メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2008年(平成20年)業績一覧


和文論文英文論文学会報告

和文論文

「当院における婦人科化学療法の現況」
藤田浩平、吉岡信也、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生、石黒 洋、藤井信吾
産婦人科の進歩,60:90-92,2008

 

 

「婦人科がんに対する免疫療法の現況と展望」
万代昌紀
産婦人科の進歩,60:152-156,2008

 

 

「当科における過去10年間の一絨毛膜二羊膜性(MD)双胎症例の検討」
伴 建二、由良茂夫、福原 建、巽 啓司、松村謙臣、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生、藤井信吾
産婦人科の進歩,60:286-288,2008

 

 

「外陰部に生じたpilonidal sinusの1例」
浮田真沙世、吉岡信也、由良茂夫、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、樋口壽宏、
高倉賢二、小西郁生
産婦人科の進歩,60:327-331,2008

 

 

「常位胎盤早期剥離-経膣分娩と帝王切開-」
福原 健、江本郁子、佐藤幸保、巽 啓司、小西郁生
産婦人科の実際,57(12),1967-1972,2008

 

 

「周産期プラクティス『Ⅱ妊娠-A.妊婦管理』4.妊娠中の栄養管理」
由良茂夫
産婦人科治療,96(増刊):79-84,2008

 

 

「周産期臨床検査のポイント 産科編 62.臓器移植後妊娠」
由良茂夫、宮崎有美子、福原 健、巽 啓司、小西郁生
周産期医学,38(増刊)301-304,2008

 

 

「特集 メタボリックシンドロームUpdate
メタボリックシンドロームに対する新しいアプローチメタボリックシンドロームと胎生期低栄養」
由良茂夫、伊東宏晃、佐川典正
アディポサイエンス,5(1)73-78,2008

 

 

「サポート下着着用による経腟分娩後の骨盤内臓下垂予防の試み」
由良茂夫、(坂本晶子)、(上家倫子)、(谷 徹)、藤井信吾
日本周産期・新生児医学会雑誌,44(3)689-694,2008

 

 

特集 第60回日本産科婦人科学会 卒後研修プログラム
4)免疫細胞を用いた着床率向上の試み
藤原 浩
日本産科婦人科学会雑誌,60(9):N399-402,2008


英文論文

“Contents of endometriotic cysts, especially the high concentration of free iron, are a possible cause of carcinogenesis in the cysts through the iron-induced persistent oxidative stress”
Yamaguchi K, Mandai M, Toyokuni S, Hamanishi J, Higuchi T, Takakura K,
Fujii S
Clin Cancer Res. 2008 Jan 1;14(1):32-40

 

 

“Intractable recurrent cervical cancer with pelvic bone involvement successfully treated with external hemipelvectomy”
Hamanishi J, Higuchi T, Mandai M, Fukuhara K, An M, Nakayama T,
Takakura K, Fujii S
J Obstet Gynaecol Res. 2008 Feb;34(1):112-6

 

 

“Immunostimulatory effect of Fms-like tyrosine kinase 3 ligand on peripheral monocyte-derived dendritic cells and natural killer cells: utilization for ovarian cancer treatment”
Matsumura N, Mandai M, Hamanishi J, Yamaguchi K, Fukuhara K, Yagi H,
Higuchi T, Takakura K, Fujii S
Oncol Rep. 2008 Feb;19(2):505-15

 

 

“Malignant transformation of mature cystic teratoma of the ovary including three cases occurring during follow-up period”
Yamaguchi K, Mandai M, Fukuhara K, Higuchi T, Hamanishi J, Takakura K,
Fujii S
Oncol Rep. 2008 Mar;19(3):705-11

 

 

“Neonatal Exposure to Leptin Augments Diet-induced Obesity in Leptin-deficient Ob/Ob Mice”
S. Yura, H. Itoh, N. Sagawa, (H. Yamamoto), (H. Masuzaki), (K. Nakao),
M. Kawamura, H. Mogami, (Y. Ogawa), S. Fujii
Obesity, 16:1289-1295, 2008

