メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2004年(平成16年)業績一覧


和文論文英文論文和文著書学会報告

和文論文

「Wunderlich症候群の1例」
堀内由佳、濱田啓義、森田康史、立山一郎
産婦人科の進歩,56:85-90,2004


「子宮頚部悪性腺腫の病態に関与する因子とその臨床診断への応用に対する検討」
草刈孝史、万代昌紀、刈谷方俊、宮本和尚、由良茂夫、樋口壽宏、高倉賢二、
藤井信吾
産婦人科の進歩,56:144-146,2004


「STK11遺伝子変異が関与する子宮頚部悪性線腫の特徴」
(倉垣千恵)、(榎本隆之)、(上野裕子)、(藤田征巳)、(中嶌竜一)、
(上田 豊)、(村田雄二)、(土岐利彦)、小西郁生、藤井信吾
産婦人科の進歩,56:151-154,2004


「当院で経験した品胎妊娠12症例における分娩週数、分娩様式と児の予後の検討」
岩見州一郎、伊東宏晃、小阪謙三、森 美幸、宮本和尚、崔 理香、佐川典正、
藤井信吾
産婦人科の進歩,56:191-193,2004


「当科における上皮性卵巣癌の再発治療の検討」
福原 健、由良茂夫、万代昌紀、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾
産婦人科の進歩,56:325-328,2004


「妊娠37週にIUGR児にsevere acidosisをきたしたdiscordant DD twinsの1症例」
川崎 薫、伊東宏晃、小阪謙三、福嶋亜紀子、岩見州一郎、佐川典正、藤井信吾
産婦人科の進歩,56:381-384,2004


「当科における子宮肉腫診断についての検討-MRI画像診断を中心として-」
鈴木彩子、刈谷方俊、福原 健、万代昌紀、由良茂夫、樋口壽宏、高倉賢二、
(木戸 晶)、(冨樫かおり)、藤井信吾
産婦人科の進歩,56:520-522,2004


「先天性特発性陰核肥大症に対する神経血管束温存陰核形成術」
高倉賢二、斉藤暁子、堤 麻衣、北 正人、由良茂夫、樋口壽宏、刈谷方俊、
藤井信吾
日本生殖外科学会雑誌,17:60-65,2004


「妊娠中毒症-新しい名称と定義
【中毒症の臨床 4 関連疾患の管理・治療 1】子癇発作」
伊東宏晃、佐川典正、藤井信吾
臨床婦人科産科,58:1035-1040,2004


「周産期医療における薬物療法 
-処方箋、麻薬処方箋の書き方、妊娠時の薬物投与の注意-」
伊東宏晃、山田重人、佐川典正、藤井信吾
周産期医学,34:1025-1032,2004


「子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌の診断と治療-最新の研究動向-」
馬場 長、万代昌紀、藤井信吾
日本臨床,62(増刊号10) :467-470,2004


「広汎性子宮全摘術における
膀胱子宮靭帯前・後層の安全かつ確実な処理法について」
高倉賢二
日本産科婦人科学会雑誌,56:1389-1395,2004


「生殖年齢の女性の腹痛」
金森崇修、福原 健、藤井信吾
medicina,2004年9月号(医学書院),41巻9号,1502-1505,2004


「女性の病気 京都新聞『専門医がお答えします』」
高倉賢二 京都新聞,2004.2.26


「子宮の腫瘍・類腫瘍 子宮筋腫」
福原 健、藤井信吾
産婦人科研修の必修知識,487-491,2004,日本産科婦人科学会,杏林舎


「レギュラトリーT細胞ファミリーの多様性」
八木治彦、(坂口志文)
臨床免疫,42:196-201,2004


「体外受精・顕微授精 着床・黄体期管理 着床期子宮内膜の評価」
吉岡信也、 藤原 浩、巽 啓司、藤井信吾
生殖補助医療マニュアル 産婦人科の世界 巻春季増刊 128-135,2004


「不正出血の患者が来たら-月経周期との関連で考える」
西岡良泰、吉岡信也、藤原 浩
臨床婦人科産科58巻3号,269-273,2004


英文論文

“Laminin and fibronectin concentrations of the follicular fluid correlate with granulose cell luteinization and oocyte quality”
T. Honda, H. Fujiwara, S. Yoshioka, S. Yamada, T. Nakayama, M. Egawa,
Y. Nishioka, A. Takahashi and S. Fujii
Reproductive Medicine and Biology 2004; 3:43-49


