メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2009年(平成21年)業績一覧


和文論文英文論文和文著書学会報告

和文論文

「子宮体がん 標準治療アップデート 原因と検査:
急増中の子宮体がん 初期症状の不正出血に注意を」
小西郁生
インターネットサイト,がんナビ がんを学ぶ,日経BP社,2009

 

 

「子宮体がん 標準治療アップデート 治療と予後:
がんの性質と広がりから手術法を決定 再発リスクが高い場合は抗がん剤治療を追加」
小西郁生
インターネットサイト,がんナビ がんを学ぶ,日経BP社,2009

 

 

「着床不全に対する新しい治療の試み(3)免疫療法」
藤原浩、高尾由美、佐藤幸保、小西郁生
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY 16:144-148,2009

 

 

腹式単純子宮全摘術 必須術式の完全マスター「単純子宮全摘術の適応と術前診断」
小阪謙三、鈴木彩子、小西郁生
メディカルビュー社:OGS(Obstetric and Gynecologic Surgery) NOW 2

 

 

「卵巣・卵管の腫瘍・類腫瘍」
小西郁生
日本産科婦人科学会雑誌(研修コーナー)61:N560-N565,2009

 

 

「婦人科手術後に合併症があったら("女性特有の救急医療-プライマリケア")」
八木治彦、小西郁生
レジデントノート 3:72-80,2009

 

 

「常位胎盤早期剥離、IUFD後の娩出方法:
経腟分娩か帝王切開か経腟分娩("常位胎盤早期剥離のすべて")」
巽啓司、福原健、佐藤幸保、角井和代、小西郁生
産婦人科の実際,58:2143-2147,2009

 

 

「子宮筋腫合併妊娠の分娩処理とMRIの有用性」
勝矢聡子、佐藤幸保、安彦郁、福原健、鈴木彩子、松村謙臣、万代昌紀、藤原浩、
小西郁生
産婦人科の実際,58(13):2195-2201,2009

 

 

「子宮内膜症性嚢胞に発生する腫瘍の病理と画像診断」
鈴木彩子、万代昌紀、小西郁生
産婦人科の実際,58 (8):1149-1158,2009

 

 

「子宮内胎児発育不全(IUGR)における娩出時期についての検討」
細野加奈子、佐藤幸保、角井和代、松村謙臣、巽啓司、藤原浩、小西郁生
産婦人科の実際,58(13) :2211-2215,2009

 

 

「婦人科がんの妊孕能温存療法と不妊治療」
万代昌紀、小西郁生
産婦人科の実際,58:1606-1614,2009

 

 

「妊娠中に発見された悪性卵巣腫瘍の取り扱い」
万代昌紀、小西郁生
産婦人科の実際,58:1981-1988,2009

 

 

「卵管癌の臨床診断と治療」
万代昌紀、小西郁生
産婦人科の実際,58:1333-1341,2009

 

 

「上皮性卵巣癌の妊孕能温存治療」
万代昌紀、小西郁生
産婦人科の実際,58:383-390,2009

 

 

不妊治療ハンドブック
「検査 ホルモン検査—卵巣(含:黄体機能)」
高尾由美、佐藤幸保、藤原浩、小西郁生
産婦人科の実際,Vol.58,No11:1622-1628

 

 

「がん診療 update—子宮頸がん」
小西郁生、万代昌紀
日本医師会雑誌,138:S254-257,2009

 

 

産婦人科の進歩 今日の問題「婦人科悪性腫瘍に対する体腔鏡下手術」
小阪謙三
産婦人科の進歩,62(1) 53-54,2009

 

 

「地域ネットワークを介した終末期婦人科がん患者ケアへの取り組み」
勝矢聡子、馬場長、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、小西郁生
産婦人科の進歩,61:238-240,2009

 

 

「再発卵巣癌治療におけるdebulking surgeryの意義」
長野英香、八木治彦、鈴木彩子、吉岡信也、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二
小西郁生
産婦人科の進歩,61:57-60,2009

 

 

「悪性卵巣腫瘍との鑑別診断に苦慮したcotyledonoid dissecting leiomyomaの1例」
丸山俊輔、吉岡信也、八木治彦、鈴木彩子、万代昌紀、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生
産婦人科の進歩,61:7-12,2009

 

 

「子宮内胎児死亡を伴う常位胎盤早期剥離に対する陣痛誘発症例の検討」
江本郁子、福原健、丸山俊輔、長野英香、松村謙臣、由良茂夫、巽啓司、小西郁生
産婦人科の進歩,61:117-120,2009

 

 

「【産科の薬物療法】薬物の選択 抗癌剤、免疫抑制剤(解説/特集)」
由良茂夫、巽啓司、小西郁生
周産期医学 39(11):1503-1507, 2009

 

 

婦人科腫瘍専門医 ("専門医ガイドブック-サブスペシアリテイ選択のために")」
小西郁生
産科と婦人科 76:1356-1364,2009

 

