メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

研究案内

2015年(平成27年)業績一覧


婦人科腫瘍研究室周産期研究室生殖医学研究室

婦人科腫瘍研究室

英文論文

Hamanishi J, Mandai M, Ikeda T, Minami M, Kawaguchi A, Murayama T, Kanai M, Mori Y, Matsumoto S, Chikuma S, Matsumura N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Ueda A, Hosoe Y, Morita S, Yokode M, Shimizu A, Honjo T, Konishi I.
Safety and Antitumor Activity of Anti-PD-1 Antibody, Nivolumab, in Patients With Platinum-Resistant Ovarian Cancer.
J Clin Oncol. 2015 Dec 1;33(34):4015-22.

Peng J, Hamanishi J, Matsumura N, Abiko K, Murat K, Baba T, Yamaguchi K, Horikawa N, Hosoe Y, Murphy SK, Konishi I, Mandai M.
Chemotherapy Induces Programmed Cell Death-Ligand 1 Overexpression via the Nuclear Factor-κB to Foster an Immunosuppressive Tumor Microenvironment in Ovarian Cancer.
Cancer Res. 2015 Dec 1;75(23):5034-45.

Horikawa N, Baba T, Matsumura N, Murakami R, Abiko K, Hamanishi J, Yamaguchi K, Koshiyama M, Yoshioka Y, Konishi I.
Genomic profile predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for cervical cancer patients.
BMC Cancer. 2015 Oct 19;15:739.

Amano Y, Mandai M, Yamaguchi K, Matsumura N, Kharma B, Baba T, Abiko K, Hamanishi J, Yoshioka Y, Konishi I.
Metabolic alterations caused by HNF1β expression in ovarian clear cell carcinoma contribute to cell survival.
Oncotarget. 2015 Sep 22;6(28):26002-17.

Matsuo K, Hasegawa K, Yoshino K, Murakami R, Hisamatsu T, Stone RL, Previs RA, Hansen JM, Ikeda Y, Miyara A, Hiramatsu K, Enomoto T, Fujiwara K, Matsumura N, Konishi I, Roman LD, Gabra H, Fotopoulou C, Sood AK.
Venous thromboembolism, interleukin-6 and survival outcomes in patients with advanced ovarian clear cell carcinoma.
Eur J Cancer. 2015 Sep;51(14):1978-88.

Abiko K, Matsumura N, Hamanishi J, Horikawa N, Murakami R, Yamaguchi K, Yoshioka Y, Baba T, Konishi I, Mandai M.
IFN-γ from lymphocytes induces PD-L1 expression and promotes progression of ovarian cancer.
Br J Cancer. 2015 Apr 28;112(9):1501-9.

Okamoto A, Sehouli J, Yanaihara N, Hirata Y, Braicu I, Kim BG, Takakura S, Saito M, Yanagida S, Takenaka M, Yamaguchi N, Morikawa A, Tanabe H, Yamada K, Yoshihara K, Enomoto T, Itamochi H, Kigawa J, Matsumura N, Konishi I, Aida S, Aoki Y, Ishii N, Ochiai K, Akiyama T, Urashima M.
Somatic copy number alterations associated with Japanese or endometriosis in ovarian clear cell adenocarcinoma.
PLoS One. 2015 Feb 6;10(2):e0116977.

Fujii S, Kido A, Baba T, Fujimoto K, Daido S, Matsumura N, Konishi I, Togashi K.
Subendometrial enhancement and peritumoral enhancement for assessing endometrial cancer on dynamic contrast enhanced MR imaging.
Eur J Radiol. 2015 Apr;84(4):581-9.

Himoto Y, Kido A, Fujimoto K, Daido S, Kiguchi K, Shitano F, Baba T, Matsumura N, Konishi I, Togashi K.
MR Imaging-based Evaluation of Morphological Changes in the Uterus and Ovaries of Patients Following Neoadjuvant Chemotherapy for Cervical Cancer.
Magn Reson Med Sci. 2015;14(1):65-72.

Matsuo K, Yoshino K, Hasegawa K, Murakami R, Ikeda Y, Adachi S, Hiramatsu K, Yokoyama T, Nishimura M, Sheridan TB, Enomoto T, Fujiwara K, Matsumura N, Konishi I, Fotopoulou C, Roman LD, Sood AK.
Survival outcome of stage I ovarian clear cell carcinoma with lympho-vascular space invasion.
Gynecol Oncol. 2015 Feb;136(2):198-204.

Nagura M, Matsumura N, Baba T, Murakami R, Kharma B, Hamanishi J, Yamaguchi K, Abiko K, Koshiyama M, Mandai M, Murata T, Murphy SK, Konishi I.
Invasion of uterine cervical squamous cell carcinoma cells is facilitated by locoregional interaction with cancer-associated fibroblasts via activating transforming growth factor-beta.
Gynecol Oncol. 2015 Jan;136(1):104-11.

Satoh T, Aoki Y, Kasamatsu T, Ochiai K, Takano M, Watanabe Y, et al. Administration of standard-dose BEP regimen (bleomycin+etoposide+cisplatin) is essential for treatment of ovarian yolk sac tumour. European journal of cancer. 2015;51(3):340-51.

Matsuo K, Opper NR, Ciccone MA, Garcia J, Tierney KE, Baba T, et al. Time interval between endometrial biopsy and surgical staging for type I endometrial cancer: association between tumor characteristics and survival outcome. Obstetrics and gynecology. 2015;125(2):424-33.


英文総説

Mandai M, Amano Y, Yamaguchi K, Matsumura N, Baba T, Konishi I.
Ovarian clear cell carcinoma meets metabolism; HNF-1β confers survival benefits through the Warburg effect and ROS reduction.
Oncotarget. 2015 Oct 13;6(31):30704-14. Review.


