メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

1998年(平成10年)業績一覧


和文論文英文論文和文著書学会報告

和文論文

「Tamoxifen(TAM)投与による子宮内膜変化の病理組織学的検討」
松下克子、小西郁生、万代昌紀、南部香成子、黒田英樹、由良泰一郎、
Atia A. Hamid、小西光長、片岡信彦、福岡正恒、森 崇英
産婦人科の進歩,50:77-79,1998

 

 

「当科におけるIUGRの臨床的検討」
奈倉道和、井上卓也、杉並範子、福岡正恒、佐川典正、森 崇英
産婦人科の進歩,50:133-134,1998

 

 

「子宮体癌の肺転移・再発に関する臨床的検討」
原 裕子、片岡信彦、平井麻理、佐藤 寛、藤井 剛、杉並範子、
万代昌紀、小西郁生、佐川典正、藤井信吾
産婦人科の進歩,50:313-315,1998

 

 

「Romano-Ward症候群合併症妊娠の1例」
藤井治子、井上卓也、川村 真、福岡正恒、佐川典正
産婦人科の進歩,50:468-470,1998

 

 

「マウス着床期子宮内膜におけるカルシウム結合蛋白の発現」
巽 啓司、樋口壽宏、藤田一之、中山貴弘、藤原 浩、藤井信吾
産婦人科の進歩,50:601-602,1998

 

 

「ヒト末梢血リンパ球のBeWo細胞の浸潤能に対する促進作用」
江川晴人、藤原 浩、平野 剛、樋口壽宏、中山貴弘、佐川典正、藤井信吾
産婦人科の進歩,50:627-628,1998

 

 

「腟式手術の臨床解剖 3」
藤井信吾、(桑原慶紀)、(落合和徳)
産科と婦人科,65:1-6,1998

 

 

「Neoadjuvant chemotherapy-子宮頚癌」
小西郁生
産科と婦人科,65:31-36,1998

 

 

「婦人科腫瘍 子宮腫瘍(CT,MRI)
-子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮肉腫との鑑別-」
伊東和子)、藤井信吾
産科と婦人科,65:96-105,1998

 

 

「良性卵巣腫瘍 エコー」
小西郁生
産科と婦人科,第65巻増刊号
(鑑別診断のための画像の読み方):106 -114,1998

 

 

「子宮脱・膀胱脱の手術 1」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
産科と婦人科, 65:693-700,1998

 

 

「子宮脱・膀胱脱の手術 2」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
 産科と婦人科, 65:835-842,1998

 

 

「直腸脱の手術 1」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
産科と婦人科,65:983 -988,1998

 

 

「直腸脱の手術 2」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
産科と婦人科,65:1109-1114,1998

 

 

「腟閉鎖術-ルフォー変法」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
産科と婦人科,65:1241-1248,1998

 

 

「バルトリン腺襄腫 造袋術・摘出術」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
産科と婦人科,65:1375-1382,1998

 

 

「腎疾患(慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎移植後)」
佐川典正、井上卓也
産科と婦人科, 65:1594-1598,1998

 

 

「単純外陰摘出術」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
産科と婦人科,65:1701 -1708,1998

 

 

「抗リン脂質抗体症候群と不育症」
佐川典正
臨床婦人科産科,52:284-287,1998

 

 

「着床をめぐる内分泌-免疫相関」
藤原 浩
臨床婦人科産科,52:759-764,1998

 

 

「胎児発育、成熟と羊水の役割」
由良茂夫、佐川典正
臨床婦人科産科,52:1254-1257,1998

 

 

「サイトカインを介した母児の病態」
佐川典正、(小口弘毅)
周産期学シンポジウム(日本周産期学会第16回学術集会),
16:80-83,1998

 

 

「シンポジウムのまとめ-子宮内感染と早産」
(小口弘毅)、佐川典正
周産期学シンポジウム(日本周産期学会第16回学術集会),
16:142-143,1998

 

 

「卵巣の組織発生」
小西郁生
産婦人科の世界, '98 冬季増刊号
(卵巣 機能と病態生理)産婦人科の世界10-17,1998

 

 

「子宮頚癌の初期病変について」
万代昌紀、小西郁生、藤井信吾
産婦人科治療,77:394-397,1998

 

 

カレントレヴュー「血管新生因子と腫瘍発育」
小西郁生
日本産科婦人科学会雑誌,50:693- 700,1998

 

 

「過多月経・不正性器出血を主訴とする例の鑑別診断」
小西郁生
日本医事新報,3891:111-112,1998

 

 

「子宮頚癌・卵巣癌に対する
Etoposideの21日間連続経口投与による前期第2臨床試験」
(野田起一郎)、(田中憲一)、(尾崎公巳)、(平林光司)、(長谷川和男)、(西谷 巌)、
(薬師寺道明)、(泉 陸一)、(友田 豊)、(荻田幸雄)、(杉森 甫)、(山邊 徹)、
(工藤隆一)、(矢嶋 聰)、(寺島芳輝)、藤井信吾、(鈴置洋三)、(岡田弘二)、
(河野一郎)、(落合和徳)、(山本 宝)、(池田正典)、(梅咲直彦)、(斉藤達雄)、
(佐久間昭)、(涌井 昭)、(故太田和雄)、(仁井谷久暢)
癌と化学療法,25:2061-2068,1998

 

 

「子宮頚部癌の最新治療動向:ネオアジュヴァント化学療法
-頚癌治療における位置づけ(欧米との比較も含めて)」
小西郁生
癌治療と宿主,10:14-19,1998

 

 

