メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2014年(平成26年)業績一覧


著書および論文学会発表・講演

著書および論文

受賞(小西郁生)

一般社団法人 日本家族計画協会 「第18回松本賞」 平成26年6月18日

NPO法人 ひまわりの会「ひまわり褒章」 個人部門賞 平成16年10月15日

著書

小西郁生 子宮頸癌.福井次矢、高木 誠、小室一成 (編), 今日の治療指針2014, pp1170-1171, 医学書院, 東京, 2014

小西郁生(監修): 子宮頸癌 トータルマネージメント. 嘉村敏治、鈴木光明(編), メデイカルレビュー社, 東京, 2014

小西郁生: 骨盤リンパ節郭清の術野展開法. 平松祐司、小西郁生、櫻木範明、竹田 省 (編), OGS NOW 17. 知っておくと役立つ腔の展開法、鉤の使い方, pp76-87, メジカルビュー社, 東京, 2014

馬場 長、堀江昭史、小西郁生: バイポーラ電気メスの使い方. 小西郁生、平松祐司、櫻木範明、竹田 省 (編), OGS NOW 18. よりよい婦人科手術のための器具の使い方:この操作ではこの手術器具をこう使う, pp24-35, メジカルビュー社, 東京, 2014

「妊娠ってどうやってわかるの?」
「母子健康手帳のもらい方」
「妊婦健診で行う検査」
川﨑 薫
男と女のディクショナリー「HUMAN+」日本産婦人科学会編著
p74, 75, 77 HEARZEST、2014

(平成25年度未掲載分)
「産婦人科必修 母体急変時の初期対応 ―羊水塞栓症」
最上晴太
京都産婦人科救急診療研究会 編著 平成25年

「子宮破裂」
川﨑 薫
京都産婦人科悠久診療研究会(編)
母体急変時の初期対応 pp142-144, メディカ出版 大阪2013

 

総説

血液凝固線溶からみた早産機序.―新たな早産予防戦略
最上 晴太, 小西 郁生, Ruth Ann Word
産科と婦人科 81:20-25, 2014

「胎児フィブロネクチン―前期破水・早期発症における新規病態形成因子」(若手の最新研究コーナー)
最上晴太
産科と婦人科 81:1253-1256, 2014

「絨毛膜下血腫―常位胎盤早期剥離・発症予知と対策」
最上晴太、小西郁生
産婦人科の実際 63:1911-1914, 2014

再発・進行卵巣癌に対する抗PD-1抗体を用いた免疫療法. (“がん免疫療法の最前線”).
濱西 潤三, 万代 昌紀, 安彦 郁, 松村 謙臣, 小西 郁生
産科と婦人科 81:187-193, 2014

子宮筋腫に対する腹式単純子宮全摘出術. (“産婦人科手術Up to Date”)
小西郁生
産科と婦人科 81:202-209, 2014

【周産期胎盤の診断病理】特集 超音波(画像)検査でわかる胎盤の異常所見
近藤英治、小西郁生
病理と臨床32: 484-493, 2014

遺伝子発現解析に基づく卵巣癌の薬剤選択を目指して. (“卵巣癌のMolecular Medicine”)
松村謙臣、村上 隆介, 山ノ井 康二, 山村 省吾, 山口 建, 濱西 潤三, 吉岡 弓子, 馬場 長, 森 誠一, 小西 郁生, 万代 昌紀
日本婦人科腫瘍学会雑誌32:203-210, 2014

月経困難症の診断-問診、婦人科的診察、画像診断. (“月経困難症を診る”)
江川美保, (木戸 晶), 小西 郁生
Pharma Medica  32巻6号 pp17-21, 2014

子宮体癌手術(傍大動脈リンパ節郭清術を含む)はどう変わったか?. (“手術機器と材料のupdate”)
馬場 長、松村謙臣、小西郁生
産婦人科の実際 63:777-783, 2014

卵巣がん治療個別化への展望
小西郁生
滋賀医学36:6-9, 2014

ゲノム解析に基づく治療個別化Precision Medicineへの展望. (“卵巣がん治療の個別化を目指す新たな局面”)
小西郁生
産婦人科の実際63:893-898, 2014

卵巣癌の化学療法感受性と治療個別化. (“卵巣がん治療の個別化を目指す新たな局面”). 松村 謙臣, 村上 隆介,小西 郁生
産婦人科の実際63:953-957, 2014

明細胞腺癌の特徴と分子標的治療. (“卵巣がん治療の個別化を目指す新たな局面”)
万代 昌紀, 山口 建, 岡本 尊子, 松村 謙臣, 小西 郁生
産婦人科の実際63:967-971, 2014

新たながん治療戦略の鍵を握るPD-1抗体:がん免疫療法が、がんを制する
『PD-1抗体の臨床』 ~進行卵巣がんに対する抗PD-1抗体療法~.
濵西 潤三, 小西 郁生
細胞工学33:1057-1060, 2014

【重篤な疾患を合併する妊産婦の管理】 臓器移植後-肝移植後.
近藤英治, 小西 郁生
周産期医学44:1253-1258, 2014

不安・不調の素人判断はNG:医師との連携で安全に活動しよう. (“スポーツで日常生活を充実させよう”)
小西 郁生
Sports Japan 15巻(09-10):4-5, 2014

特集 子宮筋腫診療のすべて 子宮筋腫の病因と分類
近藤 英治, 小西 郁生
産婦人科の実際63:1307-1316, 2014

女性のためのよりよい医療を考える. (“女性の満足度を高める女性医療”)
小西 郁生, 江川 美保, 古山 将康, (齋藤 滋)
漢方医学38巻:148-160, 2014

不妊治療と婦人科腫瘍のかかわり. (“現代生殖医療のメインストリーム”)
松村謙臣, 万代昌紀、小西 郁生
産婦人科の実際63:1452-1459, 2014

「卵巣癌に推奨される分子標的薬について教えてください」
松村謙臣、濵西潤三、小西郁生
婦人科癌診療 Q&A p254-259(2014) 中外医学社

「化学療法抵抗性卵巣癌の局所免疫の解析に基づいた、がん免疫逃避を標的として新規治療戦略」 (第53回日本産科婦人科学会学術集会 シンポジウム腫瘍) 
濵西潤三
日本産科婦人科學會雑誌 66巻11号p 2777-2787, 2014

「免疫学的視点から見た卵巣癌」
濵西潤三
日本産科婦人科學會雑誌 66巻2号 p177-181. 2014

「免疫のチェックポイントPD-1経路を標的とするがん治療への臨床応用」
濵西潤三、万代昌紀、小西郁生
感染・炎症・免疫 44巻4号 p83-85, 2014

「がん免疫抑制・免疫疲弊と新規治療『免疫チェックポイントPD-1/PD-L1経路を標的とする新しいがん治療』
濵西潤三、小西郁生
癌と化学療法 41巻9号 p405-408, 2014

「がん免疫療法の進歩『Immune-checkpoint阻害によるがん免疫療法』」
濵西潤三
細胞  46巻9号 p405-408 2014

「卵巣がんに対する免疫療法―これまでとこれから―」
濵西潤三、(鈴木 直)、(岩田 卓)、(柴田清住)
Compass 19号 p2-6, 2014

「『特集 がんと免疫』 免疫を抑制するがん細胞との闘い」
濵西潤三
「がん治療」新時代 Vol.05, p12-13,2014

よりよい婦人科手術のための器具の使い方 この操作ではこの手術器具をこう使う「バイポーラー電気メスの使い方(適切な使用のために)」
馬場 長、堀江昭史、小西郁生
OGS NOW 18 メジカルビュー社 2014年5月