和文原著論文

吉岡弓子、松村謙臣、植田彰彦、山口建、濱西潤三、安彦郁、馬場長、小西郁生
「当科で骨盤除臓術を施行した22症例の後方視的検討および文献的考察」
産婦人科の進歩 67(3): 254-263, 2015

堀江昭史、奥宮明日香、馬場長、安彦郁、山口建、松村謙臣、佐藤幸保、小西郁生
「子宮内膜症合併不妊女性に対する腹腔鏡手術後の自然妊娠の可能性をEndometriosis Fertility Indexで予測できるか」
産婦人科の進歩 67(3): 264-269, 2015

水野林、馬場長、吉岡弓子、近藤英治、山口建、濱西潤三、安彦郁、越山雅文、松村謙臣、小西郁生
「妊娠中に術前化学療法を施行した子宮頸癌合併妊娠の2症例」
日本婦人科腫瘍学会雑誌 33(1): 51-60, 2015

砂田真澄、安彦郁、堀江昭史、川村明緒、佐々木聖子、藤本真理子、堀江克行、小西郁生
「腹腔鏡手術を施行したfemale adnexal tumor of probable Wolffian origin (FATWO)の1例」
産婦人科の進歩 67(2): 126-129, 2015


和文総説

松村謙臣、越山雅文、小西郁生
「卵巣がん検診は有効か?」
産婦人科の実際 64巻11号 p.1760-1769, 2015

松村謙臣、小西郁生
「がんと食事・運動」
産婦人科の実際 64巻1号 p.91-101, 2015

松村謙臣、小西郁生
「high-grade 漿液性腺癌のゲノム多様性について」
臨床婦人科産科 69巻1号p.113-117, 2015

馬場 長,水野 林,小西郁生: 進行、再発子宮内膜癌に対する治療戦略. (“子宮内膜癌治療の最前線”). 産婦人科の実際64:651-658,2015

馬場 長,小西郁生: 子宮体がん 子宮体部漿液性腺癌のゲノム解析と新治療開発.(“ゲノム時代の婦人科がん診療を展望する―がんの個性に応じたpersonalizationへの道”). 臨床婦人科産科69:81-87,2015

馬場 長、小西郁生: 肥満患者に対する手術の工夫. 櫻木範明、小西郁生、平松祐司、竹田 省 (編), OGS NOW 23. 覚えておきたい手術の工夫と周術期管理:さまざまの局面で役立つ手技と知識, pp26-37,メジカルビュー社, 東京, 2015

濱西 潤三*, 万代 昌紀, 小西 郁生
【最新 がん免疫療法 抗PD-1抗体、CAR-T細胞療法から、Neoantigenを標的としたがん制御機構まで】 免疫チェックポイントの基礎とがん免疫療法への開発(解説/特集)
実験医学 33巻14号 Page2193-2200 (2015.09)

濵西潤三*, 万代昌紀, 松村謙臣, 小西郁生
【女性がん医療の最前線】卵巣癌治療
Bio Clinica 30巻10号 Page28-32 (2015.09)

濱西 潤三*, 万代 昌紀, 小西 郁生
【新たな時代を迎えたがん免疫療法】 免疫チェックポイント阻害療法の現状と展望(解説/特集)
Medical Science Digest 1巻9号 Page287-290 (2015.08)

濵西潤三*, 万代昌紀, 小西郁生
【婦人科がん・泌尿器科がん】卵巣がんに対する免疫チェックポイントシグナル阻害薬の臨床応用
腫瘍内科16巻2号 Page121-127 (2015.08)

濱西 潤三*, 小西 郁生
【新たな抗体治療の展開】 新たに開発された抗体治療 卵巣がん(解説/特集)
がん分子標的治療 13巻2号 Page203-211 (2015.07)

濱西 潤三*, 万代 昌紀, 松村 謙臣, 安彦 郁, Peng Jin, Kumuruz Murat, 小西 郁生
【免疫チェックポイントの基礎と臨床】 臨床 抗PD-1抗体の婦人科がんへの応用(解説/特集)
最新医学70巻3号 Page414-420 (2015.03)

濱西 潤三*, 万代 昌紀, 小西 郁生
話題の疾患と治療 免疫チェックポイントPD-1経路を標的とするがん治療への臨床応用
感染・炎症・免疫 44巻4号 Page387-389 (2015.01)

堀江昭史、馬場 長、小西郁生: リスク低減卵巣・卵管切除 RRSO. 櫻木範明、小西郁生、平松祐司、竹田 省 (編), OGS NOW 23. 覚えておきたい手術の工夫と周術期管理:さまざまの局面で役立つ手技と知識, pp48-53,メジカルビュー社, 東京, 2015

伊藤美幸、馬場 長、小西郁生: 高度癒着に対する手術の工夫. 櫻木範明、小西郁生、平松祐司、竹田 省 (編), OGS NOW 23. 覚えておきたい手術の工夫と周術期管理:さまざまの局面で役立つ手技と知識, pp18-25,メジカルビュー社, 東京, 2015


学会発表

第2回関西腹腔鏡下悪性腫瘍会議 2015/1/17平成27年1月17日 於 大阪市
馬場 長、堀江昭史、松村謙臣、安彦 郁、近藤英治、山口 建、濱西潤三、吉岡弓子、伊藤美幸、小西郁生: 腹腔鏡下子宮体癌手術(2).

第15回産婦人科手術・化学療法研究会 平成27年1月31日 於 京都市
「成人型顆粒膜細胞腫10症例の検討」
北村幸子、安彦 郁、近藤英治、山口 建、堀江昭史、濵西潤三、吉岡弓子、越山雅文、馬場長、松村謙臣、小西郁生

第7回日本ロボット外科学会アドバンスプログラム 2【ロボット手術におけるリンパ節郭清を考える】, 平成27年2月7日 於 東京都
馬場 長、堀江昭史、松村謙臣、安彦 郁、近藤英治、山口 建、濱西潤三、吉岡弓子、伊藤美幸、小西郁生: 子宮がんのリンパ節切除‐どこから取る?

