メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2010年(平成22年)業績一覧


和文論文英文論文和文著書学会報告

和文論文

「粘液性卵巣腫瘍の臨床」
小西郁生
産婦人科の進歩 62: 13-16, 2010

 

 

「原発性卵巣粘液性腺癌および転移性卵巣癌の鑑別:臨床情報および分子発現に基づいて」
岡本尊子、松村謙臣、万代昌紀、(大浦智紀)、濱西潤三、馬場長、鈴木彩子、
八木治彦、小西郁生
産婦人科の進歩 62: 44-48, 2010

 

 

「羊水塞栓症例から学んだ母体の危機的状況に対する診療システム構築の必要性」
佐藤幸保、角井和代、松村謙臣、巽啓司、藤原浩、小西郁生
産婦人科の進歩 62: 119-122, 2010

 

 

「免疫グロブリン胎児腹腔内投与を施行した先天性サイトメガロ感染の1例」
(稲葉可奈子)、佐藤幸保、高井浩志、角井和代、巽啓司、藤原浩、 
(河井昌彦)、(児玉暖)、(峰松俊夫)、(山田秀人)、小西郁生
産婦人科の進歩 62: 234-240, 2010

 

 

「卵巣癌の診断におけるPET-CT検査の有用性」
鈴木彩子、馬場長、八木治彦、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生
産婦人科の進歩 62: 292-295, 2010

 

 

「子宮内膜症の癌化-その病理と分子メカニズム」
万代昌紀、山口建、松村謙臣、馬場長、濱西潤三、小西郁生
日本エンドメトリオーシス会誌 31: 65-69, 2010

 

 

「子宮内膜症性嚢胞に発生する腫瘍の画像診断-病理像との対比を中心に」
鈴木彩子、万代昌紀、小西郁生
日本エンドメトリオーシス会誌 31: 77-83, 2010

 

 

「妊娠に合併した腫瘍性疾患 15.卵巣腫瘍・悪性卵巣腫瘍」
巽啓司、万代昌紀、小西郁生
産婦人科手術シリーズOGS Now No.4 産科手術, 122-129, 2010

 

 

「妊娠高血圧症候群の病態解明 — 分子機構を中心に —
9.神経栄養因子から見た妊娠高血圧症候群」
巽啓司、藤田浩平、近藤英治、角井和代、小西郁生
産婦人科の実際, 59(7): 1057-1061, 2010

 

 

【助産外来にも役立つエビデンス&テクニック
妊婦健康診査 パーフェクトマニュアル】
妊娠全期間(産後も含む)を通して栄養指導・体重のコントロール
由良茂夫
ペリネイタルケア 新春増刊 : 285-290, 2010

 

 

「免疫グロブリンを用いた症候性先天性サイトメガロウイルス感染症の胎児治療」
(山田秀人)、(森實真由美)、(松田秀雄)、(若松太)、(古谷健一)、
(山田俊)、(水上尚典)、(八重樫伸生)、(室月淳)、(上塘正人)、
(丸山有子)、(平野秀人)、(池ノ上克)、(峰松俊夫)、(松岡隆)、
(阪西通夫)、(斉藤滋)、(岡田俊則)、(川鰭市郎)、(高橋雄一郎)、
(上田敏子)、佐藤幸保
産婦人科の実際 第59巻第9号, 2010

 

 

「婦人科画像診断のセカンドチョイス:エコーのつぎにどの画像診断を選ぶか」
万代昌紀、小西郁生
臨床婦人科産科, 924-931, 2010

 

 

「子宮内膜症の癌化―その病理と分子メカニズム」
万代昌紀、山口建、松村謙臣、馬場長、濱西潤三、小西郁生
日本エンドメトリオーシス学会会誌, 31: 65-69, 2010

 

 

「OGS NOW腹式単純子宮全摘術-必須術式の完全マスター」
万代昌紀

 

 

「子宮体がん:転移リスクとその取り扱い」
馬場長、鈴木彩子、(吉村耕治)、小西郁生
細胞工学別冊 がん転移 : 臨床と研究の羅針盤 p83-88


英文論文

“Activated local immunity by CC chemokine ligand 19-transduced embryonic endothelial progenitor cells suppresses metastasis of murine ovarian cancer.”
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Fujii S, Konishi I.
Stem Cells 28: 164-173, 2010.

 

 

“Thioredoxin binding protein-2 inhibits excessive fetal hypoglycemia during maternal starvation by suppressing insulin secretion in mice.”
Mogami H, Yura S, Tatsumi K, Fujii T, Kakui K, Kondoh E, Inoue T,
Fujii S, Yodoi J, Konishi I.
Pediatr Res 67: 138-143, 2010.

 

 

“Minimal deviation mucinous adenocarcinoma ("adenoma malignum") of the uterine corpus.”
Abiko K, Baba T, Ogawa M, Mikami Y, Koyama T, Mandai M, Konishi I.
Pathol Int 60: 42-47, 2010.

 

 

“Identification of an ovarian clear cell carcinoma gene signature that reflects inherent disease biology and the carcinogenic processes.”
Yamaguchi K, Mandai M, (Oura T), Matsumura N, Hamanishi J, Baba T,
Matsui S, (Murphy SK), Konishi I.
Oncogene 29: 1741-1752, 2010.

 

 

“Transcription factor POU6F1 is important for proliferation of clear cell adenocarcinoma of the ovary and is a potential new molecular target.”
Suzuki N, (Yoshioka N), (Uekawa A), Matsumura N, (Tozawa A),(Koike J),
Konishi I, (Kiguchi K), (Ishizuka B).
Int J Gynecol Cancer 20: 212-219, 2010.

 

 

“Type-specific roles of histone deacetylase (HDAC) overexpression in ovarian carcinoma: HDAC1 enhances cell proliferation and HDAC3 stimulates cell migration with downregulation of E-cadherin.”
(Hayashi A), (Horiuchi A), (Kikuchi N), (Hayashi T), (Fuseya C),
Suzuki A, Konsihi I, (Shiozawa T).
Int J Cancer 127: 1332-1346, 2010.