 

原著論文(和文)

腟切除創部にエストラジオールゲル製剤を塗布し、機能的腟を再生し得た1症例
高倉 賢人, 濱西 潤三, 馬場 長, 小林 弘尚, 吉岡 弓子, 松村 謙臣, 小西 郁生
産婦人科の進歩66:114-118, 2014

開腹手術、腹腔鏡下手術およびロボット支援下手術の割合に関する全国調査(2012年)
(増山 寿)、(寺尾 泰久)、(藤井 多久磨)、(正岡 直樹), 小西 郁生, (平松 祐司), (塩田 充)
産婦人科手術25:135-141, 2014

原著論文(英文)

“Ultrasonographic visualization of bleeding sites can help control postpartum hemorrhage using intrauterine tamponade.”
Kondoh E,(Konishi M),(Kariya Y), Konishi I
J Clin Ultrasound, 43:23-25, 2014

“Japan Environment &Children’s Study Group. Birth cohort study on the effects of desert dust exposure on children’s  health: protocol of an adjunct study of the Japan Environment & Children’s Study”
(Kanatani KT), (Adachi Y), (Sugimoto N), (Noma H), (Onishi K), (Hamazaki K), (Takahashi Y), (Ito I), Egawa M, (Sato K), (Go T), (Kurozawa Y), (Inadera H), Konishi I, (Nakayama T)
BMJ Open, 23:4, 2014

“Effect of thrombin on human amnion mesenchymal cells, mouse fetal membranes, and preterm birth”
Mogami H, (Keller PW), (Shi H), (Word RA)
J Biol Chem, 289:13295-13307, 2014

“Successful management of intraoperative hemorrhage from placenta previa accreta: Intrauterine tamponade balloons brought out through the abdominal wall. “
Kondoh E, Kawasaki K, Kawamura A, Ueda A, Fujita K, Konishi I
J Matern Fetal Neonatal Med 27:309-11, 2014

“Treatment decision-making for post-partum hemorrhage using dynamic contrast-enhanced computed tomography.
Kawamura Y, Kondoh E, Hamanishi J, Kawasaki K, Fujita K, Ueda A, Kawamura A, Mogami H, Konishi I
J Obstet Gynaecol Res 40:67-74, 2014

“Utero-ovarian varices and absent inferior vena cava in pregnancy.”
Kawata E, Kondoh E, Kawasaki K, Baba T, Ueda A, (Kido A), Konishi I
J Obstet Gynarcol Res, 3, 2014

“Placental blood flow disappears coincident with a fall in human chorionic gonadotropin to undetectable levels in conservative management of placenta accreta “
Imai S, Kondoh E, Kawasaki K, Mogami H, Ueda A, (Umeoka S), Konishi I
Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 180:199-201, 2014

“Humoral hypercalcemia caused by uterine corpus carcinosarcoma consisting of squamous cell carcinoma in its epithelial component.”
Takamatsu S, Matsumura N, Baba T, Mandai M, (Mikami Y), Konishi I
J Obstet Gynaecol Res 40:263-7, 2014

“Two cases of recurrent ovarian clear cell carcinoma treated with sorafenib.”
Koshiyama M, Matsumura N, Baba T, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Konishi I
Cancer Biol Ther 15:22-5, 2014

“Transverse fundal uterine incision for delivery of extremely low birth-weight infants.”
Taga A, Kondoh E, Hamanishi J, Kawasaki K, Fujita K, Mogami H, Konishi I
J Matern Fetal Neonatal Med 27:1285-7, 2014

“Epigenetic determinants of ovarian clear cell carcinoma biology.”
Yamaguchi K, Huang Z, Matsumura N, Mandai M, Okamoto T, Baba T, Konishi I, Berchuck A, Murphy SK
Int J Cancer 135:585-97, 2014

“Calcification of the placenta in a woman with pseudoxanthoma elasticum with a mutation of the ABCC6 gene.” (Tanioka M), (Utani A), (Tamura H), (Yoshimura N), (Kashiwagi N), Kondo E, Konishi I, (Miyachi Y)
J Dermatol 41:189-91, 2014

“Expectant management of a herniated amniotic sac presenting as silent uterine rupture:
a case report and literature review”
Iemura A, Kondoh E, Kawasaki K, Fujita K, Ueda A, Mogami H, Bana T, Konishi I
J Matern Fetal Neonatal Med, 28:106-112, 2014

”Therapeutic amnioinfusion for chronic abruption-oligohydramnios sequence: a possible prevention of the infant respiratory disease.”
Morita A, Kondoh E, Kawasaki K, Fujita K, Mogami H, (Minamiguchi S), Konishi I
J Obstet Gynaecol Res 40:1118-1123, 2014

“ Peritumoral enhancement in endometrial cancer on dynamic contrast-enhanced imaging: radiologic-pathologic correlation. “
(Fujii S), (Kido A), (Mikami Y), Matsumura N, Konishi I, (Togashi K)
J Obstet Gynaecol Res 40:1445-9, 2014

 “ Assessment of the early predictive power of quantitative magnetic resonance imaging parameters during neoadjuvant chemotherapy for uterine cervical cancer. “
(Himoto Y), (Fujimoto K), (Kido A), Matsumura N, Baba T,( Daido S), (Kiguchi K), (Shitano F), Konishi I, (Togashi K)
Int J Gynecol Cancer 24:751-7, 2014

“ Birth cohort study on the effects of desert dust exposure on children's health: protocol of an adjunct study of the Japan Environment & Children's Study.”
( Kanatani KT), (Adachi Y), (Sugimoto N), (Noma H), (Onishi K), (Hamazaki K), (Takahashi Y), (Ito I), Egawa M, (Sato K), (Go T), (Kurozawa Y), (Inadera H), Konishi I, (Nakayama T)
BMJ Open 4:e004863, 2014

“ Prenatal differential diagnosis of complete hydatidiform mole with a twin live fetus and placental mesenchymal dysplasia by magnetic resonance imaging.”
(Himoto Y), (Kido A), (Minamiguchi S), (Moribata Y), (Okumura R), Mogami H, (Nagano T), Konishi I, (Togashi K)
J Obstet Gynaecol Res 40:1894-900, 2014

“Potential biomarker for human uterine leiomyosarcoma”
(Hayashi T), (Horiuchi A), (Aburatani H), (Ishiko O), (Yaegashi N), (Kanai Y), (Zharhary D), (Shiozawa T), (Tonegawa S), Konishi I
J Clin Med Res 6:392-4, 2014

“Magnetic resonance appearance of gastric-type adenocarcinoma of the uterine cervix in comparison with that of usual-type endocervical adenocarcinoma: a pitfall of newly described unusual subtype of endocervical adenocarcinoma.”
(Kido A), (Mikami Y), (Koyama T), (Kataoka M), (Shitano F), Konishi I,( Togashi K)
Int J Gynecol Cancer 24:1474-9, 2014

