メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2011年(平成23年)業績一覧


和文論文英文論文和文著書学会報告

和文論文

「婦人科内分泌療法-病態の理解と正しい診断医基づく対処・治療のポイント」
[月経異常] 8.月経困難症
藤原 浩
臨床婦人科産科 65(4): 413-416
 

 

 

「CD4陽性CD25陽性制御性T細胞分化にかかわる転写メカニズム」
(小野昌弘)、吉岡弓子
隔月刊誌『炎症と免疫』Vol.19 No.1
2011年1月号(2010年12月20日発行) 第109号

 

 

「【特集 稀な婦人科がんの診療ストラテジー:8 子宮内膜間質肉腫(低悪性度)」
鈴木彩子、万代昌紀、小西郁生
産婦人科の実際60巻8月号, 1163-1167, 2011

 

 

「「今月の臨床 子宮頸癌-予防と妊孕性温存のための治療戦略」:
予防戦略 2.HPVワクチンの投与対象」
鈴木彩子、小西郁生
臨床婦人科産科65巻10号, 1212-15, 2011

 

 

「子宮体癌の術前評価と手術方法の選択」
馬場長、万代昌紀、小西郁生
小西郁生、平松祐司、櫻木範明、竹田省(編)
OGSnow 子宮体癌・卵巣癌の手術 基本術式と腫瘍進展に応じた戦略,
メジカルビュー社, p8-13, 2011

 

 

「再発卵巣癌・腹膜癌に対するペグ化リポソーマルドキソルビシンの治療効果と有害事象の解析」
原田文、松村謙臣、小林史昌、馬場長、鈴木彩子、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生
産婦人科の進歩 63巻3号, p277-83, 2011

 

 

「当科における進行子宮頸癌に対する手術療法についての検討」
上田優輔、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生
産婦人科の進歩 63巻3号, p364-67, 2011

 

 

「トラケレクトミー手術手技を学ぶ
広汎性子宮頸部摘出術(radical trachelectomy)における骨盤内リンパ節郭清術」
小西郁生、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、万代昌紀
産婦人科の進歩 63巻3号, p378-81, 2011

 

 

「子宮ポリープ状異型腺筋腫(atypical polypoid adenomyoma, APAM)の
取り扱い(“臨床の広場”)」
馬場長、小西郁生
産婦人科の進歩 63巻2号, p197-201, 2011

 

 

「エンドメトリオーシスと卵巣癌 子宮内膜症から発生する卵巣癌の生物学的特徴
明細胞腺癌に高発現するHNF-1β遺伝子の機能解析から」
万代昌紀、岡本尊子、松村謙臣、山口建、馬場長、濱西潤三、小西郁生
日本エンドメトリオーシス学会会誌 32巻, p39-42, 2011

 

 

「【婦人科がんのMolecular Biology】 cancer stem cell」
万代昌紀、馬場長、松村謙臣、小西郁生
産科と婦人科 78巻1号, p95-100, 2011

 

 

「【卵巣がんに関する最新トピックス】 卵巣類内膜腺癌update」
万代昌紀、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、小西郁生
産婦人科の実際 59巻10号, p1485-92, 2011

 

 

「広汎子宮全摘術-本手術を安全に始めるために-
第49回日本婦人科腫瘍学会記録 ミートザエキスパート14」
万代昌紀、小西郁生
日本婦人科腫瘍学会雑誌 29: 286-291, 2011

 

 

「卵巣癌の術前評価と手術方法の選択 OGS NOW
腹式単純子宮全摘術-必須術式の完全マスター」
万代昌紀、小西郁生
メジカルビュー社, pp96-100, 2011

 

 

「婦人科がん免疫療法の現状」
万代昌紀
化療ニュース 19: 1-3, 2011

 

 

「ゴナドトロピンと卵巣癌の発生 (“生殖医療と周辺領域との関わり”)」
万代昌紀、黒田英樹、小西郁生
産科と婦人科 78: 324-331, 2011

 

 

「子宮内膜症の癌化における微小環境の役割と遺伝子発現への影響」
万代昌紀、山口建、松村謙臣、馬場長、濱西潤三、小西郁生
日本臨床社 子宮腺筋症・子宮内膜症における最新の動向 p109-114, 2011

 

 

「妊産婦死亡予防にむけて-まず行うべきこと II. 各論 9.子宮破裂」
巽啓司、角井和代、近藤英治、小西郁生
産婦人科の実際, 60(1): 81-85, 2011

 

 

「経膣分娩を成功させる21の提言-ここまでできる経膣分娩-常位胎盤早期剥離」
巽啓司、近藤英治、小西郁生
周産期医学, 41(7): 941-944, 2011

 

 

「前置癒着胎盤の取り扱い」
近藤英治
産婦人科の進歩, 63(3): 469-70,2011

 

 

産婦人科の薬剤使用プラクティス:病態別処方 産科編
III. 合併症妊娠 3. 甲状腺機能異常
近藤英治、巽啓司、小西郁生
産婦人科の実際, 60(11): 1730-8, 2011

 

 

「体外受精・胚移植による単胎妊娠における周産期リスクの検討」
橋本佳奈、近藤英治、角井和代、佐藤幸保、巽啓司、藤原浩、小西郁生
産婦人科の進歩 63(3): 455-8, 2011

 

 

「当院でのMRIによる出生前診断」
寒河江悠介、角井和代、近藤英治、佐藤幸保、巽啓司、藤原浩、小西郁生
産婦人科の進歩 63(3): 415-6, 2011

 

 

「【生活習慣病をめぐる最近の話題 産婦人科医に必要な知識】
胎児期の栄養と生活習慣病」
由良茂夫
産婦人科治療 102巻1号 22-26, 2011.1


英文論文

“Epigenetic suppression of the TGF-beta pathway revealed by transcriptome profiling in ovarian cancer.”
Matsumura N, (Huang Z), (Mori S), Baba T, Fujii S, Konishi I,
(Iverson ES), (Berchuck A), (Murphy SK).
Genome Res 21(1): 74-82, 2011.

 

 

“Randomized phase II study comparing docetaxel plus cisplatin, docetaxel plus carboplatin in patients with advanced or recurrent endometrial carcinoma.”
(Nomura H), (Aoki D), (Takahashi F), (Katsumata N), (Watanabe Y), Konishi I,
(Jobo T), (Hatae M), (Hiura M), (Yaegashi N).
A Japanese Gynecologic Oncology Group study (JGOG2041),
(epub ahead of print).