“Significant Increase in Maternal Plasma Leptin Concentration in Induced Delivery: A Possible Contribution of Pro-inflammatory Cytokines to Placental Leptin Secretion”
M.A. Nuamah, S. Yura, N. Sagawa, H. Itoh, H. Mise, D. Korita, K. Kakui,
M. Takemura, Y. Ogawa, K. Nakao, and S. Fujii
Endocrine Journal 51(2), 177-187, 2004


“Phenotypic Variability in Human Embryonic Holoprosencephaly in the Kyoto Collection”
S. Yamada, C. Uwabe, S. Fujii and K. Shiota
Birth Defects Research (Part A) 70, 2004:495-508


“Cyclic Mechanical Stretch and Interleukin-1α Synergistically Up-Regulate Prostacyclin Secretion in Cultured Human Uterine Myometrial Cells”
D. Korita, H. Ito, N. Sagawa, S. Yura, M. Yoshida, K. Kakui, M. Takemura,
M.A. Nuamah and S. Fujii
Gynecological Endocrinology, 18:130-137, 2004


“Augmented eNOS Protein Expression in Human Pregnant Myometrium:
Possdible Involvement of eNOS Promoter Activation by Estrogen via both ERα
and ERβ”
K. Kakui, H. Itoh, N. Sagawa, S. Yura, D. Korita, M. Takemura, (Y. Saito),
(K. Nakao) and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 10:115-122, 2004


“Cyclic Mechanical Stretch Augments Both Interleukin-8 and Monocyte
Chemotactic protein-3 Production in the Cultured Human Uterine Cervical
Fibroblast Cells”
M. Takemura, H. Itoh, N. Sagawa, S. Yura, D. Korita, K. Kakui, (N. Hirota)
and S. Fujii
Molecular Human Reproduction, 10:573-580, 2004


“17β-Estradiol Up-Regulates Prostacyclin Production in Cultured Human Uterine Myometrial Cells Via Augmentation of Both Cyclooxygenase-1 and Prostacyclin Synthase Expression”
D. Korita, H. Itoh, N. Sagawa, S. Yura, M. Yoshida, K. Kakui, M. Takemura and
S. Fujii
Journal of the Society for Gynecologic Investigation, 11:457-464, 2004


“Increased expression of calcium-binding protein S100 in human uterine
smooth muscle tumours”
T. Kanamori, K. Takakura, M. Mandai, M. Kariya, K. Fukuhara, (M. Sakaguchi),
(NH. Huh), (K. Saito), (T. Sakurai), (J. Fujita), S. Fujii
Mol Hum Reprod, 10(10):735-742, 2004


“Human extravillous trophoblasts express laeverin, a novel protein that belongs to membrane-bound gluzincin metallopeptidases”
H. Fujiwara , T. Higuchi , S. Yamada , T. Hirano , Y. Sato , Y. Nishioka ,
S. Yoshioka , K. Tatsumi , M. Ueda , M. Maeda , S. Fujii
Biochem Biophys Res Commun. 313(4):962-8, Jan 23, 2004


“Expression of the mitogen-inducible gene-2 (mig-2) is elevated in human uterine leiomyomas but not in leiomyosarcomas”
K. Kato, T. Shiozawa, J. Mitsushita, A. Toda, A. Horiuchi, T. Nikaido, S. Fujii,
I. Konishi
Hum Pathol, 35(1):55-60, Jan, 2004


“Neural precursor cells derived from human embryonic brain retain regional specificity”
S. Horiguchi, J. Takahashi, Y. Kishi, A. Morizane, Y. Okamoto, M. Koyanagi,
M. Tsuji, K. Tashiro, T. Honjo, S. Fujii, N. Hashimoto
J Neurosci Res, 15;75(6):817-24, Mar. 2004


“Significant Increase in Maternal Plasma Leptin Concentration in Induced Delivery: A Possible Contribution of Pro-inflammatory Cytokines to Placental Leptin Secretion”
MA. Nuamah, S. Yura, N. Sagawa, H. Itoh , H. Mise, D. Korita, K. Kakui,
M. Takemura, Y. Ogawa, K. Nakao, S. Fujii
Endocr J.51(2):177-87 , Apr. 2004


“Uterine peristalsis: Comparison of transvaginal ultrasound and two different sequences of cine MR imaging”
A. Nakai , K. Togashi , K. Kosaka , A. Kido , A. Hiraga , T. Fujiwara ,
T. Koyama , S. Fujii
J Magn Reson Imaging,20(3):463-9. Sep.2004 Sep