“Magnetic resonance imaging manifestations of decidualized endometriotic cysts: comparative study with ovarian cancers associated with endometriotic cysts. “
(Morisawa N), (Kido A), (Kataoka M), (Minamiguchi S), Konishi I,(Togashi K)
J Comput Assist Tomogr 38:879-84, 2014

”Potential diagnostic biomarkers: differential expression of LMP2/β1i and cyclin B1 in human uterine leiomyosarcoma.”
(Hayashi T), (Horiuchi A), (Sano K), (Hiraoka N), (Ichimura T), (Sudo T), (Ishiko O), (Yaegashi N),(Aburatani H), Konishi I
Tumori 100:99e-106e, 2014

“Gynecologic Cancer InterGroup (GCIG) consensus review for clear cell carcinoma of the ovary.”
(Okamoto A),( Glasspool RM), (Mabuchi S), Matsumura N, (Nomura H), (Itamochi H),( Takano M), (Takano T), (Susumu N), (Aoki D), Konishi I, (Covens A), (Ledermann J), (Mezzazanica D), (Steer C), (Millan D), (McNeish IA), (Pfisterer J), (Kang S), (Gladieff L), (Bryce J), (Oza A)
Int J Gynecol Cancer 24(Suppl 3):S20-5, 2014

”Clinical approaches to treating papillary squamous cell carcinoma of the uterine cervix. “Nagura M, Koshiyama M, Matsumura N, (Kido A), Baba T, Abiko K, Hamanishi J, Yamaguchi K, (Mikami Y), Konishi I
BMC Cancer 14:784, 2014

”Clear cell carcinoma arising from a uterus-like mass. “
Nakakita B, Abiko K, (Mikami Y), (Kido A), Baba T, Yoshioka Y, Yamaguchi K, Matsumura N, Konishi I
Pathol Int 64:576-80, 2014

”Recent concepts of ovarian carcinogenesis: type I and type II. “
Koshiyama M, Matsumura N, Konishi I
Biomed Res Int 2014:934261, 2014

“Epigenetic and genetic dispositions of ovarian carcinomas.”
Yamaguchi K, Matsumura N, Mandai M, Konishi I, (Murphy SK)
Oncoscience. 2014 Sep 22:1(9):574-9, eCollection 2014

“MR Imaging-based Evaluation of Morphological Changes in the Uterus and Ovaries of Patients Following Neoadjuvant Chemotherapy for Cervical Cancer.”
(Himoto Y), (Kido A), (Fujimoto K), (Daido S), (Kiguchi K), (Shitano F), Baba T, Matsumura N, Konishi I, (Togashi K)
Magn Reson Med Sci. 2014 Dec15.[Epub ahead of print]

“Survival outcome of stage I ovarian clear cell carcinoma with lympho-vascular space invasion.”
(Matsuo K), (YoshinoK), (Hasegawa K), Murakami R, (Ikeda Y), (Adachi S), (Hiramatsu K), (Yokoyama T), (Nishimura M), (Sheridan TB), (Enomoto T), (Fujiwara K), Matsumura N, Konishi I, (Fotopoulou C), (Roman LD), (Sood AK)
Gynecol Oncol. 2015 Feb;136(2):198-204

Invasion of uterine cervical squamous cell carcinoma cells is facilitated by locoregional interaction with cancer-associated fibroblasts via activating transforming growth factor-beta.
Nagura M, Matsumura N, Baba T, Murakami R, Kharma B, Hamanishi J, Yamaguchi K, Abiko K, Koshiyama M, Mandai M, Murata T, Murphy SK, Konishi I.
Gynecol Oncol. 2015 Jan;136(1):104-11.

“STAT1 drives tumor progression in serous papillary endometrial cancer.”
Kharma B, Baba T, Matsumura N, Kang HS, Hamanishi J, Murakami R, McConechy MM, Leung S, Yamaguchi K, (Hosoe Y), Yoshioka Y, Murphy SK, Mandai M, Huntsman DG, Konishi I.
Cancer Res. 2014 Nov 15;74(22):6519-30.

“Menstrual cyclic change of metastin/GPR54 in endometrium.”
Baba T, Kang HS, Hosoe Y, Kharma B, Abiko K, Matsumura N, Hamanishi J, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Koshiyama M, Mandai M, Murphy SK, Konishi I.
Med Mol Morphol. 2014 Jun 8. [Epub ahead of print]

 

学会発表・講演

医学生・初期研修医のための産婦人科セミナー、平成26年1月18日 於 岡山市
特別講演
「各地で若手産婦人科医を増やすために」
小西郁生

平成25年度兵庫温知会総会 平成26年1月18日 於 神戸市
「子宮癌の取り扱いを一緒に考えてみませんか?」
馬場 長

Japan-Philippines Conference for Advancement of Clinical Practice 2014-1
平成26年1月27-28日 於 芝蘭会館(京都市)

“Natural history of ovarian cancer development: Is early detection feasible?”
Konishi I

“Fertility-recovering surgery for endometriosis, adenomyosis, and diffuse leiomyomatosis”
Horie A

プレスセミナー「子宮頸がん予防ワクチンの効果とリスク」、平成26年1月31日 於 東京都
講演 
「4団体声明および子宮頸がんの疾病としての重さ」
小西郁生

埼玉医科大学卒後教育委員会後援学術集会、平成26年1月31日 於 川越市
特別講演
子宮頸がんからヒトの性の進化を探る
小西郁生

女性の健康週間「命を支える未来ビジョンフォーラム」、平成26年2月8日 於 大阪市
特別対談
女性の健康と出産を考える
小西郁生、鳥越俊太郎

第15回京都臨床腫瘍内科懇話会 平成26年2月20日 於 京都市
特別講演 「卵巣癌治療への新たな挑戦 抗PD-1抗体(Nivolumab)を用いた医師主導治験への道標」
濵西潤三

第17回京大病院臨床懇話会、平成26年2月23日 於 京都大学百周年記念ホール(京都市)

「子宮がん・卵巣がん治療の最新治療 症例に挑む~「女性」を守るために~」
馬場 長、松村謙臣、堀江昭史、最上晴太、吉岡弓子、近藤英治、小西郁生

「少子化時代の妊孕能温存と不妊治療」
堀江昭史

平成25年女性の健康週間市民公開講座 女性の生涯にわたるヘルスケア「いま、女性のヘルスケアを考える-産婦人科へ行こう」 平成26年3月1日 於 京都大学楽友会館(京都市)

「婦人科がんの予防-子宮がん・卵巣がんにならないために」
小西郁生 

「月経前症候群とは?―生理の前に体調不良となる女性のために」
江川美保

第24回腎と妊娠研究会 平成26年3月1日 於 川越市
「Senior-Loken症候群合併妊娠で生児を得た1例」
植田彰彦、最上晴太、水野  林、浮田真吾、馬場 長、近藤英治、小西郁生

The 16th World Congress of Gynecological Endocrinology、平成26年3月5-8日、Firenze Italy
Plenary Session
“Ovarian cancer in endometriosis: Clinical and molecular aspects”
Konishi I

第27回京都がん研究会 平成26年3月7日 於 京都市
ミニレクチャー 「抗PD-1抗体(Nivolumab)を用いた医師主導治験~卵巣癌への新しい治療開発を目指して~」
濵西潤三

参議院自由民主党政策審議会「子宮頸がんワクチン接種の積極的勧奨を中止している問題について」、平成26年3月19日 於 参院第6控室、東京都
説明
「産婦人科の視点から HPVワクチンの有効性について」
小西郁生

