メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

1999年(平成11年)業績一覧


和文論文英文論文和文著書英文著書学会報告

和文論文

「術前にMRIにて診断した子宮脂肪平滑筋腫の1例」
金森崇修、野々垣真佐史、橘 敏之、小西郁生、藤井信吾
産婦人科の進歩,51:155-159,1999

 


「ヒト胎盤絨毛組織における肥満遺伝子産物レプチンの生合成・分泌調節機構の検討」
由良茂夫、佐川典正、三瀬裕子、Mercy A. Nuamah、伊東宏晃、藤井信吾、
(益崎裕章)、(小川佳宏)、(中尾一和)
産婦人科の進歩,51:220-221,1999

 


「進行卵巣癌症例の予後因子に関する検討」
田村 出、万代昌紀、草刈孝史、鶴田優子、Atia A. Hamid、由良泰一郎、
黒田英樹、南部香成子、小西郁生、藤井信吾
産婦人科の進歩,51:353-356,1999

 


「進行期卵巣癌に対する術前動注化学療法の有用性」
北 正人、石部佳子、江川美保、谷口文章、北岡有喜、徳重 誠、杉並 洋、
清水 保
産婦人科の進歩,51:406-408,1999

 


「緩和療法-悪液質の病態と治療法について-」
刈谷方俊
産婦人科の進歩,51:579-586,1999

 


「婦人科悪性腫瘍の術後リンパ嚢胞の発生と合併症」
片岡信彦、小西郁生、藤井信吾
産婦人科の世界,51:403-406,1999

 


「重症妊娠中毒症における血中レプチン濃度」
佐川典正、三瀬裕子、由良茂夫、藤井信吾、(小川佳宏)、(益崎裕章)、(中尾一和)
産婦人科の世界,51:901-907,1999

 


「頭痛、痙攣、意識障害の鑑別と処置:脳腫瘍合併妊娠、妊娠中の脳血流障害、
妊娠中の脳出血、子癇発作、鑑別診断」
佐川典正、伊東宏晃産
婦人科の世界,'99 夏季増刊号「母体救急の基本と実際」,
51:145-152,1999

 


「着床不全とその対策」
藤原 浩、中山貴弘、森 崇英、藤井信吾
婦人科治療,78:399-403,1999

 


「乳癌と妊娠」
伊東宏晃、佐川典正
産婦人科治療,79:429-433,1999

 


「血中レプチン濃度測定の臨床応用に向けて」
由良茂夫、佐川典正、(小川佳宏)、(中尾一和)
医学のあゆみ,191(12・13):1101-1105,1999

 


「子宮肉腫の臨床診断の進め方1 臨床所見、術前診断、および治療方針」
藤井信吾、小西郁生
産科と婦人科,6(増刊号):164-167,1999

 


「子宮肉腫の臨床診断の進め方3 子宮肉腫のMRI所見」
(富樫かおり)、藤井信吾
産科と婦人科,6(増刊号):173-182,1999

 


「性器奇形の手術1 大陰唇癒合症に対する手術」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
産科と婦人科,66:1-4,1999

 


「内膜癌の術後追加療法、放射線治療」
万代昌紀
産科と婦人科,66(増刊号):119-123,1999

 


「性器奇形の手術2 腟中隔に対する手術」
(落合和徳)、(桑原慶紀)、藤井信吾
産科と婦人科,66:183-186,1999

 


「性器奇形の手術3 双角子宮・中隔子宮に対する手術(Strassmann手術)」
(桑原慶紀)、(落合和徳)、藤井信吾
産科と婦人科,66:319-324,1999

 


「子宮頚癌手術術式 歴史と基本理念1」
藤井信吾、(桑原慶紀)、(落合和徳)
産科と婦人科,66:459-466,1999

 


「子宮頚癌手術術式 歴史と基本理念2」
藤井信吾、(落合和徳)、(桑原慶紀)
産科と婦人科,66:595-600,1999

 