“Estrogen promotes differentiation and survival of dopaminergic neurons derived from human neural stem cells”
Y. Kishi, J. Takahashi, M. Koyanagi, A. Morizane, Y. Okamoto, S. Horiguchi,
K. Tashiro, T. Honjo, S. Fujii, N. Hashimoto
J Neurosci Res. 79(3):279-286,Dec.21,2005


“Uterine contractions evaluated on cine MR imaging in patients with uterine leiomyomas”
Nishino M, Togashi K, Nakai A, Hayakawa K, Kanao S, Iwasaku K, Fujii S,
M. Nishino, K. Togashi, A. Naka, K. Hayakawa, S. Kanao, K. Iwasaku and
S. Fujii
Eur J Radiol.,53(1):142-6, Jan .2005


“Posterior Cul-de-Sac Obliteration Associated with Endometriosis: MR Imaging Evaluation”
ML. Kataoka, K. Togashi, T. Yamaoka, T. Koyama, H. Ueda, H. Kobayashi,
M. Rahman, T. Higuchi, S. Fujii
Radiology. 2005 Jan 21


“In vivo anti-tumor effect of dual release of cisplatin and adriamycin from biodegradable gelatin hydrogel”
M. Konishi, Y. Tabata, M. Kariya, H. Hosseinkhani, A. Suzuki, K. Fukuhara,
M. Mandai, K. Takakura, S. Fujii
J Control Release, 2005 Mar 2;103(1):7-19.


“A semiautomated technique for evaluation of uterine peristalsis”
A. Kido, M. Nishiura, K. Togashi, A. Nakai, T. Fujiwara, ML. Kataoka,
T. Koyama, S. Fujii, N. Asada
J Magn Reson Imaging. 2005 Feb 18;21(3):249-257


“Dysmenorrhea: Evaluation with Cine-Mode-Display MR Imaging--Initial
Experience”
M. Kataoka, K. Togashi, A. Kido, A. Nakai, T. Fujiwara, T. Koyama, S. Fujii
Radiology. 2005 Feb 24; [Epub ahead of print]
PMID: 15731368 [PubMed - as supplied by publisher]


“Crucial role of FOXP3 in the development and function of human CD25+CD4+ regulatory T cells”
H. Yagi, (T. Nomura), (K. Nakamura), (S. Yamazaki), (T. Kitawaki), (S. Hori),
(M. Maeda), (M. Onodera), (T. Uchiyama), S. Fujii, (S. Sakaguchi)
International Immunology 16:1643-1656, 2004


和文著書

「産婦人科手術1 腹式広汎性子宮全摘出術 術式手順①」
藤井信吾
産科と婦人科 Vol.71 No.4 (2004年4月):409-416


「産婦人科手術2 腹式広汎性子宮全摘出術 術式手順②」
藤井信吾
産科と婦人科 Vol.71 No.5 (2004年5月):561-568


「産婦人科手術3 腹式広汎性子宮全摘出術 術式手順③」
藤井信吾
産科と婦人科 Vol.71 No.6 (2004年6月):701-708


「産婦人科手術4 腹式広汎性子宮全摘出術 術式手順④」
藤井信吾
産科と婦人科 Vol.71 No.7 (2004年7月):845-852


「薬剤の臨床 酢酸ブセレリンデポー型注射剤投与による子宮筋腫、
子宮内膜症の治療における血中エストロゲン濃度と有効性および安全性の関連について(前方視的研究)」
(森 弘之)、藤井信吾、(武谷雄二)、(丹後俊郎)
産科と婦人科 Vol.71 No.8 (2004年8月):1099-1110


「産婦人科手術6 腹式広汎性子宮全摘出術 術式手順⑥」
藤井信吾
産科と婦人科 Vol.71 No.9 (2004年9月):1125-1132


「産婦人科手術7 腹式広汎性子宮全摘出術 術式手順⑦」
藤井信吾
産科と婦人科 Vol.71 No.10 (2004年10月):1267-1272

「産婦人科手術8 腹式広汎性子宮全摘出術 術式手順⑧」
藤井信吾
産科と婦人科 Vol.71 No.11 (2004年11月):1407-1416


「産婦人科手術9 腹式広汎性子宮全摘出術 術式手順⑨」
藤井信吾
産科と婦人科 Vol.71 No.12 (2004年12月):1797-1804


「トピックス C.内分泌 2.子宮筋収縮の制御機構」
伊東宏晃、佐川典正、藤井信吾
『Annual Review 内分泌、代謝2004』 金澤康徳、武谷雄二、関原久彦、
山田信博編集,pp.71-79,中外医学社,2004