石川県医師会 第4回周産期医療研修会、平成26年3月21日 於 金沢市
特別講演
「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生

45th Annual Meeting Women’s Cancer 平成26年3月22-25日、Tempa convention center, Tempa FL, USA

“HNF1B contributes to resistance to oxidative stress through modification of metabolism  in ovarian clear cell carcinoma.”
Yamaguchi K, Amano Y, Matsumura N, Mandai M, Abiko K, Hamanishi J, Yoshioka Y, Baba T, Konishi I

“STAT1 pathway promotes progression of serous papillary endometrial cancer”
Baba T, Kharma B, Matsumura N, Yamaguchi K, Hamanishi J, Abiko K, Konishi I

61st Annual Meeting of the Society for Gynecologic Investigation March 26 - 29, 2014, Florence, Italy

“Placental Blood Flow Disappears Coincident With a Fall In hCG To Undetectable Levels In Conservative Management Of Placenta Accreta”
Kondoh E,Kawasaki K,Ueda A,Imai S,Konishi I

“Integrative Genomic Analysis of Preeclamptic Placentas Identifies Glutathione and GABA Receptor Pathways as Novel Therapeutic Targets of Preeclampsia”
Kawasaki K, Kondoh E, Chigusa Y, Murakami R, Ujita M, Mogami H, Takeda S, Konishi I

“Wnt signaling and preeclampsia”
Ujita M,Kondoh E,Kawasaki K,Chigusa Y,Kiyokawa H,Nishimura F,Mogami H,Konishi I

“Long-term use of magnesium sulphate improves pregnancy outcomes in women with preeclampsia”
Ueda A,Kondoh E,Kawasaki K,Mogami H,Konishi I

嘉村敏治教授 退職記念講演会、平成26年3月29日 於 久留米市
記念講演
「わが国の少子化問題と日本産科婦人科学会の使命」
小西郁生

第117回日本小児科学会、平成26年4月11-13日 於 名古屋市
シンポジウム「女性小児科医師の地位向上から始まる勤務医の就労環境改善」
講演
「産婦人科における女性医師の現状と展望:学会はどのような取り組みをしているか?」
小西郁生

第66回日本産科婦人科学会学術講演会 平成26年4月18-20日 於 東京都

シンポジウム 「難治性卵巣癌の克服を目指して~化学療法抵抗性卵巣癌の局所免疫の解析に基づいたがん免疫逃避を標的とした新規治療戦略~」 濵西潤三
濵西潤三

「胚着床部観察の目的で施行した子宮内腔造影の有効性について」
谷 洋彦、 堀江昭史、 杉並 興、 松本久宣、 宮﨑有美子、 小西郁生、 藤原 浩

Internatinal Workshop for Junior Fellows
“Impact of Endometriosis on Women’s Health”
(Moroi H), (Takagi K), (Yamamoto T), Tani H, (Toyama S)

「当院におけるBreus’ mole(巨大絨毛膜下血腫)7症例の病理学的検討」
安田枝里子、最上晴太、近藤英治、馬場 長、浮田真吾、今井更衣子、小西郁生

「妊娠高血圧腎症におけるWntシグナルの役割」
宇治田麻里,近藤英治,川﨑薫,千草義継,清川晶,西村史朋,最上晴太,小西郁生

「保存的に対処した癒着胎盤の血流は2ヵ月で消失する」
今井更衣子,近藤英治,川﨑薫,最上晴太,植田彰彦,浮田真吾,馬場長,小西郁生

「複数の遺伝子発現データを用いた統合的解析により妊娠高血圧腎症に特異的な遺伝子群 (pathway) を同定する」
京都大学大学院医学研究科 婦人科学産科学教室
順天堂大学 産婦人科学講座
川﨑 薫,近藤英治,千草義継,村上隆介,宇治田麻里,清川 晶,西村史朋,最上晴太,(竹田 省),小西郁生

「重症妊娠高血圧腎症を発症した睡眠時無呼吸症候群合併妊娠の1例」
中北 麦,最上晴太,馬場 長,近藤英治,浮田真吾,今井更衣子,小西郁生

「滲出性網膜剥離を発症した重症妊娠高血圧腎症・常位胎盤早期剥離の2症例」
藤井温子,最上晴太,近藤英治,馬場 長,浮田真吾,水野 林,小西郁生

“Long-term use of magnesium sulphate improves pregnancy outcomes in women with preeclampsia”
Ueda A,Kondoh E,Kawasaki K,Mogami H,Konishi I

「卵巣癌細胞におけるanoikis抵抗遺伝子の同定:ABHD2発現低下は、シスプラチン抵抗性、side population増加ももたらし、予後不良と相関する」
山ノ井康二、松村謙臣、安彦 郁、山口 建、吉岡弓子、濵西潤三、馬場 長、越山雅文、小西郁生

「子宮内膜漿液性腺癌においてSTAT1経路は腫瘍進展にかかわる」
馬場 長、Budiman Kharma、松村謙臣、安彦 郁、濵西潤三、山口 建、吉岡弓子、姜賢淑、小西郁生

「卵巣癌腹膜播種のPD-L1発現は、間質内のリンパ球が分泌するIFN-γにより誘導される」
安彦 郁、松村謙臣、濵西潤三、堀川直城、Jin Peng、村上隆介、山口 建、馬場 長、小西郁生、万代昌紀

「再発婦人科がんに対する積極的手術の有用性」
水野 林、馬場 長、松村謙臣、吉岡弓子、濵西潤三、安彦 郁、山口 建、小西郁生

「当科における外陰癌症例に対するセンチネルリンパ節生検と治療方針について」
榮智恵子、山口 建、吉岡弓子、安彦 郁、濵西潤三、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

「子宮頸癌細胞の浸潤能は間質細胞との相互作用により活性化したTGF-betaによって促進される」
奈倉道和、松村謙臣、馬場 長、吉岡弓子、濵西潤三、山口 建、安彦 郁、小西郁生、万代昌紀

「ゲノム情報を用いた局所進行子宮頸癌におけるNACの有効性予測」
堀川直城、馬場長、松村謙臣、村上隆介、安彦郁、山口建、濱西潤三、吉岡弓子、小西郁生

「包括的メタボロミクス解析による卵巣明細胞腺癌細胞の代謝特性解明:転写因子HNF1βによる糖取り込み亢進とアミノ酸代謝制御は、卵巣明細胞腺癌の治療ターゲットとなりうる」
天野泰彰、松村謙臣、山口建、馬場長、濱西潤三、吉岡弓子、安彦郁、小西郁生、万代昌紀

「卵巣高異型度漿液性腺癌のmolecular subtypeを反映する新しい病理組織学的分類」
村上隆介、松村謙臣、吉原弘祐、濱西潤三、安彦郁、山口建、馬場長、吉岡弓子、小西郁生、榎本隆之

"Role of SWI/SNF complex in Clear Cell Carcinoma of the ovary (CCC)"
Yamaguchi K, Hisham Abou-Taleb, Matsumura N, Amano Y, Yamanoi K, Murakami R, Baba T, Yoshioka Y, Hamanishi J, Mandai M, Konishi I

