患者さんはこちらからお進みください。

(学生・研修医用) トップページ > 学生・研修医の方へ > 卒後教育体制について

卒後教育体制について

  
 

入局と初期研修

原則として、スーパーローテーション修了後、最初の1年間は京都大学附属病院にて研修して頂きます。この時期は眼科診療の"いろは"である基礎知識と技術の修得を目的とします。2年目からの関連病院での臨床実地研修へ移行するための、十分な診察技術と眼科医とは何かというオリエンテーションをつかんでいただきます。手術に関しては、指導医の介助を1対1で行うことにより白内障手術、緑内障手術、網膜剥離手術、硝子体手術、斜視手術など、多様な眼科手術をバランス良く学びます。

大学は、広域の最終医療を担うため難治症例や重症症例が集まり、さまざまな症例を深く学べる絶好の場です。また、最先端の治療をいち早く勉強できます。京大眼科は画像診断に力を入れています。ほとんどの高度診断機器が充実し、国内最高レベルの画像カンファレンスを日常的に行っています。また、京大眼科は、再生医療、先端医療機器開発など次世代の医療の開発にも積極的に取り組んでいます。

   

↑ TOP


 

臨床実地研修

大学での研修を修了したのち、1〜3年間は関連病院で研修して頂きます。これは、あなたの長い眼科臨床医としての基礎を体に覚え込ませる重要な課程です。ポイントは、症例数の多い病院で臨床漬け(外来漬け、手術漬け、文献漬け)の毎日を送ることにあります。

京都大学眼科は関連病院として地域の中核病院を多く持ち(症例数が多い)、その数は約50あります。恵まれた研修環境で、多くの臨床症例を重ねていただき、手術に関しても執刀医として少なくとも白内障手術が1人で行えるようになることを目標にします。眼科専門医を取得する準備が完了します。


赴 任 候 補 病 院
静岡県 静岡県立総合病院、静岡市立静岡病院、島田市民病院
福井県 福井赤十字病院
滋賀県 大津赤十字病院、長浜市立病院、滋賀県立成人病センター
京都府 京都桂病院、京都医療センター
大阪府 北野病院、大阪赤十字病院、関西電力病院、大阪市立総合医療センター、
岸和田市民病院
和歌山県 日赤和歌山医療センター
兵庫県 神戸市立医療センター中央市民病院、県立尼崎病院、公立日高病院、
神戸市西神戸医療センター、県立塚口病院、姫路医療センター
奈良県 天理よろづ相談所病院
香川県 高松赤十字病院
岡山県 倉敷中央病院
広島県 木村眼科
福岡県 小倉記念病院
 

↑ TOP

 

サブスペシャリティー

臨床実地研修を終えたあなたは、そろそろ自分のキャリア像を形成し、自分の興味に応じてより深く掘り下げたい課題を持っているかもしれません。京大眼科は、それを実現するためのいくつかのサブスペシャリティーコースを用意します。

 

  
 

↑ TOP