 

 

“T1 Signal Intensity and Height of the Anterior Pituitary in Neonates: Correlation with Postnatal Time”
(E. Kitamura), (Y. Miki), H. Itoh, S. Yura, (N. Mori), (K. Sugimura),
(K.Togashi)
Am J Neuroradiol, 29:1257-60, 2008

 

 

“Monoamine oxidase A is highly expressed by the human corpus luteum of pregnancy”
Yumi Takao, Hiroshi Fujiwara, Shinya Yoshioka, Shingo Fujii, and
Masamichi Ueda
Reproduction, 136:367-375, 2008

 

 

“Emergence of highly neurofilament-immunoractive zipper-like axon segment at the transection site in scalpel-cordotomized adult rat”
Nishio, Kawaguchi, Fujiwara
Neuroscience, 155:90-103, 2008


学会報告

兵庫温知会 講演会 2008年1月 於 神戸
「婦人科腫瘍のマイクロアレイ解析」 松村謙臣


手術化学療法研究会 平成20年1月12日 於 京都
「子宮頸癌術後治療としての化学療法の有用性」
浮田真沙世、吉岡信也、八木治彦、鈴木彩子、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生、藤井信吾


The 39th Annual Meeting on Women's Cancer,
The Society of Gynecologic Oncologists, Tampa,FL, USA
2008年3月9日~12日

“Transcriptome analysis of DNA methylation status in ovarian cancer
- Correlation of aggressiveness and TGFb pathway”
Noriomi Matsumura, Zhiqing Huang, Tiffany Perry, Darby Kroyer,
Tsukasa Baba, Seiichi Mori, Masaki Mandai, Ikuo Konishi, Shingo Fujii,
Andrew Berchuck and Susan K. Murphy

“Microarray analysis identifies NSC668814 as a potentially active
chemotherapeutic agent for platinum-resistant ovarian cancers with TP53
mutations”
Tsukasa Baba, Seiichi Mori, Noriomi Matsumura, Marcus Bernardini,
Shingo Fujii, Andrew Berchuck, and Susan Murphy

“Microarray analysis defines patterns of gene expression associated with mutation of TP53 in ovarian cancers”
Marcus Bernardini, Paula Lee, Tsukasa Baba, Regina Whitaker, Susan Murphy,
and Andrew Berchuck

“Stem cell marker CD133 (PROMININ-1) is epigenetically regulated in ovarian cancer”
Tsukasa Baba, Patricia Convery, Noriomi Matsumura, Regina Whitaker,
Tiffany Perry, Zhiqing Huang, Seiichi Mori, Eiji Kondoh, Rex Bentley,
Shingo Fujii, Jeffrey Marks, Andrew Berchuck, and Susan Murphy

“Methylation in ovarian cancer is related to poor prognosis and suppression of the transforming growth factor βsignaling pathway”
Noriomi Matsumura, Zhiqing Huang, Tiffany Perry, Darby Kroyer,
Tsukasa Baba, Seiichi Mori, Shingo Fujii, Andrew Berchuck, and Susan Murphy

“Gene signature-based oncogene pathway analysis in ovarian cancer; difference by histological subtypes”
Department of Gynecology and Obstetrics, Graduate of medicine,
Kyoto University, Ken Yamaguchi, Masaki Mandai, Noriomi Matsumura,
Junzo Hamanishi, Toshihiro Higuchi, Kenji Takakura and Ikuo Konishi

Focused Plenary Session III- Ovary I-“Targeting Dormant Ovarian Cancer Cells”
Eiji Kondoh, Seiichi Mori, Tsukasa Baba, Noriomi Matsumura, J. Cory Barnett,
Regina Whitaker, Shingo Fujii, Andrew Berchuck, and Susan K. Murphy


第3回生殖再生医学会 平成20年3月30日 於 東京
シンポジウム「着床に関する理論と実践 着床機構に関するOverview」
藤原 浩


第60回日本産科婦人科学会学術講演会 平成20年4月12日~15日 於 横浜
「卵巣癌におけるNK細胞活性化受容体のリガンド発現とその意義」
濵西潤三、李 奎、万代昌紀、樋口壽宏、山口 建、高倉賢二、藤井信吾