"The efficacy of Neoadjuvant chemotherapy (NAC) in the management of invasive cancer cervix"
Hisham Abou-Taleb, Yamaguchi K, Matsumura N, Yamanoi K, Murakami R, Baba T, Yoshioka Y, Hamanishi J, Konishi I

"Chemotherapy induces PD-L1 overexpression via NF-kB signal pathway in ovarian cancer"
Jin Peng, Hamanishi J, Matsumura N, Abiko K, Baba T,  Yamaguchi K, Konishi I, Mandai M

The 18th KGOG Symposium、平成26年4月24日 於 Daegu、 Korea
Special Lecture
“Ovarian cancer in endometriosis: Clinical and molecular aspects”
Konishi I

The 29th Annual Meeting of Korean Society of Gynecologic Oncology (KSGO)、
平成26年4月25日、於 Daegu、Korea
Clinical Updates Lecture
“Role of radical hysterectomy for stage IIB cervical cancer”
Konishi I

ACOG 2014 62nd Annual Clinical Meeting、平成26年4月26-30日、Chicago、USA
The Howard Taylor International Lecture “Advanced Surgery in Asia”
Radical hysterectomy for stage IIB cervical cancer
Konishi I

Global Academic Program 2014 Conference 平成26年5月1-3日 於 Seoul, KOREA
“Utilization of genomic signatures to identify new therapeutic modalities for high grade endometrial cancers”
Baba T, Budiman Kharma, Matsumura N, Konishi I 

日本放射線技術学会近畿部会 H26年度春季勉強会 平成26年5月18日 於 大阪市
「『婦人科疾患を診る・読む・撮る』婦人科領域 病気の発生・治療」
馬場 長

平成26年全国医局長 Plus One会議、平成26年5月16日 於 東京都
講演 「わが国の少子化問題と日本産科婦人科学会の使命」
小西郁生

「つい選びたくなる産婦人科を目指して!」
近藤英治

第71回九州連合産科婦人科学会、平成26年5月24-25日 於 別府市
特別講演 「卵巣がん治療の個別化を目指して」
小西郁生

The 50th Annual Meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO)
Clinical Science Symposium. May 5-June 3. 2014. Chicago、USA
シンポジウム “Efficacy and safety of anti-PD-1 antibody (Nivolumab: BMS-936558, ONO-4538) in patients with platinum-resistant ovarian cancer”
Hamanishi J, Mandai M, (Ikeda T), (Minami M), (KawaguchiA), (Kanai M), (Mori Y), (Matsumoto S), (Murayama T), (Chikuma S), Matsumura M, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Ueda A, (Morita S), (Yokode M), (Shimizu A), (Honjo T), Konishi I

The 23rd Congress of the Obstetrical and Gynaecological Society of Malaysia、
平成26年6月5-8日、Petaling Jaya, Malaysia
ASGO Symposium
Ovarian cancer in endometriosis: Clinical and molecular aspects
Konishi I

第31回日本産婦人科感染症研究会 平成26年6月7-8日 於 神戸市
「子宮内感染・流産に至った周産期リステリア症の1例」
高橋希実、最上晴太、小林弘尚、水野 林、浮田真吾、馬場 長、近藤英治、小西郁生

KYOTO Breast Cancer Summit 平成26年6月14日 於 京都市
「乳癌患者の卵巣機能に関する諸問題」
堀江昭史

第137回東北連合産科婦人科学会、平成26年6月14-15日、於 福島市
特別講演 「各地方で若手産婦人科医を増やすために-大学と関係病院の密な連携を-」
小西郁生

第18回「松本賞」授賞式、平成26年6月18日 於 東京都
受賞講演 「わが国の少子化問題と日本産科婦人科学会の使命」
小西郁生

平成26年日本産科婦人科学会フォーラム「産婦人科医のワークライフ・バランスを考える」、
平成26年6月21日 於 東京都
「わが国の周産期医療の持続的発展のため、産婦人医勤務体制の抜本的改善を目指す」
小西郁生

日本赤ちゃん学会 第14回学術集会 平成26年6月22日 於 川崎市
「胎生期の低栄養状態が胎児発育に及ぼす影響とその治療の可能性」
最上晴太

Japan-Philippines Conference for Advancement of Clinical Practice 2014-2、
平成26年6月26-27日 於 芝蘭会館(京都市)
“Natural history of ovarian cancer development: Is early detection feasible?”
Konishi I

“Minimally Invasive Gynecological Surgery: Laparoscopic and Robotic Surgery, and Radical Trachelectomy”
Baba T

第130回近畿産科婦人科学会、平成26年6月28-29日 於 大阪市

「滲出性網膜剥離を発症した重症妊娠高血圧腎症・常位胎盤早期剥離の2症例」
藤井温子,最上晴太,近藤英治,馬場 長,浮田真吾,水野 林,小西郁生

「当院でのBreus' mole(巨大絨毛膜下血腫)7症例の病理学的検討」
安田枝里子,最上晴太,近藤英治,馬場 長,浮田真吾,水野 林,小西郁生

「再発子宮頸癌、子宮体癌に対して高線量率組織内照射を行った2例」
榮智恵子、山口 建、(井口治男)、吉岡弓子、日野麻世、安彦 郁、濵西潤三、越山雅文、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

「uterus-like massより発生したclear cell adenocarcinomaの1例」
中北 麦、安彦 郁、吉岡弓子、山口 建、濱西潤三、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

「予後不良な胃型腺癌を呈する粘液性子宮体癌の2例」
日野麻世、山口 建、吉岡弓子、安田枝里子、濱西潤三、安彦 郁、越山雅文、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

静岡産婦人科医会 一土会講演会、平成26年7月2日 於 静岡市
特別講演 「子宮頸がんからヒトの性の進化を探る」
小西郁生

第2回婦人科がんバイオマーカー研究会、平成26年7月5日 於 東京都

「SWI/SNF複合体因子の発現消失は卵巣明細胞腺癌の予後を予測するバイオマーカーとなる」
山口 建、Hisham Abou Taleb、松村謙臣、村上隆介、山ノ井康二、天野泰彰、安彦 郁、吉岡弓子、濱西潤三、越山雅文、馬場 長、小西郁生