 

 

“Outocomes of fertility-sparing surgery for stage I epithelial ovarian cancer: A proposal for patient selection.”
(Satoh T), (Hatae M), (Watanabe Y), (Yaegashi N), (Ishiko O), (Kodama S),
(Yamaguchi S), (Ochiai K), (Takano M), (Yokota H), (Kawakami Y),
(Nishimura S), (Ogishima D), (Nakagawa S), (Kobayashi H), (Shiozawa T),
(Nakanishi T), (Kamura T), Konishi I, (Yoshikawa H).
J Clin Oncol 28: 1727-1732, 2010.

 

 

“Targeting slow-proliferating ovarian cancer cells.”
Kondoh E, (Mori S), Yamaguchi K, Baba T, Matsumura N, (Barnett JC),
(Whitaker RS), Konishi I, Fujii S, (Berchuck A), (Murphy SK).
Int J Cancer 126: 2448-2456, 2010.

 

 

“Immunohistochemical detection of histone deacetylase in endometrial carcinoma: Involvement of histone deacetylase 2 in the proliferation of endometrial carcinoma cells.”
(Fakhry H), (Miyamoto T), (Kashima H), Suzuki A, (Ke H), Konishi I,
(Shiozawa T).
Hum Pathol 41: 848-858, 2010.

 

 

“Evidence-based guidelines for treatment of cervical cancer in Japan: Japan Society of Gynecologic Oncology (JSGO) 2007 edition.”
(Nagase S), (Inoue Y), (Umesaki N), (Aoki D), (Ueda M), (Sakamoto H),
(Kobayashi S), (Kitagawa R), (Toita T), (Nagao S), (Hasegawa K),
(Fukasawa I), (Fujiwara K), (Watanabe Y), (Ito K), (Niikura H), (Iwasaka T),
(Ochiai K), (Katabuchi H), (Kamura T), Konishi I, (Sakuragi N), (Tanaka T),
(Hirai T), (Hiramatsu Y), (Mukai M), (Yoshikawa H), (Takano T),
(Yoshinaga K), (Otsuki T), (Sakuma M), (Inaba N), (Udagawa Y),
(Yaegashi N).
Int J Clin Oncol 15: 117-124, 2010.

 

 

“Role of platelets in placentation.”
Sato Y, Fujiwara H, Konishi I.
Med Mol Morphol 43: 129-133, 2010

 

 

“Middle cerebral artery-peak systolic velocity in dizygotic twins with anti-E alloimmunization.”
(Satake Y), Sato Y, Matsumura N, Tatsumi K, Fujiwara H, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 36: 1236-1239, 2010.

 

 

“Inverse correlation between Skp2 and p27 (Kip1) in normal endometrium and endometrial carcinoma.”
(Miyamoto T), (Horiuchi A), (Kashima H), Suzuki A, (Yamada T), (Kurai M),
Konishi I, (Shiozawa T).
Gynecol Endocrinol 26: 220-229, 2010.

 

 

“Cyclin A2 confers cisplatin resistance to endometrial carcinoma cells via up-regulation of an Akt-binding protein, periplakin.”
Suzuki A, (Horiuchi A), (Ashida T), (Miyamoto T), (Kashima H), (Nikaido T),
Konishi I, (Shiozawa T).
J Cell Mol Med 14: 2305-2317, 2010.

 

 

“A phase III trial of paclitaxel plus carboplatin versus paclitaxel plus cisplatin in stage IVB, persistent or recurrent cervical cancer: Gynecologic Cancer Study Group/Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG0505).”
(Saito I), (Kitagawa R), (Fukuda H), (Shibata T), (Katsumata N), Konishi I,
(Yoshikawa H), (Kamura T).
Jpn J Clin Oncol 40: 90-93, 2010.

 

 

“Evidence-based guidelines for treatment of uterine body neoplasm in Japan: Japan Society of Gynecologic Oncology (JSGO) 2009 edition.”
(Nagase S), (Katabuchi H), (Hiura M), (Sakuragi N), (Aoki Y), (Kigawa J),
(Saito T), (Hachisuga T), (Ito K), (Uno T), (Katsumata N), (Komiyama S),
(Susumu N), (Emoto M), (Kobayashi H), (Metoki H), Konishi I, (Ochiai K),
(Mikami M), (Sugiyama T), (Mukai M), (Sagae S), (Hoshiai H), (Aoki D),
(Ohmichi M), (Yoshikawa H), (Iwasaka T), (Udagawa Y), ( Yaegashi N).
Int J Clin Oncol 15: 531-542, 2010.

 

 

“Oct4 expression in immature teratoma of the ovary: Relevance to histologic grade and degree of differentiation.”
Abiko K, Mandai M, Hamanishi J, Matsumura N, Baba T, (Horiuchi A),
(Mikami Y), Yoshioka S, (Wakasa T), (Shiozawa T), Konishi I.
Am J Surg Pathol 34: 1842-1848, 2010.

 

 

“Mice-lacking LMP2, immuno-proteasome subunit, as an animal model of spontaneous uterine leiomyosarcoma.”
(Hayashi T), (Horiuchi A), (Sano K), (Hiraoka N), (Kanai Y), (Shiozawa T),
(Tonegawa S), Konishi I.
Protein Cell 1: 711-718, 2010.

 

 

“High poly(adenosine diphosphate-ribose) polymerase expression and poor survival in advanced-stage serous ovarian cancer.”
(Barnett JC), (Bean SM), (Nakayama JM), Kondoh E, (Murphy SK),
(Berchuck A).
Obstet Gynecol 115(1): 49-54, 2010 Jan.

