習を行います。これまで2日間のコースでしたが、さらなる内容の充実のために2日半のコースとしました。日本の伝統でもある音声外科を広く浸透させ、多くの若き耳鼻咽喉科医師に音声外科への関心を持っていただき、次代の音声外科医を養成する一助となることを期しております。

会期 2015年9月12日(土)・13日(日)・14日(月)
場所 京都大学耳鼻咽喉科セミナー室
(第二臨床研究棟6階) 地図
参加人数 18名
※ 8名は解剖実習付き 10名は見学のみ
参加費 解剖実習つき:50,000円 
実習なし(見学のみ):15,000円
(それぞれ昼食込)
申込締切 定員になり次第
スケジュール 9月12日 午後 講義、懇親会
9月13日 終日 解剖実習
9月14日    ライブサージャリー
         (ラリンゴマイクロサージャリー)
主催 京都大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科
京都音声外科研究会
共催 日本メドトロニック株式会社
株式会社モリタ製作所
コースディレクター 平野  滋(京都大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
講師
  • 土師 知行(倉敷中央病院耳鼻咽喉科)
  • 庄司 和彦(天理よろづ相談所病院耳鼻咽喉科)
  • 楯谷 一郎(京都大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
  • 岸本 曜 (京都大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
特別講師 齋藤康一郎 (杏林大学耳鼻咽喉科・頭頸科)
申込連絡先事務局 京都大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科
岸本  曜 申込メールアドレス

最終更新:2016年7月1日 22:52

ページトップへ