「子宮頚癌手術術式 歴史と基本理念3」
藤井信吾、(桑原慶紀)、(落合和徳)
産科と婦人科,66:719-726,1999

 


「子宮頚癌手術術式 歴史と基本理念4」
藤井信吾、(落合和徳)、(桑原慶紀)
産科と婦人科,66:866-868,1999

 


「女性内性器の解剖必須知識」
福岡正恒、藤井信吾
臨床婦人科産科,53:354-358,1999

 


「先天性サイトメガロウイルス感染症の2症例:
特にその病態と胎児超音波所見との関連性について」
松村謙臣、井上卓也、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾
日本新生児学会雑誌,35:61-66,1999

 


「着床現象と免疫」
中山貴弘、藤原 浩、藤井信吾
産婦人科の実際,48:795-801,1999

 


「妊娠中毒症の合併妊婦における血中レプチン濃度と中毒症の重症度および
胎児発育の関係について」
三瀬裕子、佐川典正、由良茂夫、伊東宏晃、寺川耕市、吉田昌弘、
Mercy A. Nuamah、劉 文光、郡田大造、藤井信吾、(益崎裕章)、
(小川佳宏)、(中尾一和)
日本産科婦人科栄養・代謝研究会誌,5:32-33,1999

 


特集“生殖とNO”NOと妊娠(2)「陣痛発来」
伊東宏晃、吉田昌弘、佐川典正
Hormone Frontier in Gynecology,6:45-51,1999

 


「レプチンと生殖生理」
佐川典正
日本不妊学会雑誌,44:97-102,1999

 


「周産期の外科的手術-頭蓋内出血」
伊東宏晃、近藤英治、佐川典正
周産期医学,29:601-604,1999

 


「レプチンの中枢外作用と肥満の病態との関連
『-レプチン・バイオロジーの新たなる展開- 』」
(益崎裕章)、(小川佳宏)、(佐藤哲子)、由良茂夫、(海老原健)、
(阿部 恵)、佐川典正、(中尾一和)
COMPLICATION-糖尿病と血管,4:21-36,1999

 


「レプチンと生殖内分泌」
佐川典正、由良茂夫、三瀬裕子、(小川佳宏)、(益崎裕章)、(中尾一和)
ホルモンと臨床,47:679-689,1999

 


「卵巣癌細胞のアポトーシス抑制に関与する遺伝子群を標的とした
新しい癌化学療法の基礎的検討」
万代昌紀
日本産科婦人科学会誌,51:575-585,1999

 


「女性ホルモン補充療法の適応と実際」
刈谷方俊、藤井信吾
Bio Clinica,14:24-28,1999


英文論文

“Leptin is a novel placenta-derived hormone in humans”
N. Sagawa, H. Mise, S. Yura, H. Itoh, T. Matsumoto, W. Liu, M.A. Nuamah,
M. Fukuoka, S. Fujii, (Y. Ogawa), (H. Masuzaki), (K. Hosoda) and (K. Nakao)
Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology, 38 : 1-10, 1999

 


“Leptin is a novel placenta-derived hormone in humans -a review-”
N. Sagawa, H. Itoh, T. Matsumoto, H. Mise, W. Liu, M.A.Nuamah, S. Yura,
M. Fukuoka, S. Fujii, (Y. Ogawa), (H. Masuzaki), (K. Hosoda) and (K. Nakao)
Trophoblast Research, 13 : 25-34, 1999

 


“Role of local guanylate cyclase system in the regulation of ovine uterine artery blood flow during pregnancy -a review-”
H. Itoh, N. Sagawa, T. Matsumoto, S. Fujii, (K. Nakao), (I.M. Bird) and
(R.R. agness)
Trophoblast Research, 13 : 301-309, 1999

 


“A case of clitoral metastasis without skin involvement from rectal cancer”
F. Kobayashi, S. Tanada, Y. Mizuno, N. Sagawa and S. Fujii
Gynecologic Oncology, 74 : 138-140, 1999

 


