研究紹介

研究の基本的なポリシー

神経画像技術と認知心理学的手法の組み合わせによる精神疾患の病態解明が、当教室の研究の大きな柱です。現在、研究の対象としているのは、統合失調症、認知症、児童精神科領域の病態、うつ病(特に治療的介入の影響について)、てんかんに伴う精神医学的諸症状、脳損傷後の認知や行動の障害(高次脳機能障害)です。これらの病態の諸側面の中でも、感情や社会性など、精神医学の中核的問題に迫る研究を進めています。

image

京都大学は、医学研究科内だけでなく、他の研究科との共同研究が、容易にスタートアップできる環境にあります。当教室も、神経画像については、医学研究科・高次脳機能総合研究センターとの共同研究、認知心理学については、文学研究科その他の教室との共同研究を行うことによって、精神医学教室単独では困難な高水準な研究を実現することに成功しています。

当教室のもうひとつの特徴は、精神病理学を含む心理医学的方向性の伝統です。その特徴を生かし、リエゾン精神医学領域の研究として生体肝移植患者の心理的諸問題の研究、摂食障害や解離性障害などの青年期精神疾患における精神病理学的研究、うつ病患者の認知行動療法研究、発達障害への包括的介入に関する研究などを進めています。また、当教室員が共有する精神病理学の素養は、神経画像・認知心理学的研究を含む生物学的研究においても、研究の発想に幅と深みを与えています。

基礎医学の教室とのコラボレーションを実現させ、動物モデルを含め、分子レベルの研究手法を確立し、当教室のこれまでの研究にインテグレートしていくことが、今後の課題と考えています。


大学院への入学、あるいは共同研究として、これらの研究に参加いただける医師・研究者の皆さんを歓迎します。見学は随時受け付けますのでご連絡ください。

 

当教室の研究に披験者としてご協力頂いた皆様へ 臨床研究に関する情報の公開についてはこちらをご覧下さい。

空欄防止です
  • 神経画像研究
  • 神経心理学研究
  • 司法精神医学研究
  • 精神病理学研究
  • 発達・児童精神医学研究
  • 披験者募集案内
  • 臨床研究に関する情報公開
空欄防止です

Page Top