 

 

“Ephrin A1 induces intercellular dissociation in Ishikawa cells: Possible
implication of the Eph-ephrin A system in human embryo implantation.”
Fujii H, Fujiwara H, Horie A, Sato Y, Konishi I.
Hum Reprod 26(2): 299-306, 2011.

 

 

“Distinguishing primary from secondary mucinous ovarian tumors: An algorithm using the novel marker DPEP1.”
Okamoto T, Matsumura N, Mandai M, (Oura T), Yamanishi Y, (Horiuchi A),
Hamanishi J, Baba T, Koshiyama M, (Shiozawa T), Konishi I.
Mod Pathol 24(2): 267-76, 2011.

 

 

“GRP54 is a target for suppression of metastasis in endometrial cancer.”
Kang HS, Baba T, Mandai M, Matsumura N, Hamanishi J, (Kharma B),
Kondoh E, Yoshioka Y, (Oishi S), (Fujii N), (Murphy SK), Konishi I.
Mol Cancer Ther 10(4): 580-90, 2011.

 

 

“Prenatal treatment of meconium peritonitis with urinary trypsin inhibitor.”
Izumi Y, Sato Y, Kakui K, Tatsumi H, Fujiwara H, Konishi I.
Ultrasound Obstet Gynecol 37: 366-8, 2011.

 

 

“Prenatal findings in congenital leukemia: A case report.”
Sato Y, Izumi Y, (Minegishi K), (Komada M), Yamada S, Kakui K, Tatsumi K,
(Mikami Y), Fujiwara H, Konishi I.
Fetal Diagnosis and Therapy 29(4): 325-30, 2011.

 

 

“Management of retained products of conception with marked vascularity.”
Kitahara T, Sato Y, Kakui K, Tatsumi K, Fujiwara H, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 37(5): 458-64, 2011.

 

 

“Retained products of conception with marked vascularity [Letter to the Editor].”
Sato Y, Fujiwara H, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 37: 966, 2011.

 

 

“Prenatal diagnosis of anterior sacral meningocele.”
(Sumi A), Sato Y, Kakui K, Tatsumi H, Fujiwara H, Konishi I.
Ultrasound Obstet Gynecol 37(4): 493-6, 2011.

 

 

“Laser-captured microdissection-microarray analysis of the genes involved in endometrial carcinogenesis: Stepwise up-regulation of lipocalin2 expression in normal and neoplastic endometria and its functional relevance.”
(Miyamoto T), (Kashima H), Suzuki A, (Kikuchi N), Konishi I, (Seki N),
(Shiozawa T).
Hum Pathol 42: 1265-1274, 2011.

 

 

“Endometrial cancer implanted within a cesarean section scar.”
Baba T, Mandai M, Yamanishi Y, Suzuki A, Kang HS, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 37: 245-249, 2011.

 

 

“Ephrin A1 stimulates cell attachment and inhibits cell aggregation through the EphA receptor pathway in human endometrial carcinoma-derived Ishikawa cells.”
(Fujii H), Fujiwara H, Horie A, Suginami K, Sato Y, Konishi I.
Hum Reprod 26: 1163-70, 2011.

 

 

“Successful recovery from delayed amniotic fluid embolism with prolonged cardiac resuscitation.”
Hosono K, Matsumura N, (Matsuda N), Fujiwara H, Sato Y, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 37: 1122-25, 2011.

 

 

“Primary squamous cell carcinoma of fallopian tube accompanied by gastric metaplasia of female genital tract: Case report and review.”
Satoh H, Baba T, Mandai M, Suzuki A, Matsumura N, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 37: 1106-1111, 2011.

 

 

“Molecular approach to uterine leiomyosarcoma: LMP2-deficient mice as an animal model of spontaneous uterine leiomyosarcoma.”
(Hayashi T), (Horiuchi A), (Sano K), (Hiraoka N), (Kanai Y), (Shiozawa T),
(Tonegawa S), Konishi I.
Sarcoma doi:10.1155/2011/476498, 2011.

 

 

“The activated transforming growth factor-beta signaling pathway in peritoneal metastasis is a potential therapeutic target in ovarian cancer.”
Yamamura S, Matsumura N, Mandai M, (Huang Z), (Oura T), Baba T,
Hamanishi J, Yamaguchi K, Kang HS, Okamoto T, Abiko K, (Mori S),
Murphy SK, Konishi I.
Int J Cancer 130: 20-28, 2011.

 

 

“Clinical value of FDG-PET for preoperative evaluation of endometrial cancer.”
(Suga T), (Nakamoto Y), (Saga T), (Higashi T), (Hamanaka Y), (Tatsumi M),
(Hayashida K), (Hara T), Konishi I, Fujii S, (Togashi K).
Ann Nucl Med 25: 269-275, 2011.

 

 

“Disseminated intravascular coagulation as the presenting sign of gastric cancer during pregnancy.”
Takai H, Kondoh E, Sato Y, Kakui K, Tatsumi K, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 37(11): 1717-9, 2011.

 

 

“Preoperative differential diagnosis of minimal deviation adenocarcinoma and lobular endocervical glandular hyperplasia of the uterine cervix: A multicenter study of clinicopathology and magnetic resonance imaging findings.”
(Takatsu A), (Shiozawa T), (Miyamoto T), (Kurosawa K), (Kashima H),
(Yamada T), (Kaku T), (Mikami Y), (Kiyokawa T), (Tsuda H), (Ishii K),
(Togashi K), (Koyama T), (Fujinaga Y), (Kadoya M), (Hashi A), (Susumu N),
Konishi I.
Int J Gynecol Cancer 21: 1287-1296, 2011.

 

 

“Suppression of metastatic murine ovarian cancer cells by transformed embryonic progenitor cells.”
Mandai M, Hamanishi J, Abiko K, Matsumura N, Baba T, Yoshioka Y, Konishi I.
HORM CANC 1: 291-296, 2011.

 

 

“Ovarian clear cell carcinoma as a stress-responsive cancer: Influence of the microenvironment on the carcinogenesis and cancer phenotype.”
Mandai M, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Hamanishi J, Konishi I.
Cancer Lett 310: 129-133, 2011.