“Platelet-activating factor-acetylhydrolase activity and nitric oxide metabolite level in plasma of pregnant women who developed transient hypertension later during pregnancy”
K. Kitagawa-Okumura, N. Sagawa, F. Kobayashi, H. Nanno, T. Matsumoto,
H. Itoh, D. Korita, S. Tanada and T. Mori
Reproduction, Fertility and Development, 1999 (in press)

 


“Heparin inhibits proliferation of myometrial and leiomyomal smooth muscle cells through the induction of α-smooth muscle actin, calponinh1 and p27”
(A. Horiuchi), (T. Nikaido), (Y.L. Zhai), (K. Itoh), (A. Orii) and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 5 : 139-145, 1999

 


“Expression of calcium binding protein D-9k messenger RNA in the mouse uterine endometrium during implantation”
K. Tatsumi, T. Higuchi, H. Fujiwara, T. Nakayama, (K. Itoh), T. Mori, S. Fujii
and (J. Fujita)
Molecular Human Reproduction, 5 : 153-161, 1999

 


“CD9 is expressd in extravillous trophoblast in association with integrin α3 and integrin α5”
T. Hirano, T. Higuchi, (M. Ueda), T. Inoue, N. Kataoka, (M. Maeda),
H. Fujiwara and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 5 : 162-167, 1999

 

 

“CD9 is involved in invasion of human trophoblast-like choriocarcinoma cell line, BeWo cells”
T. Hirano, T. Higuchi, H. Katsuragawa, T. Inoue, N. Kataoka, K.R. Park,
(M. Ueda), (M. Maeda), H. Fujiwara and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 5 : 168-175, 1999

 


“Inverse relationship between apoptosis and Bcl-2 expression in
syncytiotrophoblastand fibrin-type fibrinoid in early gestation”
(T. Toki), (A. Horiuchi), (N. Ichikawa), (A. Mori), (T. Nikkaido) and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 5 : 246-251, 1999

 

 

“CD9 is expressed on the cell surface of human granulosa cells and assosiated with integrin α6β1”
Y. Takao, H. Fujiwara, S. Yamada, T. Hirano, (M. Maeda), S. Fujii and
(M. Ueda)
Molecular Human Reproduction, 5 : 303-310, 1999

 


“Human granulosa cells express integrin α2 and collagen type Ⅳ : possible involvement of collagen type Ⅳ in granulosa cell luteinization”
S. Yamada, H. Fujiwara, T. Honda, T. Higuchi, T. Nakayama, T. Inoue,
(M. Maeda) and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 5 : 607-617, 1999

 


“Co-expression of integrin-associated protein (IAP/CD47) and its ligand thrombospondin-1 on human granulosa and large luteal cells”
T. Higuchi, H. Fujiwara, S. Yamada, K. Tatsumi, N. Kataoka, (K. Itoh),
(M. Maeda), J. Fujita and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 5 : 920-926, 1999

 


“Evaluation of ectopic pregnancy by magnetic resonance imaging”
(M.L. Kataoka), (K. Togashi), (H. Kobayashi), T. Inoue, S. Fujii and
(J. Konishi)
Human Reproduction, 14 : 2644-2650, 1999

 


“Clinical application of a new assisted hatching method using a piezo-micromanipulator for morphologically low-quality embryos in poor-prognosis infertile patients”
T. Nakayama, H. Fujiwara, S. Yamada, K. Tatsumi, T. Honda and S. Fujii
Fertility Sterility, 71 : 1014-1018, 1999

 


“Membrane-bound cell surface peptidases in reproductive organs”
H. Fujiwara, K. Imai, T. Inoue, (M. Maeda) and S. Fujii
Endocrine Journal, 46 : 11-25, 1999

 


“Expression of steroid receptors, Ki-67, and p53 in uterine leimyosarcomas”
(Y.L. Zhai), (Y. Kobayashi), (A. Mori), (A. Orii), (T. Nikaido), I. Konishi and
S. Fujii
International Journal of Gynecological Pathology, 18 : 20-28, 1999

