メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2013年(平成25年)業績一覧


和文論文英文論文学会発表

和文論文

著書

「産婦人科必修 母体急変時の初期対応 -羊水塞栓症」
最上晴太
京都産婦人科救急診療研究会 編著  メディカ出版2013

「産婦人科必修 母体急変時の初期対応 ―弛緩出血による出血性ショック」
近藤英治
京都産婦人科救急診療研究会 編著 メディカ出版2013

和文

「合併症妊娠(内科疾患)」
小西郁生
今日の治療指針2013, pp1121-1123, 医学書院, 東京, 2013

「診療科別先進医療 産婦人」
小阪謙三、万代昌紀、小西郁生
先進医療NAVIGATION, pp52-54, 日本医学出版, 東京, 2013

「婦人科癌 AP療法」
松村謙臣、小西郁生
癌化学療法と制吐薬使用マニュアル, pp18-19, メデイカルレビュー社, 東京, 2013

「腹膜癌や卵管癌は卵巣癌に対する治療法が推奨されるか?」
松村謙臣、万代昌紀、小西郁生
EBM婦人科疾患の治療, pp428-432, 中外医学社, 東京, 2013

「卵巣がんの包括的ゲノム解析に基づく新たな治療個別化への展望」
小西郁生
Progress in Ovarian Cancer Management, pp11-20, メデイカルレビュー社, 東京, 2013

「松遺伝子発現マイクロアレイに基づく卵巣癌の予後予測」
松村謙臣、山口 建、小西郁生
Progress in Ovarian Cancer Management, pp59-64, メデイカルレビュー社, 東京, 2013

「卵巣腫瘍に対する機能温存手術」
万代昌紀、小西郁生
OGS NOW 13. 機能温存手術 疾患治療と妊娠・性機能の予後に配慮して, pp148-157, メジカルビュー社, 東京, 2013

「卵巣嚢腫・卵巣癌 開腹術」
近藤英治、馬場 長、小西郁生
OGS NOW 15. 妊娠中の手術・胎児手術 こんなときどうする?妊娠の生理・病態理解と術式マスター, pp60-67, メジカルビュー社, 東京, 2013

「超広汎子宮全摘術: 基靭帯浸潤が高度の場合」
万代昌紀、小西郁生
OGS NOW 14. 婦人科がん手術 こんなときどうする がんの根治とQOLの改善を目指して, pp64-73, メジカルビュー社, 東京, 2013

「卵巣癌の腫瘍局所における包括的な免疫環境の解析と治療応用への基礎的研究」
濵西潤三
産科と婦人科 80(4):510-512, 2013

「再発・進行卵巣がんに対する抗PD-1抗体を用いた免疫療法」
濵西潤三、 万代昌紀、 安彦 郁、 松村謙臣、小西郁生
産科と婦人科 81(2), 187-193, 2014

「卵巣がんに対する抗PD-1抗体を用いた新規分子標的治療の医師主導治験」
濵西潤三、 小西郁生
京都がん研究会メールマガジン 2013年11月号

「シーンで学ぶ産婦人科診療ガイドライン2011  第9回 合併症・感染症の知識と対応 CQ502 妊娠初期の子宮頸部細胞診異常の取り扱いは?」
近藤英治, 小西郁生 
ペリネイタルケア Vol32 no.1 2013. 65-9

「下肢静脈瘤および外陰静脈瘤と妊娠」
近藤英治
下肢静脈瘤と関連疾患診療マニュアル (MB Derma (デルマ)) 2013.2 15-20

「子宮筋腫 分類と診断」
近藤英治 小西郁生
子宮筋腫 子宮内膜症 子宮腺筋症診療マニュアル 診断と治療社 2013年 38-49

「今日の臨床サポート 前置胎盤」
小西郁生、近藤英治
教育寄稿 禁煙科学 vol.7(05),2013.05 - 日本禁煙科学会
日本小児禁煙研究会学術集会 基調講演記録

「子宮筋腫 子宮内膜症 子宮腺筋症診療マニュアル 子宮筋腫 分類と診断」
近藤英治 小西郁生
診断と治療社 2013年12月

「前置癒着胎盤に対し胎盤を子宮内に残置し保存的管理を行った4例(会議録)」
植田 彰彦(京都大学), 近藤 英治, 今井 更衣子, 浮田 真吾, 川崎 薫, 最上 晴太, 小西 郁生
産婦人科の進歩65巻4号 Page576 (2013.)

「妊娠中の手術・胎児手術 こんなときどうする? 妊娠の生理・病態理解と術式マスター」
近藤英治
Obstetrics and Gynecologic Surgery (OGS) NOW 15

「今日の臨床サポート 前置胎盤 https://clinicalsup.jp/content/index.html」
近藤英治
エルゼビア・ジャパン株式会社

 

総説

「子宮筋腫-後編-. (“イラストでみる産婦人科診療”)」
近藤 英治, 馬場 長, 小西 郁生
産科と婦人科 80:1-8, 2013

「全身性エリテマトーデス、抗リン脂質抗体症候群合併患者へのART治療.
(シリーズで学ぶ最新知識“合併症を有する不妊症患者のマネジメント -ARTのために-“)」
朝倉 寛之, ニコラス S. マクロン, 小西 郁生
産婦人科の実際 62:87-91, 2013

「性機能障害を持つ夫婦へのART治療.
(シリーズで学ぶ最新知識“合併症を有する不妊症患者のマネジメント -ARTのために-“)」
朝倉 寛之, ニコラス S. マクロン, 小西 郁生
産婦人科の実際 62:217-220, 2013

「合併症・感染症の知識と対応 妊娠初期の子宮頸部細胞診異常の取扱いは?
(“シリーズで学ぶ産婦人科診療ガイドライン2011”)」
近藤 英治, 小西 郁生
ペイネイタルケア 32:65-69, 2013

「子宮頸がんに対するロボット手術. (“婦人科がん手術の最前線”)」
万代 昌紀, 小阪 謙三, 馬場 長, 松村 謙臣, 吉岡 弓子, 濵西 潤三, 小西 郁生
産婦人科の実際 62:33-38, 2013

「子宮悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術とロボット手術の使い分け. (“ロボット支援手術の未来”)」
万代 昌紀, 小阪 謙三, 馬場 長, 松村 謙臣, 吉岡 弓子, 濵西 潤三, 小西 郁生
産科と婦人科 80:314-318, 2013

「“がんの個性”に応じた新たな治療個別化への道. (“次世代の婦人科がん治療を展望する”)」
小西 郁生
産婦人科の実際 62:271-275, 2013

「ゲノムワイドな解析に基づく卵巣癌の新規治療法の開発. (“次世代の婦人科がん治療を展望する”)」
松村謙臣、山口 建、万代昌紀、小西 郁生
産婦人科の実際 62:307-313, 2013