 

 

“Ovarian cancer tumor infiltrating T-regulatory (T(reg)) cells are associated with a metastatic phenotype.”
(Barnett JC), (Bean SM), (Whitaker RS), Kondoh E, Baba T, Fujii S,
(Marks JR), (Dressman HK), (Murphy SK), (Berchuck A).
Gynecol Oncol 116(3): 556-62, 2010 Mar.

 

 

“Targeting slow-proliferating ovarian cancer cells.”
Kondoh E, (Mori S), Yamaguchi K, Baba T, Matsumura N, (Cory Barnett J),
(Whitaker RS), Konishi I, Fujii S, (Berchuck A), (Murphy SK).
Int J Cancer 126(10): 2448-56, 2010 May.

 

 

“Possible Contribution of Circulating Blood Cells to Embryo Implantation.”
Fujiwara H, (Ideta A), (Araki Y), Takao Y, Sato Y, Horie A, (Tsunoda N),
(Aoyagi Y), Konishi I.
Indian Journal of Physiology and Pharmacology 54(5): 51-59, 2010.

 

 

“Intrauterine administration of peripheral blood mononuclear cells enhances early development of the pre-implantation bovine embryo.”
(Ideta A), (Hayama K),(Nakamura Y), (Sakurai T),(Tsuchiya K), (Tanaka S),
(Yamaguchi T), Fujiwara H, (Imakawa K), (Aoyagi Y).
Mol Reprod Dev. 2010, 77(11): 954-62.

 

 

“Administration of peripheral blood mononuclear cells into the uterine horn to improve pregnancy rate following bovine embryo transfer.”
(Ideta A), (Sakai S), (Nakamura Y), (Urakawa M), (Hayama K), (Tsuchiya K),
Fujiwara H, (Aoyagi Y) .
Anim Reprod Sci 117: 18-23, 2010.

 

 

“Colloid carcinoma of the intestinal type in the uterine cervix: mucin immunohistochemistry.”
(Shintaku M), (Kushima R), Abiko K.
Pathol Int. 2010 Feb; 60(2): 119-24.

 

 

“Ovarian cancer tumor infiltrating T-regulatory (T(reg)) cells are associated with a metastatic phenotype.”
(Barnett JC), (Bean SM), (Whitaker RS), Kondoh E, Baba T, Fujii S,
(Marks JR), (Dressman HK), (Murphy SK), (Berchuck A).
Gynecol Oncol 116(3): 556-62, 2010 Mar.

 

 

“Elevated MAL expression is accompanied by promoter hypomethylation and platinum resistance in epithelial ovarian cancer.”
(Lee PS), (Teaberry VS), (Bland AE), (Huang Z), (Whitaker RS), Baba T,
Fujii S, (Secord AA), (Berchuck A), (Murphy SK).
Int J Cancer 126(6): 1378-89, 2010 Mar 15.

 

 

“Expression signatures of TP53 mutations in serous ovarian cancers.”
(Bernardini MQ), Baba T, (Lee PS), (Barnett JC), (Sfakianos GP), (Secord AA),
(Murphy SK), (Iversen E), (Marks JR), (Berchuck A).
BMC Cancer. 2010 May 15: 237.

 

 

“GPR54 is a target for suppression of metastasis in endometrial cancer.”
Hyun Kang, Tsukasa Baba, Masaki Mandai, Noriomi Matsumura,
Junzo Hamanishi, Budiman Kharma, Eiji Kondoh, Yumiko Yoshioka,
Shinya Oishi, Nobutaka Fujii, Susan Murphy, and Ikuo Konishi.
Molecular Cancer Therapeutics, 2010 Dec.

 

 

“Sorafenib efficacy in ovarian clear cell carcinoma revealed by transcriptome profiling.”
Matsumura N, Mandai M, Okamoto T, Yamaguchi K, Yamamura S, (Oura T),
Baba T, Hamanishi J, Kang HS, Matsui S, (Mori S), (Murphy SK), Konishi I. Cancer Sci. 2010 Dec;101(12): 2658-63.


和文著書

「運針と縫合」
小西郁生
平松祐司、小西郁生、櫻木範明、竹田省 (編),
OGS NOW 1. 開腹・閉腹と付属器手術 基本手技の完全マスター,
pp20-25, メジカルビュー社, 東京, 2010

 

 

「結紮 (糸結び)」
小西郁生
平松祐司、小西郁生、櫻木範明、竹田 省 (編),
OGS NOW 1. 開腹・閉腹と付属器手術 基本手技の完全マスター,
pp26-31, メジカルビュー社, 東京, 2010

 

 

「単純子宮全摘術の適応と術前診断」
小阪謙三、鈴木彩子、小西郁生
小西郁生、平松祐司、櫻木範明、竹田省(編),
OGS NOW 2. 腹式単純子宮全摘術 必須術式の完全マスター,
pp8-15, メジカルビュー社, 東京, 2010

 

 

「単純子宮全摘術の適応と術前診断」
小阪謙三、鈴木彩子、小西郁生
小西郁生、平松祐司、櫻木範明、竹田省 (編),
OGS NOW 2. 腹式単純子宮全摘術 必須術式の完全マスター,
pp8-15, メジカルビュー社, 東京, 2010

 

 

「基本的な手術手順②」
小西郁生
小西郁生、平松祐司、櫻木範明、竹田省(編),
OGS NOW 2, 腹式単純子宮全摘術 必須術式の完全マスター,
pp56-73, メジカルビュー社, 東京, 2010

 

 

「妊娠に合併した腫瘍性疾患 卵巣腫瘍・悪性卵巣腫瘍」
巽啓司、万代昌紀、小西郁生
平松祐司、小西郁生、櫻木範明、竹田省(編),
OGS NOW 4. 産科手術 必須術式の完全マスター,
pp123-129, メジカルビュー社, 東京, 2010

 

 

「子宮頸癌」
小西郁生
山口徹、北原光夫、福井次矢(編),
今日の治療指針2010, pp1023-1024, 医学書院, 東京, 2010

 

 