 

 

“Neonatal exposure to leptin reduces glucose tolerance in adult mice.”
Itoh H, Yura S, Sagawa N, (Kanayama N), Konishi I,
(Hamamatsu Birth Cohort for Mothers and Children (HBC) Study Team) .
Acta Physiol 202: 159-164, 2011.

 

 

“The comprehensive assessment of local immune status of ovarian cancer by the clustering of multiple immune factors.”
Hamanishi J, Mandai M, Abiko K, Matsumura N, Baba T, Yoshioka Y, Kosaka K,
Konishi I.
Clin Immunol. 2011 Dec;141(3):338-47. Epub 2011 Sep 2.

 

 

“Differential expression and the anti-apoptotic effect of human placental neurotrophins and their receptors.”
Fujita K, Tatsumi K, Kondoh E, Chigusa Y, Mogami H, Fujii T, Yura S, Kakui K,
Konishi I.
Placenta 32: 737-44, 2011.

 

 

“The history of the Gynecologic Cancer Study Group (GCSG) of the Japan Clinical Oncology Group (JCOG).”
(Onda T), Konishi I, (Yoshikawa H), (Kamura T) .
Jpn J Clin Oncol 41: 1156-1161, 2011.

 

 

“Guidelines for obstetrical practice in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG) and Japan Association of Obstetricians and gynecologists (JAOG) 2011 edition.”
(Minakami H), (Hiramatsu Y), (Koresawa M), (Fujii T), (Hamada H),
(Iitsuka Y),(Ikeda T), (Ishikawa H), (Ishimoto H), Itoh H, (Kanayama N),
(Kasuga Y), (Kawabata M), Konsihi I, (Matsubara S), (Matsuda H),
(Murakoshi T), (Ohkuchi A), (Okai T), (Saito S), (Sakai M), (Satoh S),
(Sekizawa A), (Suzuki M), (Takahashi T), (Tokunaga A), (Tsukahara Y),
(Yoshikawa H).
J Obstet Gynaecol Res 37: 1174-1197, 2011.

 

 

“Adjuvant combined paclitaxel and carboplatin chemotherapy for glassy cell carcinoma of the uterine cervix: Report of three cases with clinicopathological analysis.”
(Takahashi Y), (Sasaki H), Mogami H, (Hamada S), Konishi.
J Obstet Gynaecol Res 37: 1860-1863, 2011.

 

 

“Alpha-fetoprotein producing clear cell carcinoma with a neometaplasia to hepatoid carcinoma arising in endometriosis.”
(Takahashi Y), Mogami H, (Hamada S), (Urasaki K), Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 37: 1842-1846, 2011.

 

 

“Secondary postpartum hemorrhage due to uterine artery pseudoaneurysm rupture in von Willebrand disease.”
(Shimizu M), Kondoh E, Ueda M, Sato Y, Kakui K, Tatsumi K, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res 37(12): 1887-90, 2011.

 

 

“Extracellular domain of CD98hc is required for early murine development.”
Sato Y.
Cell & Bioscience. 2011;1:7-18.

 

 

“Intrauterine administration of autologous peripheral blood mononuclear cells increases clinical pregnancy rates in frozen/thawed embryo transfer cycles of patients with repeated implantation failure.”
(Oktisu O), (Kiyokawa M), (Oda T), (Miyake K), Sato Y, Fujiwara H.
J Reprod Immunol. 2011;92(1-2): 82-7.

 

 

“Epigenetic suppression of the TGF-beta pathway revealed by transcriptome profiling in ovarian cancer.”
Matsunura N, (Huang Z), (Mori S), Baba T, Fujii S, Konishi I, (Iverson ES),
(Berchuck A),(Murphy SK).
Genome Res 21: 74-82, 2011.

 

 

“Randomized phase II study comparing docetaxel plus cisplatin, docetaxel plus carboplatin, in patients with advanced or recurrent endometrial carcinoma.”
(Nomura H), (Aoki D), (Takahashi F), (Katsumata N), (Watanabe Y), Konishi I,
(JoboT), (Hatae M), (Hiura M), (Yaegashi N).
A Japanese Gynecologic Oncology Group study (JGOG2041).
Ann Oncol (Epub ahead of print).

 

 

“Differential effects of inhibition of bone morphogenetic protein (BMP) signalling on T-cell activation and differentiation.”
Yoshioka Y, (Ono M), (Osaki M), Konishi I, (Sakaguchi S).
European Journal of Immunology. DOI: 10.1002/eji.201141702.
平成23年12月5日.

 

 

“A Primary Squamous cell Carcinoma of Fallopian Tube Accompanied with Gastric Metaplasia of Female Genital Tract- Case Report and Review.”
Satoh H, Baba T, Mandai M, Suzuki A, Matsumura N, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res. 2011;37(8): 1106-11.

 

 

“Endometrial cancer implanted within a cesarean section scar.”
Baba T, Mandai M, Yamanishi Y, Suzuki A, Kang HS, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res. 2011 Mar;37(3): 245-9.

 

 

“Clinical management of ovarian endometriotic cyst (chocolate cyst)-diagnosis, medical treatment and minimal invasive surgery.”
Mandai M, Suzuki A, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Hamanishi J,
Yoshioka Y, Kosaka K, Konishi I.
Curr Obstet Gynecol Rep. 2011, in press.

 

 

“Expression of p53 and p21WAF-1, apoptosis, and proliferation of smoth muscle cells in normal myometrium during the menstrual cycle.
” Suzuki A, Kariya M, Matsumura N, Baba T, Yagi H, Mandai M, Konishi I,
Fujii S.
Med Mol Morphol. 2011, in press.

 

 

“Unique transcriptome, pathways, and networks in the human endometrial fibroblast response to progesterone in endometriosis.”
(Aghajanova L*), Tatsumi K*, (Horcajadas JA), (Zamah AM), (Esteban FJ),
(Herndon CN), (Conti M), (Giudice LC).
Biol Reprod. 84(4): 801-15, 2011 (*: equal).

 

 

“Branched-chain amino acid supplemented diet during maternal food restriction prevents developmental hypertension in adult rat offspring.”
Fujii T, Yura S, Tatsumi K, Kondoh E, Mogami H, Fujita K, Kakui K, (Aoe S),
Ito H, Sagawa N, Fujii S, Konishi I.
Journal of Developmental Origins of Health and Disease. 2: 176-183, 2011.