「子宮平滑筋肉腫のシグナル伝達と治療展望. (“次世代の婦人科がん治療を展望する”)」
(林 琢磨)、(堀内晶子)、小西 郁生
産婦人科の実際 62:339-348, 2013

「卵巣がんに対する臨床的免疫療法の現況と展望. (“次世代の婦人科がん治療を展望する”)」
万代昌紀、濵西潤三、小西 郁生
産婦人科の実際 62:369-375, 2013

「FOCUS”卵巣がんの再発における腫瘍免疫の関与と免疫療法. 」
万代昌紀、安彦 郁、濵西潤三、吉岡弓子、松村謙臣、小西 郁生
臨床婦人科産科 67:408-412, 2013

「子宮頸部浸潤癌に対するロボット支援下神経温存広汎子宮全摘術の導入. (“子宮頸がん手術再考”)」
万代 昌紀, 小阪 謙三, 馬場 長, 松村 謙臣, 吉岡 弓子, 濵西 潤三, 小西 郁生
日本婦人科腫瘍学会雑誌 31:152-154, 2013

「ママ、たばこを吸わないで!-産婦人科医の立場から-」
小西郁生、近藤英治
禁煙科学 7(05):1-9, 2013

「子宮平滑筋肉腫の新規診断法:LMP2とCalponin h1のバイオマーカーとしての信頼性.
(“博慈会ダビンチ賞”)」
(林 琢磨)、(堀内晶子)、(油谷浩幸)、(利根川進)、小西郁生
未病と抗老化 22:50-56, 2013

「子宮頸癌手術の歴史と将来展望. (“子宮頸癌治療の変遷と今後の展望”)」
小西 郁生
産科と婦人科 80:1292-1297, 2013

「ロボット支援腹腔鏡(da Vinci)による子宮悪性腫瘍手術-開腹術からの移行を目指して-.
(“婦人科がん手術の基本手技を学ぶ”)」
万代 昌紀, 小阪 謙三, 馬場 長, 松村 謙臣, 濵西 潤三, 吉岡 弓子, 小西 郁生
産婦人科手術24:45-50, 2013

「最近の周術期管理について」
(寺尾泰久)、(増山 寿)、(藤井多久磨)、(正岡直樹)、(平松祐司)、 小西郁生
産婦人科手術24:111-115, 2013

「子宮頸がんの手術療法 (3)広汎子宮全摘術・準広汎子宮全摘術.
(“プロメテウス婦人科がん最新医療”)」
小西 郁生
産婦人科の実際 62:1684-1688, 2013

「卵巣がんの検査・診断 (1)腫瘍マーカー、バイオマーカー.
(“プロメテウス婦人科がん最新医療”)」
松村 謙臣, 小西 郁生
産婦人科の実際 62:1869-1875, 2013

「腫瘍分野 子宮肉腫. (“ホルモン療法実践マニュアル”)」
万代 昌紀, 小西 郁生
産科と婦人科 80 Suppl:136-140, 2013

「子宮頸がんに対する薬物療法の実際 術前補助化学療法の進め方.
(“子宮体がん、子宮頸がんの薬物治療”)」
万代 昌紀, 小西 郁生
臨床腫瘍プラクテイス 9:42-46, 2013

「遺伝子発現マイクロアレイに基づく卵巣癌の予後予測」
松村謙臣、 山口 建、 小西郁生
予後予測因子の新知見
PROGRESS in Ovarian Cancer  Management Vol1 2013, p39-43 メディカルビュー社

「卵巣がんの再発における腫瘍免疫の関与と免疫療法」
万代昌紀、 安彦 郁、 濵西潤三、 吉岡弓子、 松村謙臣、 小西郁生
臨床婦人科産科 Vol67 No.3:p408-412, 2013 医学書院

 

原著論文(和文)

「新生児予後における臍帯血CK分画とガス分析値に関する後方視的検討 -824例の成熟新生児での検討-」
山ノ井康二、高橋良樹、岡田由貴子、最上春太、鈴木彩子、小西郁生
日本周産期・新生児医学会雑誌 49:899-906, 2013

「子宮びまん性平滑筋腫症を認めた姉妹例」
野溝万吏、馬場 長、鈴木彩子、山西 恵、山口綾香、角井和代、松村謙臣、吉岡弓子、近藤英治、佐藤幸保、濵西潤三、小阪謙三、万代昌紀、小西 郁生
産婦人科の進歩 65:40-45, 2013

「妊娠高血圧症候群における分娩様式-産科診療ガイドラインと実地診療-」
植田彰彦、近藤英治、藤田浩平、川﨑 薫、最上春太、藤原 浩、小西 郁生
産婦人科の進歩 65:321-323, 2013

「当科における初期子宮体癌に対する腹腔鏡下骨盤リンパ節郭清術の導入と先進医療承認」
小阪 謙三, 万代 昌紀, 松村 謙臣, 馬場 長, 鈴木 彩子, 吉岡 弓子, 濵西 潤三, 小西 郁生, (安藤 正明)
日本産婦人科内視鏡学会雑誌 29:291-296, 2013

 

英文論文

Serial magnetic resonance imaging of placenta percreta with bladder involvement during pregnancy and postpartum: a case report.
Ueda Y, Kondoh E, Kakui K, Hamanishi J, Ueda M, Nishikawa A, Tatsumi K, Konishi I:
J Obstet Gynaecol Res 39:359-363, 2013

Pyomayoma during pregnancy: a case report and review of the literature.
Kobayashi F, Kondoh E, Hamanishi J, Kawamura Y, Tatsumi K, Konishi I:
J Obstet Gynaecol Res 39:383-389, 2013

Cervical clamp with ring forceps to prevent prolapse of an intrauterine ballon in the management of postpartum hemorrhage.
Kawamura A, Kondoh E, Hamanishi J, Kawamura Y, Kusaka K, Ueda A, Kawasaki K, Fujita K, Mogami H, Konishi I:
J Obstet Gynaecol Res 39:733-737, 2013

ATP-binding cassette transporter A1 expression is decreased in preeclamptic placentas.
Chigusa Y, Kondoh E, Mogami H, Nishimura F, Ujita M, Kawasaki K, Fujita K, Tatsumi K, Konishi I
Reprod Science 20:891-898, 2013

Vaginal delivery in the presence of huge vulvar varicosities: a case report with MRI evaluation.
Furuta N, Kondoh E, Yamada S, Kawasaki K, Ueda A, Mogami H, Konishi I
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 167:127-131, 2013