 


“Abnormal expression of sex steroid receptors and cell cycle-related molecules in adenocarcinoma in situ of the uterine cervix”
(X. Lu), (T. Shiozawa), (K. Nakayama), (T. Toki), (T. Nikaido) and S. Fujii
International Journal of Gynecological Pathology, 18 : 109-114, 1999

 


“Infrequent occurrence of high-risk human papillomavirus and of p53 mutation in minimal deviation adenocarcinoma of the cervix”
(T. Toki), (Y.L. Zhai), (J.S. Park) and S. Fujii
International Journal of Gynecological Pathology, 19 : 215-219, 1999

 


“Clear cell carcinoma has an expression pattern of cell cycle regulatory molecules that is unique among ovarian adenocarcinomas”
(M. Shimizu), (T. Nikaido), (T. Toki), (T. Shiozawa) and S. Fujii
Cancer, 85 : 669-677, 1999

 


“Tranilast inhibits the proliferation of human coronary smooth mascle cellthrough the activation of p21waf1”
(H. Kusama), (S. Kikuchi), (S. Tazawa), (K. Katsuno), (Y. Baba), (Y.L. Zhai),
(T. Nikaido) and S. Fujii
Atherosclerosis, 143 : 307-313, 1999

 

 

“Possible role of calponin h1 as a tumor suppressor in human uterine leiomyosarcoma”
(A. Horiuchi), (T. Nikaido), (S. Taniguchi) and S. Fujii
Journal of the National Cancer Institute, 91, 1999

 


“Prognostic significance of bcl-2 expression in leiomyosarcoma of the uterus”
(Y.L. Zhai), (T. Nikaido), (T. Toki), (A. Shiozawa), A Orii and S. Fujii
British Journal of Cancer, 80 : 1658-1664, 1999

 


“Role of the guanylate cyclase system in the regulation of ovine uterine arterial blood flow during pregnancy -a review-”
H. Itoh, N. Sagawa, T. Matsumoto, S. Fujii, (K. Nakao), (I.M. Bird) and
(R.R.Magness)
Trophoblast Research, 13 : 301-309, 1999

 


“Expression of cyclins and cyclin dependent kinases in smooth muscle tumors of the uterus”
(Y.L. Zhai), (T. Nikaido), (T. Shiozawa), A. Orii and S. Fujii
International Journal of Cancer, l84 : 244-250, 1999

 


“Dermoid cysts of the ovary with malignant transformation : MR appearance”
(A. Kido), (K. Togashi), I. Konishi, (M.L. Kataoka), (T. Koyama), (H. Ueda),
S. Fujii and J. Konishi
American Journal of Radiology, 172 : 445-449, 1999

 


“MR imaging of endometrial stromal sarcoma : correlation with pathologic findings”
(T. Koyama), (K. Togashi), I. Konishi, (H. Kobayashi), (H. Ueda),
(M.L. Kataoka),(T. Itoh), (T. Higuchi), S. Fujii and J. Konishi
American Journal of Roentogenology, 173 : 767-772, 1999

 


“Aggressive angiomyoma of the vulva associated with severe infection”
(T. Toki), (K. Katoh), (H. Nakayama) and S. Fujii
Obstetrics and Gynecology, l94 : 863, 1999

 


“Unusual appearance of uterine leiomyomas : MR imaging findings and their histopathologic background”
(H. Ueda), (K. Togashi), I. Konishi, (M.L. Kataoka), (T. Koyama), 
(T. Fujiwara),(H. Kobayashi), S. Fujii and J. Konishi
Radiographics, 19 : S131-S145, 1999


和文著書

「分娩の発来機構」
佐川典正
『臨床エビデンス産科学』(編集:佐藤和雄、藤本征一郎),
pp.69-79,メジカルビュー社,1999

 


「頚管無力症」
佐川典正
『臨床エビデンス産科学』(編集:佐藤和雄、藤本征一郎),
pp.238-241,メジカルビュー社,1999

 


