患者さんはこちらからお進みください。

(医療関係者用) トップページ > 教室ニュース > シンポジウム講演・優秀講演賞等

教室ニュース

 

シンポジウム講演・優秀講演賞等

2010 - 2011 - 2012 - 2013 

2013

吉村教授が網膜硝子体学会盛賞を受賞 大石助教が網膜色素変性症協会研究助成に選考
大音講師が網膜硝子体学会 Tano Young Investigator's Award を受賞

APAO, Hyderabad, India, 2013.1.17-20

・Yamashiro K:Age-related Macular Degeneration and Polypoidal Choroidal Vasculopathy.

The Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO)Annual Meeting, Seattle, USA, 2013.5.5-9

・Ooto S:Difference of cone abnormalities between type1 and type2 idiopathic macular telangiectasia.(SIG)

Macula Society 36th Annual Meeting, Dana Point, USA, 2013.2.27-3.2

・Tsujikawa A:Morphological Changes of Major Retinals in Eyes with Acute Branch Retinal Vein Occlusion.

Ophthalmology 2013, Chicago, USA, 2013.4.15-17

・Yamashiro K:Associations of VEGF polymorphisms in choroidal neovascularzation secondary to high myopia.

Koc University - Kyoto University International Symposium on "New Frontiers in Health Sciences & Technologies", Kyoto, Japan, 2013.9.17-19

・Tamora H:A case report of operation improvement in a significant academic hospital in Japan.

第117回日本眼科学会総会, 東京, 2013.4.4-7

・田村 寛:サシンポジウム 「眼科医療における費用対効果」、眼科医療における費用対効果加齢黄斑変性診療の費用対効果分析.
・宮本 和明:サブスペシャリティサンデー 視神経疾患の診療と診断、どんな時に遺伝診断を行う?.
・辻川 明孝:サブスペシャリティサンデー 網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫の内科的治療.
・中野 紀子、板谷 正紀、額田正之、森哲、高山 公平、木村 友剛、池田 華子、赤木 忠道、野中 淳之、吉村 長久:強度近視眼の緑内障における黄斑部構造の観察(日本臨床眼科学会学術展示優秀賞受賞講演)
・山城 健児:スキルトランスファー、遺伝子検査 ゲノム研究の始め方.

第30回日本眼循環学会, 東京, 2013.7.19-20

・宇治 彰人:シンポジウム、「眼循環評価の Cutting Edge」 Adaptive Optics を応用した網微小循環評価.
・山城 健児:シンポジウム、遺伝子診断による個別化医療

第49回眼光学学会、京都、2013.9.7-8

・辻川 明孝:(教育講演)網膜静脈閉塞症.

第24回日本緑内障学会, 東京, 2013.9.21-23

・赤木 忠道:教育講演 EDIおよびSS-OCTを用いた状板および脈絡膜の観察

Optics & Photonics Japan 2013, 奈良, 2013.11.12-14

・宇治 彰人:日韓生体医用光学シンポジウム、High-resolition retinal imaging useing Adaptive Optics Scanning Laser Ophthalmoscopy.

第52回日本網膜硝子体学会/第8回 Asia Pacific Vitreo-Retina Society, 名古屋, 2013.12.6-8

・Tsujikawa A:Clinical importance of hyperreflective foci.JRVS Educational lecture 2 "Cuttind-edge in the diagnosis of vitreo-retinal diseases".


2012

2012 WACAMOTO gold awardを受賞した池田助教 2012 Alcon Japan Hida Memorial Awardを受賞した大音助教
 

WOC 2012 Abu Dhabi(World Ophthalmology Congress 2012),Abu Dhabi, United Arab Emirates.2012.2.16-20.

・Hangai M:Imaging of macular RNFL and GCL in glaucoma with SD-OCT and its clinical implication. (シンポジウム)

APAO/SOE Busan 2012, Busan, 2012.4.13-16.

