医学部学生の皆さんへ


新専門医制度の導入により、内科の研修システムが大きく変わると噂されています。そうした中で、判らないことも多く、皆さんも色々と不安を抱いていることでしょう。しかし、心配しないで下さい。京都大学消化器内科の内科および消化器領域の研修に対する基本姿勢は変わっていません。

京都大学病院では、総合内科的視点を持ったサブスペシャリティ専門医育成のための環境を整備し、専門医に求められるリサーチマインドやプロフェッショナルオートノミーを培います。すなわち、一般的な内科疾患であれば一通りの診療ができる基礎的な診療能力、知識や技能に偏せず、患者に温かい態度で接し、良好な人間関係を築けること、医師としてのプロフェッショナリズムとリサーチマインドを兼ね備えた人材の育成を目指します。

京都大学消化器内科は関西圏を中心に多くの関連病院を有し、そのほとんどが地域の基幹病院です。1000床クラスの大病院も多数擁しています。また最前線で一次救急やプライマリーケアを担う地域の中規模病院、慢性期医療や終末期医療を担う病院まで、広い視野と経験の積み重ねが可能です。それら多様な関連病院と緊密に連携し、新専門医制度のもとでも相互に基幹・連携関係を結んでいます。ですので、「素養」として内科全体を俯瞰する知識や経験を早いうちに備えるための体制、その土台のうえに消化器内科のもつ豊富な対象疾患、診断・治療モダリティーに接し、どんどん技術を習得していくための体制は万全です。京大消化器内科グループとして、皆さんが消化器内科専門医としてのレベルを高めていく過程をバックアップします。

それぞれの志向やライフ・プランニングは千差万別と思いますし、それら多様な将来像の具体化を図る上でどうすれば良いのか、色々と悩むこともあるでしょう。消化器内科を希望専門領域のひとつとして考えている皆さんは、どのように研修をしたら一番良いのか相談してみて下さい。京都大学消化器内科は1996年にできた比較的新しい診療科です。私達は若い人達と一緒に、より良い消化器内科を創り上げていきたいと願っています。


ページのトップへ戻る