「トピックス C.内分泌 3.妊娠とレプチン」
佐川典正、由良茂夫、(小川佳宏)、(益崎裕章)、(中尾一和)、藤井信吾
『Annual Review 内分泌、代謝2004』
金澤康徳、武谷雄二、関原久彦、山田信博編集,pp.80-92,中外医学社,2004


「第3章 婦人科学 I 良性腫瘍と類腫瘍病変 3.子宮」
藤井信吾
NEW 産婦人科学 改訂第2版 (2004年7月15日):435-447


「I 産科学・婦人科学概論 2.組織」
福原 健、藤井信吾
NEW エッセンシャル 産科学・婦人科学 第3版 (2004):16-20


「癒着胎盤への対応」
山田重人、濱西潤三、棚田省三、伊東宏晃、佐川典正、藤井信吾
臨床婦人科産科 Vol.58 No.11 (2004年11月):1359-1363


「特集『妊産婦死亡を防ぐ』5.重篤な病態とその管理」
佐川典正
5) HELLP症候群・急性妊婦脂肪肝,産科と婦人科,診断と治療社,
71:469-473,2004


「周産期救急のコツと落とし穴:緊急診断・検査」
佐川典正
『妊娠中に痙攣をきたす疾患の鑑別診断』(編集:岡村州博),
中山書店,pp.48-49,2004


「周産期救急のコツと落とし穴:緊急診断・検査」
佐川典正
『妊娠後期の急激な肝酵素上昇の鑑別診断』(編集:岡村州博),
中山書店,pp.50-51,2004


特集「研修医のための周産期医療ABC-産科編」
伊東宏晃、山田重人、佐川典正、藤井信吾
『周産期医療における薬物療法
-処方箋、麻薬処方の書き方、妊娠時の薬物投与の注意-』
周産期医学,東京医学社,第34:1025-1032,2004


「妊娠中毒症-新しい名称と定義 中毒症の臨床4 関連疾患の管理・臨床1」
伊東宏晃、佐川典正、藤井信吾
『子癇発作』臨床婦人科産科,58:1035-1039,2004


「助成研究紹介4
『ヒト分娩発来機構の解析とそれに及ぼす喫煙の影響に関する研究』」
佐川典正
喫煙科学,19:6,2004


「臨床分子内分泌学(1)-心血管内分泌代謝系- I. ナトリウム利尿ペプチド」
佐川典正
『病態と疾患からみたナトリウム利尿ペプチド「周産期の母児の病態」』
日本臨床,62 (増刊号):135-138,2004


「前置胎盤における癒着胎盤3『癒着胎盤への対応』」
山田重人、濱西潤三、棚田省三、伊東宏晃、佐川典正、 藤井信吾
臨床婦人科産科,58:1359-1363,2004


「絨毛外栄養膜細胞(extravillous trophoblast)機能における
膜結合型ペプチダーゼの生理的意義」
藤原 浩
アミノペプチダーゼの基礎と臨床-リプロダクションから癌へ-,
252-257,2004


「6.性腺 b.女子」
藤原 浩
Annual Review 内分、代謝,中外医学社,278-282,2004


学会報告

第1回RMB(生殖医学・生物学)研究会シンポジウム 平成16年1月10日 於 東京
「ヒト黄体形成と維持機構について」 吉岡信也


金沢大学産婦人科同門会学術講演会 平成16年3月4日 於 石川
招待講演「微量出血婦人科手術にむけての努力」 藤井信吾


京都新聞医療講座 平成16年3月7日 於 京都
シンポジウム「増加する婦人科がんの特徴とその背景」
招待講演 藤井信吾


The 4th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility
平成16年3月8日 於 沖縄

招待講演 ”Malignancies in reproductive surgery” 藤井信吾


第56回日本産科婦人科学会学術講演会 平成16年4月10日~13日 於 東京
「胎生期の低栄養が成人後の肥満発症の危険因子となる機序の解析
-diet-induced thermogenesis (DIT)の視点から-」
伊東宏晃、佐川典正、由良茂夫、角井和代、竹村真紀、川村 真、(小川佳宏)、
(中尾一和)、藤井信吾

「子宮内発育遅延児における成長後のレプチン感受性低下機序および高脂肪食の影響
-摂食制限によるIUGRマウスモデルを用いた検討-」
由良茂夫、佐川典正、伊東宏晃、角井和代、竹村真紀、川村 真、(小川佳宏)、
(中尾一和)、藤井信吾