第3がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
トランスレーショナルリサーチシンポジウム 「がん免疫療法の最前線」

2015年2月14東京
「卵巣癌に対する抗PD-1抗体を用いた医師主導第II相治験」
濵西潤三
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

第3回婦人科がんバイオマーカー研究会学術集会 平成27年2月21日 於 福岡市
「卵巣明細胞腺癌における全エクソームシークエンスによる統合ゲノム解析」
村上隆介、松村謙臣、日笠幸一郎、Hisham Abou-Taleb、濱西潤三、安彦郁、山口建、馬場長、越山雅文、松田文彦、小西郁生、万代昌紀

The 10th Kyoto Hematology Forum ミニレクチャー 2015年2月21京都
招待講演「抗PD-1抗体(Nivolumab)を用いたあたらしいがん治療」
濵西潤三

府民公開講座 2015年2月22於 京都
招待講演「府民公開講座 京都府内の専門医によるがん診療の最前線
『新しいがん免疫療法の展開(PD-1抗体療法)』」
濵西潤三

文部科学省・厚生労働省 革新的医療技術創出拠点プロジェクト「医療イノベーション創出ネットワークの現状と展望―新しいフェーズに入ったアカデミアのシーズ開発」平成26年度成果報告会
2015
年3月5於 東京
「文部科学省 橋渡し研究加速ネットワーク~抗PD-1抗体(Nivolumab)を用いたプラチナ抵抗性再発・進行卵巣癌に対する治療効果と安全性の評価~」
濱西潤三、清水章, 池田隆文

Annual Meeting on Woman’s Cancer. (Scientific Plenary)Mar 31. 2015. Chicago.
英語プレナリー口演 “Durable anti-tumor response of Nivolumab (anti-PD-1 antibody) for platinum-resistant ovarian cancer; phase II clinical trial”
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Konishi I

第67回日本産科婦人科学会学術講演会 平成27年4月9日~12日 於 横浜市
優秀演題賞 口演「抗PD-1抗体(Nivolumab)を用いた卵巣癌に対する第II相医師主導治験」
濱西 潤三, 万代 昌紀, 松村 謙臣, 安彦 郁, 馬場 長, 山口 建, 植田 彰彦, 小西 郁生

口演「卵巣癌細胞のanoikis抵抗性を指標とした機能的ゲノミクススクリーニングにより同定されたABHD2の発現低下は,卵巣癌の化学療法耐性をもたらし予後不良因子となる」
山ノ井 康二, 松村 謙臣, 安彦 郁, 山口 建, 吉岡 弓子, 濱西 潤三, 馬場 長, 越山 雅文, 小西 郁生

口演「卵巣明細胞腺癌におけるSWI/SNF複合体の網羅的遺伝子変異解析」
山口 建, Abou-Taleb Hisham, 松村 謙臣, 天野 泰彰, 山ノ井 康二, 村上 隆介, 安彦 郁, 吉岡 弓子, 濱西 潤三, 越山 雅文, 馬場 長, 小西 郁生

「若年性子宮体癌・ポリープ状異型腺筋腫に対する妊孕能温存療法と妊娠成績」
鈴木 悠, 山口 建, 近藤 英治, 濱西 潤三, 安彦 郁, 吉岡 弓子, 越山 雅文, 馬場 長, 松村 謙臣, 小西 郁生

口演「全エクソームシークエンスによる卵巣明細胞腺癌のsingle nucleotide variantsとcopy number variantsの統合解析」
村上 隆介, 松村 謙臣, Abou-Taleb Hisham, 濱西 潤三, 安彦 郁, 山口 建, 馬場 長, 越山 雅文, 小西 郁生, 万代 昌紀

「卵巣癌の化学療法におけるアプレピタントの効果」
今井 更衣子, 越山 雅文, 松村 謙臣, 山ノ井 康二, 安彦 郁, 吉岡 弓子, 山口 建, 濱西 潤三, 馬場 長, 小西 郁生

「子宮体部癌肉腫における脈管侵襲像の病理組織学的検討」
滝 真奈, 馬場 長, 安彦 郁, 松村 謙臣, 濱西 潤三, 山口 建, 越山 雅文, 小西 郁生

「卵巣明細胞腺癌の生物的特徴を規定する体細胞性コピー数変化の検討」
矢内原 臨, 浦島 充佳, 平田 幸広, 竹中 将貴, 斉藤 美里, 吉原 弘祐, 榎本 隆之, 板持 広明, 紀川 純三, 松村 謙臣, 小西 郁生, 岡本 愛光

「顆粒膜細胞腫の10症例の検討」
北村 幸子, 安彦 郁, 近藤 英治, 山口 建, 堀江 昭史, 濱西 潤三, 吉岡 弓子, 馬場 長, 越山 雅文, 松村 謙臣, 小西 郁生

「卵巣癌大網転移巣におけるVEGF発現は腫瘍内MDSC浸潤を介して局所免疫を抑制している」
堀川 直城, 安彦 郁, 濱西 潤三, 松村 謙臣, 馬場 長, 山口 建, 越山 雅文, 吉岡 弓子, 小西 郁生

「当院における過去35年間の妊娠絨毛性腫瘍の検討」
吉水 美嶺, 濱西 潤三, 近藤 英治, 山口 建, 馬場 長, 吉岡 弓子, 安彦 郁, 伊藤 拓馬, 松村 謙臣, 小西 郁生

