研究促進概要

研究促進概要

臨床研究総合センターによるナビゲーション

臨床研究ハイウェイタイトル
  • 知財化
  • 開発計画立案・薬事相談
  • データサイエンス
  • 研究事務局
  • 治験管理
  • EBM推進
  • 技術移転
  • 補償コンサルテーション
  • 安全性情報管理

出口まで見据えたシームレスな体制で、知財化をサポート。研究シーズを探索するたしかな眼が、先々の特許出願・企業交渉・契約までの道筋をしっかりと見据えています。

詳細な体制図はこちら新しいウィンドウが開きます

開発計画立案・薬事相談

開発企画部

研究プロジェクトの「出口」を見据えて、開発戦略を立案します。

研究事務局

早期臨床試験部

さまざまな組織から構築される多施設共同研究者主導臨床試験の実施体制。研究事務局は、臨床開発に必要な知識と組織の壁を超えるマネジメント力で主任研究者/治験調整医師をサポート、研究者主導臨床試験の円滑な遂行を可能にします。

詳細な体制図はこちら新しいウィンドウが開きます

補償コンサルテーション

早期臨床試験部

綿密なコンサルテーションにより、被験者の権利と利益の保護に最善を尽くします。

安全性情報管理

早期臨床試験部

研究カテゴリに応じて重篤副作用などの安全性情報をきめ細やかに収集・管理するとともに、的確にサポート。各種手順書・フローを整備し、多施設共同試験にも対応します。

臨床試験管理

治験管理部

臨床試験ならびに製造販売後臨床試験がGCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)を守って適切に実施できるように管理するとともに、被験者ケア、医師のサポートなど臨床試験が円滑に進むようコーディネートしています。

治験実施体制図はこちら

データサイエンス

データサイエンス部

生物統計および情報科学に裏打ちされた周到な研究計画書作成や、試験データの厳密な品質管理と信頼性の保証に努めています。ICH-GCP準拠の臨床試験を支援するため、各機能の強化にも取り組んでいます。

詳細な体制図はこちら新しいウィンドウが開きます

大学と企業、日本の内外をつないで隅々に伸びるネットワークをたどり、たしかな舵とりでアカデミア発のシーズを企業のニーズへと導きます。

詳細な体制図はこちら新しいウィンドウが開きます

EBM推進

EBM推進部

EBM(科学的根拠に基づく医療)の実践を目的に設立されたEBM共同研究センターを母体とし、製造販売承認後の薬剤や医療機器を対象にしたアカデミア主導の臨床研究・疫学研究の企画・運営にあたっています。

ページの先頭へ