「子宮肉腫」
小西郁生
金澤一郎、永井良三 (編),
今日の診断指針 第6版, pp1734-1737, 医学書院, 東京, 2010

 

 

「子宮癌. 今日の診療のためのガイドライン外来診療 2010」
小西郁生、万代昌紀
pp542-544, 日経メデイカル開発, 東京, 2010

 

 

「女性特有の救急医療-プライマリケア. Ⅱ 婦人科領域
6 婦人科手術後の合併症があったら」
八木治彦、小西郁生
レジデント 3: 72-80, 2010

 

 

「婦人科手術後に合併症があったら("女性特有の救急医療")」
八木治彦、小西郁生
レジデント 3: 72-80, 2010

 

 

「2009年12月22日からHPVワクチン接種が始まりました
("子宮頸がんワクチンについて教えてください")」
小西郁生
健 39: 10-12, 2010

 

 

「子宮頸がんは予防すべき「がん」である
("子宮頸がんの予防戦略-ワクチンと検診")」
小西郁生
臨床婦人科産科 64: 242-245, 2010

 

 

「大網ケーキ(omental cake)について」
松村謙臣、小西郁生
日本医事新報 4477: 101-102, 2010

 

 

「女性のライフサイクルと不正出血("産婦人科救急のすべて")」
小西郁生
産婦人科治療 100: 825-829, 2010

 

 

「婦人科がん免疫療法の光と影 1. がん免疫療法とは
-現況からその歴史を振り返る("シリーズで学ぶ最新知識")」
万代昌紀、濱西潤三、松村謙臣、馬場長、小西郁生
産婦人科の実際 59: 511-517, 2010

 

 

「婦人科がん免疫療法の光と影 2. がん免疫療法の現況
-そのメカニズムと効果("シリーズで学ぶ最新知識")」
万代昌紀、濱西潤三、松村謙臣、馬場長、小西郁生
産婦人科の実際 59: 647-652, 2010

 

 

「婦人科がん免疫療法の光と影 3. がん免疫療法の未来
("シリーズで学ぶ最新知識")」
万代昌紀、濱西潤三、松村謙臣、馬場長、小西郁生
産婦人科の実際 59: 795-800, 2010

 

 

「エコーの次にどの画像診断を選ぶか("婦人科画像診断のセカンドチョイス")」
万代昌紀、小西郁生
臨床婦人科産科 64: 924-931, 2010

 

 

「粘液性卵巣腫瘍の臨床("いま改めて卵巣癌を考える")」
松村謙臣、岡本尊子、万代昌紀、小西郁生
産婦人科治療 101: 230-238, 2010

 

 

「神経栄養因子からみた妊娠高血圧症候群
("妊娠高血圧症候群の病態解明-分子機構を中心に")」
巽啓司、藤田浩平、近藤英治、角井和代、小西郁生
産婦人科の実際 59: 1057-1061, 2010

 

 

「卵巣類内膜腺癌 update("卵巣がんに関する最新トピックス")」
万代昌紀、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、小西郁生
産婦人科の実際 59: 1485-1492, 2010

 

 

「“エコチル調査”に望むもの:産科の立場から("動き出した“エコチル調査”")」
江川美保、小西郁生
医学のあゆみ 235: 1107-1112, 2010

 

 

「子宮ポリープ状異型腺筋腫(APAM)の病態と診断
("臨床最前線 日常診療で気をつけるべきこと")」
馬場長、小西郁生
OG SCOPE 子宮内膜症の症状と診断 1, No.2: 8-11, 2010

 

 

「子宮腫大("外来診療マニュアル")」
鈴木彩子、万代昌紀、小西郁生
産婦人科の実際 59: 1708-1715S, 2010

 

 

「尿管を巻き込んだダグラス窩病変("まれな子宮内膜症への対応")」
上田匠、鈴木彩子、吉村耕治、小西郁生
産と婦 77: 1446-1451, 2010


学会報告

第10回手術・化学療法研究会 平成22年1月6日 於 京都市
「子宮頸癌術後に放射線療法を行い重篤な晩発障害をきたした5例」
北原朋子、鈴木彩子、馬場長、八木治彦、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


がん研究助成金による研究 中間報告会
平成22年1月7日 於 東京都 国立がんセンター

講演「婦人科悪性腫瘍に対する新たな治療法に関する研究」
小西郁生


第31回日本エンドメトリオーシス学会 平成22年1月16日~17日
於 京都市 京都東急ホテル

子宮内膜症の癌化-その病理と分子メカニズム
ワークショップ「子宮内膜症の癌化update」
万代昌紀、山口建、松村謙臣、馬場長、小西郁生

「子宮内膜症性嚢胞に発生する腫瘍の画像診断-病理像との対比を中心に-」
鈴木彩子、万代昌紀、小西郁生

「非定形的な悪性転化経緯をたどった卵巣子宮内膜症性嚢胞の2例」
(小野賀大)、金本巨万、馬場長、鈴木彩子、八木治彦、万代昌紀、小西郁生


平成22年 兵庫温知会 平成22年1月23日 於 神戸市
特別講演「子宮頸がんとHPVの行方を考える」
小西郁生


第5回備後婦人科悪性腫瘍研究会 平成22年1月29日 於 福山市
特別講演「子宮頸がんとヒトパピローマウイルスの行方を考える」
小西郁生


第10回手術・化学療法研究会 平成22年1月6日 於 京都市 芝蘭会館


子宮頸がん啓発のための市民公開講座
-検診とワクチンで子宮頸がんを予防しましょう
平成22年2月13日 於 京都市 芝蘭会館

講演「子宮頸がんとは?その診断と治療の最前線」
小西郁生


第10回周産期医療懇話会 平成22年2月13日 於 京都市
特別講演
「羊水塞栓症例から学んだ母体の危機的状況に対する診療システム構築の必要性
―院内での他部門との連携強化に向けた試み―」
佐藤幸保