「子宮体部癌肉腫は癌成分の組織学的分化度とMRIにおける造影不良領域が予後因子となる」
井上 彩美, 山口 建, 馬場 長, 近藤 英治, 植田 彰彦, 滝 真奈, 濱西 潤三, 安彦 郁, 吉岡 弓子, 越山 雅文, 松村 謙臣, 小西 郁生

「術前に「低リスク」と考えられる子宮体癌に対して腹腔鏡手術を行う場合の問題点」
平山 貴裕, 馬場 長, 堀江 昭史, 安彦 郁, 松村 謙臣, 近藤 英治, 山口 建, 濱西 潤三, 吉岡 弓子, 越山 雅文, 小西 郁生

「広間膜に発生したFemale adnexal tumor of probable Wolffian origin(FATWO)の二例」
渡辺 美恵, 安彦 郁, 近藤 英治, 山口 建, 松村 謙臣, 小西 郁生

「巨大な傍大動脈リンパ節転移を伴った細胞形態学的に良性を示す子宮平滑筋腫瘍の1例」
奥宮 明日香, 山口 建, 近藤 英治, 濱西 潤三, 安彦 郁, 吉岡 弓子, 越山 雅文, 馬場 長, 松村 謙臣, 小西 郁生

「広範な腹膜播種を伴った子宮内膜原発の漿液性境界悪性腫瘍の一例」
小原 勉, 近藤 英治, 山口 建, 濱西 潤三, 安彦 郁, 吉岡 弓子, 馬場 長, 松村 謙臣, 小西 郁生

Malaysian Gynaecological Cancer Society, National Gyane-Oncology Conference, Houston, USA, 2015/4
Tsukasa Baba, Budiman Kharma, Noriomi Matsumura, Junzo Hamanishi, Kaoru Abiko, Ken Yamaguchi, Ikuo Konishi: STAT1 drives tumor progression in serous papillary endometrial cancer,

Seminar for Cancer Course Kyoto University 2015, April 23. 2015.  於Kyoto.
招請講演 The Next Generation of Cancer Immunotherapy
"Immune Checkpoint PD-1 signal blocking for Ovarian Cancer"
Hamanishi J.

北関東婦人科化学療法講演会2015 2015年4月24日 東京
特別講演「がん治療のパラダイムシフト ~免疫チェックポイントPD-1経路を標的とした
がん免疫療法」
濵西潤三

第25回生殖医学研究会講演会 2015年4 月24日 於 京都
教育講演
「婦人科悪性腫瘍に対する化学療法の副作用と対処」
越山雅文

The 51th Annual meeting of American Society of Clinical Oncology (ASCO)
May30, 2015, Chicago USA.
“Durable Tumor Remission in Patients with Platinum-Resistant Ovarian Cancer Receiving Nivolumab”
Hamanishi J, Mandai M, Ikeda T, Minami M, Kawaguchi A, Matsumura N, Abiko K, Baba T, Yamaguchi K, Ueda A, Hosoe Y, Morita S, Shimizu A, Honjo T, Konishi I.

第11回 大阪小児固形腫瘍研究会  2015年6月5日 於 大阪
招請講演「抗PD-1抗体を用いた新しいがん免疫治療」~卵巣癌に対する医師主導第II相治験を通して~
濵西潤三

第132回近畿産科婦人科学会学術集会 平成27年6月27日〜28日 於 神戸市
「子宮筋腫の術前診断でモルセレーター併用腹腔鏡下核出術後に再発し、悪性の子宮内膜間質・平滑筋混合腫瘍と診断された1例」
平山貴裕、安彦郁、吉岡弓子、山口建、近藤英治、馬場長、松村謙臣、小西郁生

第57回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 平成27年8月7日〜9日 於 盛岡市
シンポジウム口演「Genomic Alterations of Ovarian Clear Cell Carcinoma(ゲノム解析によって明らかとなった卵巣明細胞腺癌の病態)」
松村謙臣、村上隆介、日笠幸一郎、堤孝信、J.B. Brown、Hisham Abou-Taleb、濱西潤三、山口建、安彦郁、馬場長、越山雅文、山田亮、松田文彦、奥野恭史、小西郁生

招請講演「教育シンポジウム3」Immuno Oncology
「卵巣癌に対する免疫チェックポイント阻害薬 抗PD-1抗体の臨床応用」
濵西潤三

口演「VEGF expressed in ovarian cancer suppresses tumor immunity via recruitment of MDSC」
Naoki Horikawa, Kaoru Abiko, Junzo Hamanishi, Noriomi Matsumura, Tsukasa Baba, Ken Yamaguchi, Masafumi Koshiyama, Yumiko Yoshioka, Ikuo Konishi

口演「卵巣癌の遺伝子発現プロファイルに基づくタキサンおよびプラチナ感受性の予測スコアの可能性」
村上隆介、松村謙臣、北村幸子、山口建、安彦郁、濱西潤三、吉岡弓子、馬場長、越山雅文、小西郁生、万代昌紀

口演「顆粒膜細胞腫の11症例の検討」
北村幸子、安彦郁、近藤英治、山口建、堀江昭史、濱西潤三、吉岡弓子、越山雅文、馬場長、松村謙臣、小西郁生

口演「機能ゲノミクススクリーニングによる、卵巣癌のanoikis抵抗性をもたらす因子の同定」
山ノ井康二、松村謙臣、安彦郁、山口建、吉岡弓子、濱西潤三、馬場長、越山雅文、小西郁生、万代昌紀

「巨大なリンパ節転移、浸潤性増殖を示す細胞形態学的に良性な子宮平滑筋腫瘍の1例」
高華、山口建、奥宮明日香、安彦郁、近藤英治、濱西潤三、吉岡弓子、越山雅文、馬場長、松村謙臣、小西郁生

第51回日本周産期・新生児医学会学術集会 2015年7月12日 於 福岡
「妊娠16週に発症したCandida glabrataによる絨毛膜羊膜炎・菌血症の1例」
濱西潤三 伊藤拓馬 最上晴太 杉並興 佐藤麻衣 馬場長 近藤英治 小西郁生

