各部の紹介

各部の紹介

各部の紹介について

当臨床研究総合センターでは、シームレスな技術移転や臨床研究シーズのグローバル展開を支援する「技術移転・国際連携部」、シーズの開発戦略を立て臨床展開へと導く「開発企画部」、科学性の保証とデータの質保証を通じて新治療法開発に貢献する「データサイエンス部」、アカデミア主導の臨床研究・疫学研究の企画・運営にあたる「EBM推進部」、探索的臨床試験の運営と実施を支援する「早期臨床試験部」、治験が円滑に進むようコーディネートする「治験管理部」の6つの部門が臨床研究のサポートを行い、効率的で質の高い臨床研究の実現を支えています。

技術移転・国際連携部

技術移転・国際連携部

臨床研究シーズ発掘から特許出願・企業交渉・契約・産業化までのシームレスな技術移転支援を行うとともに、国内外の連携体制の整備を進め、臨床研究シーズのグローバル展開を支援しています。

技術移転・国際連携部 詳細はこちら

開発企画部

開発企画部

研究の中で生み出された医療シーズ (新技術)をヒトに応用できるよう、シーズの開発戦略を立て、臨床展開へと導くために、試験計画の準備段階から研究のまとめまで多岐に亘る業務を手掛けます。

開発企画部 詳細はこちら

データサイエンス部

データサイエンス部

生物統計・バイオインフォマティクス (科学性の保証)とデータ管理・モニタリング (データの質保証)を通じて早期臨床試験から製造販売承認後臨床研究までを連動的にサポートし、より有効な新治療法開発に貢献します。

データサイエンス部 詳細はこちら

EBM推進部

EBM推進部

EBM (科学的根拠に基づく医療)の実践を目的に設立されたEBM共同研究センターを母体とし、製造販売承認後の薬剤や医療機器を対象にしたアカデミア主導の臨床研究・疫学研究の企画・運営にあたっています。

EBM推進部 詳細はこちら

早期臨床試験部

早期臨床試験部

探索的臨床試験の推進のために、専任の医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・臨床心理士による多職種チームを擁し、試験の運営と実施に関する支援を行っています。

早期臨床試験部 詳細はこちら

治験管理部

治験管理部

治験ならびに製造販売後臨床試験がGCP (医薬品の臨床試験の実施の基準)を守って適切に実施できるように管理するとともに、被験者ケア、医師のサポートなど治験が円滑に進むようコーディネートしています。

治験管理部 詳細はこちら

ページの先頭へ