 

 

“Prenatal findings in congenital leukemia: a case report.”
Sato Y, Izumi Y, (Minegishi K), (Komada M), Yamada S, Kakui K, Tatsumi K,
Mikami Y, Fujiwara H, Konishi I.
Fetal Diagn Ther. 29(4): 325-30. 2011.


和文著書

「広汎子宮全摘術(岡林術式)」
小西郁生
櫻木範明、平松祐司、小西郁生、竹田省(編),
OGS NOW 5. 子宮頸癌・外陰癌の手術 理論と実際,
pp26-45, メジカルビュー社, 東京, 2011

 

 

「子宮体癌の術前評価と手術方法の選択」
馬場長、万代昌紀、小西郁生
小西郁生、平松祐司、櫻木範明、竹田省(編),
OGS NOW 6. 子宮体癌・卵巣癌の手術 基本術式と腫瘍進展に応じた戦略,
pp8-13, メジカルビュー社, 東京, 2011

 

 

「子宮体癌の骨盤内リンパ節郭清術」
小西郁生
小西郁生、平松祐司、櫻木範明、竹田省(編),
OGS NOW 6. 子宮体癌・卵巣癌の手術 基本術式と腫瘍進展に応じた戦略,
pp46-57, メジカルビュー社, 東京, 2011

 

 

「腟中央閉鎖術(Le Fort術式)」
小西郁生
平松祐司、小西郁生、櫻木範明、竹田省(編),
OGS NOW 8. 骨盤臓器脱の手術 正しい診断と適切な術式の選択,
pp166-171, メジカルビュー社, 東京, 2011

 

 

「子宮内膜増殖症」
小西郁生
山口徹、北原光夫、福井次矢(編),
今日の治療指針2011, pp1096, 医学書院, 東京, 2011

 

 

「卵巣腫瘍(良性、境界悪性、悪性)」
小西郁生
山口徹、北原光夫、福井次矢(編),
今日の治療指針2011, pp1099-1100, 医学書院, 東京, 2011

 

 

「広汎子宮全摘術・準広汎子宮全摘術」
小西郁生
産婦人科の実際編集委員会(編),
必携産婦人科ポケット手術マニュアル, pp107-116, 2011

 

 

「子宮頸癌」
小西郁生、小阪謙三
木村 正、高木耕一郎、竹田省(編),
産婦人科学レビュー 最新主要文献と解説 2011,
pp72-76, 総合医学社, 東京, 2011

 

 

「女性に必要な健康の知識」
小阪謙三、小西郁生
国立大学法人保険管理施設協議会(監修),
学生と健康 若者のためのヘルスリテラシー,
pp138-140, 南江堂, 東京, 2011

 

 

「ヒトパピローマウイルス感染と子宮頸癌("炎症発癌")」
小西郁生
BIO Clinica 26: 37-41, 2011

 

 

「子宮頸癌の治療と最近の進歩
("これだけは知っておきたい子宮頸癌の診断・治療と予防")」
小阪謙三、小西郁生
産婦人科治療 102: 952-956, 2011

 

 

「腹式単純子宮全摘術-基本術式-("エキスパートに学ぶ子宮全摘術")」
小西郁生
産婦人科手術 22: 9-15, 2011

 

 

「広汎性子宮頸部摘出術(radical trachelectomy)における
骨盤内リンパ節郭清術("トラケレクトミー手術手技を学ぶ")」
小西郁生、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、万代昌紀
産婦人科の進歩 63: 378-381, 2011

 

 

「子宮頸癌の治療法-手術療法をめぐる最近の話題-
("これだけは知っておきたい手術の知識")」
小西郁生、小阪謙三、万代昌紀
産婦人科の治療 103: 577-581, 2011


学会報告

子宮頸がん制圧 第2回京都Export Meeting 平成23年1月20日 於 京都市
講演「HPVワクチンの新たな展開」
小西郁生


第17回きたの産婦人科セミナー 平成23年1月22日 於 大阪市
「卵巣癌に対する免疫療法:基礎研究から臨床応用へのアプローチ」
万代昌紀


第32回日本エンドメトリオーシス学会
平成23年1月22日~23日 於 東京都

シンポジウム「エンドメトリオーシスと卵巣癌」
「子宮内膜症から発生する卵巣癌の生物学的特徴」
万代昌紀、岡本尊子、松村謙臣、山口建、馬場長、濱西潤三、小西郁生


第4回埼玉医科大学婦人科腫瘍セミナー
平成23年1月24日 於 川越市

特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


日本医師会 生涯教育協力講座 シンポジウム 子宮がん検診の現在・未来
平成23年1月29日 於 京都市

「若年子宮頸がんの問題点」
濵西潤三


第11回産婦人科手術・化学療法研究会 平成23年2月5日 於 京都市
「当科における子宮頸部および体部原発小細胞癌に対する治療経験」
橋本佳奈、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


第33回日本産婦人科手術学会 平成23年2月12日~13日 於 岡山市
要望講演「エキスパートに学ぶ子宮全摘術 (1)腹式単純子宮全摘術」
小西郁生

「開腹下子宮筋腫核出術を施行したびまん性平滑筋腫症の2例」
山口綾香、鈴木彩子、馬場長、松村謙臣、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


8th Annual Postdoctoral Symposium Poster Session in University of
Texas, Southwestern Medical Center, Feb.16,2011, Dallas, Texas, USA

Meritorious Poster Award
“Thrombin Is a Pathogenic Factor in Preterm Labor and Preterm Rupture of Membrane, As Up-regulating MMPs and COX-2 in Amnion”
Mogami H, (Patrick Keller), (Haolin Shi), (R Ann Word)


北海道牛受精卵移植研究会講演会・シンポジウム 平成23年2月17日 於 札幌市
「自己免疫細胞を用いたヒトの不妊治療について」
藤原浩


第2回愛媛産婦人科手術研究会 平成23年2月19日 於 松山市
特別講演「子宮頸癌手術の進歩と将来展望について」
小西郁生

第3回滋賀子宮内膜症・月経困難症懇話会 平成23年2月19日 於 大津市
「子宮内膜症と明細胞腺癌-微小環境の発癌への関与」
万代昌紀


第1回産婦人科スプリングフォーラム-若手医師の集い-
平成23年3月5日 於 京都市

「チョコレート嚢腫の癌化における微小環境の役割」
万代昌紀、岡本尊子、山口 建、松村謙臣、馬場 長、濱西潤三、小西郁生


京都府院内がん登録部会 講演会 平成23年3月5日 於 京都市
<産婦人科>婦人科腫瘍の臨床
濵西潤三


42nd The Annual Meeting on Women's Cancer
(SGO: Society of Gynecologic Oncology)
2011年3月6日~9日 Orlando, Florida in USA