 

Annual Review 2009 糖尿病・代謝・内分泌 :208-212
「4.黄体形成のメカニズム」
藤原浩
中外医学社

 

 

「免疫細胞を用いた着床率の向上」
藤原浩、高尾由美、小西郁生
産婦人科治療 98(2):140-146,2009

 

 

「血液細胞を介した新しい胚-
母体間の相互応答機構とそれを応用した着床不全患者に対する治療法の開発」
藤原浩
日本産婦人科・新生児血液学会誌 Vol.18,No.2:115-120,2009

 

 

子宮疾患・子宮内膜症の臨床
「女性性器の発生学」
馬場長、山田重人、万代昌紀、小西郁生
日本臨床,67(増刊):5-10,2009

 

 

「子宮筋腫」
鈴木彩子、小西郁生
子宮疾患・子宮内膜症の臨床,
日本臨牀,67巻 増刊号5,265-269,2009

 

 

「悪性卵巣腫瘍の化学療法」
八木治彦、小西郁生
産婦人科研修ノート 診断と治療社,470-472,2009

 

 

「【メタボリックメモリー】 レプチンサージからのメッセージ
内分泌ホルモンによる神経系ニューロンのネットワーク構築が将来の生活習慣病に影響を及ぼす可能性(解説/特集)」
由良茂夫、伊東宏晃
BIO Clinica,24(11):976-980,2009

 

 

「【がん 肥満・糖尿病との関係】 レプチンを産生する腫瘍とは?
レプチンを産生する腫瘍について教えてください(Q&A/特集)」
由良茂夫
Q&Aでわかる肥満と糖尿病,8(3):357-359,2009

 

 

「母体の栄養と児の生涯
妊娠中の母体栄養摂取が胎児発育と児の成長後の血圧変化に及ぼす影響
母獣摂餌制限モデルを用いた検討」
最上晴太、由良茂夫、川村真、藤井剛、巽啓司、藤田浩平、福原健、小西郁生
糖尿病と妊娠,9(1):33-35,2009


英文論文

“Alpha 1 antitrypsin activity is decreased in human amnion in premature rupture of the fetal membrane.”
(Izumi-Yoneda N), Toda A, (Okabe M), (Koike C), (Takashima S), (Yoshida S),
Konishi I, (Saito S), (Nikaido T):
Mol Hum Reprod 15:49-57, 2009

 

 

“Autocrine stimulation of IGF-1 in estrogen-induced growth of endometrial carcinoma cells: Involvement of the MAPK pathway follwed by up-regulation of cyclin D1 and cyclin E.”
(Kashima H), (Shiozawa T), (Miyamoto T), (Suzuki A), (Uchikawa J),(Kurai M),
Konishi I:
Endocr Relat Cancer 16:113-122, 2009

 

 

“Classification using hierarchical clustering of tumor-infiltrating immune cells identifies poor prognostic ovarian cancers with high levels of COX expression.”
(Liu M), Matsumura N, Mandai M, (Li K), Yagi H, Baba T, Suzuki A,
Hamanishi J, Fukuhara K, Konishi I.
Mod Pathol. 2009 Mar;22(3):373-84. Epub 2008 Nov 7.

 

 

“Clinical significance of the NKG2D ligands, MICA/B and ULBP2 in ovarian cancer: high expression of ULBP2 is an indicator of poor prognosis.”
Li K, Mandai M, Hamanishi J, Matsumura N, Suzuki A, Yagi H, Yamaguchi K,
Baba T, Fujii S, Konishi I.
Cancer Immunol Immunother. 2009 May;58(5):641-52. Epub 2008 Sep 13.

 

 

“Functional delineation and differentiation dynamics of human CD4+ T cells expressing the FoxP3 transcription factor.”
(Miyara M), Yoshioka Y, (Kitoh A), (Shima T), (Wing K), (Niwa A), (Parizot C),
(Taflin C), (Heike T), (Valeyre D), (Mathian A), (Nakahata T), (Yamaguchi T),
(Nomura T), (Ono M), (Amoura Z), (Gorochov G), (Sakaguchi S).
Immunity, 2009 Jun 19; 30(6):899-911

 

 

“MLH1 expression sensitizes ovarian cancer cells to cell death mediated by XIAP inhibition.”
(Ding X), (Mohd AB), (Huang Z), Baba T, (Bernardini MQ), (Lyerly HK),
(Berchuck A), (Murphy SK), (Buermeyer AB), (Devi GR).
Br J Cancer, 2009 Jul 21;101(2):269-77.

 

 

“Anchorage-independent cell growth signature identifies tumors with
metastatic potential.”
(Mori S), (Chang JT), (Andrechek ER), Matsumura N, Baba T, (Yao G),
(Kim JW), (Gatza M), (Murphy S), (Nevins JR).
Oncogene. 2009 Aug 6;28(31):2796-805.