Eph-ephrin A system regulates human choriocarcinoma-derived JEG-3 cell invasion.
Fujiwara H, Nishioka Y, Matsumoto H, Suginami K, Horie A, Tani H, Matsumura N, Baba T, Sato Y, (Araki Y), Konishi I
Int J Gynecol Cancer 23:576-582, 2013

Utilization of genomic signatures to identify high-efficacy candidate drugs for chemorefractory endometrial cancers.
Kharma B, Baba T, Mandai M, Matsumura N, Murphy SK, Kang HS, Yamanoi K, Hamanishi J, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Konishi I:
Int J Cancer 133:2234-2244, 2013

Decidualized adenomyosis during pregnancy and post delivery: three cases of magnetic resonance imaging findings.
(Shitano F), (Kido A), (Fujimoto K), (Umeoka S), (Himoto Y), (Kiguchi K), Kondoh E, (Mikami Y), Konishi I, (Togashi K)
Abdom Imaging 38:851-857, 2013

Status of treatment for the overall population of patients with stage IVb endometrial cancer, and evaluation of the role of preoperative chemotherapy: a retrospective multi-institutional study of 426 patients in Japan.
(Eto T), (Saito T), (Shimokawa M), (Hatae M), (Takeshima N), (Kobayashi H), (Kasamatsu T), (Yoshikawa H), (Kamura T), Konishi I
Gynecol Oncol 131:574-580, 2013

Recurrence of a carcinoid tumor of the ovary 13 years after the primary surgery: A case report.
Amano Y, Mandai M, Baba T, Hamanishi J, Yoshioka Y, Matsumura N, Konishi I.
Oncol Lett 6:1241-1244, 2013

A novel diagnostic criterion for lymph node metastasis in cervical cancer using multi-detector computed tomography.
Yamanoi K, Matsumura N, (Kido A), Baba T, Hamanishi J, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Taleb HA, (Togashi K), Konishi I:
Gynecol Oncol 131:701-707, 2013

Functional genomics identifies five distinct molecular subtypes with clinical relevance and pathways for growth control in epithelial ovarian cancer.
(Tan TZ), (Miow QH), (Huang RY), (Wong MK), (Ye J), (Lau JA), (Wu MC), (Bin Abdul Hadi LH), (Soong R), (Choolani M), (Davidson B), (Nesland JM), (Wang LZ), Matsumura N, Mandai M, Konishi I, (Goh BC), (Chang JT), (Thiery JP),( Mori S)
EMBO Mol Med 5:983-98, 2013

Carbonic anhydrase type IX expression in lobular endocervical glandular hyperplasia and gastric-type adenocarcinoma of the uterine cervix.
(Mikami Y), (Minamiguchi S), (Teramoto N), (Nagura M), (Haga H), Konishi I:
Pathol Res Pract 209:173-178, 2013

PD-L1 on tumor cells is induced in ascites and promotes peritoneal dissemination of ovarian cancer through CTL dysfunction.
Abiko K, Mandai M, Hamanishi J, Yoshioka Y, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Murakami R, (Yamamoto A), Kharma B, Kosaka K, Konishi I:
Clin Cancer Res 19:1363-1374, 2013

Ileal perforation and massive intestinal haemorrhage from endometriosis in pregnancy: case report and literature review.
Nishikawa A, Kondoh E, Hamanishi J, Yamaguchi K, Ueda A, Sato Y, Konishi I:
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 170:20-24, 2013

Endothelial function progressively deteriorates during normal pregnancy.
Fujita K, Tatsumi K, Kondoh E, Chigusa Y, Mogami H, Fujita M, Konishi I:
Hypertens Pregnancy  32:129-138, 2013

Complement split product C4d deposition in placenta in systemic lupus erythematosus and pregnancy-induced hypertension.
(Minamiguchi S),(Mikami Y), (Nakajima N), Salah A, Kondoh E, Tatsumi K, Konishi I, )Haga H)
Pathol Int 63:150-15,7 2013

An EMT spectrum defines an anoikis-resistant and spheroidogenic intermediate mesenchymal state that is sensitive to e-cadherin restoration by a src-kinase inhibitor, saracatinib (AZD0530).
(Huang RY), (Wong MK), (Tan TZ), (Ng AH), (Chung VY), (Chu YS), Matsumura N, (Lai HC), (Lee YF), (Sim WJ), (Chai C), (Pietschmann E), (Mori S), (Low JJ), (Cholani M), (Thiery JP)
Cell Death Dis. 2013 Nov 7;4:e915

Recurrence of a carcinoid tumor of the ovary 13 years after the primary surgery: A case report.
Amano Y, Mandai M, Baba T, Hamanishi J, Yoshioka Y, Matsumura N, Konishi I.
Oncol Lett. 2013 Nov;6(5):1241-1244.

A novel diagnostic criterion for lymph node metastasis in cervical cancer using multi-detector computed tomography.
Yamanoi K, Matsumura N, (Kido A), Baba T, Hamanishi J, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Abou Taleb H, (Togashi K), Konishi I.
Gynecol Oncol. 2013 Dec;131(3):701-7.

Hepatocyte nuclear factor-1β (HNF-1β) promotes glucose uptake and glycolytic activity in ovarian clear cell carcinoma.
(Okamoto T), Mandai M, Matsumura N, Yamaguchi K, Kondoh H, Amano Y, Baba T, Hamanishi J, Abiko K, Kosaka K, Murphy SK, (Mori S), Konishi I.
Mol Carcinog. 2013 Sep 17.

Two cases of recurrent ovarian clear cell carcinoma treated with sorafenib.
Koshiyama M, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Konishi I.
Cancer Biol Ther. 2014 Jan 1;15(1):22-5.

Humoral hypercalcemia caused by uterine corpus carcinosarcoma consisting of squamous cell carcinoma in its epithelial component.
Takamatsu S, Matsumura N, Baba T, Mandai M, (Mikami Y), Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res. 2014 Jan;40(1):263-7.

Functional genomics identifies five distinct molecular subtypes with clinical relevance and pathways for growth control in epithelial ovarian cancer.
(Tan TZ), (Miow QH), (Huang RY), (Wong MK), (Ye J), (Lau JA), (Wu MC), (Bin Abdul Hadi LH), (Soong R), (Choolani M), (Davidson B), (Nesland JM), (Wang LZ), Matsumura N, Mandai M, Konishi I, (Goh BC), (Chang JT), (Thiery JP), (Mori S).
EMBO Mol Med. 2013 Jul;5(7):983-98.