「子宮内膜症の病理組織(シンポジウム/子宮内膜症の発生機序)」
(中山邦章)、(土岐利彦)、(鹿 欣)、(テキ雅麗)、(堀内晶子)、(塩沢丹里)、
(二階堂敏雄)、藤井信吾
エンドメトリオーシス研究会会誌,19:21-26,1998

 

 

「各種悪性腫瘍に対する動注化学療法-適応と限界 子宮頚癌」
(永田 靖)、(小久保雅樹)、(光森通英)、(藤原一央)、(奥野芳茂)、
(斉藤秀和)、(平岡真寛)、片岡信彦、小西郁生
IVR会誌, 13:308-315,1998

 

 

「母体の回復」助産婦のための退院指導マニュアル
佐川典正
ペリネイタルケア,205:20-27,1998

 

 

「早産の管理」
佐川典正
京都母性衛生学会誌, 6:6-18,1998

 

 

「胎盤におけるレプチンの産生とその生理的意義」
由良茂夫、佐川典正、三瀬裕子、藤井信吾、(益崎裕章)、(小川佳宏)、
(海老原 健)、(中尾一和)
内分泌・糖尿病科,7:442-448,1998

 

 

「更年期高血圧(病態)」
佐川典正、伊東宏晃、郡田大造
血圧,5:921-925,1998

 

 

「抗血小板抗体陽性血小板無力症」
佐川典正、井上卓也
血液症候群-その他の血液疾患を含めて-,
別冊 日本臨床 領域別症候群シリーズ,21:385-387,1998


英文論文

Heterogeneous distribution of K-ras-mutated epithelia in mucinous ovarian tumors with special reference to histopathology
M. Mandai, I. Konishi, H. Kuroda, T. Komatsu, S. Yamamoto, K. Nanbu,
K. Matsushita, (M. Fukumoto), (H. Yamabe) and T. Mori
Human Pathology, 28:34-40, 1998

 

 

Early invasive adenocarcinoma of the fallopian tube:A case report and review of the literature
M. Kurisu, I. Konishi, M. Mandai, H. Kuroda, Y. Tsuruta, Y. Yura, K. Nanbu
and A.A. Hamid
Journal of Obstetrics and Gynaecology Research, 24:27-31, 1998

 

 

Ovarian pregnancy associated with microscopic decidualized endometriosis of the ovary:report of a case"
(T. Toki), (M. Obinata), (K. Nakayama), (O. Oguchi) and S. Fujii
Journal of Obstetrics and Gynecology Research, 24:45-48, 1998

 

 

Human chorionic gonadotropin (hCG) inhibits cisplatin-induced apoptosis in ovarian cancer cells:Possible role of up-regulation of insulin-like growth factor-1 by hCG
H. Kuroda, M. Mandai, I. Konishi, Y. Yura, Y. Tsuruta, A.A. Hamid, K. Nanbu,
K.Matsushita and T. Mori
International Journal of Cancer, 76:571-578, 1998

 

 

“Expression of abnormal transcripts of the _rFHIT_s (fragile histidine triad) gene in ovarian carcinoma”
M. Mandai, I. Konishi, H. Kuroda, K. Matsushita, Y. Yura, A.A. Hamid and
T. Mori
European Journal of Cancer, 34:745-749, 1998

 

 

“Histochemical analysis of estrogen/progesterone receptors and gastric-type mucin in mucinous tumors of the ovary -with reference to a histogenetic consideration-"
(S. Shiohara), (T. Shiozawa), (M. Shimizu), (T. Toki), (T. Nikaido) and S. Fujii
Cancer, 80:908-916, 1997

 

 

“Immunohistochemical analysis of the expression of cdk4 and p16INK4 in human endometrioid-type endometrial carcinomas"
(T. Shiozawa), (T. Nikaido), (M. Shimizu), (Y.L. Zhai) and S. Fujii
Cancer, 80:2250-256, 1997

 

 

“Prognostic factors in uterine carcinosarcoma:A clinicopathologic study of 25 patients”
(Y. Iwasa), (H. Haga), I. Konishi, (Y. Kobashi), (K. Higuchi), (E. Katsuyama),
(S. Minamiguchi) and (H. Yamabe)
Cancer, 82:512-519, 1998

 

 

“Immunohistochemical detection of sex steroid receptors, cyclins and cyclin-dependent kinases in the normal and neoplastic squamous epithelia of the human uterine cervix"
(M. Kanai), (T. Shiozawa), (X. Lu), (T. Nikaido) and S. Fujii 
Cancer, 82:1709-1719, 1998

 

 

“Expression of p21WAF/CIP1 in adenocarcinoma of the uterien cervix:A possible immunohistochemical marker of a favorable prognosis”
(X. Lu), (T. Toki), I. Konishi, (T. Nikaido) and S. Fujii
Cancer, 82:2409-2417, 1998

 

 

“Minimal deviation adenocarcinoma of the uterine cervix has abnormal expression of sex steroid receptors, CA125, and gastric mucin"
(T. Toki), (T. Shiozawa), (N. Hosaka), (K. Ishii), (T. Nikaido) and S. Fujii
International Journal of Gynecological Pathology, 16:111-116, 1997

 

 

“Immunohistochemical detection of cyclin A with reference to p53 expression in human endometrioid-type carcinoma"
(T. Shiozawa), (L. Xin), (T. Nikaido) and S. Fujii
International Journal of Gynecological Pathology, 16:348-353, 1997

 

 

“Immunohistochemical analysis of cell cycle regulatory gene products in neoplastic and non-neoplastic intermediate trophoblasts"
(N. Ichikawa), (YL. Zhai), (T. Shiozawa), (T. Toki), (H. Noguchi), (T. Nikaido)
and S. Fujii
International Journal of Gynecological Pathology, 17:235-240, 1998