・Akagi T:Deep Structure of Optic Disc in Glaucoma Patients(Symposia)
・Hangai M:Monitoring ganglion cell complex in glaucoma. (シンポジウム)
・Hangai M:Structural assessment beyond the optic disc. (シンポジウム)
・Tsujikawa A:The role of OCT in the treatment of exudative AMD

American Academy of Ophthalomology(AAO), Chicago, USA, 2012.11.10-13

・Nakano N:In vivo imaging of retinal ganglion cells(Laboratory eye research Symposium)

Asia-Pacific Glaucoma Congress, Bali 2012.12.7-9

・Hangai M:Combining Structure and function in glaucoma assessment. (シンポウム)
・Hangai M:High-resolution imaging of the RNFL, choroid and lamina. (シンポジウム)

第35回日本眼科手術学会総会, 名古屋, 2012.1.27-29

・大石明生:ステロイドパルス療法の注意点

第116回日本眼科学会総会, 東京, 2012.4.5-8

・大音壮太郎:サブスペシャリティサンデー 後眼部疾患 網膜疾患:手術システム・診断機器の進歩「形態学的診断機器の進歩」

第29回日本眼循環学会, 秋田, 2012.7.27-28

・辻川明孝:PCV-診断と病態

第23回日本緑内障学会, 金沢, 2012.9.28-30

・赤木忠道:OCTでみる篩状板・視神経乳頭周囲強膜の形状(シンポジウム)
・板谷正紀:いかに測りいかに活かすか?「OCTプログラム:緑内障視野とOCT」(教育講演)

第32回眼薬理学会, 大津, 2012.9.16

・板谷正紀:光干渉断層計による緑内障診断「緑内障に関する最近のトピックス」(シンポジウム)

第60回日本臨床視覚電気生理学会, 名古屋, 2012.10.6

・大音壮太郎:視機能研究会 画像は機能を推し量れるか「黄斑上膜における視細胞配列異常(シンポジウム)

第66回日本臨床眼科学会, 京都, 2012.10.25-28

・大音壮太郎:眼光学から考える眼底イメージリング「Adaptive Optics」(シンポジウム)
・大音壮太郎:SIG黄斑研究会 網膜形態評価法はどこまで進歩したか「補償光学 視細胞」
・辻川明孝:炎症性疾患. (シンポジウム)
・板谷正紀:眼底疾患 新しいOCTの概念と読影の考え方 オキュラーサーフィス シンポジウム
・山城健児:強度近視と遺伝子多型 (シンポジウム)
・山城健児:DNAチップ研究会 加齢黄斑変性の個別化医療を目指したゲノムワイド関連解析.

↑ TOP

 

2011

World Glaucoma Congress

・Hangai M
“Glaucoma Diagnosis in highly myopic eyes using SD-OCT”
・Hangai M
“Short-term Progressive Retinal Thinning in Glaucoma”
 

Top-ten 22nd Meeting of Japan Glaucoma Society (International Glaucoma Review)

・Nonaka A
“A step-configuration of the scleral bed in myopic eyes”
・Morooka S
“Correlation between optic disc rotation, torsion and ovality with spherical equivalent and mean deviation”


三宅院生の発表
(TEAM2011ぴかいちシンポジウム)

 

日本眼科学会

・大音 壮太郎
「補償光学」(IC)
・板谷 正紀
「SD-OCT画像診断機器と次のOCT技術の進歩」(S)
  

わかもと先進眼科医療研究会

・大音 壮太郎
「黄斑部毛細血管拡張症における視細胞異常」 (SILVER AWARD) 
 

日本弱視斜視学会

・宮本 和明
 「麻痺性斜視の統計(頻度・原因・回復率)と薬物治療」(S)
 

日本眼光学学会

・大音 壮太郎
「補償光学」(S)
 

日本緑内障学会

・板谷 正紀
「OCTによる緑内障診断とピットフォール」(IC)
 

