第119回近畿精神神経学会


演題募集について

【演題募集要項】

 

    演題の登録は全て電子メールによる登録とします。文末に記載のメールアドレス宛てにお送りください。詳しくは、抄録作成・登録要項をお読みください。

    演題の受領、採否の決定、発表時間などの通知は全て電子メールにて行ないます。演題の採否についてはプログラム委員会で決定させていただきます。

    発表は全て口演発表です。持参のコンピュータ(一般的なWindowsもしくはMacintosh)による発表に限らせていただきます。

    申し込み資格は、会則により、精神科・神経科その他関連領域の専門家で、この会の目的に賛同し、学術集会に参加し、当日に年会費を納めた方とします。

    各演題の抄録を日本精神神経学雑誌に掲載のため投稿します。原則として登録時の抄録の内容で投稿しますが、訂正、加筆のある場合のみ、コンパクトディスクなどの記憶媒体とともにA4版1枚に印刷したものを会場受付にご提出ください。作成の要領は抄録に準じます。フロッピーディスクなどの記憶媒体には、タイトル、発表演者名、作成したワープロソフト名、WindowsMacintoshの別を明記してください。

    演題の発表日時等は、あらためて学会事務局より電子メールで通知しますが、発表時刻などにご希望がある場合は、その旨演題登録の電子メールに明記してください。

 

【演題締め切り】

締め切りました。


【抄録作成・登録要項】

 

    抄録作成に用いるワープロソフトは、MS-Wordとしてください。それ以外の場合は、書式なしのテキストファイルとして作成し、いずれもメールに添付して、下記の学会事務局宛てにお送りください。

    抄録は、1)タイトル、2)演者とその所属、3)発表演者のメールアドレス、4)本文(400字以内)の順に記載してください。発表演者には冒頭に○印をつけてください。(但し、メールアドレスは抄録には掲載されません)

    演題応募のメールには、1)「近畿精神神経学会演題応募」とタイトルに明記し、2)発信元の名前・アドレスと発表演者の名前・アドレスとを一致させ、3)発表演者の氏名、メールアドレス、所属機関の住所、電話番号、FAX番号を記載してください。(以後の連絡は、通常、発信元のメールアドレスに対して行なわれます)

    演題の送付後、土・日・祝日を除く3日以内に受領確認の電子メールが事務局より送付されない場合、手違いの可能性がありますので事務局までご照会ください。

 ※(5月13日追記)抄録には、プライバシーやインフォームドコンセント等倫理的配慮に関しての記載が必須です。
 例:
・本研究におけるデータ使用については、匿名性に配慮し、研究の趣旨を患者および家族に説明した上で、文書にて同意を得た。
・研究を行うにあたり、本人と家族に本研究発表以外では使用をしないこと、それにより不利益を被ることはないことを説明し、同意を得た。
・本演題は個人情報に配慮しており、患者本人と家族の同意を得ている。
・発表にあたり患者の同意を得ており、個人情報の保護には十分に配慮した。
・適応外処方について説明し、同意を得た。




 

 

送付先

119 回 近畿精神神経学会事務局

606-8507 京都市左京区聖護院川原町54  Tel: 075-751-3386, Fax: 075-751-3246Email kinki119@kuhp.kyoto-u.ac.jp

 

 

  • ご挨拶
  • プログラム
  • 演題募集
  • 特別講演
空欄防止です

Page Top