 

 

“Mast cells in smooth muscle tumors of the uters"
(A. Orii), (A. Mori), (YL. Zhai), (T. Toki), (T. Nikaido) and S. Fujii
International Journal of Gynecological Pathology, 17:336-342, 1998

 

 

“MRI of adenomyotic cyst of the uterus”
(M.L. Kataoka), (K. Togashi), I. Konishi, (H. Hatabu), (K. Morikawa),
(N. Kojima), H. Kuroda, (R. Fujimoto), N. Kataoka and (J. Konishi)
Journal of Computer Assisted Tomography, 22:555-559, 1998

 

 

“Ovarian Yolk sac tumor with endometrioid carcinoma arising from endometriosis in a postmenopausal woman with specific reference to the expression of α-fetoprotein, sex steroid receptors, and p53"
(A. Horiuchi), (R. Osada), (K. Nakayama), (T. Toki), (T. Nikaido) and S. Fujii
Gynecologic Oncology, 70:295-299, 1998

 

 

“Tumor response to neoadjuvant chemotherapy correlates with the expression of P-glycoprotein and PCNA but not GST-π in the tumor cells of cervical carcinoma”
I. Konishi, K. Nanbu, M. Mandai, Y. Tsuruta, N. Kataoka, (Y. Nagata) and
T. Mori
Gynecologic Oncology, 70:365-371, 1998

 

 

“Termination of early pregnancy in the rat by a single dose of human menopausal gonadotropin"
L.L. Espey, (S. Stacy), (H. Hayter) and S. Fujii
Early Pregnancy:Biology and Medicine, 2:1-4, 1997

 

 

“Vitamin D analogues up -regulate p21 and 27 during growth inhibition of pancreatic cancer cell lines"
(S. Kawa), (T. Nikaido), (Y. Aoki), (Y.L. Zhai), (T. Kumagai), (K. Furihata),
S. Fujii and (K. Kiyosawa)
British Journal of Cance, 76:884-889, 1997

 

 

“Dipeptidyl peptidase? is a zinc metallo-exopeptidase-molecular cloning and expression"
(K. Fukasawa), (KM. Kukasawa), (M. Kanai), S. Fujii, (J. Hirose) and
(M.Harada)
Biochemical Journal, 329:275-282, 1998

 

 

“A comparative study of pre-operative procedures to assess cervical invasion by endometrial carcinoma"
(T. Toki), (K. Oka), (K. Nakayama), (O. Oguchi) and S. Fujii
British Journal of Obstetrics and Gynecology, 105:512-516, 1998

 

 

“Reduced expression of calponin h1 in leiomyosarcoma of the uterus"
(A. Horiuchi), (T. Nikaido), (K. Ito), (YL. Zhai), (A. Orii), (S. Taniguchi),
(T. Toki) and S. Fujii
Lavoratory Investigation, 78:839-846, 1998

 

 

“A case of vaginal melanoma responding to intraarterial chemotherapy and cryosurgery”
T. Kanamori, T. Shirai, I. Tateyama and I. Konishi
Advances in Obstetrics and Gynecology, 50:587-593, 1998

 

 

“Prognostic significance of heat shock proteins HSP70 and HSP90 in endomterial carcinomas”
K. Nanbu, I. Konishi, M. Mandai, H. Kuroda, A.A. Hamid, T. Komatsu and
T. Mori
Cancer Detection and Prevention, 22:549-555, 1998

 

 

“Plasma nitric oxide metabolite levels are decreased in preeclamptic women complicated with fetal distress”
H. Nanno, N. Sagawa, H. Itoh, T. Matsumoto, K. Terakawa, H. Mise,
K. Kitagawa-Okumura, T. Mori, (H. Itoh) and (K. Nakao)
Prenatal and Neonatal Medicine, 3:222-226, 1998

 

 

“A positive umbilical venous-arterial difference of leptin level and its rapid decline after birth”
S. Yura, N. Sagawa, H. Mise, T. Mori, (H. Masuzaki), (Y. Ogawa) and
(K. Nakao)
American Journal of Obstetrics and Gynecology, 178:926-930, 1998

 

 

“A new assisted hatching technique using a piezo-micromanipulator”
T. Nakayama, H. Fujiwara, K. Tatsumi, K. Fujita, T. Higuchi and T. Mori
Fertility Sterilty, 69:4, 1998

 

 

“Augmented placental production of leptin in preeclampsia:Possible
involvement of placental hypoxia”
H. Mise, N. Sagawa, T. Matsumoto, S. Yura, H. Nanno, H. Itoh, T. Mori,
(H. Masuzaki), (K. Hosoda), (Y. Ogawa) and (K. Nakao)
Journal of Clinical Endocrinology Metabolism, 83:3225-3229, 1998

 

 

“Augmentation of leptin synthesis and secretion through activation of protein kinases A and C in cultured human trophoblastic cells”
S. Yura, N. Sagawa, (Y. Ogawa), (H. Masuzaki), H. Mise, T. Matsumoto,
(K. Ebihara), S. Fujii and (K. Nakao)
Journal of Clinical Endocrinology Metabolism, 83:3609-3614, 1998

 

 

“Endotheline-Cnoverting Enzyme-1 is expressed on human ovarian follicles and corpora lutea of menstrual cycle and early pregnancy”
S. Yoshioka, H. Fujiwara, S. Yamada, K. Tatsumi, T. Nakayama, T. Higuchi,
T. Inoue, (M. Maeda) and S. Fujii
Journal of Clinical Endocrinology Metabolism, 83:3943-3949, 1998

 

 