TP53 Status is Associated with Thrombospondin1 Expression In vitro.
(Alvarez Secord A), (Bernardini MQ), (Broadwater G),(Grace LA), (Huang Z), Baba T, Kondoh E, (Sfakianos G), (Havrilesky LJ), (Murphy SK)
Front Oncol. 2013 Oct 29;3:269.

Clinical management of atypical polypoid adenomyoma of the uterus. A clinicopathological review of 29 cases.
(Matsumoto T), (Hiura M), Baba T, (Ishiko O), (Shiozawa T), (Yaegashi N), (Kobayashi H), (Yoshikawa H), (Kawamura N), (Kaku T)
Gynecol Oncol. 2013 Apr;129(1):54-7

Transverse fundal uterine incision for delivery of extremely low birth-weight infants.
Taga A, Kondoh E, Hamanishi J, Kawasaki K, Fujita K, Mogami H, Konishi I.
J Matern Fetal Neonatal Med. 2013 Nov 7.

Treatment decision-making for post-partum hemorrhage using dynamic contrast-enhanced
computed tomography
Kawamura Y, Kondoh E, Hamanishi J, Kawasaki K, Fujita K, Ueda A, Kawamura A, Mogami H, Konishi I.
J Obstet Gynaecol Res. 2014 Jan;40(1):67-74. doi: 10.1111/jog.12123. Epub 2013 Aug 12.
PMID: 23937115

Epigenetic determinants of ovarian clear cell carcinoma biology
Yamaguchi K, (Huang Z), Matsumura N, Mandai M, (Okamoto T), Bana T, Konishi I,
(Berchunk A), (Murphy SK)
Int Cancer 2013 Dec 31 doi:10.1002/ijc.28701 [Epub ahead of print]
PMID:24382740

Cerebral hemodynamics in newborn infants exposed to speech sounds: a whole-head optical topography study.
Sato H, (Hirabayashi Y), (Tsubokura H), (Kanai M), (AshidaT), Konishi I, (Uchida-Ota M),
(Konishi Y), (Maki A)
Hum Brain Mapp. 2012 Sep;33(9):2092-103. doi:10.1002/hbm.21350 Epub 2011 Jun 28

Management of fetal death with placenta previa.
Taki M, Sato Y, Kakui K, Tsumi K, Fejiwara H, Konisi I
Matern Fetal Neonatal Med. 2012 Feb;25(2):196-9.doi:10.3109/14767058.2011.560624. Epub 2011 Mar 10

Clinical Management of Ovarian Endometriotic  Cyst (Chocolate Cyst): Diagnosis, Medical Treatment, and Minimally Invasive Surgery.
Mandai M, Suzuki A, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Hamanishi J, Yoshioka Y, Kosaka K, Konishi I
Curr Obstet Gynecol Rep(2012) 1:16-24

Differential effects of inhibition on bone morphogenic protein (BMP) signaling on T-cell activation and differentiation.
Yoshioka Y, (Ono M), (Osaki M), Konishi I, (Sakaguchi S)
Eur J Immunol 2012 Mar;42(3):749-59.

 

学会発表

徳島大学産科婦人科学教室 開講70周年記念講演会 平成25年1月13日 於 徳島市
特別講演「若手産婦人科医を増やすために―各地方で魅力ある研修システムの再構築―」
小西郁生

大阪府医師会 家族計画・母体程法指導者講習会伝達講習会 平成25年1月17日 於 大阪市
特別講演「卵巣がんは早期発見できるか?」
小西郁生

平成24年度兵庫温知会総会 平成25年1月19日 於 神戸市
特別講演「当院における母体の危機的状況に対する院内連携システム」
佐藤幸保

第21回 きたの産婦人科セミナー 平成25年1月26日 於 大阪市
「卵巣癌における“がん免疫機構”の解明と次世代型免疫療法の臨床応用に向けて」
濵西潤三

第13回産婦人科手術・化学療法研究会 平成25年2月2日  於 京都市

「膀胱筋層に浸潤を認める進行子宮頸癌に対する治療法の検討」
日野麻世、 吉岡弓子、 日下杏子、 馬場 長、 濵西潤三、 松村謙臣、 藤原 浩、 小西郁生

「MDCTによる、子宮頸癌リンパ節転移の診断」
山ノ井康二、 松村謙臣、 (木戸 晶)、 吉岡弓子、濵西潤三、 山口 建、 馬場 長、 藤原 浩、小西郁生、 (冨樫かおり)

第15回福岡生殖医学会懇話会 平成25年2月8日 於 福岡市
特別講演「生殖医療とがん」
小西郁生

第4回埼玉・千葉臨床懇話会 平成25年2月16日 於 さいたま市
特別講演「生殖医療とがん」
小西郁生

第1回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会 平成25年2月16日  於 東京都

「発現マイクロアレイを用いた卵巣癌のPaclitaxel感受性予測となりうるMICROTUBULE関連pathwayの同定」
村上隆介、 松村謙臣、 吉岡弓子、 濵西潤三、 山口 建、 馬場 長、万代昌紀、小西郁生

「遺伝子発現マイクロアレイを用いた卵巣癌の免疫学的バイオマイーカーの検索」
安彦 郁、 万代昌紀、 松村謙臣、 濵西潤三、 村上隆介、 山口 建、 吉岡弓子、 馬場 長、 小西郁生

平成24年度女性の健康週間市民公開講座「女性のヘルスケア:月経~出産~がん」
平成25年3月2日 於 京都市
「婦人科がん治療の予防の最前線」
小西郁生

丸の内キャリア塾 女性の健康週間特別セミナー 平成25年3月6日 於 東京都
「女性の健康週間とは」
小西郁生

第25回京都がん研究会 平成25年3月15 於 京都市
「発現マイクロアレイ解析に基づく卵巣明細胞腺癌の病態の解明〜分子標的薬選択に向けて〜」
松村謙臣、 山口 建、 天野泰彰、 Hisham Abou-Taleb、 馬場 長、 濵西潤三、 吉岡弓子、 小西郁生

KCOG婦人科分科会 平成25年3月22日 於 大阪市
特別講演「卵巣癌におけるがん免疫逃避機構を標的にした新規治療開発」
~抗PD-1抗体を用いた免疫療法の臨床応用~
濵西潤三

2nd International  Symposium of Taiwan Association of Obstetrics and Gynecology  March 16, 2013,
Tainan, Taiwan
“Ovarian cancer in endometriosis : Clinical and molecular aspects.”
Konishi I

第5回愛知県婦人科腫瘍研究会 平成25年3月23日 於 名古屋市
特別講演「子宮頸癌IIB期への再挑戦」
小西郁生

第3回日本小児科禁煙研究会、平成25年3月24日、於 奈良市
基調講演「ママ、たばこを吸わないで!-産婦人科医の立場から-」
小西郁生

Second IGCS Regional Meeting on Gynecologic Cancers in 2013.4.11-13 Bali, Indonesia