「卵巣癌におけるメチル化は予後不良と相関し、TGFb経路の抑制をもたらす」
松村謙臣、Susan Murphy、万代昌紀、福原 健、鈴木彩子、樋口壽宏、高倉賢二、
藤井信吾

「ゼラチン誘導体を用いたパクリタキセルDDS製剤の検討」
山村省吾、田畑泰彦、松村謙臣、鈴木彩子、八木治彦、巽 啓司、万代昌紀、
樋口壽宏、高倉賢二、藤井信吾

「卵巣癌の組織型によって特徴づけられる癌遺伝子シグナル伝達経路のマイクロアレイを用いた解析」
山口 建、万代昌紀、松村謙臣、濱西潤三、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、
高尾由美、巽 啓司、樋口壽宏、高倉賢二、藤井信吾

「マイクロアレイの統計学的解析を用いた着床期子宮内膜における遺伝子発現プロファイルの解析」
岡本尊子、樋口壽宏、巽 啓司、近藤英治、松村謙臣、鈴木彩子、八木治彦、
高尾由美、万代昌紀、高倉賢二、小西郁生、藤井信吾

「再発子宮頸癌に対する骨盤内除臓術の臨床的検討」
吉岡弓子、八木治彦、吉岡信也、由良茂夫、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生、藤井信吾

「マウス母獣の絶食時におけるThioredoxin binding protein-2の胎盤での糖輸送調節機構に関する検討」
最上晴太、由良茂夫、藤井 剛、小西郁生、藤井信吾、(淀井淳司)


第60回日本産科婦人科学学会学術集会 平成20年4月14日 於 横浜
卒後研修プログラム 3.ARTの最近の話題
「免疫細胞を用いた着床率向上の試み」 藤原 浩


99th AACR Annual meeting, San Diego, USA 2008年4月12日~16日
“Epigenetic regulation and tumorigenicity of CD133(+) ovarian cancer cells”
Susan Murphy, Tsukasa Baba, Patricia Convery, Noriomi Matsumura,
Regina Whitaker, Eiji Kondoh, Tiffany Perry, Zhiqing Huang, Rex Bentley,
Seiichi Mori, Shingo Fujii, Jeffrey Marks, and Andrew Berchuck

“DNA methylation in ovarian cancer is related to poor prognosis and suppression of the TGF-beta signaling pathway”
Zhiqing Huang, Noriomi Matsumura, Tiffany Perry, Darby Kroyer,
Tsukasa Baba, Seiichi Mori, Shingo Fujii, Andrew Berchuck, and Susan Murphy


第13回生殖医学フォーラム 2008年5月 於 山口
「マイクロアレイを用いた卵巣癌のメチル化解析」 松村謙臣

「セルラインデータに基づく卵巣がん治療の検索」 馬場 長


第118回近畿産婦人科学会 平成20年月6月14日~15日 於 守口 
「術前診断に苦慮した原発性子宮体部扁平上皮癌(PSCCE)の1例」
伴 建二、鈴木彩子、馬場 長、八木治彦、吉岡信也、万代昌紀、樋口壽宏、
藤原 浩、髙倉賢二、小西郁生

「妊娠中に診断し得た褐色細胞腫合併妊娠の2例」
浮田真沙世、福原 健、松村謙臣、由良茂夫、巽 啓司、高倉賢二、小西郁生

「帝王切開瘢痕部妊娠をメトトレキセート(MTX)投与にて保存的に治療し得た1例」
丸山俊輔、福原 健、松村謙臣、由良茂夫、佐藤幸保、巽 啓司、高倉賢二、小西郁生

周産期研究部会
「子宮内胎児死亡を伴う常位胎盤早期剥離に対する陣痛誘発症例の検討」
江本郁子、福原 健、丸山俊輔、長野英香、松村謙臣、由良茂夫、巽 啓司、
小西郁生