“Distribution and heterogeneiety of mast cell in the human uterus"
(A. Mori), (Y.L. Zhai), (T. Toki), (T. Nikaido) and S. Fujii
Human Reproduction, 12:368-372, 1997

 

 

“A monoclonal antibody, HCL-2, raised against human luteal cells reacts with apolipoprotein-B and detects the uptake of low density lipoprotein by human luteinizing granulosa cells”
S. Yamada, H. Fujiwara, M. Ueda, T. Honda, T. Nakayama, T. Higuchi, T. Mori
and (M. Maeda)
Human Reproduction, 4:936-943, 1998

 

 

“Stage-specific uptake of apolipoprotein-B in ovarian follicles and corpora lutea of the menstrual cycle and early pregnancy”
S. Yamada, H. Fujiwara, N. Kataoka, T. Honda, T. Nakayama, T. Higuchi,
T. Mori and (M. Maeda)
Human Reproduction, 4:944-952, 1998

 

 

“Peripheral blood mononuclear cells stimulate progesterone production by luteal cells derived from pregnant and non-pregnant woman:possible involvement of interleukin-4 and interleukin-10 in corpus luteum function and differentiation”
K. Hashii, H. Fujiwara, N. Kataoka, S. Yamada, T. Hirano, T. Mori, S. Fujii
and (M. Maeda)
Human Reproduction, 10:2738-2744, 1998

 

 

“Administration of thymocytes derived from non-pregnant mice induces an endometrial receptive stage and leukaemin inhibitory factor expression in the uterus”
K. Fujita, T. Nakayama, K. Takabatake, T. Higuchi, (J. Fujita), (M. Maeda),
H. Fujiwara and T. Mori
Human Reproduction, 10:2888-2894, 1998

 

 

“Expression of class I human leukocyte antigen (HLA) and β2-microglobulin is associated with decidualization of human endometrial stromal cells”
T. Komatsu, I. Konishi, M. Mandai, T. Mori, (H. Hiai) and (M. Fukumoto)
Human Reproduction, 13:2246-2251, 1998

 

 

“Bestatin, an aminopeptidase inhibitor, promotes follicular growth and ovulation suppressed by stress in mice”
K. Nakamura, H. Fujiwara, T. Higuchi, T. Honda, S. Yamada, T. Nakayama,
(J. Fujita), (M. Maeda), T. Tachibana, H. Suginami and T. Mori
Endocrine Journal, 45:547-553, 1998

 

 

“Effects of a GnRH analogue on human smooth muscle cells cultured from normal myometrial and from uterine leiomyomal tissues"
(Y. Kobayashi), (Y.L. Zhai), (M. Iinuma), (A. Horiuchi), (T. Nikaido) and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 3:91-99, 1997

 

 

“Analysis of stem cell factor (SCF) for mast cell in the human myometrium"
(A. Mori), (K. Nakayama), (J. Suzuki), (T. Nikaido), (M. Isobe) and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 3:411-418, 1997

 

 

“Thioredoxin expression in human endometrium during the menstrual cycle"
(T. Maruyama), (Y. Kitaoka), (Y. Sachi), (K. Nakanoin), (K. Hirota), S. Fujii,
(Y. Yoshimura), and (J. Yodoi)
Molecular Human Reproduction, 3:989-993, 1997

 

 

“Nitric oxide metabolite concentrations in maternal plasma decrease during parturition:Possible transient down-regulation of Nitric oxide synthesis”
H. Nanno, N. Sagawa, H. Itoh, T. Matsumoto, K. Terakawa, T. Mori, (H. Itoh)
and (K. Nakao).
Molecular Human Reproduction, 4:609-616, 1998

 

 

“Membrane-bound carboxydase (carboxypeptidase-M) is expressed on human ovarian follicles and corpora lutea of menstrual cycle and early pregnancy”
S. Yoshioka, H. Fujiwara, S. Yamada, T. Nakayama, T. Higuchi, T. Inoue,
T. Mori and (M. Maeda)
Molecular Human Reproduction, 4:709-717, 1998

 

 

“Involvement of cyclin-dependent kinase inhibitor p27 Kip1 in growth inhibition of endometrium in the secretory phase and of hyperplastic endometrium treated with progesterone"
(T. Shiozawa), (T. Nikaido), (K. Nakayama), (X. Lu) and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 4:899-950, 1998

 

 

“Localization of apoptotic cells with in the human endometrium and correlation between apoptosis and p21 expression"
(T. Toki), (A. Mori), (M. Shimizu), (T. Nikaido) and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 4:1157-1164, 1998

 

 

“Human large luteal cells in the menstrual cycle and early pregnancy express leukotriene A4 hydrolase”
N. Hattori, H. Fujiwara, M. Maeda, S. Yoshioka, T. Higuchi, T. Mori,
(N. Ohishi), (M. Minami), S. Fujii and (M. Ueda)
Molecular Human Reproduction, 8:803-810, 1998

 

 

“Physiological roles of integrin α6β1 in ovarian functions”
H. Fujiwara, T. Honda, M. Ueda, S. Yamada, K. Nakamura, H. Suginami,
T. Mori and (M. Maeda)
Hormone Research, 50:25-29, 1998

 

 

"Leptin production in human placenta-a novel placenta-derived hormone in humans-"
N. Sagawa, H. Itoh, T. Matsumoto, H. Mise, W. Liu, M.A. Nuamah, S. Yura,
M. Fukuoka, (Y. Ogawa), (H. Masuzaki), (K. Hosoda) and (K. Nakao)
9th Lake Shirakaba Conference 1997, In:Biology of Pregnancy. Eds.
Nakayama T and Makino T. Keiseisha, Tokyo, pp.63-72, 1998