日本臨床眼科学会

・辻川 明孝
「ポリープ状脈絡膜血管症に対する抗VEGF薬併用療法」(S)
・野中 淳之
「急性原発閉塞隅角症(APAC)の予防治療適応を考える」(IC)
・板谷 正紀
「画像診断と網膜硝子体手術」(S)
・宮本 和明
 「RMB神経眼科勉強会」(IC)
・山城 健児
「加齢黄斑変性医療に必要なゲノム学を理解しよう」(IC)
・山城 健児
「病的近視感受性遺伝子の同定」(S)
 

京大眼科同窓会学会

・板谷 正紀
「緑内障と眼球のかたち」(特別講演)
 

日本網膜硝子体学会

・Ooto S
“Analysis of photoreceptor structures after macular hole surgery using adaptive optics scanning laser ophthalmoscopy.”(ぴかいちシンポジウム)
・Miyake M
“Association of PAX6 with high myopia in Japanese.”(ぴかいちシンポジウム)
 

(S:シンポジウム SS:サブスペシャリティサンデー IC:教育セミナー・インストラクションコース)

 

↑ TOP

 

2010

Europian Glaucoma Society

・Akagi T
“In vivo morphometry of lamina cribrosa pores by using adaptive optics scanning laser ophthalmoscopy” (CERTIFICATE OF AWARD)
 

APAO

・Hangai M
“In vivo observation and measurement of lamina cribrosa by SD-OCT”(S)
“Posterior segment OCT” (S)
・Yamashiro K
“Genetic research on age-related macular degeneration.”(S)
“Susceptible genes for pathological myopia in Japanese.”(S)
 

日本眼科手術学会

・大谷 篤史
 「加齢黄斑変性の治療戦略Ver2」(IC)
 

日本眼科学会

・野中 淳之
「閉塞隅角緑内障に対する白内障手術の実際」(SS)
・板谷 正紀
「SD-OCT高解像度Bスキャン画像の眼底病変描出力 Speckle-noise-free vs 3μm(S)
・宮本 和明
「乳頭が腫れている場合の乳頭周囲網膜神経線維層厚」(SS)
 

日本眼循環学会

・大音 壮太郎
「AO-SLOによる視細胞イメージング」(S)
 

優秀ポスター賞を受賞した高山院生と諸岡院生
優秀ポスター賞を受賞した
高山院生と諸岡院生

日本緑内障学会

・板谷 正紀
「治療による神経線維層評価」(S)
・赤木 忠道
「補償光学走査型レーザー検眼鏡を用いた緑内障眼の篩状板孔形状解析」(優秀講演賞)
・高山 弘平
「補償光学走査レーザー検眼鏡を用いた高解像度イメージングによる緑内障眼における網膜神経線維束の観察」(優秀ポスター賞)
・諸岡 諭
「スペクトラルドメイン光干渉断層計を用いた黄斑外網膜神経節細胞層複合体測定」(優秀ポスター賞)
 

日本臨床眼科学会

・大音 壮太郎
「Adaptive Optics」(S)
・野中 淳之
「急性原発閉塞緑内障の予防治療適応を考える」(IC)
・板谷 正紀
「黄斑浮腫 最新のOCT画像による疾患解析」(S)
「強度近視の緑内障眼における神経節細胞層と網膜神経線維層の異常」(S)
・宮本 和明
「RMB神経眼科勉強会」(IC)
・山城 健児
「近未来の加齢黄斑変性治療を理解するために必要なゲノム学概説」(IC)
・吉村 長久
「加齢黄斑変性と強度近視の全ゲノム関連研究から学んだこと」(S)
 

日本レーザー医学界

・山城 健児
「眼科のレーザー治療と個別化医療」(S)
 

日本網膜硝子体学会

・大音 壮太郎
「AO-SLOによる視細胞構造異常所見」(S)

(S:シンポジウム SS:サブスペシャリティサンデー IC:教育セミナー・インストラクションコース)

 

↑ TOP