 

 

“Yin yang 1 modulates taxane response in epithelial ovarian cancer”
Matsumura N, (Huang Z), Baba T, (Lee PS), (Barnett JC), (Mori S),
(Chang JT), (Kuo WL), (Gusberg AH), (Whitaker RS), (Gray JW), Fujii S,
(Berchuck A), (Murphy SK).
Mol Cancer Res. 2009 Feb;7(2):210-20.

 

 

“Epigenetic regulation of CD133 and tumorigenicity of CD133+ ovarian cancer cells”
Baba T, (Convery PA), Matsumura N, (Whitaker RS), Kondoh E, (Perry T),
(Huang Z), (Bentley RC), (Mori S), Fujii S, (Marks JR), (Berchuck A),
(Murphy SK).
Oncogene. 15;28(2):209-18, 2009

 

 

“Stress affects uterine receptivity through an ovarian-independent pathway”
Kondoh E, Okamoto T, Higuchi T, Tatsumi K, Baba T, (Murphy SK),
Takakura K, Konishi I, Fujii S.
Hum Reprod. 24(4):945-53, 2009

 

 

“Feasibility study of neoadjuvant chemotherapy followed by interval debulking surgery for stage III/IV ovarian, tubal, and peritoneal cancers”
(Onda T), (Kobayashi H), (Nakanishi T), (Hatae M), (Iwasaka T), Konishi I,
(Shibata T), (Fukuda H), (Kamura T), (Yoshikawa H) Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0206.
Gynecol Oncol 113:57-62, 2009

 

 

“Human amniotic mesenchymal cells differentiate into chondrocytes.”
(Wei JP), (Nawata M), (Wakitani S), (Kametani K), (Ota M), Toda A,
(Konishi I), (Ebara S), (Nikaido T)
Cloning Stem Cells 11:19-26, 2009

 

 

“Endometrial cancer state of the science meeting.”
(Kitchener HC), (Trimble EL), (Altgassen C), (Aghajanian C), (Amant F), (Birrer M), (Blake P), (Boyd J), (Brady M), (Cantu D), (Cibull M), (Copeland L), (Creasman W), (Creutzberg C), (Darcy K), (Davidson S), (DiSaia P), (Filiaci G), (Fleming G), (Gabra H), (Gaffney D), (Goldman P), (Goodfellow P), (Green J), (Hall G), (Hawnaur J), (Hogberg T), (Holland C), (Hoskins W), (Linsey J), (Jhingran A), (Kang S), (Kehoe S), (Kim JW), (Kitchener H), Konishi I, (Kristensen G), (Ledermann J), (Leslie K), (Lively T), (Livsey J), (Lu K), (Marth C), (Mathias L), (McCluggage G),(McConnell D), (McMeekin S), (Maxwell L), (Miller D), (Mundt A), (Mutter G), (Orton J), (Oza A), (Perren T), (Petryshun R), (Pignata S), (Podratz K), (Powell M), (Randall M), (Reed N), (Sagae S), (Salvesen H), (Sehouli J), (Klinikum V), (Sheridan E), (Slomovitz B), (Small W), (Stuart G), (Swart AM), (Symonds P), (Tay SK), (Thigpen JT), (Thomas G), (Tominson I), (Tongaonkar H), (Trimble E), (Walker J), (Wong YF)
Int J Gynecol Cancer 19:134-140, 2009

 

 

“Phase I study of combination chemotherapy with irinotecan hydrochloride and nedaplatin for cervical squamous cell carcinoma: Japanese Gynecologic Oncology Group study.”
(Yamamoto K), (Kokawa K), (Umesaki N), (Nishimura R), (Hasegawa K), Konishi I, (Saji F),(Nishida M), (Noguchi H), (Takizawa K)
Oncol Rep 21:1005-1009, 2009

 

 

“Isocaloric high-protein diet as well as branched-chain amino acids
supplementeddiet alleviates adverse consequences of maternal undernutrition on fetal growth.”
Mogami H, Yura S, Itoh H, Kawamura M, Fujii T, (Suzuki A), (Aoe S),
(Ogawa Y), Sagawa N, Konishi I, Fujii S
Growth Hormone & IGF Research, 19(6):478-485, 2009

 

 

“Up-regulation of nuclear receptor corepressor (NCoR) in progestin-induced growth suppression of endometrial hyperplasia and carcinoma.”
(Kashima H), (Horiuchi A), (Uchikawa J), (Miyamoto T), (Suzuki A),
(Ashida T), Konishi I, (Shiozawa T)
Anticancer Res 29:1023-1030, 2009

 

 

“Isocaloric high-protein diet ameliorates systolic blood pressure increase and cardiac remodeling caused by maternal caloric restriction in adult mouse offspring.”
Kawamura M, Itoh H, Yura S, Mogami H, Fujii T, (Makino H), (Miyamoto Y),
(Yoshimasa Y), (Aoe S), (Ogawa Y), Sagawa N, (Kanayama N), Konishi I:
Endocrine Journal, 56(5): 679-689, 2009