“Eph-ephrin a system is a new candidate to regulate choriocarcinoma invasion”
Fujiwara H, Nishioka Y, Matsumoto H, Suginami K, Horie A, Tani H, Matsumura N, BabaT,  Sato Y, (Araki Y),
Konishi I

"Lymph node metastasis in cervical cancer: Novel diagnostic criteria in multi-detector computed tomography"
Yamanoi K, Matsumura N, (Kido A), Baba T, Hamanishi J, Yamaguchi Ki, Yoshioka Y, Hisham Abou, Taleb, (Togashi K), Konishi I

”A Potent Clinical Impact of Polymorphism of UGT1A1 in Patients of Cervical Cancer” Poster
Horikawa N, Baba T, Murakami R, Yamanoi K, Hamanishi J, Yoshioka Y, Matsumura N, Yamaguchi K,Konishi I

第293回青森県臨床産婦人科医会、平成25年4月20日、 於 青森市
特別講演「卵巣がんは早期発見できるか?」
小西郁生

第65回日本産科婦人科学会学術講演会、平成25年5月10~12日、於 札幌市

会長特別企画 「被災地を支える新しい産婦人科医療システム」
基調講演「日本産科婦人科学会の取り組み―震災マニュアルを作成して―」
小西郁生

「CD9はヒトextravillous trophoblastの浸潤制御因子である」
松本久宣、 藤原 浩、 佐藤幸保、 杉並 興、 谷 洋彦、 堀江昭史、 小西郁生

「当院における重症子宮内膜症合併不妊患者における腹腔鏡手術成績の検討」
堀江昭史、 藤原 浩、 佐藤幸保、 杉並 興、 松本久宣、 谷 洋彦、 小西郁生

“ATP-binding cassette transporter A1 (ABCA1) expression is decreased in preeclamptic placentas”
Chigusa Y, Kondoh E, Mogami H, Nishimura F, Ujita M, Kawasaki K, Fujita K, Tatsumi K, Konishi I

「正常妊娠における母体血管内皮機能とsFlt-1との関係」
藤田浩平、 近藤英治、 千草義継、 最上晴太、 巽 啓司、 小西郁生

「免疫抑制分子PD-L1は腹水中で卵巣癌細胞表面に発現し、細胞障害性Tリンパ球からの攻撃を回避することにより卵巣癌腹膜播種を促進している」
安彦郁、万代昌紀、濱西潤三、松村謙臣、山口建、村上隆介、吉岡弓子、馬場長、小西郁生

「卵巣癌のパスウェイ解析と多様な臨床情報を経時的に検証する個別化治療への試み」
村上隆介、万代昌紀、堀川直城、山ノ井康二、安彦郁、吉岡弓子、山口建、濱西潤三、馬場長、松村謙臣、小西郁生

「子宮頸癌におけるTGF-betaの役割」
奈倉道和、小阪謙三、山口建、松村謙臣、万代昌紀、小西郁生

「膀胱筋層に浸潤を認める進行子宮頸癌に対する治療法の検討」
寺井万里紗、吉岡弓子、馬場長、濱西潤三、松村謙臣、川田悦子、万代昌紀、小西郁生、佐竹由美子

「当科で取り組むI期子宮頸癌に対する低侵襲手術:ロボット支援下広汎子宮全摘術と広汎子宮頸部切除術」
馬場長、万代昌紀、小阪謙三、吉岡弓子、濱西潤三、松村謙臣、小西郁生

「子宮頸癌におけるUGT1A1遺伝子多型解析の意義」
堀川直城、馬場長、村上隆介、山ノ井康二、濱西潤三、吉岡弓子、松村謙臣、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「機能ゲノミクスアプローチによる、卵巣癌における腫瘍抑制遺伝子の探索」
山ノ井康二、松村謙臣、吉岡弓子、濱西潤三、馬場長、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「卵巣明細胞腺癌において、転写因子HNF1βはアミノ酸輸送体を介して腫瘍性代謝を制御し、酸化ストレス耐性に寄与する」
天野泰彰、万代昌紀、山口建、松村謙臣、馬場長、濱西潤三、吉岡弓子、安彦郁、奈倉道和、村上隆介、山ノ井康二、小西郁生

「卵巣癌IV期症例の予後因子の検討」
高倉賢人、濱西潤三、松村謙臣、馬場長、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

「巨大腹腔内腫瘤として発症したDesmoplastic small round cell tumorの1例」
李泰文、濱西潤三、馬場長、松村謙臣、吉岡弓子、小阪謙三、万代昌紀、小西郁生

Fludarabine therapy in endometrial cancer: A possible alternative treatment.
Budiman Kharma, Bana T, Mandai M, Hyun Sook Kang, Yoshioka Y, Hamanishi J, Matsumura N,  Yamaguchi K, Konishi I

Molecular characterization of ovarian clear cell carcinoma.
Hisham Abou-Taleb, Yamaguchi K, Mandai Mi, Amano Y,Yamanoi K, matsumura N, Jhamanishi J, Konishi I

第7回沖縄ARTフォーラム 平成25年5月18日 於 沖縄
特別講演「胚・母体間の相互応答機構の解明―着床不全症例の治療を目指して―」
藤原 浩

第18回生殖医療フォーラム 平成25年5月24日 於 松本市
「絨毛外栄養膜細胞による母体子宮らせん動脈の再構築機構に対するCD9の役割」
松本久宣、 藤原 浩、 堀江昭史、 杉並 興、 谷 洋彦、 宮崎有美子、 佐藤幸保、 小西郁生

第3回日本婦人科ロボット手術研究会 平成25年5月25日 於 東京都
「東京医科大学子宮頸癌に対するロボット支援手術と広汎子宮頸部切除術の初期経験」
馬場 長、 万代昌紀、 小阪謙三、 松村謙臣、 吉岡弓子、 堀江昭史、 藤原 浩、 小西郁生

第16回秋田県尿路生殖器・免疫感染研究会 平成25年6月6日 於 秋田市
特別講演「母体による胚の認識機構 ―胚の寄生と感染症は表裏一体か―」
藤原 浩

第211回広島県南部地区産婦人科医会、平成25年6月7日、於 呉市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生