和文著書

「子宮内膜増殖症」
藤井信吾
『TODAY'S THERAPY 1998(今日の治療指針)』,
総編集:多賀須幸男,尾形悦郎,pp.722-723,医学書院,1998

 

 

「子宮内膜増殖症」
小西郁生
『今日の治療指針』,1999年版,pp.737,医学書院,1998

 

 

「妊娠とレニン・アンジオテンシン系 正常と異常」
佐川典正、松本恒和
『レニン・アンジオテンシン系と高血圧』,
日和田邦男,荻原俊男,猿田享男編,pp.317-324,先端医学社,1998

 

 

「疾病予防の現状とあるべき姿 D.子宮肉腫の早期診断」
(土岐利彦)、藤井信吾
『新女性医学大系9巻:女性と予防医学』,
総編集:武谷雄二,pp.116-125,中山書店,1998

 

 

「流産」
佐川典正、松本恒和
『新女性医学大系 23巻:異常妊娠』,
佐藤 章編,pp.18-33,中山書店,1998

 

 

「分娩発来機転」
佐川典正、伊東宏晃、松本恒和
『新女性医学大系25巻:正常分娩』,
岡村州博編,pp.3-22,中山書店, 1998

 

 

「子宮筋腫(概念、定義、発生機序、頻度、疫学)」
(堀内晶子)、(伊東和子)、藤井信吾
『新女性医学大系39巻:産婦人科の良性腫瘍-子宮筋腫,卵巣襄腫,乳房腫瘍-』,
pp.223-230,中山書店,1998

 

 

「子宮筋腫(症状、診断)」
(伊東和子)、(堀内晶子)、藤井信吾
『新女性医学大系39巻:産婦人科の良性腫瘍-子宮筋腫,卵巣襄腫,乳房腫瘍-』,
pp.245-252,中山書店,1998

 

 

「私の行っている基靱帯処理の仕方」
藤井信吾
『図説産婦人科VIEW30』,pp.90- 105,メジカルビュー社,1998

 

 

「帝王切開術の術前術後管理」
佐川典正、井上卓也
『図説産婦人科VIEW33 手術編“帝王切開術と産科手技”』,
荻田幸雄,矢嶋 聡,桑原慶紀編,pp.68-75,メジカルビュー社,1998


学会報告

平成9年度滋賀県産婦人科医会秋期総会ならびに研修会
平成9年12月24日 於 滋賀

特別講演「子宮筋腫の薬物療法」 藤井信吾

 

 

平成10年度兵庫県産婦人科臨床懇話会 平成10年1月31日 於 神戸
特別講演
「新しい卵巣、子宮内膜症調節機能に基づいた卵胞発育不全および着床不全症例に対する治療法開発の試み」
藤原 浩

 

 

第2回日本産婦人科腫瘍マーカー・遺伝子診断学会
平成10年2月5日~6日 於 東京

「子宮内膜癌におけるMMAC1遺伝子変異の検討」
由良泰一郎、小西郁生、万代昌紀、黒田英樹、南部香成子、鶴田優子、松下克子、
Atia A. Hamid、藤井信吾

 

 

神戸芝蘭会 平成10年2月11日 於 神戸
「子宮平滑筋腫瘍の診断と治療」 藤井信吾

 

 

尼崎内分泌研究会 平成10年3月7日 於 大阪
「子宮筋腫とGnRH」 藤井信吾

 

 

第167回日本産科婦人科学会熊本地方部会学術講演会
平成10年3月14日 於 熊本

特別講演「新しい卵巣・子宮内膜内局所調節機構に基づいた卵胞発育不全および着床不全症例に対する治療法開発の試み」
藤原 浩

 

 

Annual Meeting of The Association of Obstetrics and Gynecology, R.O.C.,
March 14-15, 1998, Taipei, Taiwan

Plenary Lecture:“Leptin as Novel Placenta-derived Hormoe in Humans”
N. Sagawa

 

 

第57回日本医学放射線学会総会 平成10年4月10日 於 神戸
教育講演「女性骨盤内臓器」 藤井信吾

 

 

第50回日本産科婦人科学会学術講演会 平成10年4月18日~21日 於 仙台
講演「子宮平滑筋腫瘍の鑑別診断」 藤井信吾

 

シンポジウム「ヒト黄体細胞分化抗原の固定とその黄体機能調節における意義」
藤原 浩

 

「黄体形成期にヒト顆粒膜細胞におけるインテグリンα5発現に関する検討」
本田徹郎、藤原 浩、山田成利、藤田一之、樋口壽宏、中山貴弘、(前田道之)

 

「マウス着床期子宮内膜に発現する遺伝子の解析」
巽 啓司、樋口壽宏、藤原 浩、中山貴弘、藤田一之、(藤田 潤)

 

「卵巣表層上皮細胞はLH/hCG receptorを発現し、hCGはそのアポトーシスを抑制する」
黒田英樹、万代昌紀、小西郁生、南部香成子、松下克子、由良泰一郎、鶴田優子

 

「子宮内膜癌および正常内膜におけるFHIT遺伝子の解析」
由良泰一郎、小西郁生、万代昌紀、南部香成子、黒田英樹、松下克子、鶴田優子

 

「正常内膜、内膜増殖症、および内膜癌におけるDNA修復遺伝子(MSH2)発現の検討」
南部香成子、小西郁生、万代昌紀、黒田英樹、松下克子、由良泰一郎、鶴田優子

 

「妊娠中毒症合併妊婦血中における肥満遺伝子(ob)産物(レプチン)の濃度とその由来について」
三瀬裕子、佐川典正、由良茂夫、松本恒和、寺川耕市、吉田昌弘、(益崎裕章)、
(小川佳宏)、(中尾一和)

