教室の沿革


 京都大学消化器内科は、大学医学部の大学院化と臨床診療科の専門・臓器別領域化の流れを受けて、1996年4月に国立大学初の消化器内科学講座として設立されました。

 以来、消化器内科は内視鏡部とともに、良悪性を問わず、京都大学病院における消化器疾患のすべてを担当しており、食道・胃・腸・肝・胆・膵のきわめて広い領域をカバーしています。 また、外科・放射線科・化学療法部などの他科とも密接な協力態勢を敷き、更なる高度先進医療を目指しています。学外では、近畿圏に留まらず全国各地の一線級病院と緊密な関係をもち、全国的な臨床活動を展開しています。 研究面でも、京都大学医学部のみならず国内外の大学・研究施設と広く連携しています。

ページのトップへ戻る