京都大学医学部附属病院 総合臨床・教育研修センター
歯科医師臨床教育・研修部長 別所和久(歯科口腔外科長)

 京都大学医学部附属病院群歯科医師臨床研修プログラムでは,京大病院と地域の中核となっている協力型臨床研修施設が病院群を形成し、様々な基本的診療能力をより効率的に研修医が身に付けられるよう企画されています。研修医は1年間の臨床研修の後、アドバンスドプログラムとして京都大学医学部附属病院歯科口腔外科の専門修練もしくは関連病院の医員として口腔外科卒後研修プログラムに応募することができます。また、卒後2年の臨床経験の後には大学院への進学を目指すこともできます。京都大学口腔外科の歯科医師臨床研修プログラムおよび口腔外科卒後研修プログラムでは、当科と関連病院においての幅広い研修が可能です。

 京都大学医学部附属病院群歯科医師臨床研修プログラムでは、歯科医師として必要な隣接医学の知識・医学的評価や救急処置が行え、日常診療で頻繁に遭遇する疾病や病態に適切に対応できるように、基本的な診療能力を修得することを目的とし、また、指導医の指導の下で科学的根拠に基づいた医療を実践するとともに、医師と患者のコミュニケーションを大切にし、病める患者の身体的異常のみならず、こころの全体像を把握し、全人的な幅広い診療能力を身に付ける事を目指します。
 2年次医員に対する京都大学口腔外科臨床研修アドバンスドプログラムでは、口腔外科を中心に一般歯科治療も含め、広く経験を積んで頂く他、個々の研修到達度に応じ当院麻酔科・集中治療部、関連病院での研修も受けて頂く予定です。

 3年次以降は、種々の医学的合併症を有する患者さんの治療・移植医療に関わる口腔衛生管理と治療・隣接診療科との連携診療・デイサージャリー部門での日帰り手術はもちろんのこと、組織再生インプラント外来・顎矯正外来・顎顔面骨骨折外来・顎関節外来・口腔腫瘍外来・睡眠時無呼吸外来・口腔難治性疾患外来・審美歯科外来・唇顎口蓋裂外来の各専門分野の治療にも参加して頂きます。日本口腔外科学会認定医は初期臨床研修修了後2年後以降で、専門医は6年後以降での受験が可能となりますし、当科での基礎・臨床研究に加わり、医学博士取得を目指すことも可能です。

 以上について、ご興味がある方は、まず秘書室までご連絡ください。

(社)日本口腔外科学会認定医取得には、初期臨床研修修了後に研修施設又は准研修施設で2年以上の研修が必要です。また同専門医取得には、研修施設又は准研修施設で6年以上の研修が必要です。

他施設での研修修了者も医員入局、大学院受験(1年半以上の臨床経験者)が可能です。

関連病院への赴任は、原則として京大での一定期間の研修を経てからとなります。
卒後3年目以上のいずれかの時期に大学院進学が可能です。
大学院入試については京都大学大学院医学研究科・医学部のホームページを参照してください。