 

 

“Isolated levocardia: prenatal diagnosis and management.”
Katsuya S, Yamada S, Ukita M, Nishimura H, Matsumura N, Fukuhara K,
Sato Y, (Shiota K), Konishi I:
Congenit Anom 49:56-60, 2009

 

 

“Changes in the expression of E-cadherin repressors, Snail, Slug, SIP1, and Twist, in the development and progression of ovarian carcinoma: The important role of Snail in ovarian tumorigenesis and progression.”
(Yoshida J), (Horiuchi A), (Kikuchi N), (Hayashi A), (Osada R), (Ohira S),
(Shiozawa T), Konishi I
Med Mol Morphol 42:82-91, 2009

 

 

“Angiotensin II receptor blocker candesartan cilexetil, but not hydralazine hydrochloride, protects against mouse cardiac enlargement resulting from undernutrition in utero.”
Kawamura M, Itoh H, Yura S, Mogami H, Fujii T, (Kanayama N), Konishi I:
Journal of Reproductive Science, 16(10):1005-1012, 2009

 

 

“Inverse correlation between Skp2 and p27(Kip1) in normal endometrium and endometrial carcinoma.”
(Miyamoto T), (Horiuchi A), (Kashima H), (Suzuki A), (Yamada T), (Kurai M),
Konishi I, (Shiozawa T)
Gynecol Endocrinol (epub), 2009

 

 

“Cyclin A2 confers cisplatin resistance to endometrial carcinoma cells via up-regulation of an Akt-binding protein.”
(Suzuki A), (Horiuchi A), (Ashida T), (Miyamoto T), (Kashima H), (Nikaido T),
Konishi I, (Shiozawa T)
periplakin. J Cell Mol Med (epub), 2009

 

 

“Targeting slow-proliferating ovarian cancer cells.”
Kondoh E, Mori S, Yamaguchi K, Baba T, Matsumura N, (Cory Barnett J),
(Whitaker RS), Konishi I, Fujii S, (Berchuck A), (Murphy SK)
Int J Cancer (equb), 2009

 

 

“Ovarian cancer in endometriosis.”
Konishi I
Int J Clin Oncol 14:377, 2009

 

 

“Ovarian cancer in endometriosis: molecular biology, pathology, and clinical management.”
Mandai M, Yamaguchi K, Matsumura N, Baba T, Konishi I.
Int J Clin Oncol. 2009 Oct;14(5):383-91. Epub 2009 Oct 25. Review.

 

 

Lactoferrin is associated with a decrease in oocyte depletion in mice receiving cyclophosphamide”
Horiuchi Y, Higuchi T, Tatsumi K, Takakura S, Konishi I
Fertil Steril 91(5 Suppl):2069-2078, 2009

 

 

“Stress affects uterine receptively through an ovarian-independent pathway”
Kondo E, Okamoto T, Higuchi T, Tatsumi K, Baba T, (Murphy SK), Takakura K,
Konishi I, Fujii S
Hum Reprod 24(4):945-53, 2009

 

 

“Is the zona pellucida an intrinsic source of signals activating maternal recognition of the developing mammalian embryo?”
Hiroshi Fujiwara, (Yoshihiko Araki), (Kiyotaka Toshimori)
Journal of Reproductive Immunology, 81:1-8, 2009.

 

 

“Immune System Cooperatively Supports Endocrine System-Primed Embryo Implantation”
Fujiwara H, (Ideta A), (Araki Y), Takao Y, Sato Y, (Tsunoda N), (Aoyagi Y),
Konishi I
Journal of Mammalian Ova Research, 26:122-128, 2009

 

 

“Do circulating blood cells contribute to maternal tissue remodeling and mbryo-maternal cross-talk around the implantation period?”
Fujiwara H
Molecular Human Reproduction, 15(6):335-343, 2009

 

 

“Histidine 379 of Human Laeverin/Aminopeptidase Q, a Nonconserved Residue within the Exopeptidase Motif, Defines Its Distinctive Enzymatic Properties”
(Maruyama M), (Arisaka N), (Goto Y),(Ohsawa Y), (Inoue H), Fujiwara H,
(hattori A), (Tsujimoto M)
Journal of Biological Chemistry, 284(50):34692-34702, 2009


和文著書

「卵管癌」
小西郁生
山口徹、北原光夫、福井次夫(編)
今日の治療指針2009 pp936
医学書院 東京 2009

 

 

「卵巣腫瘍取扱い規約」
(安田允)、(岩坂剛)、(宇田川泰博)、(落合和徳)、(加来常壽)、
(嘉村敏治)、小西郁生、(坂本穆彦)、(手島伸一)、(長坂徹郎)、
(本山悌一)、(安田政実)、(深澤一雄)
日本産科婦人科学会・日本病理学会(編)
金原出版 東京 2009


学会報告

三重産婦人科医会 平成21年1月15日 於 津市
特別講演「子宮肉腫の診断と治療」
小西郁生

40th Annual Meeting of the Society of Gynecologic Oncologists (SGO),
San Antonio, TEXAS, USA February 5-8, 2009

“Loss of GPR54 correlates with stem cell activity in high-grade endometrial cancer.”
Baba T, Kang H.S., Matsumura N, Hamanishi J, Mandai M, (Berchuck A),
(Murphy S.K.), Konishi I

“7-hydroxystaurosporine(CN-01)is effective in targeting ovarian cancer spheroids.”
Kondoh E, Baba T, Matsumura N, Konishi I, Fujii S, (Berchuck A),(Murphy S.K.)