「マウス胎盤形成に母獣の骨髄由来細胞が関与する可能性の検討」
角井和代、佐川典正、伊東宏晃、由良茂夫、竹村真紀、川村 真、藤井信吾

「分娩時の子宮頸部熟化過程における低分子ヒアルロン酸含有量増加機序の解析」
竹村真紀、佐川典正、伊東宏晃、由良茂夫、角井和代、川村 真、藤井信吾

「胎生期の低栄養が成長後の血圧および冠動脈周囲線維化におよぼす影響
-摂食制限によるIUGRマウスモデルを用いた検討-」
川村 真、佐川典正、伊東宏晃、由良茂夫、角井和代、竹村真紀、(小川佳宏)、
(中尾一和)、藤井信吾

「子宮内発育遅延児における成長後のレプチン感受性低下機序および高脂肪食の影響
-摂食制限によるIUGRマウスモデルを用いた検討-」
川村 真、伊東宏晃、佐川典正、由良茂夫、竹村真紀、藤井信吾

縫合貼付かつDual releaseが可能なDDS製剤CDDPおよびADM包含
gelatin hydrogelの抗腫瘍効果の検討」
小西光長、(田畑泰彦)、刈谷方俊、馬場 長、松村謙臣、佐藤 寛、八木治彦、
鈴木彩子、福原 健、万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾

「ヒト末梢血単核球よりCD25+CD4+制御性T細胞を除去することにより
in vitro細胞傷害能が強化されるメカニズムの解析」
八木治彦、(坂口志文)、刈谷方俊、馬場 長、佐藤 寛、松村謙臣、鈴木彩子、
小西光長、福原 健、万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾

「術前動注化学療法を施行した子宮頚癌・体癌・卵巣癌における組織内TP・DPD活性
及びTP/DPD比の検討」
堀内由佳、濱田啓義、森田康史、立山一郎

シンポジウム
「安全性および確実性の向上を目指した婦人科手術の工夫」
高倉賢二

「子宮筋腫のMRI画像の臨床的グレーゾーンの設定とその解析から子宮肉腫の診断に必要な画像所見の抽出」
鈴木彩子、刈谷方俊、福原 健、門間千佳、志馬裕明、金森崇修、八木治彦、
小西光長、馬場 長、万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾

「卵巣表層上皮不死化細胞株と癌化細胞株の解析による上皮性卵巣癌の癌化に関与した分子の抽出」
馬場 長、刈谷方俊、草刈孝史、福原 健、金森崇修、志馬裕明、門間千佳、
小西光長、八木治彦、鈴木彩子、松村謙臣、佐藤 寛、万代昌紀、高倉賢二、
藤井信吾

「卵巣過剰刺激症候群患者での末梢血単核球のvascular endothelial growth factor
産生に関する検討」
西岡良泰、小阪謙三、巽 啓司、佐藤幸保、吉岡信也、樋口壽宏、藤原 浩、
藤井信吾

「ヒト胚及び子宮内膜上皮におけるactivated leukocyte cell adhesion molecule
(ALCAM/CD166)の発現」
明坂治子、巽 啓司、吉岡信也、樋口壽宏、小阪謙三、佐藤幸保、西岡良泰、
江川美保、藤原 浩、藤井信吾

IFFS 18th World Congress on Fertility and Sterility 
平成16年5月25日於 Montreal, Canada
招待講演 “Basic science and etiology” 藤井信吾


第9回生殖医学フォーラム 平成16年6月4日~5日 於 大分市
「CD25陽性免疫制御性T細胞の操作による新たな免疫療法への基礎的検討
-その分化機能メカニズムの解析-」
八木治彦、(坂口 志文)、刈谷方俊、福原 健、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
藤井信吾


第110回近畿産科婦人科学会総会・学術集会 2004年6月12日~13日 於 京都
周産期研究部会
「子宮内胎児死亡に特有な胎盤病理所見を示しながら生児を得た1症例」
谷岡真樹、伊東宏晃、小阪謙三、千草義継、岡田由貴子、有澤正義、中山雅弘、
佐川典正、藤井信吾

「一絨毛膜性二羊膜性双胎の一児に無脳症を認めた1症例」
千種義継、小阪謙三、伊東宏晃、吉村静子、斎藤暁子、佐川典正、藤井信吾

「正所性双胎妊娠に子宮外妊娠を合併し妊娠を継続し得た1症例」
岡田由貴子、小阪謙三、伊東宏晃、勝矢聡子、佐川典正、藤井信吾

「当科における子宮肉腫診断についての検討-MRI画像診断を中心として-」
鈴木彩子、刈谷方俊、福原 健、万代昌紀、由良茂夫、樋口壽宏、高倉賢二、
木戸 晶、富樫かおり、藤井信吾