平成22年 奈良婦人科腫瘍カンファランス 平成22年2月20日 奈良市
特別講演「婦人科進行癌に対する集学的治療」
小西郁生


平成22年 日本女医会京都支部の集い
平成22年3月7日 於 京都市 京都ブライトンホテル

特別講演「子宮癌からヒトの進化を探る」
小西郁生


14th World Congress of Gynecological Endocrinology
in 2010.3.4-7. Firenze, Italy

“EphrinA1 induces cell attachment and intercellular dissociation in Ishikawa cells”
Fujiwara H, Fujii H, Takao Y, Horie A, Sato Y, Konishi I

“Maternal platelets and placental vascular remodeling”
Sato Y, Fujiwara H, Konishi I

“Human luteal cells express Monoamine oxidase-A during early pregnancy”
Takao Y, Fujiwara H, Ueda M, Fujii H, Horie A, Konishi I

“Laeverin, a novel membrane-bound aminopeptidase, regulates early human placentation”
Horie A, Fujiwara H, Suginami K, Takao Y, Fujii H, Sato Y, Konishi I

“Human luteal cells express monoamine oxidase-A during early pregnancy“
Yumi Takao, Hiroshi Fujiwara, Masamichi Ueda, Akihito Horie, Ikuo Konishi


沖縄県産婦人科学術講演会 平成22年3月13日 於 那覇市
特別講演「婦人科悪性腫瘍の早期診断」
小西郁生


第135回日本生殖医学会関西支部集談会・第40回関西アンドロロジーカンファレンス
2010年3月13日 於 大阪市

「幼児期の性器形成術をへて成人後に根治的形成術を施行した先天性副腎皮質過形成の1例」
八木治彦、金本巨万、鈴木彩子、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


SGO 41st Annual Meeting on Women's Cancer 平成22年3月14日~16日
Moscone West Convention Center, San Francisco
“Metastin-10 suppresses invasion of endometrial cancer cells“
Baba T, Hyun Sook Kang, Hamanishi J, Budiman Kharma, Kondoh E,
Yoshioka Y, Matsumura N, Mandai M, (Andrew Berchuck),
(Susan K. Murphy), Konishi I


ミニシンポジウム「レドックス生命科学の展望」
平成22年3月15日 於 京都市 京大会館

講演「ヒト胎盤のレドックス:今後の展望」
小西郁生


第20回腎と妊娠研究会 平成22年3月16日 於 岡山市
「妊娠中摂餌制限を行ったラット母獣への分岐鎖アミノ酸投与が胎仔腎臓に与える影響」
藤井剛、由良茂夫、巽啓司、藤田浩平、近藤英治、角井和代、伊東宏晃、
佐川典正、小西郁生


平成22年 日産婦日産医群馬県支部集談会 平成22年3月20日 於 前橋市
特別講演「子宮癌からヒトの性の進化を探る」
小西郁生


Society for Gynecologic Investigation 57th Annual Meeting
March24-27,2010, Orlando, Florida USA

“Differential Regulation of Lysyl Oxidase in Uterus and Cervical Tissues During Pregnancy,
Parturition, and the Puerperium in Mice”
Mogami H, (Patrick Keller), (Jesus Acevedo), (R Ann Word)


県西部浜松医療センター講義 平成22年4月15日 於 浜松市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


The 11th Symposium German-Japanese Society of Obstetrics and Gynecology in Kyoto
平成22年4 月18日 於 京都市 芝蘭会館
“Ovarian Cancer in Endometriosis: Natural History and Molecular Genetics”
Mandai M


第62回日本産科婦人科学会 平成22年4月23日~25日 於 東京都
「ヒト胎盤における神経栄養因子および受容体の発現と胎児発育や胎内環境との関係」
藤田浩平、巽啓司、近藤英治、藤井剛、角井和代、小西郁生

優秀論文賞受賞講演
「ケモカイン(CCL19)伝子を導入した 胚性血管内皮前駆細胞を用いた
局所免疫の活性化は、卵巣癌の転移を抑制する」
濵西潤三、万代昌紀、松村謙臣、馬場長、山口建、藤井信吾、小西郁生

「卵巣癌大網転移におけるTGF-β活性亢進とTGF-β阻害剤による治療の試み」
山村省吾、松村謙臣、万代昌紀、馬場長、濱西潤三、岡本尊子、安彦郁、姜賢淑、
小西郁生

「卵巣癌局所における免疫環境を推測する新たな解析法とその意義」
濵西潤三、万代昌紀、松村謙臣、馬場長、安彦郁、岡本尊子、山村省吾、姜賢淑、
吉岡弓子、Budiman Kharma、八木治彦、小阪謙三、小西郁生

「子宮体癌細胞に対する転移抑制ペプチドmetastinの浸潤抑制効果」
姜賢淑、馬場長、万代昌紀、濱西潤三、松村謙臣、Budiman Kharma、山村省吾、
岡本尊子、小西郁生

「卵巣未熟奇形腫におけるOct4の発現」
安彦郁、万代昌紀、濱西潤三、松村謙臣、馬場長、山村省吾、姜賢淑、岡本尊子、
(堀内晶子)、(塩沢丹里)、小西郁生

「MorphogenによるT細胞分化とサイトカイン産生の制御 -T細胞の機能/分化におけるBMP signalingの役割の検討-」
吉岡弓子、(小野昌弘)、(大崎一直)、濱西潤三、馬場長、松村謙臣、
万代昌紀、(坂口志文)、小西郁生

「幼児期の性器形成術を経て成人後に根治的形成術を施行した先天性副腎皮質過形成の1例」
金本巨万、鈴木彩子、八木治彦、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「卵巣外進展を呈した卵巣Serous Borderline Tumor4例の臨床病理学的検討」
佐藤浩、鈴木彩子、馬場長、金本巨万、安彦郁、西村浩美、八木治彦、万代昌紀、
小西郁生