 

「肥満遺伝子(ob)産物レプチンの絨毛性疾患におけるマーカーとしての有用性の検討」
松本恒和、佐川典正、三瀬裕子、由良茂夫、寺川耕市、吉田昌弘、(益崎裕章)、
(小川佳宏)、(中尾一和)

 

「ヒト胎盤絨毛細胞における肥満遺伝子(ob)産物レプチンの産生調節機序について」
 由良茂夫、佐川典正、三瀬裕子、松本恒和、吉田昌弘、寺川耕市、(益崎裕章)、
(小川佳宏)、(中尾一和)

 

 

兵庫県産科婦人科学会認定医生涯研修会 平成10年4月25日 於 神戸
特別講演「子宮内膜症について」 藤井信吾

 

 

京都産婦人科医会5月学術研修会 平成10年5月16日 於 京都
特別講演「子宮平滑筋腫瘍に関する最近の知見」 藤井信吾

 

 

尼崎市産婦人科医会前期総会ならびに学術講演会 平成10年5月23日 於 尼崎
講演「婦人科におけるMRIの役割について」 藤井信吾

 

 

京都大学助産婦同窓会 平成10年5月30日 於 京都
会長講演「子宮内膜症に関する最近の話題」 藤井信吾

 

 

XIIIth International Congress of Cytology, 1998, Tokyo, Japan
“Genetic Alterations in Two Types of Endometrial Carcinogenesis”
I. Konishi, M. Mandai, Y. Yura, K. Nanbu and S. Fujii

 

 

第71回日本内分泌学会学術総会 平成10年6月4日~6日 於 福岡
「ヒト胎盤絨毛細胞における肥満遺伝子産物(レプチン)の生合成・分泌調節機構の検討」
由良茂夫、佐川典正、三瀬裕子、松本恒和、劉 文光、吉田昌弘、寺川耕市、
藤井信吾、(益崎裕章)、(小川佳宏)、(中尾一和)

 

「妊娠中毒症合併妊婦における肥満遺伝子産物(ob)産物レプチンの濃度とその由来について」
三瀬裕子、佐川典正、由良茂夫、松本恒和、劉 文光、寺川耕市、吉田昌弘、
藤井信吾、(益崎裕章)、(小川佳宏)、(中尾一和)

 

「ヒト子宮筋におけるプロスタグランジンE2受容体サブタイプ遺伝子発現の検討」
松本恒和、佐川典正、寺川耕市、三瀬裕子、吉田昌弘、由良茂夫、藤井信吾、
(田中一成)、(小谷仁人)、(向山政志)、(中尾一和)

 

「ヒト黄体におけるエンドセリン変換酵素-1の発現検討」
吉岡信也、藤原 浩、山田成利、本田徹郎、樋口壽宏、佐川典正、藤井信吾

 

「ヒト末梢血リンパ球のBeWo細胞の浸潤能に対する促進作用」
江川晴人、藤原 浩、平野 剛、樋口壽宏、中山貴弘、佐川典正、藤井信吾

 

「ヒト卵巣顆粒膜・大型黄体細胞特異的抗原OG-4の解析」
樋口壽宏、藤原 浩、山田成利、吉岡信也、本田徹郎、佐川典正、藤井信吾

 

 

第6回北海道産婦人科GnRH研究会 平成10年6月6日 於 札幌
特別講演「子宮平滑筋腫瘍に関する新しい知見」 藤井信吾

 

 

第16回関西婦人科病理懇話会 平成10年6月 6日 於 高槻
「Glassy Cell or Squamous Cell Carcinoma of the Cervix」
藤井 剛、小西郁生、万代昌紀、樋口壽弘、片岡信彦、藤井信吾、(山邊博彦)

 

 

第98回近畿産科婦人科学会総会・学術集会 平成10年6月20日~21日 於 京都
「マウス着床期子宮内膜におけるカルシウム結合蛋白の発現」
巽 啓司、樋口壽宏、藤田一之、中山貴弘、藤原 浩、藤井信吾

 

「ヒト末梢血リンパ球のBeWo細胞の浸潤能に対する促進作用」
江川晴人、藤原 浩、平野 剛、樋口壽宏、中山貴弘、佐川典正、藤井信吾

 

「静脈内平滑筋腫症(intravenous leiomyomatosis)の1例」
佐藤 寛、片岡信彦、原 裕子、藤井 剛、万代昌紀、小西郁生、佐川典正、
藤井信吾

「婦人科悪性腫瘍におけるリンパ嚢胞の臨床的検討」
曽根 知、片岡信彦、奈倉道和、松村謙臣、川村 真、万代昌紀、小西郁生、
 川典正、藤井信吾

 

「当科における子宮筋腫合併妊娠の臨床的検討」
藤井 剛、井上卓也、秋山 知、福岡正恒、小西郁生、佐川典正、藤井信吾

 

「心筋緻密層形成が疑われた非免疫性胎児水腫の1例」
佐藤 寛、井上卓也、藤井 剛、松村謙臣、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾、
(吉林宗夫)、(福本 学)

 

内分泌・生殖研究部会
「ヒト末梢血リンパ球のBeWo細胞の浸潤能に対する促進作用」
江川晴人、藤原 浩、平野 剛、樋口壽宏、中山貴弘、佐川典正、藤井信吾

 

周産期研究部会
「妊婦の腟分泌物細菌叢と早産」
永井優子、井上卓也、原 裕子、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾

 

 

京都産婦人科研究会 平成10年6月27日 於 京都
「子宮内膜症について」 藤井信吾

 

 