第57回日本婦人科腫瘍学会学術集会 2015年8月8日 於 盛岡
招請講演「教育シンポジウム3
」Immuno Oncology
「卵巣癌に対する免疫チェックポイント阻害薬 抗PD-1抗体の臨床応用」
濵西潤三

第2回新潟産婦人科シンポジウム, 平成27年8月29日 於 新潟市
「難治性子宮体癌における治療ターゲットの探索」
馬場 長、Budiman Kharma、曾 翔、姜 賢淑、松村謙臣、安彦 郁、濱西潤三、山口 建、越山雅文、小西郁生:

第16回JSAWIシンポジウム、平成27年9月4日、5日 於 淡路市
「卵巣境界悪性類内膜腫瘍のMRI所見」
中川江里子、安彦郁、山口建、近藤英治、馬場長、松村謙臣、木戸晶、南口早智子、小西郁生

「MRIで長期間経過を追い二度の妊娠・出産を経験したAdenomatoid Tumorの一例」
松尾恵利、安彦郁、山口建、近藤英治、馬場長、木戸晶、松村謙臣、小西郁生

第55回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会、平成27年9月10日〜12日 於 横浜市
シンポジウム口演「子宮頸癌に対するロボット支援手術の有用性とは」
馬場長、堀江昭史、松村謙臣、山口建、安彦郁、伊藤美幸、万代昌紀、小西郁生

口演「子宮体癌に対する腹腔鏡下骨盤内・傍大動脈リンパ節郭清-当院の37症例の検討」
安彦郁、馬場長、松村謙臣、堀江昭史、山口建、近藤英治、伊藤美幸、小西郁生

「癌性腹膜炎に対して診断的腹腔鏡手術を施行した症例の検討」
松村謙臣、北村幸子、馬場長、安彦郁、堀江昭史、山口建、濱西潤三、近藤英治、吉岡弓子小西郁生

「子宮体癌に対する腹腔鏡手術のあるべき姿とは?」
馬場 長、堀江昭史、松村謙臣、安彦 郁、伊藤美幸、山口 建、近藤英治、小西郁生

第74回日本癌学会学術総会、平成27年10月8日〜10日 於 名古屋市
シンポジウム英語口演 “Survival and Durable Tumor Remission in Patients with Platinum-resistant Ovarian Cancer Receiving Nivolumab”
Junzo Hamanishi, Masaki Mandai, Noriomi Matsumura, Kaoru Abiko, Tsukasa Baba, Ken Yamaguchi, Ikuo Konishi

英語口演 ” Integrative analysis identify STAT1 pathway as an oncogenic driver in Serous Papillary Endometrial Cancers”
Budiman Kharma, Tsukasa Baba, Xiang Zheng, Noriomi Matsumura, Kaoru Abiko, Ryusuke Murakami, Junzo Hamanishi, Ken Yamaguchi, Masaki Mandai, Ikuo Konishi

英語口演 “Functional genomics screening for anoikis resistance in serous ovarian cancer identifies a novel gene ABHD2”
Koji Yamanoi, Noriomi Matsumura, Kaoru Abiko, Ken Yamaguchi, Yumiko Yoshioka, Jyunzo Hamanishi, Tsukasa Baba, Masafumi, Koshiyama, Ikuo Konishi

英語口演 ” VEGF expressed in ovarian cancer suppresses tumor immunity through induction of MDSC”
Naoki Horikawa, Kaoru Abiko, Junzo Hamanishi, Noriomi Matsumura, Tsukasa Baba, Ken Yamaguchi, Yumiko Yoshioka, Ikuo Konishi

英語口演 ” Down regulation of STAT1 confers Cisplatin sensitivity in Serous Papillary Endometrial Cancer”
Xiang Zeng, Budiman Kharma, Tsukasa Baba, Noriomi Matsumura, Kaoru Abiko, Junzo Hamanishi, Ken Yamaguchi, Masafumi Koshiyama, Ikuo Konishi

“Integrated analysis of single nucleotide variants and copy number variants in ovarian clear cell carcinoma”
Ryusuke Murakami, Noriomi Matsumura, Ken Yamaguchi, Kaoru Abiko, Yumiko Yoshioka, Junzo Hamanishi, Tsukasa Baba, Masafumi Koshiyama, Masaki Mandai, Ikuo Konishi

“Inhibition of EMT promotes antitumor immunity in ovarian cancer model”
Mana Taki, Kaoru Abiko, Noriomi Matsumura, Tsukasa Baba, Junzo, Hamanishi, Ken Yamaguchi, Masafumi Koshiyama, Naoki Horikawa, Ikuo Konishi

京都大学大学院 教育コース「臨床研究」コース 2015年10月10 於 京都
招請講演「卵巣癌に対するニボルマブ(抗PD-1抗体)を用いた新規がん治療薬の医師主導第2相治験」
濵西潤三

京都産科婦人科学会 平成271017日 於 京都
子宮頸癌再発病変による外腸骨動脈穿孔に対する外腸骨動脈塞栓術後の大腿動脈-大腿動脈交叉バイパス術(f-f bypass)の適応と工夫について
西岡 咲輝、山口 建、安彦 郁、吉岡 弓子、濱西 潤三、越山 雅文、近藤 英治、馬場 長、松村 謙臣、小西 郁生

An AACR Special Conference on Advances in Ovarian Cancer Research, Oct 17-20, 2015, 於 Orland, FL
Identification through functional genomics screening of factors whose downregulation enhances the side population in ovarian cancer.”
Noriomi Matsumura, Koji Yamanoi, Susan K Murphy, Junzo Hamanishi, Kaoru Abiko, Ken Yamaguchi, Tsukasa Baba, Masafumi Koshiyama, Ikuo Konishi