「腫瘍辺縁で活性化されたTGF-βシグナルは子宮頸癌の浸潤を促す」
奈倉道和、松村謙臣、馬場長、吉岡弓子、山口建、濱西潤三、安彦郁、越山雅文、小西郁生、万代昌紀

喫煙科学研究財団 助成研究発表会 平成6年7月5日 於 東京都
「酸化脂質と炎症関連分子のヒト胎児発育における関与と喫煙の関係」
近藤英治

研修医・修練医のための産婦人科サマーセミナー2014、平成26年7月12日、大阪
講演 「産婦人科医のキャリア形成」
小西郁生

第50回日本周産期・新生児医学会、平成26年7月13-15日 於 浦安市

「妊娠18週に子宮底部に突出する羊水腔を認めたが、待機療法により生児を得た一例」
近藤英治,川﨑 薫,藤田浩平,最上晴太,馬場 長,小西郁生

「重症妊娠高血圧腎症を発症した睡眠時無呼吸症候群合併妊娠の1例」
今井更衣子,中北 麦,最上晴太,馬場 長,近藤英治,浮田真吾,小西郁生

「巨大胎盤と母体貧血をきたした胎盤限局性モザイクの部分胞状奇胎の一例」
川﨑 薫,近藤英治,藤田浩平,最上晴太,小西郁生

「妊娠15週より高血圧、蛋白尿を呈した加重型妊娠高血圧腎症に対しsFlt1を標的とした血漿吸着療法を行った1例」
中北 麦,最上晴太,近藤英治,小西郁生

「当院において妊娠中及び分娩後に凝固第13因子欠乏症の診断に至った症例の検討」
浮田真吾,最上晴太,近藤英治,馬場 長,松村謙臣,小西郁生

「重症妊娠高血圧腎症に対する硫酸マグネシウム投与の有用性」
植田彰彦,近藤英治,浮田真吾,川﨑 薫,最上晴太,小西郁生

喫煙科学研究財団 助成研究発表会 平成26年7月15日 於 東京都
「酸化脂質と炎症関連分子のヒト胎児発育における関与と喫煙の影響」
近藤英治

第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会、平成26年7月17-19日 於 宇都宮市

「卵巣漿液性腺癌の遺伝子発現プロファイルと形態学的細分類:新たな化学療法レジメン選択への道」
村上隆介、松村謙臣、万代昌紀、(吉原弘祐)、(田部 宏)、濱西潤三、安彦 郁、山口 建、馬場 長、越山雅文、(榎本隆之)、(岡本愛光)、小西郁生

「再発子宮頸癌に対する骨盤除臓術の臨床的検討」
植田彰彦、吉岡弓子、山口 建、濱西潤三、安彦 郁、越山雅文、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

「子宮頸部扁平上皮癌は間質との相互作用によるTGF-betaの活性化を通して浸潤が促進される」
奈倉道和、松村謙臣、馬場 長、吉岡弓子、山口 建、濱西潤三、安彦 郁、越山雅文、万代昌紀、小西郁生

「卵巣明細胞腺癌においてSWI/SNF複合体は予後因子である」
山口 建、ヒシャムアブタレブ、松村謙臣、天野泰彰、山ノ井康二、村上隆介、安彦 郁、吉岡弓子、濱西潤三、越山雅文、馬場 長、小西郁生

「卵巣癌のanoikis抵抗性に関わる新規遺伝子の探索:ELAC2は化学療法耐性にも寄与する」
山ノ井康二、松村謙臣、安彦 郁、山口 建、吉岡弓子、濱西潤三、馬場 長、越山雅文、小西郁生

「STAT1は子宮内膜漿液性腺癌の新しい治療ターゲットとなりうる」
馬場長、Budiman Kharma、松村謙臣、安彦 郁、濱西潤三、山口 建、吉岡弓子、越山雅文、小西郁生

「卵巣癌腹膜播種においてIFN-γはPD-L1発現を誘導し、腫瘍を増大させる」
安彦 郁、松村謙臣、濱西潤三、堀川直城、村上隆介、山口 建、馬場 長、吉岡弓子、小西郁生、万代昌紀

「卵巣癌大網転移巣におけるVEGF発現は腫瘍内MDSC浸潤を介して局所免疫を抑制している」
堀川直城、濱西潤三、安彦 郁、松村謙臣、馬場 長、山口 建、吉岡弓子、小西郁生

「妊娠中に術前化学療法を施行した子宮頸癌合併妊娠の2症例」
水野 林、吉岡弓子、最上晴太、今井更衣子、近藤英治、浮田真吾、山口 建、濱西潤三、安彦 郁、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

「子宮頸部内分泌腫瘍の治療法と予後」
藤井温子、山口 建、吉岡弓子、今井更衣子、安彦 郁、濱西潤三、越山雅文、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

第43回日本女性心身医学会学術集会 平成26年8月9-10日 於 京都市
「月経前症候群の外来診療におけるスマートフォン・アプリを用いた症状記録システムの開発と臨床使用」
江川美保、西村史朋、(岡本和也)、(粂 直人)、(森野佐芳梨)、(青山朋樹)、小西郁生

第38回日本産科婦人科栄養代謝研究会 平成26年8月21-22日 於 広島市
「硫酸マグネシウムの絨毛細胞における抗酸化ストレス作用と抗炎症作用」
京都大学大学院医学研究科 婦人科学産科学教室
順天堂大学 産婦人科学講座
川﨑 薫,近藤英治,千草義継,村上隆介,高井浩志,宇治田麻里,清川 晶,西村史朋,最上晴太,(竹田 省),小西郁生

第4回看護系漢方教育研究会 平成26年8月22日 於 京都市
「何故大学病院に漢方外来は必要か?」
西村史朋

The 3rd ASGO Workshop、平成26年8月23-24日、Seoul、Korea
Educational Lecture
“Abdominal radical trachelectomy: Where are we now?”
Konishi I

第52回日本癌治療学会学術集会 平成26年8月28-30日 於 横浜市

最優秀演題賞受賞講演 「抗PD-1抗体(Nivolumab)を用いた卵巣癌に対する第II相医師主導治験」
濱西潤三、万代昌紀、(池田隆文)、(川口淳)、(金井雅史)、(森由季子)、(松本繁巳)、松村謙臣、安彦郁、山口建、植田彰彦、(森田智視)、(清水章)、(本庶佑)、小西郁生

「再発子宮頸癌に対する骨盤除臓術の臨床的検討」
神崎 優、吉岡弓子、植田彰彦、山口 建、濱西潤三、安彦 郁、越山雅文、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

「当科における外陰癌のセンチネルリンパ節生検と治療方針」
酒井美恵、小西郁生、松村謙臣、山口 建、越山雅文、吉岡弓子、馬場 長、濱西潤三

平成26年度 一士会講演会 平成26年9月3日 於 静岡市
特別講演 「がん治療のパラダイムシフト~抗PD-1抗体(Nivolimab)を用いた卵巣癌への挑戦」
濵西潤三

京都周産期カンファレンス 平成26年9月6日 於 京都市
「妊娠15週より発症した加重型妊娠高血圧腎症に対してsFlt1を標的とした血漿吸着療法を行い正児を得た1例」
伊藤拓馬、中北 麦、最上晴太、杉並 興、佐藤麻衣、馬場 長、近藤英治、小西郁生

JSAWI 2014、平成26年9月6~7日 於 淡路市

「Female Adnexal Tumor of probable Wolffian Origin (FATWO) の2例」
渡辺美恵、安彦 郁、(木戸 晶)、砂田真澄、近藤英治、山口 建、松村謙臣、小西郁生

「Low grade ESSにおけるFDG-PETの有用性」
高橋希実、安彦 郁、(中本裕士)、馬場 長、吉岡弓子、山口 建、近藤英治、松村謙臣、小西郁生

第34回産婦人科漢方研究会 平成26年9月7日 於 青森市
「大学病院の女性漢方外来における主訴と処方内容」
西村史朋、志馬千佳、蔭山 充、小西郁生

第54回日本産科婦人科内視鏡学会学術集会 平成26年9月11-13日 於 鹿児島市

「診断的腹腔鏡手術を導入した進行卵巣癌、腹膜癌5症例の検討」
北村幸子、馬場 長、堀江昭史、安彦 郁、山口 建、吉岡弓子、濵西潤三、近藤英治、松村謙臣、小西郁生

「『腹腔鏡悪性腫瘍手術の最前線-手術をやさしくするENSEAL G2の使い方-』当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の運用経験」 
馬場 長 

