NICUとはこんなところです

NICUとは
 NICUとはNeonatal Intensive Care Unit(新生児集中治療室)のことです。予定より早く産まれた赤ちゃんや、感染症の治療が必要な赤ちゃん、生後間もなく手術が必要な赤ちゃんなどをお預かりし、24時間体制で診療にあたっています。
Kyodai病院にはNICUが6床、GCUが12床あります。より厳重な管理の必要な赤ちゃんはNICUでお預かりします。赤ちゃんの状態をいつでも観察できるように、モニターを着けて、裸の状態で保育器でみさせていただいています。急性期を乗り越えて比較的状態の安定している赤ちゃんは、隣のGCU(Growing Care Unit:回復期治療室)でお預かりしています。ここでも安全のためにすべての赤ちゃんにモニターを着けています。

BUTTON1.GIF - 2,385BYTES

赤ちゃんの入院が決まったら
 赤ちゃんの入院後は、検査や処置などで数時間お時間を頂くことになります
。状態が安定して、検査結果がそろったところで、担当医より病状をご説明いたします。
 NICUでは、より安全に確実に治療を行うために、特別な処置やお薬の投与を行なっています。これらは赤ちゃんにとって必要なものですが、合併症の可能性がゼロではありません。最初の説明の時に、「処置・お薬についての説明書」と「同意書」をお渡しします。また緊急時の連絡先を教えてください。

面会について
 赤
ちゃんを感染症から守るため、NICU内での面会はご両親に限らせていただいております(他のご家族の方は窓越し面会が可能です)。入室時には手洗いとうがいをお願いいたします。風邪気味の方は面会を控えてください。また重症の赤ちゃんの入院があった場合には、一時的に面会をお断りすることもございます、ご了承ください。

NICU2.JPG - 14,646BYTES
NICU3.JPG - 16,471BYTES
NICU4.JPG - 16,190BYTES