「子宮内発育遅延・早産、切迫早産・過期妊娠・多胎妊娠・羊水の異常・血液型不適合妊娠」
佐川典正
『標準産科婦人科学(第15章 異常妊娠)』(編集:桑原慶紀、丸尾 猛),
pp.324-347,医学書院,1999

 


「分娩誘発中の水分補給と栄養管理」
佐川典正、伊東宏晃
『図説産婦人科VIEW-36』
[産科治療]分娩誘発-新しい視点からの安全確実な誘発法
(編集:木下勝之、武田佳彦),pp.62-71,メジカルビュー社,1999

 


「子宮筋腫(概念、定義、発生機序、頻度、疫学)」
(堀内晶子)、(伊東和子)、藤井信吾
『新女性医学大系39巻:産婦人科の良性腫瘍-子宮筋腫、卵巣嚢腫、乳房腫瘍-』
(武谷雄二編),pp.223-230,中山書店,1999

 


「子宮筋腫(症状、診断)」
(伊東和子)、(堀内晶子)、藤井信吾
『新女性医学大系39巻:産婦人科の良性腫瘍-子宮筋腫、卵巣嚢腫、乳房腫瘍-』
(武谷雄二編),pp.245-252,中山書店,1999

 


「子宮頚部の細胞診(特殊症例)悪性腺腫」
(土岐利彦)、(石井恵子)、藤井信吾
『新女性医学大系40巻:婦人科腫瘍の細胞診』(武谷雄二編),
pp.217-218,中山書店,1999

 


「画像診断の進め方」
(富樫かおり)、福岡正恒、藤井信吾
『新女性医学大系42巻:婦人科腫瘍の画像診断』(武谷雄二編),
pp.19-33,中山書店,1999

 


「平滑筋腫瘍の組織像の多様性と悪性度の判定」
藤井信吾『取扱い規約に沿った腫瘍鑑別診断アトラス「子宮体部」』第2版
(森脇昭介、杉森 甫編), pp.131-138,文光堂,1999

 


「産婦人科手術シリーズⅣ- 臨床解剖学と基本手技-」
(桑原慶紀)、(落合和徳)、藤井信吾
診断と治療社,1999


英文著書

“Mesenchymal differentiation-Speculation about the histogenesis of uterine leiomyomas”
S. Fujii, I. Konishi, A. Orii and (T. Nikaido).
Edited by I. A. Brosen, B. Lunenfeld, J. Donnez
in Pathogenesis and Medical Management of Uterine Fibroids,
The Parthenon ublishing Group, London, pp3-15, 1999

 


“Expression of replication-licensing factors MCM2 and MCM3 in normal
endometrium and endometrial carcinomas”
(M. Shimizu), (T. Nikaido), (K. Kato), (T. Toki), (T. Shiozawa), S. Fujii and
I. Konishi.
Edited by T. Aso, T. Yanaihara, Y. Taketani, T. Suda, H. Tanaka, S. Maehara,
in The 9th International Menopause Society World Congress on Menopause,
pp159-162, Monduzzi Editore S.p.A., Bologna, Italy 1999

 


“Leptin as an adipocyte-and nonadipocyte-derived hormone”
(Y. Ogawa), (H. Masuzaki), N. Sagawa and (K. Nakao)
In “Pennington Center Nutrition Series, volume 9 Nutrition, Genetics, and
Obesity”,Eds. George A. Bray and Donna H. Ryan, Louisiana State University Press, Baton Rouge, Louisiana, pp.147-155, 1999

 


“An atlas of MRI with histopathology on smooth muscle tumors of the uterus”
S. Fujii, I. Konishi, (T. Kaku), (T. Toki), (K. Togashi) and (K. Itoh).
Edited by S. Fujii,
International Society for a Group Study on Pathophysiology of Obstetrics and Gynecology, 1999

 