“Chemoimmunotherapy with PD-1 blockade and paclitaxel induce a potent antitumor immunity in ovarian cancers."
Junzo Hamanishi, Jin Peng, Noriomi Matsumura, Kaoru Abiko, Tsukasa Baba, Ken Yamaguchi, Ikuo Konishi, Masaki Mandai

"Expression of VEGF in ovarian cancer suppresses tumor immunity through recruitment of myeloid derived suppressor cells"
Naoki Horikawa, Kaoru Abiko, Noriomi Matsumura, Junzo Hamanishi, Susan K Murphy, Tsukasa Baba, Ken Yamaguchi, Masafumi Koshiyama, Ikuo Konishi

"Inhibition of Snail-induced EMT promotes anti-tumor immune response in ovarian cancer"
Mana Taki, Kaoru Abiko, Noriomi Matsumura, Tsukasa Baba, Junzo Hamanishi, Naoki Horikawa, Ikuo Konishi

第7回 埼玉南西部地区がん化学療法研究会 平成27年10月23日 於 埼玉
招請講演「免疫チェックポイントPD-1/PD-L1経路を標的とする新しいがん治療」
濵西潤三

第133回近畿産科婦人科学会学術集会、平成27年10月25日 於 西宮市
「卵巣漿液性腺癌におけるVEGF発現と骨髄由来免疫抑制性細胞の検討」
堀川直城、安彦郁、松村謙臣、濱西潤三、馬場長、山口建、小西郁生

「当科でのベバシズマブ使用22例の検討」
菅智美、山口建、安彦郁、吉岡弓子、濱西潤三、越山雅文、近藤英治、馬場長、松村謙臣、小西郁生

生命医薬情報学連合大会(JSBi2015) 若手合同セッション:「生命・化学・医療情報学は連携できるのか?」 2015年10月30日 於 京都
“口演:臨床医学研究者が利用できるオミクス解析パイプラインの構築にむけて
村上隆介, 松村謙臣, 日笠幸一郎, 堤孝信, J.B.Brown, 鎌田真由美, 濱西潤三, 山口建, 安彦郁, 馬場長, 越山雅文, 山田亮, 松田文彦, 奥野 恭史, 小西郁生, 万代昌紀

第53回日本癌治療学会学術集会 平成27年10月29日〜31日 於 京都市
教育シンポジウム口演「子宮内膜がんのTCGAデータの概要」
松村謙臣

シンポジウム口演 “Integrated analysis of single nucleotide variants and copy number variants in ovarian clear cell adenocarcinoma”
Noriomi Matsumura、Ryuusuke Murkami、Koichiro Higasa、Takanobu Tsutsumi、J. B. Brown、Junzo Hamanishi、Ken Yamaguchi、Kaoru Abiko、Tsukasa Baba、Masafumi Koshiyama、Ryo Yamada、Fumihiko Matsuda、Yasushi Okuno、Ikuo Konishi

シンポジウム口演「高悪性度子宮体癌のドライバー遺伝子はSTAT1か?」
馬場 長、Budiman Kharma、曽 翔、姜 賢淑、松村 謙臣、濱西 潤三、安彦 郁、山口 建、村上 隆介、万代 昌紀、David Hunstman、小西 郁生

シンポジウム口演「卵巣癌の微小免疫環境解析と抗PD-1抗体療法の展望」
濱西 潤三、万代 昌紀、松村 謙臣、安彦 郁、村上 隆介、馬場 長、山口 建、小西 郁生

口演「子宮体部癌肉腫はMRIにおける造影不良域が予後因子となる」
井上 彩美、山口 建、馬場 長、滝 真奈、安彦 郁、濱西 潤三、吉岡 弓子、越山 雅文、近藤 英治、松村 謙臣、小西 郁生

口演「当科における卵巣Low-grade serous carcinomaの臨床的検討」
増田 望穂、小西 郁生、松村 謙臣、馬場 長、近藤 英治、越山 雅文、濱西 潤三、吉岡 弓子、安彦 郁、山口 建

口演 “The effect of dietary protein quality on the development of ovarian cancer”
Ahmed A. Taha、Masafumi Koshiyama、Noriomi Matsumura、Kaoru Abiko、Ken Yamaguchi、Jyunzo Hamanishi、Tsukasa Baba、Budiman Kharma、Ibrahim M. Hassanin、Magdy M. Ameen、Salah A. Ismail、Ikuo Konishi

「子宮体癌に対する腹腔鏡下リンパ節郭清 -当院の37症例の検討」
安彦 郁、馬場 長、松村 謙臣、堀江 昭史、濱西 潤三、山口 建、近藤 英治、吉岡 弓子、小西 郁生

「癌性腹膜炎に対して診断的腹腔鏡手術を施行した12症例の検討」
松村 謙臣、北村 幸子、馬場 長、安彦 郁、堀江 昭史、山口 建、濱西 潤三、近藤 英治、吉岡 弓子、小西 郁生

教育シンポジウム「がん治療医のためのバイオインフォマティクス実践講座」
タスクフォース「がん研究者のための、本当にわかるゲノム解析実践講座」
松村 謙臣 奥野恭史 村上隆介 鎌田真由美

Ovarian Rare Tumor Conference, 平成27年11月6日、於 東京都
シンポジウム英語口演 “Integrated analysis of single nucleotide variants and copy number variants in ovarian clear cell adenocarcinoma”
Noriomi Matsumura

The 4th Biennial meeting of ASGO  2015/11/12-11/14  於 韓国ソウル
英語口演 “Clinical impact of anti-PD-1 antibody (Nivolumab) for platinum-resistant ovarian cancer; Investigator initiated phase II clinical trial”
Hamanishi J, Mandai M, Matsumura N, Abiko K, Yamaguchi K, Baba T, Konishi I