“Genome-wide methylation analyses reveal a prominent role of HNF1 network genes, via hypomethylation, in ovarian clear cell carcinoma”
Yamaguchi K, Baba T, Matsumura N, Mandai M, Konishi I,
(Andrew Berchuck),(Susan K. Murphy)

“Genes Functionally Regulated by Methylation in Ovarian Cancer are Involved in Cell Proliferation, Development and Morphogenesis”
Yamaguchi K, (Zhiqing Huang), Baba T, Matsumura N, Konishi I,
(Andrew Berchuck), (Susan K. Murphy)


Society for Gynecologic Investigation 58th Annual Scientific Meeting,
March 16-19, 2011, Florida USA

President’s Presenter Award
“Fetal Fibronectin – More Than Matrix Support”
Mogami H, (Patrick Keller), (R Ann Word)

“Thrombin Is a Pathogenic Factor in Preterm Labor and Preterm Rupture of Membrane, As Up-regulating MMPs and COX-2 in Amnion”
Mogami H, (Patrick Keller), (Haolin Shi), (R Ann Word)

“BDNF/TrkB Signaling in Preeclampsia and Fetal Growth”
Fujita K, Kondoh E, Chigusa Y, Kakui K, Tatsumi K, Konishi I


平成23年度名古屋市立大学医学部産婦人科同門会
平成23年3月19日 於 名古屋市

特別講演「子宮頸がんからヒトの進化を探る」
小西郁生


第21回京都がん研究会 平成23年3月25日 於 京都市 芝蘭会館


平成23年富山産婦人科医会学術研修会 平成23年3月25日 於 富山市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


子宮頸がん予防ワクチン市民公開講座 平成23年3月26日 於 富山市
講演「子宮頸がんと予防ワクチン」
小西郁生


American Association for Cancer Research (AACR)
102nd Annual Meeting 2011, 2011年4月2日~6日 Orlando, Florida in USA

“Quantitative Accuracy accuracy of Illumina HumanMethylation27 Infinium BeadChip data Assessed assessed by Pyrosequencingpyrosequencing”
(Zhiqing Huang), Yamaguchi K, (Andrew Berchuck),
(Susan K. Murphy)


Asian Oncology Summit 2011, April 8~10, 2011, Hong Kong
Symposium:
Women’s Health Suite “Natural history of ovarian cancer development : Is early detection or screening feasible?”
Konishi I


American College of Obstetrics and Gynecology 59th Annual Clinical
Meeting, April 29-May 6, 2011, Washington DC, USA

“BDNF/TrkB Signaling in Preeclampsia and Fetal Growth”
Fujita K, Chigusa Y, Tatsumi K, Kondoh E, Konishi I


第11回長崎産科婦人科臨床懇話会 平成23年5月7日 於 長崎市
特別講演「免疫細胞による胚-母子間の新しい相互応答機構とその臨床応用」
藤原浩


第16回生殖医学フォーラム 平成23年5月13日~14日 於 浜松市
「初期胎盤形成機構の解明を目指して~extravillous trophoblastに発現する新規蛋白に着目して~」
堀江昭史、佐藤幸保、杉並興、松本久宣、藤原浩、小西郁生、(服部明)

「Preeclampsia Fetal GrowthとNeurotrophin system」
藤田浩平


第53回日本病理学会近畿支部学術集会 平成23年5月14日 於 西宮市
特別講演「子宮体部病変の臨床」
小西郁生


平成23年婦人科がん治療研究会 平成23年5月20日 於 東京都
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


31th Annual Meeting of The American Society for Reproductive
Immunology, May20,2011 Saly Lake City, U.S.A.

“Circulating immune cells can promote embryo implantation”
Fujiwara H


日本産婦人科感染症研究会 平成23年6月3日 於 倉敷市
「腸管穿孔および腹膜炎をきたした巨大卵巣粘液性腺癌の1例」
松原慕慶、鈴木彩子、松村謙臣、馬場 長、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、
藤原浩、小西郁生


平成23年度岐阜県産婦人科学会 平成23年6月5日 於 岐阜市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生


第124回近畿産科婦人科学会 平成23年6月18日~19日 於 和歌山市
「子宮体癌の術後化学療法中に大動脈血栓症をきたした1例」
清水操、鈴木彩子、小阪謙三、松村謙臣、馬場長、万代昌紀、小西郁生

「有茎性腹膜弁を用いて造膣術を施行した機能性子宮を有する先天性膣欠損症の1例」
橋本佳奈、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、佐藤幸保、小阪謙三、万代昌紀、
藤原浩、小西郁生

「妊娠中に急速に貧血が進行した巨赤芽球性貧血の2例」
江川絢子、近藤英治、角井和代、濱西潤三、巽啓司、藤原浩、小西郁生

「びまん性平滑筋腫性(diffuse leiomyomatosis)核出術後に妊娠に至った症例」
山口綾香、角井和代、近藤英治、鈴木彩子、巽啓司、藤原浩、小西郁生


第74回和歌山赤十字病院学術講演会 平成23年6月23日 於 和歌山市
特別講演「子宮頸がんからヒトの進化を探る」
小西郁生


第15回日本がん免疫学会 平成23年6月30日 於 大阪市
「卵巣癌に対する抗がん剤治療は腫瘍局所の免疫を変化させる
“The immunologic change in ovarian cancer patients after chemotherapy “」
濵西潤三、万代昌紀、小西郁生


第10回婦人科がん分子標的研究会 平成23年7月1日~2日 於 松江市
「卵巣明細胞腺癌において、HNF1パスウェイ遺伝子は低メチル化を介した
エピジェネティックスにより活性化されている」
山口建、(Susan K. Murphy)、(Andrew Berchuck)、万代昌紀、松村謙臣、
馬場長、濱西潤三、小西郁生


