患者さんはこちらからお進みください。

(医療関係者用) トップページ > 教室の活動 > 外国人留学生

外国人留学生

中国からの留学生郭从容医師は大学院(H20〜23)にて変性過程における骨髄細胞や慢性炎症の関与について研究を行いました。平成23年度にエジプトからの留学生Dr. Abdallah A Ellabbanが大学院に入学し、angioid streaks, dome-shaped macula, inferior posterior staphylomaの病態解明に取り組んでいます。平成23年度はタイからDr. Pichai Jirarattanasopaが1年間研究生として在籍し、黄斑疾患のイメージングを中心に研究を行いました。またこれまで韓国から多くの眼科医が短期留学で京大眼科に来ています。スタッフ・大学院生にとっても普段から英語で会話する練習にもなって、いい刺激を受けています。(大音)

Dr.Ellabbanと
Dr. Jirarattanasopaと
 
WOC(アブダビ)でのDr.Ellabbanの発表
 
網膜硝子体学会(東京)での
Dr. Jirarattanasopaの発表
 
郭医師と Dr.Song短期留学時

↑ TOP