“Leptin, a novel placenta-derivedhormone in humans”
(Y. Ogawa), N. Sagawa, (H. Masuzaki), S. Yura, H. Mise, (K. Ebihara),
S. Fujii and (K. Nakao)In “Progress in Obesity Research, Volume 8”,
Eds. B. Guy-Grand and G. Aihaud, John Libbey & Company Ltd.,
8th International Congress on Obesity. pp.71-75, 1999


学会報告

三知会 平成11年1月10日 於 徳島
特別講演「子宮内膜症の悪性化について」 藤井信吾

 

 

平成11年兵庫温知会 平成11年1月30日 於 神戸
特別講演「子宮頚部腺癌初期病変の取り扱い方」 藤井信吾

 

 

5th International Symposium on GnRH Analogues in Cancer and Human Reproduction, February 4-7, 1999, Jeveva
Invited Speaker :
“Medical management of uterine fibroids pathogenesis mesenchymal cell
differentiation”
S. Fujii

Moderator of the Lunch Session : “management of uterine fibroids luncheon”
S. Fujii

 

 

46th Annual Meeting of the Society for Gynecologic Investigation,
March 10-13, 1999, Atlanta, USA.

“The involvement of leptin as a major fat cell-derived signal in reproductive functions : analysis of transgenic skinny mice overexpressing leptin”
S. Yura, N. Sagawa, (Y. Ogawa), (H. Masuzaki), H. Itoh, H. Mise,
S. Fujii and (K. Nakao)

“Basic fibroblast growth factor (bFGF) down-regulates expression of the clearance receptor of natriureticpeptide in ovine fetoplacenta artery endothelial cells via the mitogen-activated protein kinase (MAPK) cascade”
H. Itoh, (J. Zheng), (I.M. Bird), N. Sagawa, S. Fujii, (K. Nakao) and
(R.R. Magness)

 

 

大阪温知会 平成11年3月20日 於 大阪
特別講演「月経を繰り返すことがもたらすもの」 藤井信吾

 

 

第51回日本産科婦人科学会学術講演会 平成11年4月10日~13日 於 東京
シンポジウム
「母児間免疫応答の異常『胚により感作された末梢血リンパ球の胚着床促進機構の解析-ヒト着床障害患者に対する新しい免疫療法を目指して-』」
中山貴弘

「ヒト妊娠黄体の大黄体細胞に強く発現する蛋白の精製と解析」
高尾由美、藤原 浩、(上田正道)、樋口壽宏、山田成利、小阪謙三、藤井信吾

「黄体形成期のヒト顆粒膜細胞におけるインテグリンα2とIV型コラーゲンの発現に関する検討」
山田成利、藤原 浩、樋口壽宏、中山貴弘、(前田道之)、藤井信吾

「マウス胸腺細胞の胚着床の促進効果」
藤田一之、中山貴弘、藤原 浩、樋口壽宏、(藤田 潤)、(前田道之)、藤井信吾

「着床期マウスの子宮内膜間質に発現する遺伝子の同定とその解析」
巽 啓司、樋口壽宏、藤原 浩、中山貴弘、藤田一之、江川晴人、(藤田 潤)、
藤井信吾

「生殖機能に対するレプチンの作用の検討-レプチン過剰発現トランスジェニックマウスを用いた解析-」
由良茂夫、佐川典正、(小川佳宏)、(益崎裕章)、三瀬裕子、伊東宏晃、(中尾一和)、
藤井信吾

「重症妊娠中毒症合併妊娠における臨床像と母体血中レプチン濃度およびレプチン存在様式について」
三瀬裕子、佐川典正、由良茂夫、伊東宏晃、寺川耕市、吉田昌弘、郡田大造、
藤井信吾、(益崎裕章)、(小川佳宏)、(中尾一和)、 松本恒和

「ヒト絨毛細胞における肥満遺伝子産物レプチンの産生調節機序について」
郡田大造、由良茂夫、佐川典正、(小川佳宏)、(益崎裕章)、三瀬裕子、伊東宏晃、
(中尾一和)、藤井信吾