Human Papilomavirus Infections and Cervical Cancer,
July 9, 1998, Montreal

“Adenocarcinoma in-situ & 'Microinvasion':Cone vs. Hysterectomy”
S. Fujii

 

 

第16回日本受精着床学会 平成10年7月9日~10日 於 大阪
「ヒト末梢リンパ球のBeWo細胞の浸潤能に対する促進作用」
江川晴人、藤原 浩、平野 剛、樋口壽宏、中山貴弘、佐川典正、藤井信吾

 

 

第34回日本新生児学会学術集会 平成10年7月12日~14日 於 福岡
「ヒト胎盤絨毛組織における肥満遺伝子産物(レプチン)の生合成・分泌調節機構の検討」
由良茂夫、佐川典正、三瀬裕子、松本恒和、伊東宏晃、藤井信吾、(益崎裕章)、
(小川佳宏)、(中尾一和)

 

「心筋緻密層形成不全と診断された非免疫性胎児水腫の1例」
藤井 剛、井上卓也、松村謙臣、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾、(吉林宗夫)、
(森 智治)、(福本 学)

 

 

第27回日本婦人科病理・コルポスコピー学会 平成10年7月15日~16日 於 大阪
「Glassy appearanceを示す子宮頚癌の4例」
藤井 剛、小西郁生、万代昌紀、樋口壽弘、片岡信彦、藤井信吾

 

「妊娠中に発見された頚部小細胞癌の1例」
永井優子、片岡信彦、万代昌紀、樋口壽弘、小西郁生、藤井信吾

 

ワークショップ「臨床的に見逃されやすい子宮頚部腺癌 “adenoma malignum”」
小西郁生、南部香成子、Atia A. Hamid、鶴田優子、由良泰一郎、草刈孝史、
黒田英樹、万代昌紀、藤井信吾

 

 

第22回日本産科婦人科栄養・代謝研究会 平成10年8月20日~21日 於 大宮
「妊娠中毒症合併妊婦における血中レプチン濃度と中毒症の重症度および胎児発育の関係について」
三瀬裕子、佐川典正、由良茂夫、伊東宏晃、寺川耕市、吉田昌弘、
Mercy A. Nuamah、劉 文光、郡田大造、藤井信吾、(益崎裕章)、
(小川佳宏)、(中尾一和)

 

 

8th International Congress on Obesity,
August 29-September 3, 1998, Paris, France

“Adipose and Nonadipose Tissue Production of Leptin”
(Y. Ogawa), (H. Masuzaki), N. Sagawa and (K. Nakao)

 

 

第6回中四国GnRH研究会 平成10年8月23日 於 岡山
特別講演「子宮平滑筋腫瘍に関する新しい知見」 藤井信吾

 

 

静岡県日母癌検診医師研修会 平成10年8月29日 於 静岡
講演「子宮内膜症とその悪性化」 藤井信吾

 

 

京都産婦人科医会発足100周年記念・公開女性健康講座
(健やかで実りある中高年女性をめざして) 平成10年9月12日 於 京都

講演「中高年の婦人科疾患
-ことに子宮内膜癌、卵巣癌、子宮内膜症、子宮筋腫について-」
藤井信吾

 

 

5回広島市臨床医会 平成10年9月17 日 於 京都
講演「子宮内膜症について」 藤井信吾

 

 

大阪大学にて 平成10年9月21日 於 大阪
講演「子宮平滑筋腫瘍に関する新しい知見」 藤井信吾

 

 

第57回日本癌学会 平成10年9月30日~10月2日 於 横浜
「bax遺伝子を用いた卵巣癌遺伝子治療の基礎的検討」
鶴田優子、万代昌紀、小西郁生、南部香成子、黒田英樹、由良泰一郎、
Atia A. Hamid、草刈孝史、藤井信吾

 

「hCG による培養卵巣表層上皮細胞の apoptosis抑制メカニズムの解析」
黒田英樹、小西郁生、万代昌紀、南部香成子、由良泰一郎、鶴田優子、
Atia A. Hamid、草刈孝史、藤井信吾

 

「子宮内膜癌におけるFHIT蛋白発現の免疫組織学的検討」
由良泰一郎、小西郁生、万代昌紀、南部香成子、黒田英樹、 Atia A. Hamid、
鶴田優子、草刈孝史、藤井信吾

 

 

The 4th Conference of the International Federation of Placental
Associations, October 1-3, 1998, Tokyo, Japan

“Basic Fibroblast Growth Factor (b-FGF) Down-regulates the Expression of the Clearance Receptor of Natriuretic Peptide in Ovine Placenta Artery Endothelial Cells Via the Mitogen-activated Protein Kinase (MAPK) Cascade”
H. Itoh, (J. Zheng), (I.M. Bird), N. Sagawa, S. Fujii, (K. Nakao) and
(R.R. Magness)

 

Workshop:“Leptin as a Novel Placenta-derived Hormone in Humans”
N. Sagawa

 

“Pregnancy Increases C-Type Natriuretic Peptide (CNP) and Its Receptor Particulate Guanylate Cyclase-B Levels in Ovine Uteriine but Not Systemic Arteries”
H. Itoh, (I.M. Bird), N. Sagawa, S. Fujii, (K. Nakao) and (R.R. Magness)

 

 

第36回日本癌治療学会 平成10年10月7日~9日 於 福岡
「LEEPによる子宮頚部円錐切除の工夫」
片岡信彦、樋口壽宏、佐藤 寛、藤井 剛、川村 真、松村謙臣、曽根 知、
万代昌紀、小西郁生、藤井信吾

 

「当科における卵巣癌XX期症例の臨床的検討」
松村謙臣、片岡信彦、川村 真、曽根 知、佐藤 寛、原 裕子、樋口壽宏、
万代昌紀、小西郁生、藤井信吾

 