第41回北陸産科婦人科学会 平成25年6月9日 於 新潟市
特別講演「乳癌患者の卵巣機能に関する諸問題」
藤原 浩

第128回近畿産科婦人科学会学術集会 平成25年5月15-16日 於 大津市

「腟切除創部にエストロゲン製剤を塗布し、機能的腟を再生し得た1症例」
高倉賢人、 濵西潤三、 馬場 長、 松村謙臣、 小林弘尚、吉岡弓子、 小西郁生

「慢性上行性子宮感染を来した子宮頸部筋腫の2例」
李 泰文、吉岡弓子、馬場 長、日野麻世、家村阿紗子、濵西潤三、 松村謙臣、 小西郁生

第17回日本がん免疫学会学術講演会 平成25年7月5日 於 宇部市  
「PD-1/PD-L1経路を標的とした卵巣癌に対する新規治療の臨床応用と展望 
~Chemo-Immunotherapyの基礎的検討~」
濵西潤三                                       

研修医・修練医のための産婦人科サマーセミナー2013、平成25年7月6日、於 大阪市
講演「産婦人科プロフェッショナルへの道」
小西郁生

平成25年度島根大学医学部産科婦人科学教室同門会、平成25年7月7日、於 出雲市
特別講演「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生

第49回日本周産期・新生児医学会学術集会 平成25年7月14-16於 横浜市

「救急・他科連携診療体制により妊産婦を救う―京都大学医学部附属病院産科分娩部の試み」
最上晴太、 近藤英治、 藤田浩平、 川﨑 薫、 松村謙臣、 佐藤幸保、 藤原 浩、 小西郁生

「超音波検査で胎児甲状腺機能低下による胎児甲状腺腫と診断し羊水内にレボサイロキシンを投与し奏功した2例」
藤田浩平、 近藤英治、 川﨑 薫、 最上晴太、 小西郁生

第6回温知会サマークリニカルフォーラム 平成25年7月15日 於 京都市
シンポジウム
「当科における超早期の重症胎児発育不全の管理―重症胎児発育不全を伴った巨大絨毛膜下血腫(Breus’ mole)の1例から」
安田枝里子、 最上晴太、 近藤英治、 馬場 長、 浮田真吾、 今井更衣子、 小西郁生

第54回日本婦人科腫瘍学会、平成25年7月19~21日、東京

シンポジウム「遺伝子発現解析に基づく卵巣癌の薬剤選択を目指して」
松村謙臣、村上隆介、山ノ井康二、山村省吾、山口 建、濵西潤三、吉岡弓子、馬場 長、(森 誠一)、小西郁生、万代昌紀

「転写因子HNF1βは、アミノ酸輸送体rBATを介して、卵巣明細胞腺癌の酸化ストレス耐性に寄与する」
天野泰彰、山口 建、馬場 長、濵西潤三、吉岡弓子、安彦 郁、奈倉道和、村上隆介、山ノ井康二、松村謙臣、小西郁生

「卵巣癌微小環境におけるIFN-γは免疫抑制因子PD-L1を誘導する」
安彦 郁、松村謙臣、濵西潤三、村上隆介、山口 建、吉岡弓子、馬場 長、万代昌紀、小西郁生

「癌性心膜炎による心タンポナーデに対して心膜内カルボプラチン投与を行った子宮頸癌の2症例」
川村明緒、馬場 長、松村謙臣、濵西潤三、吉岡弓子、家村阿紗子、日野麻世、小西郁生

「再発子宮体癌に対する治療方針の検討」
日下杏子、吉岡弓子、松村謙臣、馬場 長、濵西潤三、藤原 浩、小西郁生

「機能ゲノミクスアプローチによる、卵巣癌における腫瘍抑制遺伝子の探索」
山ノ井康二、松村謙臣、吉岡弓子、濱西潤三、馬場 長、小西郁生

International Symposium on Radical Hysterectomy, August 2-4, Seoul
“Different Types of Radical Hysteectomy”
Konishi I
Open radical hysterectomy

第53回 日本産婦人科内視鏡学会学術講演会 平成25年9月6日 於 名古屋市  
「子宮頸癌治療におけるロボット支援手術と今後の課題」
馬場 長 万代昌紀 小阪謙三 松村謙臣 堀江昭史 吉岡弓子 藤原 浩 小西郁生

JSAWI 第14回シンポジウム 平成25年9月7日 於 淡路市

「子宮頸部病変の画像診断におけるPitfall」
馬場 長、 (梅岡成章)

「腹腔内出血による急性腹症をきたした子宮原発Perivascular Epithelioo cell tumor (PEComa)の一例」
小林弘尚、 吉岡弓子、 馬場 長、 松村謙臣、 濵西潤三、 安彦 郁、 山口 建、 小西郁生

「uterus-like massより発症したclear cell adenocarcinomaの一例」
中北 麦、 安彦 郁、 吉岡弓子、 馬場 長、 松村謙臣、 濵西潤三、 山口 建、 小西郁生

第45回日本臨床分子形態学会、平成25年9月13~14日 於 福岡市
ワークショップ
「正常子宮内膜および内膜癌におけるmetastinとその受容体GPR54の発現について」
馬場 長、 姜 賢淑、 BUdiman Khama、 濵西潤三、 山口 建、 安彦 郁、 松村謙臣、 吉岡弓子、 小西郁生

京都周産期カンファレンス 平成25年9月14日 於 京都市
「重症妊娠高血圧症候群を発症した睡眠時無呼吸症候群合併妊娠の1例とその管理」
中北 麦、 最上晴太、 馬場 長、 浮田真吾、 今井更衣子、 小西郁生

第2回EGOG Meeting、平成25年9月15日、於 新潟市
特別講演 「卵巣癌治療の個別化を目指して」
小西郁生

シンポジウム「命の選択 がん予防を考える」、平成25年9月18日、於 東京都
「日本における子宮頸がん予防の重要性について」
小西郁生

An AACR Special Coference on Advances in Ovarian Cancer Research,
Sep. 18-21. 2013. J.W. Marriott Marquis Miami

“Induction of PD-L1 expression by cytotoxic agents through activation of NF-kB signal.”
Hamanishi J, Matsumura N, Peng Jin, Abiko K, Horikawa N, Yamaguchi K, Baba T, Susan K Murphy, Konishi I

“Functional genomics identifies five distinct molecular subtypes with clinical relevance and pathways for growth control in epithelial ovarian cancer”
(Tuan Zea Tan), (Qing Hao Miow), (Ruby Yun-Ju Huang), (Meng Kang Wong, Jieru Ye), (Jieying Amelia Lau), (Meng Chu Wu), (Luqman Hakim Bin Abdul Hadi), (Richie Soong, Mahesh Choolani), (Ben Davidson), (Jahn M. Nesland), (Ling-Zhi Wang), Matsumura N, Mandai M, Konishi I, (Boon Cher Goh, Jeffrey T. Chang), (Jean Paul Thiery), (Mori S)