“Activated local immunity by chemokine CCL19-transduced embryonic
endothelial progenitor cells suppresses lung metastasis.”
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Yamaguchi K, Fujii S, Konishi I

“Gene signature specific for ovarian clear cell carcinoma is induced by the contents of endometriotic cysts.”
Yamaguchi K, Mandai M, Matsumura N, Baba T, (Oura T), (Matsui S),
(Murphy S. K.), (Berchuck A), Fujii S, Konishi I


播州産婦人科セミナー 平成21年2月14日 於 姫路市
特別講演「婦人科悪性腫瘍の早期診断」
小西郁生


京都がん研究会 平成21年2月20日 於 京都市
「再発卵巣癌治療におけるdebulking surgeryの意義 」
長野英香、八木治彦、馬場長、鈴木彩子、福原健、万代昌紀、小西郁生

「地域ネットワークを介した終末期婦人科がん患者ケアへの取り組み」
馬場長、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、小西郁生


ヤンセンファーマ社内勉強会 平成21年2月27日 於 東京都
特別講演「婦人科腫瘍の治療とその現状」
小西郁生


神戸大学産婦人科「位育会」総会 平成21年3月8日 於 神戸市
特別講演「婦人科悪性腫瘍の早期診断」
小西郁生


第12回京大病院臨床懇話会 平成21年3月8日 於 京都市(芝蘭会館)
報告「京都市内の産科救急体制と京大病院の役割」
小西郁生


2009年度日本農芸化学会大会 平成21年3月28日 於 福岡市
シンポジウム エキソペプチダーゼ研究の新たな展開
「ヒト胎盤形成における細胞膜結合型ペプチダーゼの役割」
藤原浩


第61回日本産科婦人科学会 平成21年4月3日~5日 於 京都市
シンポジウム
卵巣がんの新たな治療戦略 -基礎から、そして臨床から-
「卵巣癌における化学療法感受性バイオマーカーの開発と組織型による分子標的の同定 -治療個別化に向けたBioinformaticsの応用」
松村謙臣

高得点演題、グッドプレゼンテーション賞
「卵巣癌腹膜播種の新生血管を標的として、ケモカインCCL19遺伝子導入胚性血管内皮細胞を用いて局所免疫賦活を目指した新規免疫療法開発の基礎的検討」
浜西潤三、万代昌紀、松村謙臣、馬場長、八木治彦、山口建、樋口壽宏、高倉賢二、
小西郁生、藤井信吾

高得点演題
「卵巣癌大網転移におけるメチル化遺伝子群の発現とTGF-beta活性の亢進」
山村省吾、松村謙臣、山口建、濱西潤三、万代昌紀、馬場長、小西郁生

「子宮体癌における転移抑制因子受容体GPR54の発現と機能」
姜賢淑、馬場長、濱西潤三、山口建、松村謙臣、万代昌紀、小西郁生

「免疫細胞の浸潤パターンに基づく階層的クラスター解析により
COX高発現/予後不良の卵巣癌を同定できる」
吉岡弓子、松村謙臣、万代昌紀、八木治彦、馬場長、鈴木彩子、濱西潤三、福原健、
小西郁生

「再発卵巣癌治療におけるdebulking surgeryの意義」
長野英香、八木治彦、馬場長、鈴木彩子、福原健、万代昌紀、小西郁生

「子宮体癌IVb期治療における減量手術の意義」
渕野聖美、八木治彦、馬場長、鈴木彩子、福原健、万代昌紀、小西郁生

「子宮体部原発のminimal deviation adenocarcinomaの1例」
安彦郁、馬場長、八木治彦、鈴木彩子、万代昌紀、(三上芳喜)、小西郁生

「子宮体癌における腫瘍マーカーCA125,CA19-9,CEAの臨床的意義」
小川まどか、馬場長、松村謙臣、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、小西郁生

「卵管との疎通性を有し卵管留血腫との鑑別が必要であった内膜症性のう胞の1例」
堀江昭史、藤原浩、岡本尊子、高尾由美、菅沼信彦、小西郁生

「Thioredoxin binding protein-2の正常および妊娠高血圧症候群胎盤における発現」
最上晴太、由良茂夫、藤井剛、藤田浩平、福原健、巽啓司、小西郁生