Unenhanced areas in the tumor on MR imaging is the prognostic factors of uterine carcinosarcoma
Ayami Inoue, Ken Yamaguchi, Tsukasa Baba, Kaoru Abiko, Yumiko Yoshioka, Junzou Hamanishi, Masahumi Koshiyama, Eiji Kondo, Noriomi Matsumura, Ikuo Konishi

Four pathological subtypes of high-grade serous adenocarcinoma of ovary, Fallopian tube and peritoneum demonstrate distinct clinical features.
Takuma Osuga, Ken Yamaguchi, Ryusuke Murakami, Noriomi Matsumura, Kaoru Abiko, Yumiko Yoshioka, Junzo Hamanishi, Masafumi Koshiyama, Eiji Kondoh, Tsukasa Baba and Ikuo Konishi

第6回金沢大学学際科学実験センターシンポジウム 平成27年11月13日 金沢市
「難治性子宮体癌における治療ターゲットの探索」
馬場 長:.

日本免疫学会学術集会、平成271119、於 札幌
“Expression of VEGF in ovarian cancer suppresses tumor immunity through recruitment of MDSC”
Naoki Horikawa, Kaoru Abiko, Noriomi Matsumura, Junzo Hamanishi, Tsukasa Baba, Ken Yamaguchi, Yumiko Yoshioka, Masafumi Koshiyama, Ikuo Konishi

中外製薬主催 Gynecology Expert Meeting 2015 平成271120 於 京都
口演「卵巣癌におけるVEGF発現と腫瘍免疫の関連」 
堀川直城、安彦郁、松村謙臣、濱西潤三、馬場長、山口建、越山雅文、小西郁生

第30回 日本生殖免疫学会 学術集会 ワークショップ(指定演題)
2015年11月22日 於 熊本
口演 生殖免疫と腫瘍免疫の視点に立った治療の新戦略
「卵巣がんに対する新しい治療戦略:PD-1/PD-L1経路阻害薬」 
濵西 潤三

38回日本産婦人科手術学会 平成27112829日 於 東京
「再発卵巣がんに対する2次的腫瘍減量手術(SDS)リスクモデルの有用性と予後に関する検討」
上林翔大、山口 建、安彦 郁、吉岡弓子、濱西潤三、越山雅文、近藤英治、馬場 長、松村謙臣、小西郁生

平成27年度京都府医師会 子宮癌検診研修会 2015年12月2日 於 京都
講演:臨床で役立つ子宮頸部細胞診
村上 隆介 子宮がん検診委員会

Japan Sarcoma Association Symposium  December 3, 2015.  於 Kyoto.
招待講演 “The challenges and opportunities on the novel anti-tumor treatment with PD-1 signal blockade -Investigator initiated clinical trial of Nivolumab for platinum-resistant ovarian cancer -“
Hamanishi J.

第28回日本内視鏡外科学会総会 平成27年12月10日 於 大阪 
婦人科ロボット手術の術中・術後合併症.
馬場 長、堀江昭史、松村謙臣、山口 建、安彦 郁、伊藤美幸、万代昌紀、小西郁生

がん化学療法地域連携セミナー 2015年12月15日 大阪
特別講演「卵巣がんに対する新しい治療戦略」
濵西 潤三

ESMO Asia 2015. Dec.18-20, 2015. Singapore.
招請講演 “Evaluating the Potential of Immune Checkpoint Inhibitors in Ovarian Cancer”
Emerging Research in Immuno-Oncology: Hepatocellular, Ovarian, and Esophageal Cancers .
Junzo Hamanishi

シンポジウム英語口演 “Immunotherapy for gynecological cancers: Challenges and opportunities” Precision medicine and developmental therapeutics in gynaecologic oncology (Special Symposium)
Junzo Hamanshi


周産期研究室

英語論文

“A Case of Ovarian Pregnancy Diagnosed by MRI”
Shingo Io, Masaaki Hasegawa, Takashi Koyama
Case Rep Obst Gynecol 2015:143031. doi: 10.1155/2015/143031. Epub 2015 Sep 27


英文論文(原著)

“Case of soluble fms-like tyrosine kinase 1 apheresis in severe pre-eclampsia developed at 15 weeks' gestation.”
Nakakita B, Mogami H, Kondoh E, Tsukamoto T, Yanagita M, Konishi I
J Obstet Gynaecol Res, 41:1661-1663, 2015

“Utero-ovarian varices and absent inferior vena cava in pregnancy.”
Kawata E, Kondoh E, Kawasaki K, Baba T, Ueda A, Kido A, Konishi I
J Obstet Gynaecol Res 41:631-634, 2015

“Reliable pre-eclampsia pathways based on multiple independent microarray data sets.”
Kawasaki K, Kondoh E, Chigusa Y, Ujita M, Murakami R, Mogami H, Brown JB, Okuno Y, Konishi I
Mol Hum Reprod 21:217-224, 2015

“Ultrasonographic visualization of bleeding sites can help control postpartum hemorrhage using intrauterine balloon tamponade.”
Kondoh E, Konishi M, Kariya Y, Konishi I
J Clin Ultrasound 43:23-25, 2015

“A case of Listeria sepsis in the first trimester of pregnancy.”
Kobayashi H, Mogami H, Takahashi N, Baba T, Kondoh E, Konishi I
Adv Obster Gynecol, 67:405−409, 2015


英文(総説)

“Expectant management of a herniated amniotic sac presenting as silent uterine rupture: a case report and literature review.”
Iemura A, Kondoh E, Kawasaki K, Fujita K, Ueda A, Mogami H, Baba T, Konishi I
J Matern Fetal Neonatal Med 28:106-112, 2015