北大産婦人科同門会 第39回臨床セミナー 平成22年5月8日 札幌市
特別講演「子宮頸癌からヒトの性の進化を探る」
小西郁生


京都産婦人科研究会5月例会 平成22年5月29日 於 京都市
特別講演「産科重症症例からのフィードバック」
佐藤幸保


平成22年度 三重県産婦人科医会総会 平成22年5月30日 於 津市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


2010 Annual Retreat in Cancer Area Kyoto University Global COE Program
平成22年6月4日  於 大津市

Mini-Symposium~Unsolved problems and questions in cancer research~
“Immunotherapy for recurrent ovarian cancer, a new challenge of strategy”
Hamanishi J


第15回生殖医学フォーラム 平成22年6月4日~5日 於 唐津市
「子宮体癌におけるmetastin/GPR54 axis」
姜賢淑

「BMPシグナリングはT細胞の活性化とInterleukin-2(IL-2)の産生を制御する」
吉岡弓子


第28回日本産婦人科感染症研究会 平成22年6月5日 於 京都市
「子宮頸癌術後放射線治療30年後に膀胱直腸膣瘻を来たし、その骨盤内感染波及に対する治療に難渋している1例」
上田匡、鈴木彩子、馬場長、松村謙臣、小阪謙三、万代昌紀、藤原浩、小西郁生


第15回生殖医学フォーラム 平成22年6月7日~8日 於 唐津市
「子宮体癌におけるmetastin-GPR54 axis」
姜賢淑、馬場長、万代昌紀、Budiman Kharma、 濱西潤三、吉岡弓子、松村謙臣、
山村省吾、岡本尊子、小西郁生

「BMPシグナリングはT細胞の活性化とInterleukin-2(IL-2)の産生を制御する」
吉岡弓子、(小野昌弘)、(大崎一直)、濱西潤三、馬場長、松村謙臣、
万代昌紀、(坂口志文)、小西郁生


第122回近畿産科婦人科学会
平成22年6月19日~20日 於 京都市 京都メルパルク

「卵巣悪性リンパ腫によりPseudo-Meigs症候群を呈した1例」
安本晃司、鈴木彩子、鄒沙織、馬場長、八木治彦、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「gastric metaplasia of female genital tractを背景に生じた卵管原発扁平上皮癌の1例」
佐藤浩、鈴木彩子、馬場長、八木治彦、小阪謙三、万代昌紀、藤原浩、小西郁生

「子宮筋腫により尿閉をきたした3例」
原田文、三瀬有香、金本巨万、馬場長、鈴木彩子、八木治彦、小阪謙三、
万代昌紀、小西郁生

「子宮頸癌術後に放射線療法を行い重篤な晩発障害をきたした5例」
北原朋子、鈴木彩子、馬場長、八木治彦、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


女性のヘルスケア市民公開講座 京都の女性がより美しくなるために
平成22年6月19日 於 京都市 京都メルパルク

講演「子宮がん・卵巣がんの治療-もしもがんと診断されたら」
小西郁生

「不妊治療の最新情報:子どもをもちたい女性へ」
藤原浩


研修医・修練医のための産婦人科サマーセミナー2010
平成22年7月3 日 於 大阪市 ホテルニューオータニ大阪

講演「産婦人科研修のあり方―ACOGに参加して―」
小西郁生


第48回日本婦人科腫瘍学会 平成22年7月8日~10日 於 つくば市
「子宮体癌における転移抑制ペプチドmetastinの有用性」
姜賢淑、馬場長、万代昌紀、濱西潤三、松村謙臣、Budiman Kharma、山村省吾、
岡本尊子、小西郁生

「原発性卵巣粘液性腺癌と転移性卵巣癌の鑑別:新規マーカー分子DPEP1を用いたアルゴリズム作成」
岡本尊子、松村謙臣、万代昌紀、(大浦智紀)、(堀内晶子)、山西優紀夫、
馬場長、濱西潤三、姜賢淑、山村省吾、安彦郁、越山雅文、(塩沢丹里)、
小西郁生

「卵巣悪性リンパ腫によりPseudo-Meigs症候群を呈した1例」
鄒沙織、鈴木彩子、馬場長、八木治彦、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「外陰皮下に緩徐な発育が見られたSolitary fibrous tumorの1例」
滝真奈、馬場長、鈴木彩子、万代昌紀、小西郁生


第46回日本周産期・新生児学会 平成22年7月11日~13日 於 神戸市
「臍帯ヘルニアで多量の腹水貯留をきたした双胎妊娠の1例」
巽啓司、鄒沙織、佐藤幸保、角井和代、近藤英治、(河合昌彦)、(岡本晋弥)、
藤井剛、藤田浩平、小西郁生

「病因の異なる中等度‐重度の血小板減少症合併妊娠の4症例」
近藤英治、佐藤幸保、角井和代、藤田浩平、藤井剛、巽啓司、小西郁生

「ウリナスタチンの胎児腹腔内投与を行った胎便性腹膜炎の1例」
“A case of meconium peritonitis with prenatal intraperitoneal urinastatin administration”
佐藤幸保


第50回日本産科婦人科内視鏡学会 平成22年7月29日~31日 於 東京
「ロボット手術の急速な普及と腹腔鏡の位置づけ~米国で研修を受けて~」
三木通保

卵巣がん化学療法学術講演会 平成22年7月30日 於 京都市
「当院でのドキシル使用経験」
原田文、松村謙臣、鈴木彩子、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


第4回産婦人科サマースクール2010 in 美ヶ原
平成22年8月7日~8日 於 松本市

実習指導「病理診断にトライ-卵巣腫瘍-」
小西郁生、(小林陽一)、(梶山広明)、(塩沢丹里)

病理アドバンスコース講演「卵巣粘液性腫瘍」
小西郁生


14th International congress of Immunology (第14回国際免疫学会議)
平成22年8月22日~27日  於 神戸市

“The immunologic change in advanced ovarian cancer patients after chemotherapy with paclitaxel or carboplatin”
Hamanishi J, Mandai M, Konishi I