「ラット母獣の分岐鎖アミノ酸摂取量が胎生期低栄養の胎仔の循環系に及ぼす影響」
藤井剛、由良茂夫、最上晴太、藤田浩平、伊東宏晃、佐川典正、福原健、巽啓司、
小西郁生


第82回日本内分泌学会学術総会 平成21年4月23日~25日 於 前橋市
「ラット母獣摂餌制限モデルにおいて分岐鎖アミノ酸摂取が胎仔の循環系に与える影響」
藤井剛、由良茂夫、最上晴太、藤田浩平、伊東宏晃、佐川典正、福原健、巽啓司、
小西郁生


第1回熊本エンドメトリオーシス研究会 平成21年5月8日 於 熊本市
特別講演「子宮内膜症と卵巣癌」
小西郁生


平成21年度神戸市産婦人科医会研修会 平成21年5月9日 於 神戸市
特別講演「子宮肉腫の診断と治療」
小西郁生


平成21年度芝蘭会香川支部学術講演会 平成21年5月16日 於 高松市
特別講演「婦人科進行がんの集学的治療」
小西郁生


第121回長野県産科婦人科医会学術講演会 平成21年5月23日 於 松本市
特別講演「婦人科進行がんに対する集学的治療」
小西郁生


International Forum on Obstetrics and Gynecology,
The 125th Anniversary of Onbstetrics and Gynecology Hospital,
Fudan University, Jun 6, 2009, Shanghai, China

Lecture
“Toward understanding the development and dissemination of ovarian cancer”
Konishi I


第120回近畿産科婦人科学会 平成21年6月27日~28日 於 神戸市
「ゲノムワイドな発現解析で卵巣粘液性腫瘍はミュラー管型と腸管型に分類される」
岡本尊子、松村謙臣、万代昌紀、(大浦智紀)、濱西潤三、馬場長、鈴木彩子、
八木治彦、小西郁生

「hCG産生を示した卵巣明細胞腺癌2例の病理組織学的検討」
(眞田佐知子)、八木治彦、安彦郁、福原健、馬場長、鈴木彩子、万代昌紀、
(三上芳喜)、小西郁生


第8回日本婦人科がん分子標的研究会学術集会 平成21年7月3日 於 福岡市
「子宮体癌における転移抑制因子受容体GPR54の発現意義
-新規治療標的としての可能性」
姜賢淑、馬場長、濱西潤三、山口建、松村謙臣、万代昌紀、小西郁生

「卵巣癌局所における免疫細胞浸潤による階層的クラスター解析を用いた
new prognostic indexの探索」
濵西潤三、万代昌紀、松村謙臣、馬場長、(劉敏)、吉岡弓子、山村省吾、
岡本尊子、姜賢淑、小西郁生


研修医・修練医のための産婦人科サマーセミナー2009
平成21年7月4日 於 大阪市
講演「子宮肉腫の診断と治療」
小西郁生


第2回伊勢志摩DOHaDカンファレンス 平成21年7月4日 於 津市
「胎生期低栄養ラットモデルにて母獣の分岐鎖アミノ酸摂取が胎仔の循環系に与える影響」
藤井剛、由良茂夫、最上晴太、藤田浩平、近藤英治、伊東宏晃、佐川典正、
角井和代、巽啓司、小西郁生


第189回大阪医科大学産婦人科「三曜会」総会 平成21年7月5日 於 神戸市
特別講演「子宮癌からヒトの性の進化を探る」
小西郁生


第46回日本産人科腫瘍学会学術集会 平成21年7月11日 於 新潟市
「卵巣癌大網転移巣におけるTGFBR2発現と、卵巣癌に対するTGFβ阻害剤の治療効果の検討」
山村省吾、松村謙臣、濱西潤三、山口建、馬場長、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、
小西郁生

「卵巣外進展を呈した本邦では稀な卵巣 Serous Borderline Tumor 3例の臨床病理学的検討」
西村浩実、八木治彦、(眞田佐知子)、鈴木彩子、馬場長、福原健、万代昌紀、
(三上芳喜)、小西郁生

「当科における子宮頸部神経内分泌腫瘍の臨床病理学的検討」
冨田浩之、鈴木彩子、八木治彦、馬場長、福原健、万代昌紀、小西郁生


第45回日本周産期・新生児医学会 学術集会
平成21年7月12日~14日 於 名古屋市
「胎生期低栄養ラットモデルにて母獣の分岐鎖アミノ酸摂取が胎仔の循環系に与える影響」
藤井剛、由良茂夫、最上晴太、藤田浩平、伊東宏晃、佐川典正、角井和代、福原健、
巽啓司、小西郁生