“Optimal strategies for conservative management of placenta accreta: a review of the literature.”
Kondoh E, Kawasaki K, Chigusa Y, Mogami H, Ueda A, Kawamura Y, Konishi I
Hypertension Res Pregnancy 3:19-27, 2015


和文論文(原著)

「妊娠中に術前化学療法を施行した子宮頸癌合併妊娠の2症例」
水野 林, 馬場 長, 吉岡弓子, 近藤英治, 山口 建, 濱西潤三, 安彦 郁, 越山雅文, 松村謙臣, 小西郁生
日本婦人科腫瘍学会雑誌 33:51-60, 2015


和文論文

「女性たちに更年期とHRTをどう伝えるか」
江川美保,小西郁生
更年期と加齢のヘルスケア 14:36-38, 2015

「目で見る母児境界面の生理と病理 - 胎盤における凝固線溶系の役割」
最上晴太 
Hormone Frontier In Gynecology 22:1-5, 2015


和文(総説)

【産科手術 実地臨床のコツ】 産褥時・産褥大出血への対策 子宮内バルーン:変法
近藤英治, 小西郁生
周産期医学 45:1131-1135, 2015

【周産期救急の初期対応:そのポイントとピットフォール 産科編】 疾患:いかに的確に対応するか「死戦期帝王切開のポイント」
近藤英治, 小西郁生
周産期医学 45:815-818, 2015

プロからプロへ 産科分野「弛緩出血の止血法」
近藤英治
日本医事新報 4737:57-58, 2015

【子宮内膜症・子宮腺筋症-その新しい展開-】 治療の方向性 子宮内膜症・腺筋症合併妊娠への対応
近藤英治, 小西郁生
産婦人科の実際 64:933-941, 2015


著書

子宮筋腫「分類と診断」
近藤英治、小西郁生
百枝幹雄(編),子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症 診療マニュアル 女性3大良性疾患を診る,診断と治療社, pp38-49, 2015

産科救急「前置癒着胎盤の保存的対処法」
近藤英治、小西郁生
平松祐司、小西郁生、櫻木範明、竹田 省(編),OGS NOW 22 手術を要する産婦人科救急 こんなときどうする?,メジカルビュー社, pp58-67, 2015

「妊娠の兆候と検査薬」「母子健康手帳」「妊婦健診で行う検査」
川﨑 薫
日本産科婦人科学会監修,HUMAN+ Baby+ お医者さんがつくった妊娠・出産の本,HEARZEST,pp8,16,19, 2015


生殖医学研究室

学会発表

IFFS/JSRM International Meeting 2015 in 2015.4.26-29. Yokohama, Japan
“A role of versican in development of peritoneal endometriosis”
Hirohiko TANI

“Genetic consulting and risk reducing salpingo-oopholectomy for hereditary breast and ovarian cancer”
Akihito HORIE

第36回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会 平成27年1月25日 於 東京
「子宮内膜症の腹膜病変の形成におけるversicanの役割とその制御因子の検討」
谷 洋彦、堀江昭史、杉並 興、宮﨑有美子、上田 匡、(佐藤幸保)、小西郁生

第67回日本産科婦人科学会学術講演会 平成27年4月9-12日 於 横浜
「子宮内膜における細胞外基質分子versicanの発現と性ステロイドによる制御」
宮﨑有美子、堀江昭史、(佐藤幸保)、杉並 興、谷 洋彦、上田 匡、小西郁生

「子宮内膜症の腹膜病変の形成におけるversicanの役割」
谷 洋彦、堀江昭史、(佐藤幸保)、杉並 興、宮﨑有美子、上田 匡、小西郁生

京都子宮内膜症セミナー 平成27年6月6日 於 京都
「当院における子宮内膜症・子宮腺筋症合併不妊患者の治療について」
堀江昭史

第33回日本受精着床学会学術講演会 平成27年11月26-27日 於 東京
「子宮内膜におけるversicanの発現とその機能に関する検討」
宮﨑有美子、堀江昭史、(佐藤幸保)、杉並 興、谷 洋彦、上田 匡、奥宮明日香、小西郁生、(篠村多摩之)

第1回日本産科婦人科学遺伝診療学会学術講演会 平成27年12月18-19日 於 長崎
「当院における「遺伝性乳がん卵巣がん患者に対するリスク低減卵巣卵管切除術」の実際」
堀江 昭史


雑誌論文・著書

「子宮内膜症合併不妊女性に対する腹腔鏡手術後の自然妊娠の可能性をEndometriosis Fertility Indexで予測できるか」
堀江昭史、奥宮明日香、馬場 長、安彦 都、山口 建、(佐藤幸保)、小西郁生
産婦人科の進歩 第67巻3号 264-269 2015

「陣痛発来前に子宮破裂を来たした腹腔鏡手術後妊娠の2症例」
(佐藤幸保)、(丸山俊輔)、堀江昭史
日産婦内視鏡学会  第31巻1号 173-177 2015

「ヒト絨毛外栄養膜細胞に特異的に発現する新規蛋白laeverinの機能解析」
堀江 昭史
産科と婦人科 第82巻10号 1148-1151 2015

“A Novel Concept of Fundus-Ovary-Salpinx-Para-Aorta Implantation Promotiong Unit during Human Embryo Implantation”
Hiroshi Fujiwara, Yoshihiko Araki, Shigeru Saito, Kazuhiko Imakawa, Satoru Kyo, Minoru Shigeta, Masahide Shiotani, Akihito Horie and Takahide Mori
New Discoveries in Embryology, Chapter4 , edited by Bin Wu, INTECH, 2015
ISBN978-953-51-2182-4

「リスク低減卵巣・卵管切除 Risk Reducing Salpingo-Oopholectomy;PPSO」
堀江昭史、馬場 長、小西郁生
OGS now 23 : 48-53 メジカルビュー社 2015 ISBN978-4-7583-1243-1


京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了