腫瘍研究部会
「再発卵巣癌治療におけるdebulking surgeryの意義」
長野英香、八木治彦、鈴木彩子、吉岡信也、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生


第44回日本周産期・新生児医学会学術集会 平成20年7月13日~15日 於 横浜
「妊娠中に診断することのできた褐色細胞腫合併妊娠の2症例」
浮田真沙代、最上晴太、由良茂夫、藤井 剛、小西郁生


第44回日本婦人科腫瘍学会 2008年7月17日~19日 於 名古屋
「卵巣癌の新生血管を標的としてケモカイン遺伝子(CCL19)導入血管内皮前駆細胞をた局所免疫賦活療法」
濵西潤三、万代昌紀、樋口壽宏、山口 建、高倉賢二、藤井信吾、小西郁生

「子宮筋腫と子宮肉腫の鑑別における造影MRI検査の有用性」
鈴木彩子、万代昌紀、八木治彦、樋口壽宏、高倉賢二、小西郁生、小山 貴、
富樫かおり、藤井信吾

「境界悪性成分を伴う卵巣漿液性腺癌Ⅲ期2例の臨床病理学的特徴」
山村省吾、万代昌紀、鈴木彩子、濱西潤三、松村謙臣、八木治彦、吉岡信也、
高倉賢二、三上芳樹、小西郁生

「卵巣子宮内膜症性嚢胞に発生したpolypoid endometriosisの1例」
三木通保、吉岡信也、鈴木彩子、八木治彦、松村謙臣、万代昌紀、高倉賢二、
小山 貴、三上芳喜、小西郁生

「婦人科検診を機に無症状で発見された虫垂原発腹膜偽粘液腫の1例」
藪田真紀、吉岡信也、八木治彦、鈴木彩子、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生、野村明成、三上芳喜


日本産婦人科・新生児血液学会 第18回学術集会 平成20年6月28日 於 福岡 
シンポジウム「周産期免疫 常態と病態 着床誘導機構について」
藤原 浩



第48回日本産科婦人科内視鏡学会 平成20年7月31日~8月2日 於 横浜
「不妊治療中に発見し腹腔鏡下手術後に生児を得た卵巣性索間質性腫瘍の2例」
福原 健、万代昌紀、三木通保、高倉賢二、小西郁生

「腹腔鏡下に性腺を摘出した性染色体異常(モザイク)の2例」
福原 健、万代昌紀、三木通保、藤原 浩、小西郁生


第9回The Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging
平成20年9月5日~6日 於 淡路

「再開腹術後に再発腫瘤の急速な進展を認めた子宮平滑筋肉腫の1例」
西村浩実、鈴木彩子、八木治彦、伴 建二、馬場 長、福原 健、万代昌紀、
中井朝子、小山 貴、小西郁生

「悪性卵巣腫瘍との鑑別に苦慮したcotyledonoid dissecting leiomyomaの1例」
丸山俊輔、吉岡信也、八木治彦、鈴木彩子、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生


日本産科婦人科栄養・代謝研究会 平成20年9月5日~6日 於 大阪
「妊娠ラット摂餌制限において分岐鎖アミノ酸(BCAA)添加が胎仔発育及び成長後血圧に与える影響」
藤井 剛、由良茂夫、最上晴太、藤田浩平、伊東宏晃、佐川典正、巽啓司、福原 健、
小西郁生


京都温知会 平成20年9月23日 於 京都
「悪性卵巣腫瘍との鑑別に苦慮したcotyledonoid dissecting leiomyomaの1例」
冨田裕之、鈴木彩子、八木治彦、福原 健、馬場 長、万代昌紀、小西郁生


日本産科婦人科学会京都地方部会学術講演会 平成20年10月11日 於 京都
「帝王切開瘢痕部に発育を認めた子宮体癌の1例」
山西優紀夫、馬場 長、種田健司、安彦 郁、八木治彦、鈴木彩子、万代昌紀、
小西郁生


The 1st International workshop on Reproductive Biology:
“Recent Progresses in Reproductive Biology” SKLAB 2008
in 2008.10.10-11. Beijing, China

