橋渡し事業について

橋渡し研究事業 (文部科学省/AMED)のネットワークについて

橋渡し研究 (Translational Research)とは、基礎研究の成果を実際の医療に活用するための橋渡しをする研究のことで、これにより、我が国から世界をリードする独創的先端医学を発出し、必要な医療ニーズにこたえるとともに、医薬品・医療機器等の創出による経済効果や新産業の創出を目指しています。
文部科学省では、平成19年度より第一期プログラムとなる「橋渡し研究支援推進プログラム」、 平成24年度より第二期の「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」を実施し、全国に9拠点(北海道臨床開発機構(北海道大学、札幌医科大学、旭川医科大学)、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学、慶應義塾大学、岡山大学)を整備し、日本初の革新的な医薬品・医療機器等を創出する体制を構築してきました。
これら拠点の基盤活用を念頭に置きつつ、平成29年度より第三期「橋渡し研究戦略的推進プログラム」では、筑波大学を新たに加え10拠点とし、拠点外のシーズ支援を積極的に行い、産学連携を強化することにより、日本全体で橋渡し研究を推進する体制を強化・発展させ、日本初の革新的な医薬品・医療機器等をより多く創出することを目指します。

iACTにおけるトランスレーショナルリサーチの実践

京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センターは、ひらかれたトランスレーショナルリサーチ拠点として、全国の大学・研究機関の創薬・再生医療・医療機器・医療材料のシーズの基礎研究成果を臨床応用及び実用化に至るまでの一貫した支援を行います。

事業概要

管轄官省 文部科学省
実施事業名 橋渡し研究戦略的推進プログラム
事業課題名 アカデミア発先端医療技術の早期実用化に向けた実践と連携
代表機関 国立大学法人 京都大学
事業実施期間 平成29年度〜平成34年度

文部科学省「橋渡し研究支援推進プログラム」詳細はこちら