“STAT1 and p53 Status on Chemotherapy-Induced Apoptosisin Endometrial Cancer”
Budiman Kharma, Bana T, Hyun Sook Kang, Yoshioka Y, Hamanishi J,
Matsumura N, Mandai M, Konishi I


9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society
平成22年8月25日~27日 於 岐阜市

“A Primary Squamous Cell Carcinoma of Fallopian Tube Accompanied with Gastric Metaplasia of Female Genital Tract-case report and review”
Baba T, Satoh H, Suzuki A, Matsumura N, Kosaka K, Mandai M, Konishi I

“Oct4 Expression in Immature Teratoma of Ovary: Immunohistochemical Analysis of 18 Cases”
Abiko K, Mandai M, Hamanishi J, Matsumura N, Baba T, Yamamura S,
Hyun Sook Kang, Okamoto T, Yoshioka Y, (Horiuchi A), (Shiozawa T), Konishi I


第21回近畿エンドメトリオーシス研究会 平成22年8月28日 於 大阪市
「子宮内膜症により両側尿管狭窄、水腎症をきたし膀胱尿管新吻合術を施行した1例」
上田優輔、鈴木彩子、上田匡、松村謙臣、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


1th Symposium, Japanese Society for the Advancement of Woman’s Imaging
平成22年9月3日~4日 於 淡路市

卵巣癌に対する妊孕性温存治療
ワークショップ「卵巣がん治療のCurrent Strategy」
万代昌紀、鈴木彩子、小西郁生


「転移性卵巣腫瘍と卵巣原発粘液性腫瘍との鑑別に苦慮した2例」
三瀬有香、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


第51回日本組織細胞化学会学術集会 平成22年9月4日~5日 於 東京都
ワークショップ「癌研究の最近のトピックス」
「血管内皮前駆細胞を用いた新規がん免疫療法の基礎的検討」
濵西潤三、万代昌紀、松村謙臣、馬場長、山村省吾、岡本尊子、姜賢淑、
吉岡弓子、安彦郁、小阪謙三、Budiman Kharma、Hishamu Abou-Tarebu、
小西郁生


第9回日本婦人科がん分子標的研究会
平成22年9月10日 於 大津市 大津プリンスホテル

「卵巣癌大網転移におけるTGFβ経路活性亢進とその阻害剤の治療効果」
山村省吾、松村謙臣、万代昌紀、小阪謙三、馬場長、濱西潤三、岡本尊子、
姜賢淑、吉岡弓子、安彦郁、Budiman Kharma、Hisham Abou-Taleb、彭瑾
小西郁生

「卵巣明細胞腺癌におけるHNF1βを介した糖代謝機構の解明」
岡本尊子、万代昌紀、松村謙臣、山口建、馬場長、濱西潤三、山村省吾、安彦郁、
姜賢淑、吉岡弓子、小西郁生


第21回山形県婦人科悪性腫瘍研究会 平成22年9月11日 於 山形市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


第109回山形県産婦人科集談会 平成22年9月12日 於 酒田市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


The 6th International Symposium on Hormonal Oncogenesis
平成22年9月12日~16日 於 浦安市

“Suppression of metastatic murine ovarian cancer cells by transduced
embryonic progenitor cells”
Mandai M, Hamanishi J, Matsumura N, Baba T, Konishi I

“Metastin-10 suppresses invasion of endometrial cancer cells”
Baba T, Hyun Sook Kang, Mandai M, Budiman Kharma, Hamanishi J,
Kondoh E, Yoshioka Y, Matsumura N, Konishi I


平成22年度 京都婦人科腫瘍フォーラム
平成22年9月16日 於 京都市 ウェスティン都ホテル京都

基調講演「卵巣癌に対する免疫療法の可能性を求めて」
濱西潤三、万代昌紀、松村謙臣、馬場長、山村省吾、吉岡弓子、岡本尊子、
姜賢淑、安彦郁、奈倉道和、Budiman Kharma、Hishamu Abou-Tarebu、
Peng Jin、小阪謙三、小西郁生


第63回中国四国産科婦人科学会 平成22年9月18日 於 岡山市
特別講演「子宮肉腫の診断と治療」
小西郁生


第69回日本癌学会 平成22年9月22日~25日 於 大阪市 大阪国際会議場
特別企画:今 がん研究に求められること-がん研究に関する提言-
指定発現
小西郁生
産婦人科医療と婦人科がん研究の現況

“The immunologic change in advanced ovarian cancer patients after chemotherapy”
(抗がん剤治療により進行卵巣がんの局所免疫は変化する)
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Baba T, Yoshioka Y, Yamamura S,
T Okamoto T, Hyun Sook Kang , Abiko K, Nagura M, Kosaka K, Konishi I

“Upregulation of TGFβ pathway in ovarian cancer metastasis and therapeutic effects of its inhibition”
(卵巣がん腹膜播種におけるTGFβの活性化とその抑制による治療への試み)
山村省吾、松村謙臣、万代昌紀、馬場長、濱西潤三、山口建、姜賢淑、岡本尊子、
吉岡弓子、安彦郁、Budiman Kharma、Hisham Abou-Taleb、彭瑾、小西郁生

“Metastin suppresses metastasis of the endometrial cancer”
Hyun Sook Kang, Baba T, Mandai M, Hamanishi J, Matsumura N,
Budiman Kharma, Yoshioka Y, Yamamura S, Okamoto T, Konishi I

“Oct4 expression in immature teratoma of the ovary: relevance to histological grade”
Abiko K, Mandai M, Matsumura N, Baba T, Hamanishi J, Yamamura S,
Okamoto T, Hyun Sook Kang, Yoshioka Y, (Horiuchi A), (Shiozawa T),
Konishi I

“Distinguishing primary from secondary mucinous ovarian tumors: an algorithm using the novel marker DPEP1”
Okamoto T, Matumura N, Mandai M, (Oura T), Yamanishi Y, Koshiyama M,
(Horiuchib A), Baba T, Hamanishi J, Hyun Sook Kang, Yamamura S, Abiko K,
(Shiozawa T), Konishi I.