“Functional genomics approach links anchorage-independence with tumor dormancy in ovarian cancer.”
Matsumura N, Yamanoi K, Amano Y, Hamanishi J, Baba T, (Susan K Murphy), Konishi I

“HNF-1β confers resistance to oxidative stress of ovarian clear cell carcinoma.”
Amano Y, Yamaguchi K, Mandai M , Matsumura N, Hamanishi J, Baba T, Yamanoi Y,  (Susan K Murphy),  Konishi I

第66回中国四国産科婦人科学会、平成25年9月21~22日、於 高知市
特別講演「子宮平滑筋腫瘍の深淵に臨んで」
小西郁生

The 18th Seoul International Symposium, The 99th Annual Congress of Korean Society of Obstetrics and Gynecology,September 28, 2013
Plenary Lecture “Screening of ovarian cancer development: Is early detection feasible?
Konishi I

第36回日本産婦人科手術学会  平成25年9月28日 東京都 日経ホール

「再発婦人科がん、特に再発卵巣がんに対する手術治療成績」              
馬場 長、水野 林、松村謙臣、吉岡弓子、濱西潤三、安彦 郁、山口 建、小西郁生

「腟切除創部にエストロゲン製剤を塗布し機能的腟壁を再生し得た1症例」       
日野麻世、吉岡弓子、馬場 長、松村謙臣、濵西潤三、安彦 郁、山口 建、小西郁生    

第10回京都ブレストセミナー、平成25年10月5日、於 京都市
特別講演「生殖医療と婦人科がん」
小西郁生

第72回日本癌学会学術総会 平成25年10月3日〜5日  於 横浜市 
シンポジウム

「卵巣癌におけるがん免疫逃避機構の解明と新規治療戦略〜抗PD-1抗体を用いた次世代型免疫療法の臨床応用〜/Development of novel therapy targeting immune escape in ovarian cancer~Immunotherapy using anti PD-1 antibody~」
濵西 潤三、松村 謙臣、安彦 郁、Peng Jin、馬場 長、山口 建、小西 郁生、万代 昌紀

「卵巣癌微小環境においてリンパ球の分泌するIFN-γは癌細胞の免疫抑制分子PD-L1発現を規定する/IFN-γ secreted from lymphocytes regulates PD-L1 expression on cancer cells in ovarian cancer microenvironment.」
安彦 郁、松村 謙臣、濱西 潤三、村上 隆介、堀川 直城、山口 建、吉岡 弓子、馬場 長、万代 昌紀、小西 郁生

「機能的スクリーニングによる、卵巣癌での新規癌抑制遺伝子の探索/Investigation of tumor suppressor genes in ovarian cancer based on a functional genomics approach.」
山ノ井 康二、松村 謙臣、安彦 郁、吉岡 弓子、山口 建、濱西 潤三、馬場 長、小西 郁生

「子宮頸癌細胞と間質細胞の相互作用はTGF-betaの活性化を通じて癌細胞の浸潤を促進する/Interaction of uterine cervical cancer cells with stromal cells facilitates cancer invasion through TGF-beta activation.」
奈倉 道和、松村 謙臣、馬場 長、濱西 潤三、山口 建、吉岡 弓子、万代 昌紀、小西 郁生

“STAT1 Pathway Modulate Progression of Serous Papillary Endometrial Cancer.”
Kharma Budiman、馬場 長、松村 謙臣、Kang Hyun Sook、村上 隆介、山口 建、濱西 潤三、万代 昌紀、小西 郁生

「ゲノム情報を用いた、子宮頸癌に対する術前化学療法の有効性の予測/Genomic profile may predict the efficacy of neo-adjuvant chemotherapy for cervical cancer patients.」
堀川 直城、馬場 長、村上 隆介、山ノ井 康二、濱西 潤三、吉岡 弓子、松村 謙臣、山口 建、小西 郁生

「転写因子HNF1βは、腫瘍代謝を誘導することで、卵巣明細胞腺癌の酸化ストレス耐性に寄与している/HNF1β contributes to the ROS resistance of ovarian clear cell carcinoma cells, modifying its metabolic process」
天野 泰彰、山口 建、万代 昌紀、松村 謙臣、馬場 長、濱西 潤三、吉岡 弓子、安彦 郁、奈倉 道和、Abou-Taleb Hisham、村上 隆介、山ノ井 康二、小西 郁生

“Expression of SWI/SNF complex in clear cell carcinoma of the ovary (CCC)”
Abou-Taleb Hisham、山口 建、松村 謙臣、天野 泰彰、山ノ井 康二、村上 隆介、馬場 長、吉岡 弓子、
濱西 潤三、万代 昌紀、小西 郁生

「卵巣癌における遺伝子発現プロファイルに基づくタキサンおよびプラチナ感受性の予測/Prediction of taxane and platinum sensitivity based on gene expression profile in ovarian cancer」
村上 隆介、松村 謙臣、安彦 郁、吉岡 弓子、濱西 潤三、山口 建、馬場 長、小西 郁生

“Chemotherapy for ovarian cancer induces PD-L1 overexpression via NF-kB signal pathway.”
Peng Jin、濱西 潤三、松村 謙臣、安彦 郁、万代 昌紀、馬場 長、山口 建、

京都産科婦人科学会 平成25年度学術集会  平成25年10月5日 於 京都市
「滲出性網膜剥離を発症した重症妊娠高血圧症候群・常位胎盤早期剥離の2症例」
藤井温子、 最上晴太、 近藤英治、 馬場 長、 浮田真吾、 今井更衣子、 小西郁生

第14回京都女性のヘルスケア研究会 平成25年10月6日 於 京都市
「妊娠25週に発症したイレウスに対し、保存的治療により生期産で成熟児を得た1症例」
榮智恵子、 植田彰彦、 最上晴太、 近藤英治、 馬場 長、 浮田真吾、 今井更衣子、 小西郁生

京都婦人科腫瘍フォーラム 平成25年10月11日 於 京都市
「卵巣明細胞腺癌における酸化ストレス遺伝子群のエピジェネティクな変化」
山口 建、松村謙臣、万代昌紀、天野泰彰、安彦 郁、濵西潤三、吉岡弓子、馬場 長、越山雅文、Susan K Murphy、小西郁生

京都産婦人科研究会 平成25年10月19日 於 京都市 
特別講演 「当科における卵巣癌に対する 新しい治療の試み~抗PD-1抗体を用いた分子標的治療の
臨床応用~」
濵西潤三

第51回日本癌治療学会、平成25年10月24~26日、国立京都国際会館

FACO Symposium “New era of gynecologic oncology in Asia: Collaboration of ASGO and FACO
Konishi I