尼崎市産婦人科医会学術講演会 平成16年6月19日 於 兵庫
招待講演「微量出血手術への取り組み」 藤井信吾


第77回日本内分泌学会学術総会 平成16年6月24日~26日 於 京都
招待講演「子宮筋腫:その発生機序に関する最近の知見」 藤井信吾

「ヒト妊娠維持機構における胎盤性エストロゲンの役割」
伊東宏晃、佐川典正、由良茂夫、竹村真紀、川村 真、中尾一和、藤井信吾

「分娩時の周期的な児頭下降が子宮頸部において低分子ヒアルロン酸含有量増加に寄与する可能性の検討」
竹村真紀、佐川典正、伊東宏晃、由良茂夫、角井和代、川村 真、藤井信吾

「胎盤形成に母獣由来の骨盤細胞が関与する可能性
-Green fluorescent protein transgenicマウスを用いた検討-」
川村 真、佐川典正、角井和代、伊東宏晃、由良茂夫、竹村真紀、藤井信吾

「Labor Increases Leptin mRNA Expression in Term Human Placenta: A Possible Role of Pro-inflammatory Cytokines」
Mercy A. Nuamah、佐川典正、伊東宏晃、由良茂夫、竹村真紀、川村 真、
小川佳宏、中尾一和、藤井信吾


平成16年度がんコロキウム 平成16年7月9日~10日 於 大津
生体分解性高分子を用いた抗癌剤内包DDS (drug delivery system) 製剤の開発
21世紀COEプログラム
「病態解明を目指す基礎医学研究拠点(多重遺伝子変異モデルによる病態解明)」
小西光長、田畑泰彦、藤井信吾
 
“Crucial role of FOXP3 in the development and function of human CD25+CD4+ regulatory T cells”
H. Yagi, S. Fujii, (S Sakaguchi)


The Tenth Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society, October 3-7, 2004, Edinburgh, Scotland
“Enhancement of tumor immunity by removing human CD25+4+ regulatory T cells in vitro ”
H. Yagi, M. Kariya, A. Suzuki, M. Konishi, T. Kanamori, K. Fukuhara,
M. Mandai, T. Higuchi, K. Takakura, S. Fujii

Large T抗原、hTERT、ras、c-erbB2遺伝子導入によるヒト卵巣表層上皮細胞の不死化・癌化
21世紀COEプログラム
「病態解明を目指す基礎医学研究拠点(多重遺伝子変異モデルによる病態解明)」
馬場 長、刈谷方俊、草刈孝史、樋口壽宏、福原 健、万代昌紀、高倉賢二、
藤井信吾


第2回RMB(生殖医学・生物学)研究会シンポジウム 平成16年7月10日 於 東京
「ヒト胚着床から胎盤形成過程における細胞膜結合型ペプチダーゼの生理的意義」
藤原 浩


第40回日本周産期・新生児学会学術集会 平成16年7月11日~13日 於 東京
シンポジウム
「産科医療の現状と改革への提言」 藤井信吾

「分娩時に顕性化した潜在性尿崩症の1例」
伊東宏晃、佐川典正、由良茂夫、川村 真、竹村真紀、藤井信吾

「子宮内発育遅延(IUGR)が成人後の肥満発症の危険因子となる機序の解析」
伊東宏晃、佐川典正、由良茂夫、竹村真紀、川村 真、藤井信吾

「子宮内発育遅延(IUGR)児における出生後の糖代謝異常発症機序に関する検討」
由良茂夫、佐川典正、伊東宏晃、竹村真紀、川村 真、藤井信吾

「分娩時の子宮頸部熟化過程における低分子ヒアルロン酸含有量増加機序の解析」
竹村真紀、佐川典正、伊東宏晃、由良茂夫、川村 真、藤井信吾

「胎児期に著明な縮小を認めた先天性嚢胞性腺腫様肺奇形の1例」
川村 真、佐川典正、伊東宏晃、由良茂夫、竹村真紀、藤井信吾

「子宮内発育遅延仔における成長後の高血圧の発症と冠動脈周囲線維化の検討」
川村 真、佐川典正、伊東宏晃、由良茂夫、竹村真紀、藤井信吾


第36回日本婦人科腫瘍学会学術集会 平成16年7月15日~17日 於 広島
「縫合貼付かつDual releaseが可能なDDS製剤CDDPおよびADM包含gelatin
hydrogelの抗腫瘍効果の検討」
小西光長、田畑泰彦、刈谷方俊、馬場 長、松村謙臣、佐藤 寛、八木治彦、
鈴木彩子、福原 健、万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾

「上皮性卵巣癌におけるneuropilin-1(NRP-1)の発現意義」
馬場 長、刈谷方俊、福原 健、松村謙臣、小西光長、八木治彦、鈴木彩子、
万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾


第20回日本DDS学会 平成16年7月15日~16日 於 東京
「縫合貼付かつDual releaseが可能なDDS製剤CDDPおよびADM包含gelatin
hydrogelの抗腫瘍効果の検討」
小西光長、田畑泰彦、藤井信吾


生殖バイオロジー東京シンポジウムランチョンセミナー
平成16年7月18日 於 東京

「着床はどこまで解明されたか?」 藤原 浩


奈良県産婦人科医会・第59回臨床カンファランス 平成16年7月22日 於 奈良
招待講演「微量出血手術への取り組み」 藤井信吾


第6回北信越立山セミナー 平成16年7月24日~25日 於 富山
特別講演「内分泌系及び免疫系を介した胚-母体間のSystemic Crosstalk
着床期の胚-母体間に何がおこっているのか?」
藤原 浩


平成16年度産婦人科医療問題研究会(第21回夏期研修会)
平成16年7月25日 於 京都

シンポジウム「子宮頚部腺癌の病理学的検討」
福原 健、万代昌紀、由良茂夫、樋口壽宏、刈谷方俊、高倉賢二、藤井信吾


第28回日本産科婦人科栄養・代謝研究会 2004年8月20日~21日 於 東京都
「子宮内発育遅延仔における成長後の高血圧の発症と冠動脈周囲線維化の検討
-母獣摂食制限によるマウスIUGRモデルを用いた解析-」
由良茂夫、佐川典正、伊東宏晃、竹村真紀、川村 真、藤井信吾

「胎生期に低栄養に曝された発育遅延マウスにおける成長後のレプチン抵抗性と高脂肪食負荷による肥満の発症」


第1回東北婦人科腫瘍研究会 平成16年8月28日 於 岩手
招待講演「症例から学ぶ婦人科腫瘍の診断と治療」 藤井信吾


第44回日本産科婦人科内視鏡学会 平成16年8月 於 東京
「子宮円索短縮が誘因と考えられる慢性骨盤痛に対し腹腔鏡下手術を施行した2例の報告」
京都大学医学部先端領域医学融合機構、
同大学院医学研究科器官外科学婦人科学産科学教室、神戸市立中央市民病院
福原 健、高倉賢二、北 正人、樋口壽宏、由良茂夫、刈谷方俊、藤井信吾


第49回日本不妊学会総会 平成16年9月2日~4日 於 旭川
「ヒトextravillous trophoblastにおけるephrin A1の発現とその意義」
西岡良泰、藤原 浩、佐藤幸保、Zeng Bing-xiang、巽 啓司、明坂治子、
吉岡信也、樋口壽宏、藤井信吾

「ヒトextravillous trophoblastに発現するintegrinα5の生理学的意義の検討」
Zeng Bing-xiang、藤原 浩、佐藤幸保、西岡良泰、巽 啓司、明坂治子、吉岡信也、
樋口壽宏、藤井信吾


第22回受精着床学会学術講演会 平成16年9月2日~4日 於 旭川
「ephrin A1分子のヒトおよびマウスblastocystにおける発現とその生理的意義」
明坂治子、巽 啓司、吉岡信也、樋口壽宏、小阪謙三、佐藤幸保、西岡良泰、
藤原 浩、藤井信吾


第4回北海道婦人科腫瘍セミナー 平成16年9月25日 於 北海道
招待講演「子宮頸癌の手術療法(NACを含む)」 藤井信吾


10th Biennial International Gynecologic Cancer Society Meeting ,
October 3-7,2004, Edinburgh, Scotland

“In vivo anti-tumor effect of dual release of cisplatin and adriamycin from biodegradable gelatin hydrogel”
M. Kariya, Y. Tabata, M. Konishi, A. Suzuki, H. Yagi, K. Fukuhara, K. Takakura,
S. Fujii

“CLINICAL USEFULNESS OF DIAGNOSTIC CRITERIA BASED ON MAGNETIC
RESONANCE(MRI)IMAGING FOR UTERINE MESENCHYMAL TUMORS TO
PREVENT FROM MISSING SARCOM CASES”
A. Suzuki, M. Kariya, K. Fukuhara, T. Kanamori, H. Yagi, M. Konishi,
K. Takakura, S. Fujii