「Pregnancy increases C-type natriuretic peptide and its specific receptor, particulate guanylate cyclase-B levels in ovine uterine but not systemic arteries. international session」
H. Itoh, N. Sagawa, D. Korita, (K. Nakao) and S. Fujii

シンポジウム
卵巣がん化学療法の基礎と臨床「卵巣癌細胞のアポトーシス抑制に関与する遺伝子群を標的とした新しい癌化学療法の基礎的検討」
万代昌紀

「卵巣癌細胞におけるシスプラチン誘導アポトーシスの抑制機構-hCGとinsulin-like growth factor-1(IGF-1)の役割-」
黒田英樹、万代昌紀、小西郁生、鶴田優子、草刈孝史、田村 出、由良泰一郎、
南部香成子、藤井信吾

「卵巣癌に対するBax発現アデノウイルスベクターを用いた遺伝子治療の基礎的検討」
鶴田優子、万代昌紀、小西郁生、黒田英樹、草刈孝史、由良泰一郎、田村 出、
南部香成子、藤井信吾

 


第27回愛媛県産婦人科医学学術集談会 平成11年5月22日 於 松山市
特別講演「子宮内膜症とその悪性化」 藤井信吾

 


ヘキストマリオン・ルセル・メディカルセミナー 平成11年5月30日 於 福岡
「どうして子宮筋腫はできるのでしょう」 藤井信吾

 


第72回日本内分泌学会学術総会 平成11年5月31日~6月2日 於 横浜
「妊娠ヒツジ子宮動脈におけるCタイプナトリウム利尿ペプチド(CNP)とその受容体(ANP-B受容体)発現の上昇およびナトリウム利尿ペプチドクリアランス受容体発現の減少」
伊東宏晃、佐川典正、(中尾一和)、藤井信吾

「生殖機能に対するレプチンの作用の検討-レプチン過剰発現トランスジェニックマウスを用いた解析-」
由良茂夫、佐川典正、(小川佳宏)、(益崎裕章)、三瀬裕子、伊東宏晃、(佐藤哲子)、
(海老原健)、(阿部 恵)、寺川耕市、吉田昌弘、郡田大造、藤井信吾、(中尾一和)

 

「ナトリウム利尿ペプチドによるヒト内軟骨性骨化調節作用-ヒト骨・軟骨におけるCNP/GC-B系の存在-」
(須田道雄)、(小川佳宏)、(八十田明宏)、(田村尚久)、(中所英樹)、(佐久間陽子)、
(小笹亜美)、由良茂夫、佐川典正、(田中 清)、(中尾一和)

「培養ヒツジ子宮動脈平滑筋細胞におけるナトリウム利尿ペプチドクリアランス受容体(C受容体)発現のcAMPによる調節」
郡田大造、佐川典正、伊東宏晃、寺川耕市、三瀬裕子、吉田昌弘、由良茂夫、
(中尾一和)、藤井信吾

「培養ヒト頚管線維芽細胞におけるMMP-1発現の検討」
吉田昌弘、佐川典正、伊東宏晃、寺川耕市、三瀬裕子、由良茂夫、郡田大造、
(和田幸久)、藤井信吾

 


第100回近畿産科婦人科学会学術集会 平成11年6月19日~20日 於 和歌山
「当科における子宮筋腫核出術施行症例の臨床的検討」
森田康史、樋口壽宏、馬場 長、近藤英治、牧浦一弥、山田重人、永井優子、
曽根 知、刈谷方俊、万代昌紀、佐川典正、藤井信吾

「当科における腟上皮内癌症例の臨床的検討」
橋場研治、樋口壽宏、佐々木聖子、近藤英治、藤井 剛、秋山 知、刈谷方俊、
万代昌紀、佐川典正、藤井信吾

「当院におけるITP合併妊娠12症例の検討」
佐々木聖子、伊東宏晃、井上卓也、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾

「頭蓋内出血をきたした脳動静脈奇形合併妊娠の1例」
近藤英治、伊東宏晃、井上卓也、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾

「胎児multicystic dysplastic kidney (MCDK)の6例」
山田重人、伊東宏晃、井上卓也、福岡正恒、佐川典正、藤井信吾

 


第6回産婦人科セミナー 平成11年7月4日 於 大阪
特別講演「子宮頚部腺癌初期病変の取り扱い方について
(a.子宮頚部腺癌(上皮内癌) b.子宮頚部腺癌(微小浸潤癌) c.Adenoma malignum)」
藤井信吾

 


第35回日本新生児学会学術集会 平成11年7月10日~13日 於 高松
「双胎妊娠における児体重のdiscordancyの重症度と母児の臨床像の関係について」
山田重人、伊東宏晃、井上卓也、佐川典正、藤井信吾

「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)合併妊娠30例の検討」
佐々木聖子、伊東宏晃、長谷川雅明、伊原由幸、井上卓也、佐川典正、藤井信吾

 


Society for the study of reproduction 32nd Annual Meeting,
July 31-Aug 3, 1999, Pullman, WA, USA

“Ovarian expression of a metalloproteinase-disintegrin family protein during ovulation in the PMSG-primed immature rat model”
S. Yoshioka, D. Russell, S. Fujii, J.S. Richards and L.L. Espey

 


京都母性衛生学会 平成11年9月18日 於 京都
「特発性血小板減少紫斑病(ITP)合併妊娠32例の検討」
住友理浩、中山貴弘、佐々木聖子、伊東宏晃、山田成利、井上卓也、長谷川雅明、
伊原由幸、佐川典正、藤井信吾

 


7th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society,
September 26-30, 1999, Rome, Italy

“Adenovirus-mediated proapoptotic bax gene transfer into ovarian cancer cell lines with variable cisplatin sensitivity”
Y. Tsuruta, M. Mandai, M. Kariya, T. Kusakari, Y. Yura, I. Tamura and S. Fujii

“Immunohistochemical analysis of prognostic factors in ovarian carcinomas”
I. Tamura, M. Mandai, M. Kariya, Y. Tsuruta, T. Kusakari, Y. Yura and S. Fujii

 


第20回日本妊娠中毒症学会学術集会 平成11年10月1日 於 高知
「レプチンによる交感神経活性化が妊娠中の血圧調節に及ぼす影響の検討」
由良茂夫、佐川典正、(小川佳宏)、(益崎裕章)、伊東宏晃、(中尾一和)、藤井信吾

 


第101回近畿産科婦人科学会学術集会 平成11年11月7日 於 大阪
「Hyperreactio Luteinalisの1例」
山口 建、中山貴弘、山田成利、伊東宏晃、佐々木聖子、佐川典正、藤井信吾

内分泌・生殖研究部会
「膜結合型ペプチダーゼによる卵胞発育調節機構」
山田成利、藤原 浩、中村公彦、吉岡信也、中村光彰、樋口壽宏、井上卓也、
藤井信吾

 


The 6th Seoul Symposium on Gynecologic Oncology
October 7, 1999, Seoul

Invited Speaker: “Early lesions of cervical adenocarcinoma”
S. Fujii

 


The 84th Scientific Meeting of Korean Association of Obstetricians and
Gynecologists, October 8, 1999, Seoul

Invited Speaker:
“New evidence of recent research on uterine smooth muscle tumors”
S. Fujii

 


平成11年度仁風会総会 平成11年10月16日 於 大阪
特別講演「子宮平滑筋腫瘍の最近の知見」 藤井信吾

 


Saewha Symposia, November 7, 1999, 釜山(韓国)
“Possible clinical application of peripheral blood mononuclear cells to
implantation failure”
H. Fujiwara, Y. Goto, T. Nakayama, T. Inoue, K. Takabatake, T. Hirano,
K. Kosaka, H. Egawa, M. Kariya, (M. Maeda), S. Fujii and T. Mori
京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了