第1回新潟産婦人科シンポジウム 平成26年9年14日  有壬記念館 於 新潟大学
「卵巣明細胞腺癌の形質は、ストレス発癌環境の中でエピジェネテックにより制御された代謝異常である」
山口 建、天野泰彰、松村謙臣、Hisham Abou-Taleb、山ノ井康二、村上隆介、安彦 郁、吉岡弓子、濱西潤三、越山雅文、馬場 長、万代昌紀、小西郁生

第34回日本妊娠高血圧学会 平成26年9月18-20日 於 東京都
学術奨励賞受賞講演「複数の遺伝子発現データの統合的解析により同定された妊娠高血圧腎症に特異的な遺伝子群 (pathway) 」 川﨑 薫,近藤英治,千草義継,村上隆介,高井浩志,宇治田麻里,清川 晶,西村史朋,最上晴太,(J.B. Brown),(奥野恭史),(竹田 省),小西郁生

The 46th International Congress on Pathophysiology of Pregnancy September 18-20, 2014, Tokyo, Japan

ワークショップ“Management of postpartum hemorrhage”
Kondoh E                                             

“MgSO4 potentiates anti-inflammatory and anti-oxidant activities in trophoblast cell”
Department of Obstetrics and Gynecology, Kyoto University, Kyoto, Japan
Department of Clinical System Onco-Informatics, Kyoto University, Kyoto, Japan
Department of Obstetrics and Gynecology, Jyuntendo University, Tokyo, Japan
Kawasaki K,Kondoh E,Chigusa Y,Murakami R,Takai H, Ujita M,Mogami H,(J.B. Brown) , (Okuno Y)  ,(Takeda S),Konishi I

“Magnesium sulfate improves pregnancy outcomes in women with severe preeclampsia”
Ueda A,Kondoh E,Kawasaki K,(Inoue A),Mogami H,Konishi I

第48回医仁会武田総合病院特別講演会 平成26年9月25日 於 京都市
「『腹腔鏡悪性腫瘍手術の最前線・手術をやさしくするENSEAL G2の使い方』当院における腹腔鏡下子宮体癌手術の運用経験」
馬場 長

第73回日本癌学会、平成26年9月25-27日 於 横浜市

シンポジウム "Immune checkpoint PD-1 signal; the metastatic promotion of ovarian cancer and the target of new treatment strategy" 
濱西潤三、万代昌紀、松村謙臣、安彦 郁、Jin Peng、馬場 長、山口 建、小西郁生

"Expression of VEGF in metastatic ovarian cancer inhibits local immunity via infiltration of MDSCs"
堀川直城、安彦 郁、濱西潤三、松村謙臣、馬場 長、山口 建、吉岡弓子、小西郁生

"Comprehensive mutation analysis of SWI/SNF complex in Ovarian Clear Cell Carcinoma (CCC)"
Hisham A. Aboutaleb, Yamaguchi K, Matsumura N, Murakami R, Babab T, Yoshioka Y, Hamanishi J, Abiko K, Koshiyama M, Konishi I

"STAT1 Pathway as a novel oncogene driver in Serous Papillary Endometrial Cancer"
Budiman Kharma, Baba T, Matsumura N, Hyun Sook Kang, Murakami R, Abiko K, Yamaguchi K, Hamanishi J, Mandai M, Konishi I
"Loss of SWI/SNF chromatin-remodeling complex is a prognostic biomarker in ovarian clear cell carcinoma"
山口 建、アブタレブヒシャム、松村謙臣、天野泰彰、山ノ井康二、村上隆介、安彦 郁、吉岡弓子、濱西潤三、越山雅文、馬場 長、小西郁生

"The Warburg effect caused by HNF1β is promising therapeutic targets in ovarian clear cell carcinoma"
天野泰彰、山口 建、松村謙臣、馬場 長、濱西潤三、安彦 郁、小西郁生、万代昌紀

"Novel gene mutations in ovarian clear cell carcinoma revealed by exome sequencing"
村上隆介、松村謙臣、アブタレブヒシャム、山口建 、安彦 郁、吉岡弓子、濱西潤三、馬場 長、万代昌紀、小西郁生

「卵巣癌微小環境において間質内リンパ球が分泌るIFN-γは癌細胞のPD-L1発現を規定する
安彦 郁、松村謙臣、濱西潤三、堀川直城、村上隆介、馬場 長、山口建、小西郁生、万代昌紀

"Suppression of ABHD2 causes resistance to anoikis, increase of side population and chemoresistance in ovarian cancer"
山ノ井康二、松村謙臣、安彦 郁、山口 建、吉岡弓子、濱西潤三、馬場 長、越山雅文、小西郁生

"Novel role of STAT1 in Chemo-resistance of Serous Papillary Endometrial Cancer"
Xiang Zeng, Budiman Kharma, Baba T, Matsumura N, Hyun Sook Kang, Yamaguchi K, Hamanishi J, Abiko K, Konishi I

第35回日本アフェレーシス学会学術大会 平成26年9月26-28日 於 東京都
「妊娠15週より発症した加重型妊娠高血圧腎症に対してsFlt1を標的とした血漿吸着療法を行い生児を得た1例」
最上晴太、中北 麦、馬場 長、近藤英治、(山田博之)、(塚本達雄)、(柳田素子)、小西郁生

第22回日本胎盤学会、第32回日本絨毛性疾患研究会、平成26年10月3-4日 於 京都大学(京都市)

「GABA受容体Aα3サブユニットは妊娠高血圧腎症の病態に関与する」
川﨑 薫,近藤英治,千草義継,村上隆介,高井浩志,宇治田麻里,清川 晶,西村史朋,最上晴太,(J.B. Brown),(奥野恭史),(竹田 省),小西郁生

「Wnt5aは絨毛細胞におけるsFlt1発現を低下させる」
宇治田麻里,近藤英治,川﨑 薫,千草義継,清川 晶,西村史朋,藤田浩平,最上晴太,小西郁生

「当科で経験した卵管間質部妊娠の3症例」
鈴木 悠,最上晴太,杉並 興,佐藤麻衣,馬場 長,近藤英治,小西郁生

「巨大胎盤と母体貧血をきたした胎盤限局性モザイクの部分胞状奇胎の一例」
川﨑 薫,近藤英治,最上晴太,藤田浩平,小西郁生

第32回日本絨毛性疾患研究会 平成26年10月3日~4日 於 京都市

「絨毛癌肺転移に対して集学的治療を行った 1 例」
伊藤拓馬,濵西潤三,馬場 長,近藤英治,日野麻世,山口 建,松村謙臣,小西郁生

「術前に類上皮性トロホブラスト腫瘍が疑われた 1 例」
平山貴裕,近藤英治,最上晴太,山口建,濱西潤三,馬場 長,松村謙臣,(南口早智子),小西郁生

第37回日本産婦人科手術学会、平成26年10月11-12日 於 札幌市

「当院にて帝王切開術後に集中治療室にて管理された母体最重症症例の検討」
神崎 優、最上晴太、杉並 興、佐藤麻衣、馬場 長、近藤英治、小西郁生

「当科における外陰癌症例に対するセンリネルシンパ節生検と治療方針について」
平山貴裕、山口 建、近藤英治、吉岡弓子、安彦 郁、濵西潤三、馬場 長、松村謙臣、小西郁生
西日本がんプ合同市民公開講座 平成26年10月18日 於 福岡市

