HOME > 教室紹介 > 内視鏡下手術(腹腔鏡・胸腔鏡)について

内視鏡下手術(腹腔鏡・胸腔鏡手術)について

内視鏡下手術とは?

  これまでの開腹・開胸手術のように腹壁や胸壁を大きく開創することなく、数カ所の小さな穴 (5mm~12mm)から腹腔内や胸腔内にカメラと手術器具を挿入して行う手術が内視鏡下手術です。

 数cm(病巣の大きさによります)の開創により、切除した臓器を体外へ取り出すことができます。 私たちは内視鏡下手術の利点である拡大視効果(術野を拡大して見ることができる)と整容性(傷が小さい)を 最大限に利用すべく完全内視鏡下手術の施行を常に心がけています。

 拡大視効果により従来の開腹・開胸手術に比べて細やかな手術をすることができるため出血量も少なくなります。従来の開胸・開腹手術より精度が劣ることは決してありません。むしろ手術の精緻さでは内視鏡下手術の方が勝ると考えています。具体的に、以下に内視鏡下手術の長所と短所を列挙します。

内視鏡下手術の短所と長所

長所

  • 傷が小さい(体壁破壊が少ない、つまり低侵襲)
  • 拡大視(肉眼では識別できなかったものが見える)
  • 狭い所でも進入して見える
  • 術者ばかりでなくみんなが視野を共有できる

短所

  • 触覚が働かない
  • 機器が高価
  • 術野全体を見わたせない(術野俯瞰ができない)

内視鏡下消化管手術の歴史と現状

当診療科での内視鏡下消化管手術