第1回子宮頸がん征圧 京都Expert Meeting 平成21年7月16日 於 京都市
ショートレクチャー「日本における子宮頸がんの予防戦略」
小西郁生


第42回日本産科婦人科学会四国連合地方部会学術講演会
平成21年7月18日 於 徳島市

特別講演「婦人科進行がんに対する集学的治療」
小西郁生


第2回温知会サマークリニカルフォーラム シンポジウム
平成21年7月21日 於 京都市

「子宮体癌の術後治療:化学療法について」
八木治彦


IUPS Satellite Symposium on Endometrial Receptivity and Blastocyst Implantation 2009.7.25. Kyoto, Japan
“Circulating blood cell contribution to embryo implantation”
Fujiwara H

“Monoamine oxidase-A is highly expressed by the human corpus luteum of pregnancy”
Takao Y, Fujiwara H, Yoshioka S, (Ueda M), Konishi I
Good Presentation Award受賞

“Administration of bovine peripheral blood mononuclear cells into the uterine horn promote early embryonic development in utero”
(Ideta A), (Hayama K), (Sakurai T), (Tsuchiya K), (Urakawa M),
(Nakamura Y), Fujiwara H, (Imakawa K), (Aoyagi Y)


第33回日本産婦人科栄養・代謝研究会 平成21年7月31日~8月1日 於 金沢市
「マウス母獣絶食時におけるチオレドキシン結合蛋白(TBP-2)の胎仔血糖調節機構に対する検討」
最上晴太、藤井剛、由良茂夫、巽啓司、藤田浩平、近藤英治、角井和代、藤井信吾、
(淀井淳司)、小西郁生


第27回日本受精着床学会学術講演会 平成21年8月6日~7日 於 京都市
「ウシ末梢血単核球細胞(PBMC)の子宮内注入が胚移植後の受胎率に及ぼす影響」
(出田篤司)、(酒井伸一)、(中村雄気)、(浦川真実)、(波山功)、(土屋加那美)、
藤原浩、(青柳敬人)

シンポジウム3「着床研究の分子生物学的アプローチ」
5)免疫細胞による着床誘導
藤原浩


第3回産婦人科サマースクール2009 in 美ヶ原 平成21年8月8日 於 松本市
教育講演「子宮体癌の病理診断」
小西郁生


日本医師会 第53回社会保険指導者講習会 平成21年8月21日 於 東京都
講演「婦人科領域がん診療update」
小西郁生


第27回日本ヒト細胞学会学術集会 平成21年8月22日~23日 於 東京都
シンポジウム:着床をめぐる最近の話題
末梢血免疫細胞による胚着床誘導機構とその臨床応用
藤原浩


第14回山陰婦人科腫瘍研究会 平成21年8月27日 於 米子市
特別講演「婦人科悪性腫瘍の早期診断」
小西郁生


第30回日本妊娠高血圧学会 平成21年8月29日 於 岡山市
「ヒト胎盤での神経栄養因子および受容体の発現と胎児発育や妊娠高血圧症候群における関与」
藤田浩平、巽啓司、最上晴太、藤井剛、近藤英治、角井和代、小西郁生


京都産婦人科研究会設立25周年記念講演会 平成21年9月12日 於 京都市
特別講演「子宮癌からヒトの性の進化を探る」
小西郁生


第14回生殖医学フォーラム 2009年9月19日 於 大津市
「卵巣癌大網転移巣におけるTGFβ活性-分子標的治療への展望-」
山村省吾、松村謙臣、万代昌紀、馬場長、濱西潤三、山口建、姜賢淑、岡本尊子、
小西郁生


平成21年度京大関係病院長協議会 平成21年9月26日 於 京都市
講演「産婦人科医療の最近の動向について」
小西郁生


第68回日本癌学会 平成21年10月1日~3日 於 横浜市
“The investigation of new prognostic cluster using the hierarchical clustering of tumor-infiltrating immune cells in ovarian cancers”
(腫瘍浸潤免疫細胞の階層的クラスター解析による卵巣癌の新たな予後因子の探索)
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Baba T, Yamamura S, Okamoto T,
Kang H.S, Yamaguchi K, Konishi I

“ovarian mucinous tumors are classified into intestinal-type andmullerlian-type by genome-wide gene expression analysis”
Okamoto T, Matumura N, Mandai M, Baba T, Hamanishi J, Kang H.S,
Yamamura S, Konishi I

“GPR54; a novel target in the treatment of endometrial cancer”
姜賢淑、馬場長、万代昌紀、濱西潤三、松村謙臣、山村省吾、山口建、小西郁生

「卵巣がん播種転移巣におけるTGFβ活性化:卵巣がん治療の分子標的の候補として」
山村省吾、松村謙臣、万代昌紀、馬場長、濱西潤三、山口建、姜賢淑、岡本尊子、
小西郁生


第17回日本胎盤学会学術集会 平成21年10月16日~17日 於 東京都
「妊娠中摂餌制限を行ったラット母獣への分岐鎖アミノ酸投与が胎仔循環器に与える影響」
藤井剛、由良茂夫、最上晴太、藤田浩平、伊東宏晃、佐川典正、近藤英治、
角井和代、巽啓司、小西郁生

