メニューへジャンプ本文へジャンプ
本文の開始

インフォメーション

第61回日本産科婦人科学会において、優秀演題賞、グッド・プレゼンテーション賞を受賞!

2009/05/27

シンポジウム

松村 謙臣
卵巣癌における化学療法感受性バイオマーカーの開発と組織型による分子標的の同定−治療個別化に向けたBioinfomaticsの応用−」

優秀演題賞受賞者【婦人科腫瘍学部門】

山口 建
「卵巣明細胞腺癌において、マイクロアレイ解析により特徴付けられる生物学的特性は特有の発癌環境を反映している」

グッド・プレゼンテーション受賞者

濱西 潤三
「卵巣癌腹膜播種の新生血管を標的として、ケモカインCCL19遺伝子導入胚性血管内皮細胞を用いて局所免疫賦活を目指した新規免疫療法開発の基礎的検討」
京都大学医学部附属病院 産科婦人科

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
京都大学大学院医学研究科 器官外科学講座
(婦人科学産科学)

Copyryight © 2008-2013 Department of Gynecology and Obstetrics Kyoto University Graduate School of Medicine All rights reserved.
ページの終了