「子宮がん・卵巣がんの妊孕能温存治療」
越山雅文、安彦 郁、山口 建、最上晴太、堀江昭史、吉岡弓子、濵西潤三、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

非感染性疾患(NCDs)シンポジウム2014 平成26年10月18日 於 京都市
招待講演「がんにかかってからの食事と運動」
松村謙臣

平成26年度京都産婦人科学会 平成26年10月18日 於 京都市
「妊娠16週発症のカンジダ絨毛膜羊膜炎・菌血症の1例」
伊藤拓馬、最上晴太、杉並 興、佐藤麻衣、馬場 長、近藤英治、小西郁生

市民公開講座 2014年10月19日 於 京都市 京都大学臨床研究総合センター
「『がんへの挑戦~京都大学の取組み~』 世界が注目!卵巣癌に対する革新的治療法の開発
~PD-1抗体薬(ニボルマブ)の医師主導治験~」
濵西潤三

第6回京都産婦人科救急診療研究会、平成26年10月19日 於 京都府医師会館(京都市)
「重篤な合併症を呈したHELLP症候群の2例」
川﨑 薫、近藤英治、最上晴太、小西郁生

第128回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 平成26年10月25-26日 於 松本市
ワークショップ「前置癒着胎盤に対する保存的対処法」
近藤英治

第131回近畿産科婦人科学会、平成26年10月26日 於 大阪市

「妊娠16週のカンジダ菌血症・臨床的絨毛膜羊膜炎に対し抗真菌剤が奏功した1例」
伊藤拓馬、最上晴太、杉並 興、佐藤麻衣、馬場 長、近藤英治、小西郁生

「若年性子宮体癌・ポリープ状異型腺筋腫に対する妊孕能温存療法と妊娠成績」
鈴木 悠、山口 建、近藤英治、濵西潤三、安彦 郁、吉岡弓子、越山雅文、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

15th Biennial Meeting of the International Gynecological Cancer Society (IGCS)
平成26年11月8-11日、Melbourne、オーストラリア

“Oxidative Stress and Metabolic Regulation in Clear Cell Carcinoma: Ovarian clear cell carcinoma is metabolic disease regulated epigenetically in the stressful carcinogenic environments”
Yamaguchi K

“A Phase II Clinical Trial of Immunotherapy with Anti-PD-1 Antibody (Nivolumab) in Advanced/Relapsed, Platinum-resistant Ovarian Cancer”
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Abiko K, Jin Peng, Horikawa N, Baba T, Yamaguchi K, Konishi I

第29回日本女性医学学会学術集会 平成26年11月1-2日 於 東京都

「月経前不快気分障害(PMDD)併存うつ病女性に妊娠前から育児期まで産婦人科医が継続的にかかわり職場復帰を果たした1症例」
江川美保、西村史朋、藤田浩平、清川 晶、(挾間雅章)、小西郁生

「月経前症候群に対する適度な身体活動量の重要性」
(森野佐芳梨)、(平田日向子)、江川美保、西村史朋、(青山朋樹)、小西郁生

「やせ願望がPMP発症に及ぼす影響」
(平田日向子)、(森野佐芳梨)、江川美保、西村史朋、(青山朋樹)、小西郁生

第6回関西婦人科腫瘍・病理懇話会、平成26年11月15日 於 京都市 京都大学医学部総合解剖センター
「広範な腹膜播種を伴った子宮内膜原発の漿液性境界悪性腫瘍の一例」
小原 勉、近藤英治、山口 建、濵西潤三、安彦 郁、吉岡弓子、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

平成26年度京都婦人科腫瘍フォーラム、平成26年11月21日 於 京都市
「卵巣漿液性腺癌の遺伝子発現プロファイルと形態学的細分類:新たな化学療法レジメン選択への道」
村上隆介、松村謙臣、濵西潤三、安彦 郁、吉岡弓子、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

第11回がんワクチン療法研究会学術集会 平成26年11月15日 於 京都市
特別講演 「免疫チェックポイントPD-1経路を標的とした 新しいがん治療」
濵西潤三

山科なでしこフォーラム 平成26年11月27日 於 京都市
「ちょっと立ち止まる『更年期』―女性健康管理外来での診療の実際」
江川美保

The 19th Japan-Korea Cancer Research Workshop 平成26年11月28-30日 於 Jeju, KOREA
“Comparison of Ovarian Cancer screening in Europe, the USA and Asia”
Koshiyama M, Konishi I

平成26年度京都大学助産師同窓会 特別記念講演会、平成26年11月29日 於 京都大学医学部基礎医学記念講堂(京都市)
記念講演 「この地球上で最も美しい存在―女性―」
小西郁生

第59回日本生殖医学会学術講演会 平成26年12月4-5日 於 東京都

「着床期子宮内膜におけるversicanの発現とその機能に関する検討」
宮﨑有美子、堀江昭史、佐藤幸保、杉並 興、谷 洋彦、上田 匡、小西郁生

「子宮内膜症女性の正常腹膜ではextracellular matrixの構成成分であるversicanの発現が増強している」
谷 洋彦、堀江昭史、佐藤幸保、杉並 興、宮﨑有美子、上田 匡、小西郁生

第6回京都婦人科鏡視下手術研究会 平成26年12月6日 於 京都市
「子宮体癌に対する腹腔鏡下リンパ節郭清」
松村謙臣、馬場 長、堀江昭史、安彦 郁、吉岡弓子、山口 建、近藤英治、小西郁生

日本医師会・日本医学会合同シンポジウム「子宮頸がんワクチンについて考える」 平成26年12月10日 於 東京都
講演「子宮頸がん発症を予防する時代-HPVワクチンの有効性Update-」
小西郁生

第43回日本免疫学会学術集会 平成26年12月10-12日 於 京都市

“Immunotherapy with anti-PD-1 antibody (Nivolumab) is promising: Phase II clinical trial for platinum-resistant ovarian cancer”
Hamanishi J, Mandai M, Abiko K, (Shimizu A), (Honjo T), Konishi I

“IFN-γ secreted from lymphocytes induces PD-L1 expression on cancer cells and promotes ovarian cancer progression”
Abiko K, Matsumura N,  Hamanishi J, Horikawa N, Murakami R, Baba T,  Yamaguchi K, Konishi I, Mandai M

“Expression of VEGF in metastatic ovarian cancer inhibits local immunity through infiltration of myeloid derived suppressor cells”
Horikawa N, Abiko K, Hamanishi J, Yamaguchi K, Koshiyama M, Yoshioka Y, Konishi I

“VISTA expression on ovarian cancers and endometrial cancers”
Kumuruz Murat, Hamanishi J, Jin Peng, Matsumura N, Abiko K, Baba T, Konishi I

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン-平成26年度5大学連携医療フォーラム 平成26年12月15日 於 芝蘭会館(京都市)
特別講演
「卵巣がん治療のゲノム個別化を展望する」
小西郁生

Egyptian Fertility and Sterility Society (EFSS) 20th Annual International Conference
平成26年12月18-19日、Cairo、Egypt

Plenary Session
“Ovarian cancer in endometriosis: Clinical and molecular aspects”
Konishi I

“Fertility-sparing surgery for cervical cancer: Where are we now?”
Konishi I

京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了