「ヒト胎盤での神経栄養因子および受容体の発現と胎児発育や胎内環境との関係」
藤田浩平、巽啓司、最上晴太、藤井剛、近藤英治、角井和代、小西郁生


京都産婦人科学会 平成21年10月17日 於 京都市
「腹膜原発のAFP産生腫瘍の一例」
鄒沙織、馬場長、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、小西郁生


大阪市立大学産婦人科「仁風会」総会 平成21年10月17日 於 大阪市
特別講演「子宮がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


第47回日本癌治療学会学術集会 平成21年10月22日~24日 於 横浜市
「他臓器進展を来した子宮・卵巣肉腫に対し、合併切除を行い完全切除しえた4例の検討」
八木治彦、西村浩実、鈴木彩子、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


Gynecologic Cancer Intergroup October 10, 2009 Belgrade
Translational Research Committee

“Gene expression profiling analysis to select an anti-tumor agent against ovarian clear cell carcinoma.”
Matsumura N

“The investigation of new prognostic cluster using the hierarchical clustering of tumor-infiltrating immune cells in ovarian cancers”
Gynecologic Cancer Intergroup October 10, 2009 Belgrade
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Baba T, Yamamura S, Okamoto T,
Yamaguchi K, Konishi I

“ovarian mucinous tumors are classified into intestinal-type and mullerlian-type by genome-wide gene expression analysis”
Okamoto T, Matumura N, Mandai M, Baba T, Hamanishi J, Kang H.S,
Yamamura S, Konishi I


京都婦人科腫瘍フォーラム 平成21年10月29日 於 京都市
基調講演
「マイクロアレイ解析に基づく卵巣明細胞腺癌に対する治療薬の選択」
松村謙臣


第121回近畿産科婦人科学会学術集会 平成21年11月1日 於 神戸市
「卵巣癌の診断におけるPET-CT検査の有用性」
鈴木彩子、馬場長、八木治彦、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


Global COE Area Meetings; Cancer Area Session
平成21年11月1日 於 洲本市
“Investigation of a novel molecular target therapy against ovarian clear cell carcinoma based on the analysis of expression microarray using bioinformatics.”
Matsumura N


The 3rd International Forum on Repeated IVF Failure
Nov 7, 2009 Guangzhou, China

“Circulating immune cells contribute to embryo implantation during early pregnancy”
Fujiwara H


子宮頸がん予防のためのプロフェッショナルワークショップ
平成21年11月15日 於 東京都

講演「子宮頸がんおよび前がん病変-発生から治療まで」
小西郁生


静岡市産婦人科医会(一士会)講演会 平成21年11月18日 於 静岡市
特別講演「卵巣癌は早期発見できるか?」
小西郁生


1st Biennial Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology (ASGO),
Tokyo, Japan, November 22, 2009
“The evaluation of the immune state by using the hierarchical clustering of tumor-infiltrating immune cells in ovarian cancers”
Hamanishi J MD,PhD, Mandai M MD,PhD, Matsumura N MD,PhD,
Baba T MD, PhD, Yamaguchi K MD,PhD, Konishi I MD,PhD

“Activated local immunity by CCL19-transduced embryonic endothelial
progenitor cells suppresses metastasis of murine ovarian cancer”
Hamanishi J MD,PhD, Mandai M MD,PhD, Matsumura N MD,PhD,
Baba T MD, PhD, Yamaguchi K MD,PhD, Konishi I MD,PhD


第54回日本生殖医学会学術講演会 平成21年11月22日~23日 於 金沢市
教育セミナー5「卵巣チョコレートのう胞破裂症例の取り扱い」
藤原浩


第32回日本産婦人科手術学会 平成21年11月23日 於 東京都
「他臓器進展を来した子宮・卵巣肉腫に対し、合併切除を行い完全切除しえた4例の検討」
八木治彦、西村浩実、鈴木彩子、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「幼児期の性器形成術をへて成人後に根治的形成術を施行した先天性副腎皮質過形成の1例」
八木治彦、金本巨万、(小野賀大)、鈴木彩子、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、
(河合勝也)、小西郁生


第77回岡山市産婦人科研修会 平成21年11月26日 於 岡山市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


第39回日本免疫学会総会・学術集会 平成21年12月2日~4日 於 大阪市
“The evaluation of the immune state by using the hierarchical clustering of tumor-infiltrating immune cells in ovarian cancers”
(卵巣癌局所の免疫細胞浸潤による階層的クラスター解析を用いた免疫状態の評価)
Hamanishi J

“Control of T cell differentiation and cytokine production by an axis made by a set of morphogens”
Yoshioka Y, (Ono M), (Ohsaki K), Konishi I, (Sakaguchi S)


平成21年度長崎産婦人科学術講演会 平成21年12月18日 於 長崎市
特別講演「子宮癌からヒトの性の進化を探る」
小西郁生
京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了