研修医・修練医のための産婦人科サマーセミナー2011
平成23年7月9日 於 大阪市

講演「卵巣癌は早期発見できるか?」
小西郁生


第47回日本周産期・新生児医学会 平成23年7月10日~12日 於 札幌市
「著しい異所性脱落膜変化に伴うG-CSF産生に起因すると考えられた白血球増多症合併妊娠の1例」
近藤英治、角井和代、藤田浩平、千草義継、巽啓司、小西郁生

「膀胱壁に浸潤する前置穿通胎盤が疑われた症例に対する保存的治療の1例」
角井和代、近藤英治、濱西潤三、藤田浩平、千草義継、佐藤幸保、巽啓司、
小西郁生


国立循環器病センター周産期・婦人科講演会 平成23年7月15日 於 大阪市
特別講演「婦人科悪性腫瘍に対する手術療法の進歩」
小西郁生


第27回武庫川産婦人科セミナー 平成23年7月16日 於 西宮市
特別講演「子宮頸癌手術の進歩と将来展望について」
小西郁生


第4回温知会サマークリニカルフォーラム 平成23年7月18日 於 京都市
「前置癒着胎盤の取り扱い」
西川愛


第50回日本婦人科腫瘍学会 平成23年7月22日~24日 於 札幌市
Frontiers in Gynecologic Oncology 1:
「特異的遺伝子発現の解析から示唆される卵巣明細胞腺癌の生物学的特性」
万代昌紀、山口建、松村謙臣、岡本尊子、馬場長、(Susan K. Murphy)、
濱西潤三、小西郁生

ミニワークショップ2:抗癌剤耐性
「バイオインフォマティクスを利用した多剤耐性子宮体癌に対する有効薬剤の探索」
馬場長、Budiman Kharma、姜賢淑、万代昌紀、濱西潤三、吉岡弓子、松村謙臣、
小阪謙三、山口建、小西郁生

「卵巣癌腹水中のリンパ球の解析―局所免疫の抑制との関連―」
安彦郁、万代昌紀、濱西潤三、吉岡弓子、松村謙臣、馬場長、鈴木彩子、
奈倉道和、小阪謙三、小西郁生

「検診を契機に早期発見されたと考えられた卵巣漿液性腺癌の1例」
安本晃司、鈴木彩子、馬場長、松村謙臣、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「外陰に発生した腺様嚢胞癌(adenoid cystic carcinoma: ACC)の1例」
上田優輔、鈴木彩子、松村謙臣、馬場 長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「妊娠により腹膜面の著しい脱落膜変化をきたした1例」
清水操、濱西潤三、近藤英治、角井和代、巽啓司、小西郁生


KYOTO UNIVERSITY Global COE – Cancer Course Retreat
2011年7月23日~24日 於 滋賀県

“IFNγ, STAT1 and STAT1-related genes in Endometrial Cancer”
Budiman Kharma, Baba T, Hyun Sook Kang, Yoshioka Y, Hamanishi J, Matsumura N, Mandai M, Konishi I


第5回産婦人科サマースクール2011 in 美ヶ原
平成23年8月6日~7日 於 松本市

「卵巣子宮内膜症(チョコレート嚢胞)から発生する明細胞腺癌」の研究から見た研究から臨床への橋渡し」
山口建


京都ワクチンエキスパートフォーラム 平成23年8月18日 於 京都市
特別講演「子宮頸癌の治療と予防」
小西郁生


第16回日本病態プロテアーゼ学会学術集会 平成23年8月26日 於 豊中市
Young Investigator’s Award of JSPP 2011受賞
「ヒト絨毛外栄養膜細胞に特異的な新規aminopeptidase “laeverin”の同定とその機能解析」
堀江昭史、藤原浩、佐藤幸保、杉並興、松本久宣、(丸山正人)、(服部明)、
(辻本雅文)、小西郁生


第63回日本産科婦人科学会学術講演会 平成23年8月29日~31日 於 大阪市
優秀論文賞受賞講演
“Identification of an ovarian clear cell carcinoma gene signature that reflects inherent disease biology and the carcinogenic processes”
「卵巣明細胞腺癌において、マイクロアレイ解析により特徴付けられる生物学的特性は特有の発癌環境を反映している」
山口建、万代昌紀、(大浦智紀)、松村謙臣、濱西潤三、馬場長、(松井茂之)、
(Susan K. Murphy)、小西郁生

高得点演題
「進行卵巣癌に対する化学療法は腫瘍局所の免疫状態を変化させる」
濵西潤三、万代昌紀、安彦郁、松村謙臣、馬場長、山村省吾、姜賢淑、吉岡弓子、
奈倉道和、 小阪謙三、小西郁生

生涯研修プログラム 2.クリニカルカンファランス
2)腫瘍「こんな症例、手術するかしないか」
② 症例2 40歳 既婚経産女性 片側5cmのチョコレート嚢胞
鈴木彩子

「新規アミノペプチターゼlaeverinの初期絨毛内における発現と機能」
堀江昭史、佐藤幸保、杉並興、松本久宣、藤原浩、小西郁生、(服部明)

「月経時子宮内膜修復における血小板の役割について」
杉並興、佐藤幸保、堀江昭史、松本久宣、藤原浩、小西郁生

「マウス卵巣癌細胞局所免疫における免疫抑制因子PD-L1の影響」
安彦郁、万代昌紀、濱西潤三、吉岡弓子、松村謙臣、馬場長、山口建、奈倉道和、
天野泰彰、小阪謙三、小西郁生

「当科における子宮頸癌IVb期に対する手術を含めた集学的治療の試み」
山口綾香、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、上田優輔、松原慕慶、小阪謙三、
万代昌紀、小西郁生

「ヒト胎盤における神経栄養因子と酸化ストレスの関係」
藤田浩平、巽啓司、近藤英治、千草義継、角井和代、小西郁生

「分娩後異常出血を契機にvon Willebrand病と判明した1例」
清水操、近藤英治、角井和代、上田匡、山口綾香、松原慕慶、佐藤幸保、巽啓司、
藤原浩、小西郁生

「膀胱壁に浸潤する前置穿通胎盤が疑われた症例に対する保存的治療の経験」
上田優輔、角井和代、近藤英治、上田匡、松原慕慶、山口綾香、佐藤幸保、
巽啓司、藤原浩、 小西郁生