「婦人科悪性腫瘍におけるリンパ嚢胞の臨床的検討」
曽根 知、片岡信彦、松村謙臣、川村 真、佐藤 寛、原 裕子、藤井 剛、
万代昌紀、樋口壽宏、小西郁生、藤井信吾

 

「子宮肉腫のMRI像に関する研究」
(土岐利彦)、(加來恒壽)、小西郁生、(野澤志朗)、藤井信吾

 

 

平成10年度日本産科婦人科学会京都地方部会 平成10年10月17日 於 京都
「産婦人科疾患における肺梗塞」
近藤英治、片岡信彦、樋口壽宏、松村謙臣、秋山 知、永井優子、万代昌紀、
小西郁生、藤井信吾

 

 

11th World Congress of the International Society for the Study of
Hypertensin in Pregnancy(ISSHP), October 26-30, 1998, Kobe, Japan

“Basic Fibroblast Growth Factor (b-FGF) Down-regulates the Expression of the Clearance Receptor of Natriuretic Peptide in Ovine Placenta Artery Endothelial Cells Via the Mitogen-activated Protein Kinase (MAPK) Cascade”
H. Itoh, (J. Zheng), (I.M. Bird), N. Sagawa, S. Fujii, (K. Nakao) and
(R.R. Magness)

 

“Production and Secretion of Leptin in the Placenta are Augmented in Pregnant Women Complicated with Severe Preeclampsia”
H. Mise, N. Sagawa, T. Matsumoto, S. Yura, M.A. Nuamah, H. Itoh,
(H. Masuzaki), (K. Hosoda), (Y. Ogawa), (K. Nakao) and S. Fujii

 

“Pregnancy Increases Soluble Guanylate Cyclase and Particulate Guanylate Cyclase-A and Decreases the Clearance Receptor of Natriuretic Peptide in Ovine Uterine but Not Systemic Arteries”
H. Itoh, (I.M. Bird), N. Sagawa, S. Fujii, (K. Nakao) and (R.R. Magness)

 

 

第99回近畿産科婦人科学会学術集会 平成10年11月8日 於 京都
「卵巣癌に対するタキソール治療の経験」
馬場 長、片岡信彦、樋口壽宏、曽根 知、牧浦一弥、藤井 剛、渡辺由美子、
万代昌紀、小西郁生、藤井信吾

 

「臨床的にslow growingと考えられる子宮頚部adenoma malignumの1例」
南部吉彦、龍見信哉、(賀集一平)、南部香成子、小西郁生、藤井信吾

 

「婦人科疾患における肺梗塞」
近藤英治、片岡信彦、樋口壽宏、松村謙臣、秋山 知、永井優子、万代昌紀、
小西郁生、藤井信吾

 

「進行卵巣癌の予後因子に関する検討」
田村 出、万代昌紀、鶴田優子、黒田英樹、南部香成子、由良泰一郎、
Atia A. Hamid、草刈孝史、小西郁生、藤井信吾

 

「連続して重症の先天性サイトメガロウイルス感染症による子宮内胎児死亡をくり返した1症例」
曽根 知、井上卓也、松村謙臣、伊東宏晃、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾

 

周産期研究部会
「当院における双胎妊娠72例の検討-discordancyの重症度と臨床像について-」
山田重人、伊東宏晃、井上卓也、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾

 

内分泌・生殖研究部会
「ヒト胎盤絨毛組織における肥満遺伝子産物レプチンの生合成・分泌調節機構の検討」
由良茂夫、佐川典正、三瀬裕子、Mercy A. Nuamah、伊東宏晃、藤井信吾、
(益崎裕章)、(小川佳宏)、(中尾一和)

 

 

第43回日本不妊学会総会 平成10年11月12日~13日 於 鹿児島
理事長講演「着床率の向上を目指して」 森 崇英

 

教育講演「レプチンと生殖生理」 佐川典正

 

シンポジウム
「着床成立時の胚、子宮内膜相互作用に関連する物質の分子生物学的解析」
樋口壽宏

 

「ヒト卵巣におけるCD9の発現とintegrinα6 β1とのassociationについての検討」
高尾由美、藤原 浩、本田徹郎、山田成利、藤井信吾

 

「黄体形成期のヒト顆粒膜細胞におけるインテグリンα2とX型コラーゲンの発現に関する検討」
山田成利、藤原 浩、樋口壽宏、中山貴弘、藤井信吾、(前田道之)

 

「マウスにおけるTリンパ球の着床に及ぼす影響」
藤田一之、藤原 浩、中山貴弘、樋口壽宏、藤井信吾、(前田道之)

 

 

XXII International Congress of the International Academy of Pathology,
November 18-23, 1998, Nice, France

Symposium:“Molecular biology of Endometrial Hyperplasia”
I. Konishi

 

 

4th International Symposium on Predictive Oncology and Therapy,
November 24-27, 1998, Nice, France

“Gonadotropins and Ovarian Cancer:hCG Inhibits the Apoptosis of Ovarian Surface Epithelial Cells”
I. Konishi, H. Kuroda, M. Mandai, K. Nanbu, Y. Yura, Y. Tsuruta, T. Kusakari
and S. Fujii

 

“Expression of a Putative Tumor Suppressor FHIT Gene in Normal Endometrium and Endometrial Carcinomas”
Y. Yura, I. Konishi, M. Mandai, H. Kuroda, K. Nanbu, Y. Tsuruta, T. Kusakari
and S. Fujii

 

 

東部産婦人科医会研修会 平成10年12月3日 於 福山
特別講演「子宮内膜症について」 藤井信吾
京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了