ご挨拶

先制医療・生活習慣病研究センターは、京都大学医学部附属病院将来構想 2013に定められた、生活習慣病予防のための研究施設を創設するという趣旨に 沿って設立されました。生活習慣病・がんなどの疾病の早期発見や成因・病態 解明、新しい予防戦略の構築を目指して、健常人や疾病発症早期のデータを多 数、長期間集積して研究を進めることにより、先制医療・予防医学研究の発展 に寄与し、健康長寿社会の実現に貢献したいと考えています。

              先制医療・生活習慣病研究センター
                 センター長 松田秀一
〇医学の進歩により、種々の検査を組み合わせることで、疾病早期発見の精度を高めることができるようになってきました。当センターでは、1:画像診断(FDG-PET、MRI、超音波検査など)、2:上部消化管内視鏡検査(ナローバンドイメージングによる低侵襲診断)、3:生活習慣病早期発見(糖尿病、肥満、骨粗しょう症など)を3つの柱として、豊富な検査情報による疾患の早期発見、先制医療・予防医学研究の推進を目指します。

                                                                       先制医療・生活習慣病研究センター
                                                                             副センター長 福島光夫 ​