Invited lecture
“Immune cell contribution to systemic crosstalk between mother and embryo around implantation period”
H Fujiwara


第53回日本生殖医学会総会・学術講演会 平成20年10月23日 於 神戸
シンポジウム2
「母体末梢血由来細胞の着床および初期胎盤形成における役割」
佐藤幸保

「新規アミノペプチダーゼ Laeverinの妊娠初期胎盤における発現」
堀江昭史、佐藤幸保、岡本尊子、高尾由美、藤原 浩、小西郁生


12th Biennial Meeting of International Gynecologic Cancer Society,
Bangkok, THAILAND 2008年10月25日~28日

“Minimal deviation adenocarcinoma of the endometrium”
Kaoru Abiko, Tsukasa Baba, Masaki Mandai, Noriomi Matsumura,
Ayako Suzuki, Haruhiko Yagi, Yoshiki Mikami, and Ikuo Konishi

“Serum CEA elevation as a marker of “aggressive” endometrioid
adenocarcinoma G1 with mucinous component”
Madoka Ogawa, Tsukasa Baba, Kaoru Abiko, Masaki Mandai,
Noriomi Matsumura, Ayako Suzuki, Haruhiko Yagi, Yoshiki Mikami,
and Ikuo Konishi

“The clinical analysis of pelvic exenteration for recurrent uterine cervical cancer”
Yumiko Yoshioka, Haruhiko Yagi, Shinya Yoshioka, Shigeo Yura, Masaki Mandai,
Toshihiro Higuchi, Kenji Takakura, Shingo Fujii, and Ikuo Konishi


第67回日本癌学会学術総会 2008年10月28日~30日 於 名古屋
「マイクロアレイ解析により特徴づけられる卵巣明細胞腺癌の生物学的特性は、
特有の発癌環境を反映している」
山口 建、万代昌紀、山村省吾、濱西潤三、馬場 長、松村謙臣、豊國伸哉、
藤井信吾、小西郁生

「BIGH3は卵巣癌においてメチル化のターゲットであり、大網転移で高発現している」
山村省吾、松村謙臣、万代昌紀、馬場 長、濱西潤三、山口 建、小西郁生


第46回日本癌治療学会学術集会 平成20年10月30日~11月2日 於 名古屋
「子宮頸癌術後治療としての化学療法の有用性」
浮田真沙世、吉岡信也、八木治彦、鈴木彩子、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生、藤井信吾


第119回近畿産科婦人科学会 2008年11年9日 於 大阪
「卵巣腫瘍との鑑別に苦慮した後腹膜発生のextra-uterine adenomyoma with cystic change の1例」
長野英香、八木治彦、鈴木彩子、吉岡信也、万代昌紀、小西郁生

「帝王切開後9日目に冠動脈攣縮によると思われる心停止を来たした成人Still病合併妊娠の1例」
福原 健、長野英香、佐竹由美子、佐藤幸保、巽 啓司、小西郁生

腫瘍研究部会
「地域ネットワークを介した終末期婦人科がん患者ケアへの取り組み」
勝矢聡子、馬場 長、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、小西郁生


第16回日本胎盤学会学術集会 平成20年11月13日~14日 於 福岡
「妊娠マウスの絶食時におけるThioredoxin binding protein-2の母獣・胎仔・胎盤における遺伝子発現の検討」
最上晴太、由良茂夫、藤井 剛、巽 啓司、福原 健、藤田浩平、小西郁生、
藤井信吾、(淀井淳司)


第24回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 平成20年11月28日~29日 於 群馬
シンポジウム
「母体の栄養と児の生涯 妊娠中の母体栄養摂取が胎児発育と児の成長後の血圧変化に及ぼす影響-母獣摂餌制限モデルを用いた検討-」


日本生殖免疫学会 第23回学術集会 平成20年12月6日 於 富山
シンポジウム
「難治性着床不全、不育症に対する治療の試み 自己血液細胞の応用」
藤原 浩
京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了