専門研修


京都大学消化器内科の内科専門研修およびサブスペシャリティー研修

消化器内科は、内科のなかでも極めて患者さんの数が多く、幅広い臓器や疾患を対象とします。また、様々な技術(内視鏡、超音波検査など)を習得しなければなりません。

もうすぐスタートする新しい内科専門医制度では、2年間の初期研修の後、3?4年間の内科専門研修が設定されています。それに対応して、京都大学の内科系診療科は、総合内科的視点を持ったサブスペシャリティー専門医育成のための環境整備に取り組んでいます。そのなかで京都大学消化器内科は、「バランスのとれた消化器内科専門医」の育成を目標としています。消化器内科専門医を目指すためには、消化器内科領域の知識や、内視鏡、超音波検査などの技術的側面に触れていくことも大切です。早い時期から消化器内科のもつ豊富なモダリティー、治療デバイスに触れ、技術の習得に加えて、専門領域へのモチベーションやリサーチマインドの涵養を図ることは、医師としての将来に大きく役立つはずです。

京都大学は関西圏を中心に多くの関連病院を有し、そのほとんどが地域の基幹病院です。1000床クラスの大病院も多数擁しています。また最前線で一次救急やプライマリーケアを担う地域の中規模病院、慢性期医療や終末期医療を担う病院まで、広い視野と経験の積み重ねが可能です。それら多彩な関連病院と緊密に連携し、新専門医制度のもとでも相互に基幹・連携関係を結んでいます。消化器内科医を目指す皆さんの専門研修は、京都大学病院プログラムに所属して受けることも可能ですし、豊富な京都大学消化器内科の関連病院プログラムで研修することも可能です。初期研修を他の施設で経験中の場合も、将来的に消化器内科医を希望するひとについては、随時相談を受け付けています。

このように、「素養」として内科全体を俯瞰する知識や経験を早いうちに備えるための体制、その土台のうえに消化器内科のもつ豊富な対象疾患、診断・治療モダリティーに接し、技術を習得していくための体制は万全です。京大消化器内科グループとして、皆さんが消化器内科専門医としてのレベルを高めていく過程をバックアップします。消化器内科医を目指す皆さんは、研修のどの時期であれ、ぜひ相談に来て下さい。

興味のある方は、下記アドレスまで、いつでもご連絡ください。
e-mail:060gastro@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp


ページのトップへ戻る