メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

入局・研修のご案内

産婦人科サブスペシアリテイ臨床研修プログラムについて

  • 概 要
  • 参加施設一覧・専門医制度認定施設
  • 募集要項
  • 応 募
  • レジュメ
京都大学医学部附属病院と京大関連基幹病院産婦人科が共同で行う
産婦人科サブスペシアリテイ臨床研修プログラム

 


プログラム概要

 新しい臨床研修システムにより幅広い領域の知識を身につけた医師が養成されるようになった一方、医療技術の高度化や社会の要望の変化にともない、各専門領域で優れた診療能力を持った専門医がますます必要とされてきています。

 産婦人科診療においても、産婦人科専門医を取得したあとの専門分野(周産期、婦人科腫瘍、生殖医療など)の専門研修および専門医資格の取得がますます重要になってきていますが、一般研修病院での当初5年間のレジデント修了後の専門研修体制はまだまだ十分とは言えないのが現状であります。そこで、卒後5年間のレジデント研修を修了した若手産婦人科医を対象に、京大病院と関連病院の産婦人科が緊密に連携して、各々の長所を生かしながら、最高レベルの診療・技能・知識・経験の獲得を目指す臨床研修プログラムを立ちあげました。

 本プログラムは、京大がもつ全国有数の関連病院とのネットワーク機能をフルに生かし、卒後6年目の産婦人科専門医を取得した若手産婦人科医が、さらに産婦人科の各専門分野の臨床研修を精力的に行って実力を養い、各スペシアリテイ領域の「専門医」を獲得するとともに、将来の臨床/基礎研究者や指導医を目指す医師キャリア形成システムです。そのためには、まず大学病院でしっかりと各スペシアリテイ領域の基礎を学び、その後教育熱心な指導医が部長・副部長を勤める地域基幹病院で多くの症例を経験していただきます。なお臨床研究と論文作成は大学が責任をもって指導します。


本プログラムでは下記の6コースを用意しています。


(1)周産期専門医コース

 日本周産期・新生児医学会の周産期専門医制度の研修カリキュラムに則り、京大病院及び基幹研修施設、指定研修施設又は補完研修施設において、申請に必要な研修実績、診療経験、業績(研究発表・論文作成)を満たすよう研修指導を行う。


(2)婦人科腫瘍専門医コース

 日本婦人科腫瘍学会専門医制度の研修カリキュラムに則り、京大病院及び指定修練施設において、申請に必要な研修実績、診療経験、業績(学会発表・論文)を満たすよう研修指導を行う。


(3)生殖医療専門医コース

 日本生殖医学会生殖医療従事者資格制度に則り、京大病院及び関係病院において、申請に必要な診療経験、業績(学会発表・論文)を満たすよう研修指導を行う。


(4)産婦人科内視鏡技術認定医コース

 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定制度の研修カリキュラムに則り、京大病院及び関係病院において、申請に必要な手術実績、業績(学会発表・論文)を満たすよう研修指導を行う。


(5)婦人科病理診断学研修コース

 京大病院において、1年間、病理部と共同で婦人科病理診断の研修指導を行う。その後、大学院がんプロフェッショナル養成プランに進む。


(6)がん治療認定医コース

 日本がん治療認定医機構の研修カリキュラムに則り、京大病院において、1年間、申請に必要な診療経験、業績(学会発表・論文)を満たすよう研修指導を行う。その後、大学院がんプロフェッショナル養成プランに進む。


 平成23年度は12月採用募集を行い、1月に面接試験にて選考します。原則として、まず京大病院産婦人科医員として1〜2年間研修を行った後、関連病院で2〜3年間研修を行っていただきます。なお大学病院では医員での採用以外に、条件が整えば特定助教として採用できる場合もあります。


 採用ご希望の方は、募集要項を参照のうえ下記までご連絡ください。



京都大学医学部附属病院産婦人科 (担当:近藤 英治)
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
TEL:(075) 751-3269
E-mail:kuogbyn@kuhp.kyoto-u.ac.jp
<プログラム参加施設一覧・専門医制度認定施設>

 


日本周産期・新生児医学会専門医制度 『基幹研修施設』

京大病院、大津赤十字病院、神戸市立医療センター中央市民病院、
倉敷中央病院


同 『指定研修施設』

日本バプテスト病院、北野病院、兵庫県立塚口病院


同 『補完研修施設』

大津市民病院、国立病院機構大阪医療センター、大阪赤十字病院、小阪産病院


日本婦人科腫瘍学会指定修練施設

京大病院、滋賀成人病センター、国立病院機構京都医療センター、北野病院、国立病院機構大阪医療センター、神戸市立医療センター中央市民病院


補助生殖医療実施施設

京大病院、日本赤十字社和歌山医療センター


日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医在籍施設

京大病院、福井赤十字病院、滋賀県立成人病センター、国立病院機構京都医療センター、神戸市立医療センター中央市民病院

京都大学医学部附属病院と関連基幹病院の産婦人科が共同で行う
産婦人科サブスペシアリテイ臨床研修プログラム

平成23年度募集要項


1. 応募資格

平成23年4月1日において、医師免許取得後2年以上の初期臨床研修、および3年以上の産婦人科専門研修を行った者で、国立大学の附属病院における医員として在職した期間が通算して5年未満の者。


2. 募集人員

8名


3. プログラム研修期間

平成23年4月1日以降採用日から3年ないし4年間


4. 待 遇

京都大学病院:京都大学就業規則等の定めるところによる。

関係病院:各病院の就業規則等の定めるところによる。


5. 応募手続き

下記 1〜3 を揃えて京都大学医学部附属病院産婦人科へ郵送又は持参のこと。

1) 本プログラム採用願 (別紙採用願に記載)

2) 履歴書 (様式自由)

採用内定となった場合、京都大学医学部附属病院の採用手続きが必要。


6. 募集開始日

平成22年11月1日(月)


7. 募集締切日

平成22年12月24日(金) 必着


8. 選考及び採用

1)選考時期・方法

平成23年1月中旬(別途通知)、 京都大学産婦人科教授が面接のうえ決定。

2)採用内定時期

平成23年1月下旬(別途通知)

3)採用時期

平成23年4月1日以降


9. 提出先・問合せ先

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54

京都大学医学部附属病院産婦人科

担当:松村 謙臣

TEL:(075) 751-3269

E-mail:kuogbyn@kuhp.kyoto-u.ac.jp


(注意事項)

採用願に記載する現住所は、本院からの通知文、その他書類等の郵送先となるため、詳細に記載し、変更があった場合は直ちに連絡すること。

 

 

 

 

※ PDFファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。
ロゴマークをクリックすると、ダウンロード(無料)サイトにアクセスできます。

adobereder

京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了