第12回JSAWI (Japanese Society for the Advancement of Women’s Imaging) シンポジウム
平成23年9月2日~3日 於 淡路市

「術後腹壁創部再発をきたした卵巣明細胞腺癌合併妊娠の1例」
江川絢子、鈴木彩子、馬場 長、松村謙臣、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、
小西郁生

「子宮平滑筋肉腫との鑑別が困難であった帝王切開瘢痕部留血腫の1例」
川村洋介、鈴木彩子、松村謙臣、馬場 長、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、
小西郁生

ワークショップIII
「妊娠中に診断され開頭手術を行った髄膜腫の1例―妊娠中の脳腫瘍の取り扱い―」
近藤英治

ポスター発表
「妊娠中にDICを契機として診断された胃癌の1例」
多賀敦子、近藤英治、濱西潤三、山口建、巽啓司、小西郁生


第一生命講演会「女性の病気とがん」 平成23年9月8日 於 京都市
「子宮頸がんと予防ワクチン」
小西郁生


KYOTO UNIVERSITY Global COE “Center for Frontier Medicine” International Symposium/Retreat 2011, 2011年9月9日~10日 於 淡路市
“Role of ICAM-1 and PD-L1 in Association with Tumor-associated Lymphocytes in Endometrial Cancer Progression”
Budiman Kharma, Baba T, Hyun Sook Kang, Abiko K, Yoshioka Y,
Hamanishi J, Mandai M, Konishi I


The 17th ESGO International Meeting of European Society of Gynaecological Oncology(ESGO) 2011年9月11日~14日 Milan, Italy
“GENOME-WIDE METHYLATION ANALYSES REVEAL HNF1 NETWORK GENES ARE SYNCHRONOUSLY HYPOMETHYLATED IN OVARIAN CLEAR CELL CARCINOMA”
Yamaguchi K, Mandai M, Matsumura N, Okamoto T, Hamanishi J, Baba T,
(Andrew Berchuck), Konishi I, (Susan K. Murphy)


16th World Congress on In Vitro Fertilization,
Sep.12,2011, Tokyo JAPAN

“Improvement of implantation rates using autologous peripheral blood mononuclear cells.”
Fujiwara H


第104回日本繁殖生物学会大会 平成23年9月13日~17日 於 盛岡市
「内分泌―免疫系を介した胚シグナルによる着床誘導機構」
藤原浩


京都がん研究会 平成23年9月16日 於 京都市
「子宮体癌における転移抑制ペプチドmetastinの有用性」
馬場長、万代昌紀、姜 賢淑、Budiman Kharma、濱西潤三、松村謙臣、
小西郁生


The XXII Asian and Oceanic Congress of Obstetrics and Gynecology Sep.23-27 Taipei
Symposium (1)
Ovarian Cancer “Toward understanding the natural history of ovarian cancer development : Its screening and early detection feasible?”
Konishi I


第52回日本母性衛生学会 平成23年9月29日~31日 於 京都市
ランチョンセミナー「子宮頸がんからヒトの進化を探る」
小西郁生


第19回日本胎盤学会学術集会 平成23年9月30日~10月1日 於 東京都
「S1PはヒトEVTの浸潤制御に関与している」
松本久宣、佐藤幸保、杉並興、堀江昭史、藤原浩、小西郁生

「胎盤での酸化LDL受容体(LOX-1)の発現とPreeclampsia」
千草義継、巽啓司、藤田浩平、西村史朋、近藤英治、小西郁生


第12回京都少子化問題研究会 平成23年10月2日 於 京都市
「子宮平滑筋肉腫との鑑別が困難であった帝王切開瘢痕部瘤血腫の1例」
川村洋介

「妊娠による腹膜面の著しい脱落膜変化により白血球数の増加と腹痛をきたした1例」
多賀敦子


第70回日本癌学会学術総会 平成23年10月3日~5日 於 名古屋市
シンポジウム
「婦人科がんにおける基礎から臨床への研究」
「卵巣癌における局所免疫環境の評価と治療への応用」
万代昌紀、浜西潤三、安彦郁、松村謙臣、馬場長、山口建、小西郁生

“The carcinogenic environment characterizes ovarian clear cell carcinoma via coordinate epigenetic modifications”
Yamaguchi K, Mandai M, Hamanishi J, Baba T, Matsumura N, Konishi I

“PD-L1 expression on mouse ovarian cancer cells promotes tumor survival in ascites and tumor progression”
Abiko K, Mandai M, Hamanishi J, Yoshioka Y, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Budiman Kharma, Nagura M, Amano Y, Kosaka K, Konishi I

Budiman Kh“Fludarabine therapy in endometrial cancer: A possible alternative treatment” arma, Baba T, Hyun Sook Kang, Yoshioka Y, Hamanishi J, Matsumura N, Yamaguchi K, Mandai M, Konishi I


滋賀ワクチンエキスパートフォーラム 平成23年10月6日 於 大津市
特別講演「子宮頸癌の治療と予防」
小西郁生


第2回神戸産婦人科臨床フォーラム 平成23年10月15日 於 神戸市
特別講演「子宮頸がんからヒトの進化を探る」
小西郁生


第12回京都少子化問題研究会 平成23年10月15日 於 京都市
「子宮平滑筋肉腫との鑑別が困難であった帝王切開瘢痕部留血腫の1例」
川村洋介、鈴木彩子、松村謙臣、馬場 長、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、
小西郁生

「妊娠による腹膜面の著しい脱落膜変化により白血球数の増加と腹痛をきたした1例」
多賀敦子


京産婦学会平成23年度学術集会 平成23年10月15日 於 京都市
「常位胎盤早期剥離の分娩管理中に輸血関連急性肺障害を発症した1例」
古田希、近藤英治、濱西潤三、山口建、多賀敦子、渡邊のぞみ、巽啓司、藤原浩、
小西郁生

「妊娠中に腸管子宮内膜症による回腸穿孔をきたし、診断と周術期管理に難渋した1例」
西川愛、近藤英治、濱西潤三、山口建、高松士朗、山ノ井康二、佐藤幸保、
巽啓司、藤原浩、小西郁生

「変性子宮筋腫に感染し汎発性腹膜炎を呈したが、手術療法により妊娠を継続しえた1例」
小林史昌、近藤英治、濱西潤三、山口建、江川絢子、野溝万吏、巽啓司、藤原浩、
小西郁生