第19回日本生殖免疫学会 平成16年10月11日 於 箱根
シンポジウム1
着床をめぐる諸問題「胚と内膜の相互作用」 藤原 浩


第8回京大がん研究会 平成16年10月15日 於 京都
「婦人科悪性腫瘍における過去十年間の治療成績」
福原 健


第42回日本癌治療学会 平成16年10月27日~29日 於 京都
「縫合貼付かつDual releaseが可能なCDDPおよびADM包含gelatin
hydrogelの抗腫瘍効果の検討」
小西光長、田畑泰彦、藤井信吾

「ヒト末梢血単核球よりCD25+CD4+制御性T細胞を除去することによるin vitro細胞傷害能の誘導」
八木治彦、刈谷方俊、鈴木彩子、小西光長、万代昌紀、高倉賢二、藤井信吾


第1回国際シンポジウム October 28-30,2004 Kyoto
“In vivo anti-tumor effect of dual release of cisplatin and adriamycin from biodegradable gelatin hydrogel.”
京都大学大学院医学研究科21世紀COEプログラム病態解明を目指す基礎医学研究拠点
M. Konishi, Y. Tabata , S. Fujii


Keystone Symposia, Regulatory/Suppressor T Cells
March 10-15, 2004, Banff Centre, Banff, Alberta, Canada

“Crucial role of FOXP3 in the development of human CD25+CD4+ regulatory T cells”
H. Yagi, (T. Nomura), (K. Nakamura), (T. Kitawaki), (S. Hori), (M. Onodera),
(T. Uchiyama), S. Fujii, (S. Sakaguchi)


COE Genomic Analysis of Disease Model Animals with Multiple Genetic Alterations, The 1st Symposium, October 28-30, 2004, Kyoto, Japan
“Crucial role of FOXP3 in the development and function of human CD25+CD4+ regulatory T cells”
H. Yagi, (T. Nomura), (K. Nakamura), S. Fujii, (S. Sakaguchi)


第86回山形県産婦人科集談会 平成16年10月31日 於 山形
招待講演 「私が行っている広汎子宮全摘術」 藤井信吾


第12回日本胎盤学会学術集会 2004年11月18日~19日 於 別府市
「胎盤および胎児脂肪組織より産生される各種adipocytokineの臍帯血中濃度の検討」
由良茂夫、佐川典正、伊東宏晃、竹村真紀、川村 真、藤井信吾


第27回日本産婦人科手術学会 平成16年11月27日 於 東京
招待講演「京都大学における子宮頚癌手術の歴史」 藤井信吾


第9回日本生殖内分泌学会 平成16年11月27日 於 千里
シンポジウム:子宮内膜の機能とその異常-新しい制御療法を目指して
「ヒト着床期の接着因子と内膜機能」 藤原 浩


第111回近畿産科婦人科学会・学術集会 平成16年11月 於 京都
当科および関係病院で経験した婦人科疾患に合併した重症肺血栓塞栓症10例の解析」
鈴木彩子、刈谷方俊、樋口壽宏、万代昌紀、由良茂夫、福原 健、高倉賢二、
藤井信吾

「正所性双胎妊娠に子宮外妊娠を合併し妊娠を継続し得た1症例」
保野由紀子、小阪謙三、伊東宏晃、竹村真紀、巽 啓司、吉村静子、佐川典正、
藤井信吾

周産期研究部会「正所性双胎妊娠に子宮外妊娠を合併し妊娠を継続し得た一症例」
谷 洋彦、伊東宏晃、小阪謙三、竹村真紀、岡田由貴子、川崎 薫、佐川典正、
藤井信吾


第127回日本不妊学会関西支部集談会 平成16年11月  於 京都
「ヒトおよびマウスblastocystへのephrin A1発現と胚着床における生理的意義」
明坂治子、巽 啓司、吉岡信也、小阪謙三、江川美保、Zeng Bing-Xiang、
布留川和美、藤原 浩、藤井信吾


第34回日本免疫学会学術集会 平成16年12月1日~3日 於 札幌市
「抗ヒトGITRモノクローナル抗体によるCD25+CD4+制御性T細胞のin vitro増殖抑制能の解除」
八木治彦、(野村尚史)、藤井信吾、(坂口志文)


第20回日本糖尿病・妊娠学会 2004年12月10日~11日 於 京都市
シンポジウム
肥満者の妊娠、分娩と長期的予後産科医の立場から
「妊娠中の栄養と新生児長期予後」
佐川典正、由良茂夫、伊東宏晃、角井和代、竹村真紀、川村 真、藤井信吾、
(益崎裕章)、(中尾一和)、(小川佳宏)
京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了