ご挨拶 スタッフ紹介 受診される方へ ニュース リンク
京都大学医学部神経内科
   
京都大学神経内科
教授 高橋 良輔
神経内科を受診される患者様へ。

京大神経内科のホームページにようこそおいでくださいました。
神経内科は脳神経系の症状、具体的には頭痛、めまい、しびれ、見えにくい、脱力、筋肉痛、ふらふら感、歩きにくい、ふるえる、話しにくい、飲み込みにくい、物忘れ、尿がもれる、字が書きにくいといった症状を専門的に扱う診療科です。またけいれん発作、原因不明の失神、意識障害も神経内科の守備範囲です。代表的な神経内科の病気は、てんかん、脳卒中、アルツハイマー病、パーキンソン病、脊髄疾患、多発性硬化症、脳炎、髄膜炎、末梢神経障害、筋ジストロフィーなどです。

神経内科の特徴は患者様のお話をよくお聞きして、病気の性質を把握したうえで、頭のてっぺんから足の先にいたるまでの神経系の機能について丁寧に診察し、専門的知識と経験に基づいて診断をつける点にあります。MRI、PETなどの画像診断や脳波モニタリングなどの最新技術を診断の補助として十分活用しますが、あくまで主体は患者様のお話をうかがうことと神経学的診察です。そのために初めて受診される患者様の診察には少し時間がかかりますが、どうぞご理解ください。患者様のお話を丁寧にうかがい、専門的な診察により、正確な診断をつけ、患者様に納得していただいたうえで治療方針を決定し、最高レベルの医療を提供するのが京大神経内科の基本姿勢です。

お近くの先生にかかられていて、京大神経内科を受診される希望をお持ちの方はどうぞかかりつけの先生のご紹介状をおもちになって受診なさってください。地域の先生方との連携によって、患者様にとってもっともご負担が少ないかたちで大学病院の医療をご利用になれます。神経系の症状でお困りの方のご受診をお待ちしています。
神経内科教授
高橋 良輔