「両胎児間で相反する甲状腺機能異常を認めたバセドウ病合併双胎妊娠の一例」
安本晃司、近藤英治、濱西潤三、山口建、川村洋介、大仲恵、巽啓司、藤原浩、
小西郁生


第32回日本妊娠高血圧症学会学術集会 平成23年10月21日~22日 於 金沢市
「酸化LDL受容体の胎盤における発現とその調節機構の解析」
千草義継、巽啓司、藤田浩平、西村史朋、近藤英治、小西郁生


第1回京都産婦人科救急診療研究会 平成23年10月23日 於 京都市
「分娩後出血に対する治療法の選択」
近藤英治


第49回日本癌治療学会学術集会 平成23年10月27日~29日 於 名古屋市
「子宮体癌・卵巣癌の重複癌の臨床的特徴」
山ノ井康二、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、
小西郁生

「子宮頸部および体部の小細胞癌に対する治療と予後」
大仲恵、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生


The 2nd Biennial Meeting of Asian Society Gynecologic Oncology (ASGO),
Nov.3-5 2011 Seoul KOREA

“Introduction of laparoscopic pelvic lymphadenectomy for endometrial carcinoma in a facility in Japan”
Mandai M, Kosaka K, Baba T, Suzuki A, Matsumura N, Konishi I

“A study on Long Term Survival after Recurrence of Epithelial Ovarian Cancer”
Yoshioka Y, Onaka M, Matsumura N, Ueda A, Baba T, Suzuki A, Kosaka K,
Mandai M, Konishi I

“Fludarabine therapy in endometrial cancer: A possible alternative treatment”
Budiman Kharma, Baba T, Hyun Sook Kang, Yoshioka Y, Hamanishi J,
Matsumura N, Yamaguchi K, Mandai M, Konishi I

“COMPREHENSIVE METHYLATION ANALYSES REVEAL SYNCHRONOUS HYPOMETHYLATION OF HNF1 NETWORK GENES IN OVARIAN CLEAR CELL CARCINOMA”
Yamaguchi K, Mandai M, Matsumura N, Okamoto T, Hamanishi J, Baba T,
(Andrew Berchuck), Konishi I, (Susan K. Murphy)


第125回近畿産科婦人科学学術集会 平成23年11月6日 於 大阪市
教育講演「着床不全の基礎と臨床」
藤原浩

腫瘍研究部会「初期子宮体癌症例に対する腹腔鏡下骨盤リンパ節郭清術の導入」
万代昌紀、小阪謙三、松村謙臣、馬場 長、鈴木彩子、吉岡弓子、小西郁生

「帝王切開部への浸潤が疑われた子宮体癌の2症例」
高松士朗、馬場 長、松村謙臣、鈴木彩子、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、
藤原浩、小西郁生

「全身性エリテマトーデスの活動性と周産期予後」
(植田彰彦)、近藤英治、濱西潤三、山口建、巽啓司、藤原浩、小西郁生


第8回婦人科がん会議 平成23年11月11日~12日 於 宜野湾市
シンポジウム
「卵巣明細胞腺癌に対する分子標的療法の展望-臨床試験実施の可能性を探る」
「卵巣明細胞腺癌に特異的に発現する遺伝子群 OCCC signature の同定とその応用」
万代昌紀、山口建、松村謙臣、馬場長、岡本尊子、濱西潤三、小阪謙三、
(Susan K. Murphy)、小西郁生


The 4th International Conference of Repeated Implantation Failure, Nov.12,2011, 広州 中国
“Novel local regulatory mechanisms for human embryo attachment and invasion.”
Fujiwara H

第3回京都婦人科鏡視下手術研究会 平成23年11月19日 於 京都市
「当科におけるロボット支援手術の導入」
万代昌紀、小阪謙三、松村謙臣、馬場 長、鈴木彩子、吉岡弓子、小西郁生


第34回日本産婦人科手術学会 平成23年11月27日 於 久留米市
「当科における腹腔鏡下骨盤リンパ節郭清術導入の試み」
万代昌紀、小阪謙三、馬場長、松村謙臣、鈴木彩子、吉岡弓子、小西郁生

「有茎性腹膜弁を用いて造膣術を施行した機能性子宮を有する先天性膣欠損症の1例」
渡邉のぞみ、鈴木彩子、松村謙臣、馬場長、佐藤幸保、小阪謙三、万代昌紀、
藤原浩、小西郁生


第40回日本免疫学会学術集会 平成23年11月27日~29日 於千葉市
「卵巣癌細胞のPD-L1発現は腹水中での腫瘍の生存を促進する」
安彦郁、万代昌紀、濱西潤三、吉岡弓子、Budiman Kharma、馬場長、小西郁生

Role of ICAM-1 and PD-L1 in Association with Tumor-associated Lymphocytes in Endometrial Cancer Progression”
Budiman Kharma, Baba T, Hyun Sook Kang, Abiko K, Yoshioka Y,
Hamanishi J, Mandai M, Konishi I


第24回日本内視鏡外科学会 平成23年12月7日~9日 於 大阪市
「子宮頸癌IIb期症例に対し照射前に腹腔鏡下両側卵巣・卵管移動術を施行した1例」
万代昌紀、松村謙臣、安本晃司、小阪謙三、鈴木彩子、馬場長、吉岡弓子、
小西郁生


第56回日本生殖医学会学術講演会 平成23年12月8日~9日 於 横浜市
シンポジウム2「免疫細胞による着床誘導機構」
藤原浩

「月経時子宮内膜再上皮化における血小板の役割に関する検討」
杉並興、佐藤幸保、堀江昭史、松本久宣、藤原浩、小西郁生

「Sphingosine_1_phosphate(S1P)はヒトextravillous trophoblas (t EVT)の浸潤制御因子の1つである」
松本久宣、佐藤幸保、杉並興、堀江昭史、藤原浩、小西郁生


6th AAGL International Congress on Minimally Invasive Gynecology, 2011年12月9日~11日 Osaka
“Laparoscopic ovarian/tubal transposition in a case of stage IIb cervical cancer”
Mandai M, Matsumura N, Yasumoto K, Kosaka K, Suzuki A, Baba T,
Yoshioka Y, Konishi I

京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了