優秀演題賞受賞講演 「当科における卵巣癌IV 期49 症例の予後因子解析」
濵西潤三、高倉賢人、馬場 長、松村謙臣、吉岡弓子、小西郁生

「PD-1/PD-L1 シグナルを標的とした卵巣癌に対する免疫化学療法の基礎的検討」
濵西潤三、Peng Jin、安彦 郁、松村謙臣、馬場 長、山口 建、小西郁生、万代昌紀

第21回日本胎盤学会学術集会 平成25年10月25日 於 名古屋市
「CD9はヒトextravillous trophoblastの浸潤抑制因子である」
松本久宣、 宮崎有美子、 谷 洋彦、 杉並 興、 堀江昭史、 佐藤幸保、 小西郁生、 藤原 浩

「胎児ファイブロネクチンは前期破水・早産の病態形成に関与する」(相馬賞受賞)
最上晴太、 近藤英治、 藤田浩平 千草義継、 西村史朋、 宇治田麻里、 川﨑 薫、 清川 晶、 小西郁生、 (R.Ann Word)

ワークショップ「胎盤形成の生理と病理」
「Statinは絨毛細胞における酸化ストレス防御機構(Nrf2 system)を活性化させる」
千草義継、 近藤英治、 最上晴太、 川﨑 薫、 清川 晶、 宇治田麻里、 西村史朋、 藤田浩平、 小西郁生

第30回滋賀医学会総会、平成25年10月26日、大津
講演「卵巣がん治療の個別化」
小西郁生

京都産婦人科救急診療研究会 平成25年10月27日 於 京都市
「当科における常位胎盤早期剥離の管理」
(小椋淳平)、最上晴太、 近藤英治、 馬場 長、 浮田真吾、 水野 林、 小西郁生

第 52 回日本臨床細胞学会秋期大会 シンポジウム8臨床医が求める細胞診 平成25年11月3日 
於 大阪市
「臨床に役に立つ子宮頸部細胞診」
村上隆介、(南口早智子)、(白波瀬浩幸)、(三上芳喜)、(羽賀博典)、小西郁生

第22回婦人科がん検診学会学術集会 平成25年11月9日〜10日 於 熊本市  
招待講演 「婦人科がん検診の次なる展開:卵巣がん検診の未来「検診対象としての卵巣癌」
松村謙臣、小西郁生

京都産婦人科医会 学術研修会 平成25年11月9日 於 京都市  
特別講演「当科における子宮頸癌への新しい取り組み」
濵西潤三 

第129回近畿産科婦人科学会学術集会・第99回腫瘍研究部会、平成25年11月10日 於 大阪市 
「妊娠中に術前化学療法を施行した子宮頸癌合併妊娠の2症例」
水野 林、吉岡弓子、最上晴太、今井更衣子、馬場 長、近藤英治、浮田真吾、山口 建、濵西潤三、安彦 郁、松村謙臣、小西郁生

The 9th Conference of the Pacific Rim Society for Fertility and Sterility in 2013,11.13-14, Kobe Japan
“Outcome of laparoscopic surgery for infertile patients with severe endometriosis”
Suginami K, Horie A, Matsumoto H, Tani H, Miyazaki Y, Sato Y, Konishi I

京都小児科・産婦人科座談会 平成25年11月14日  於 京都市 
「ワクチン接種普及に向けて~生後2カ月からのワクチンデビューの推進と子宮頸がん予防ワクチンの適正接種に向けて~」
濵西 潤三

第5回関西婦人科腫瘍・病理懇話会、平成25年11月16日 於 京都市
「粘液性子宮体癌の一例」
安田枝里子、山口 建、日野麻世、馬場 長、吉岡弓子、濵西潤三、安彦郁、松村謙臣、小西郁生

第1回新胎児学研究会 シンポジウム「胎児中枢神経系の機能評価」 平成25年11月23日 於 高松市
「胎児期の低栄養状態が胎児発育に及ぼす影響とその治療の可能性」
最上晴太

平成25年度京都府子宮がん検診研修会  平成25年12月4日 於 京都市  
「HPV感染とワクチン」
越山 雅文

第26回日本バイオセラピィ学会学術集会総会  日本バイオセラピィ学会・日本がん免疫学会合同シンポジウム平成25年12月6日 於 盛岡市
シンポジウム 「がん免疫抑制・免疫疲弊の克服 卵巣癌におけるがん免疫逃避機構を標的にした新しい
治療戦略~PD-1/PD-L1経路を標的とした新規免疫療法~
濵西潤三

The 3rd Asian Society of Gynecologic Oncology meeting, 2013年12月13日~15日  Kyoto The Westin Miyako

Symposium [Molecular-Targeted Therapy for Gynecological Cancer is Coming Soon]
"Selection of drugs against ovarian cancer based on gene expression profile."
Matsumura N, Murakami R, Koshiyama M, Baba T, Hamanishi J, Yamaguchi K, Abiko K, Yoshioka Y, Konishi I

“Comprehensive analysis of immune status in ovarian cancer patients:Toward development of novel chemo-immunotherapy”
Hamanishi J, Matsumura N, Jin Peng, Abiko K, Horikawa N, Baba T, Yamaguchi K, Konishi I, Mandai M

"Lymph node metastasis in cervical cancer: Novel diagnostic criteria in multi-detector computed tomography"
Yamanoi K, Matsumura N, (Kido A), baba T, Hamanishi J, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Hisham Abou, Taleb, (Togashi K), Konishi I

"Genomic profile may predict the efficacy of neo-adjuvant chemotherapy for cervical cancer patients"
Naoki Horikawa, Tsukasa Baba, Ryusuke Murakami, Kaoru Abiko, Ken Yamaguchi, Jyunzo Hamanishi, Yumiko Yoshioka, Noriomi Matsumura, Ikuo Konishi

"Chemotherapy induces PD-L1 overexpression via NF-kB signal pathway in ovarian cancer cells"
Jin Peng, Hamanishi J, Matsumura N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Mandai M, Konishi I

"STAT1 pathway promotes progression of serous papillary endometrial cancer"
Budiman Kharma, Baba T, Matsumura N, Hyun Sook Kang, Murakami R, Abiko K, Yamaguchi K, Hamanishi J, Mandai M, Konishi I

"SWI/SNF complex is a novel prognostic factor in clear cell carcinoma (CCC) of the ovary"
Hisham A Abou-Taleb, Yamaguchi K, Matsumura N, Amano Y, Yamanoi K, Murakami R, Baba T, Yoshioka Y, Hamanishi J, Mandai M, Konishi I

京都産婦人科医会12月理事会講演会、平成25年12月22日、於 京都市
特別講演「新たな時代の卵巣がん治療を目指して」
小西郁生

 

京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了