“Possible involvement of BMP signaling in regulating T cell activation and IL-2 production”
YoshiokaY, (Ono M), (Osaki M), Hamanishi J, Baba T, Matsumura N,
Mandai M, (Sakaguchi S), Konishi I

“Fludarabine as a possible alternative treatment in endometrial cancer type II by interfering STAT1 pathway”
Budiman Kharma, Hyun Sook Kang, Yoshioka Y, Hamanishi J, Matsumura N,
Mandai M, Baba T, Konishi I


第11回京都少子化問題研究会
平成22年9月26日 於 京都市 京都センチュリーホテル

「産科救急とIVR-放射線診断技術の治療的応用」
角井和代、近藤英治、佐藤幸保、巽啓司、藤原浩、小西郁生


第18回日本胎盤学会、第28回日本絨毛性疾患研究会
平成22年9月30日~10月1日 於 熊本市

「帝王切開の既往があり膀胱浸潤が疑われた全前置癒着胎盤の1例」
角井和代、上田匡、上田優輔、佐藤幸保、近藤英治、巽啓司、小西郁生

「新規アミノペプチターゼ、laeverinの胎盤における発現と機能」
堀江昭史、佐藤幸保、杉並興、松本久宣、藤原浩、小西郁生


平成22年子宮内膜症セミナー 平成22年10月2日 於 東京都
特別講演「子宮内膜症/不妊症と卵巣癌について」
小西郁生


第2回京都乳がん公開市民講座 平成22年10月2日 於 京都市
講演「乳がん女性の妊娠について」
佐藤幸保


第31回日本妊娠高血圧学会 平成22年10月15日~16日 於 東京都
学術奨励賞受賞講演
「ヒト胎盤での神経栄養因子および受容体の発現と胎児発育や妊娠高血圧症候群における関与」
藤田浩平


武庫川女子大学 第29回薬学講座 平成22年10月16日 於 西宮市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


日本産科婦人科学会 京都地方部会 平成22年10月16日 於 京都市
「帝王切開瘢痕部妊娠の2症例」
松原慕慶、近藤英治、角井和代、佐藤幸保、濱西潤三、巽啓司、藤原浩、小西郁生

「悪性卵巣腫瘍を疑ったクラミジア感染症の1例」
清水操、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


大学禁煙化研究会「大学でガンを防ぐ」 平成22年10月19日 於 千葉市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


The 13th Biennial Meeting of International Gynecological Cancer Society
(IGCS 2010) 平成22年10月23日~26日 於 プラハ

“Microarray-based ovarian clear cell carcinoma signature predicts sorafenib as a
promising reagent targeting specific cell signaling”
Mandai M, Yamaguchi K, Matsumura N, Okamoto T, Baba T, Hamanishi J,
Fujii S, Konishi I

“Upregulation of TGFb pathway in ovarian cancer metastasis and therapeutic effects of its inhibition”
Yamamura S, Matsumura N, Mandai M, (Zhiqing Huang), (Oura T), Baba T,
Hamanishi J, Yamaguchi K, Kang Hyun Sook, Okamoto T, Abiko K, (Mori S),
(Susan K Murphy), Konisi I

"Possible involvement of BMP signaling in regulating T cell activation and IL-2
production"
Yoshioka Y, (Ono M), (Motonao Osaki), Hamanishi,J, Baba T, Matsumura N,
Mandai M, (Sakaguchi S), Konishi I


第48回日本癌治療学会 平成22年10月28日~30日 於 京都市
「悪性リンパ腫治療後に子宮内膜癌及び悪性リンパ腫子宮体部再発を認めた1例」
三瀬有香、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


2010 Annual Retreat in Immunology Area
グローバルCOE国際シンポジウム/リトリート2010 平成22年11月5日 於 淡路市

”Differntial effects of inhibition of bone morphogenetic protein (BMP)
signaling on T cell activation and differentiation.”
Yoshioka Y, (Ono M), (Osaki M), Hamanishi J, Baba T, Matsumura N,
Mandai M, ( Sakaguchi S), Konishi I

“Fludarabine as a possible alternative treatment in endometrial cancer by
interfering STAT1 protein”
Budiman Kharma, Baba T, Hyun Sook Kang, Yoshioka Y, Hamanishi J,
Matsumura N, Mandai M, Konishi I


第123回近畿産科婦人科学会 平成21年11月7日 於 京都市 京都国際会館
「体外受精・胚移植による単胎妊娠における周産期リスクの検討」
橋本佳奈、近藤英治、角井和代、佐藤幸保、巽啓司、藤原浩、小西郁生

「当院における超音波・MRIによる出生前診断」
寒河江悠介、角井和代、近藤英治、巽啓司、藤原浩、小西郁生

「当科における進行子宮頸癌に対する手術療法についての検討」
上田優輔、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

教育講演「不妊治療の基礎的知識」
佐藤幸保


第55回日本生殖医学会学術集会 平成22年11月11日~12日 於 徳島市
教育講演「着床の基礎と臨床」
藤原浩


京都大学医学研究科社会健康医学系専攻設立10周年記念シンポジウム
平成21年11月13日 於 京都市 芝蘭会館

講演「エコチルプロジェクトの現状と展望」
小西郁生、(佐藤俊哉)


第14回ベルランド地域医療懇話会 平成21年11月13日 於 堺市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


第15回日本生殖内分泌学会 平成22年11月20日~21日 於 豊中市
シンポジウム―卵巣機能調節における新知見―「ヒト黄体形成の調節機能」
藤原浩


第49回日本婦人科腫瘍学会 平成21年12月4日~5日 於 佐賀市
「広汎子宮全摘術-安全で確実な術式を目指す当科の取り組み-」
ミートザエキスパート(14)
万代昌紀
京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了