診療案内

外来診療

精神科のすべての疾患を対象とした一般外来に加え、摂食障害、児童・思春期精神疾患、高次脳機能障害の専門外来を設けています。京都市の中心部に位置するという利便性の良さもありますが、新患・再診とも患者数が多く、また特定の疾患に偏らず精神疾患全般に広く対応しているのが、当診療科の大きな特徴
です。

入院診療

当科では多様な精神疾患に対する入院治療を専門的に行っています。病棟は60床マーク式閉鎖病棟(保護室8床、観察室4床)で、平成21年9月からは急性期治療病棟入院料Ⅰ算定病棟として稼動しています。重篤な精神症状を呈する患者も積極的に受け入れ、地域からの要請に答えています。なかでも、統合失調症やその他の統合失調症圏障害の治療に力を入れており、これらの疾患が入院患者の半数以上を占めています。一般に大学病院ではその許容量の乏しさから、精神病性障害を広く受け入れることが難しいのですが、当教室では教育的見地からも、大学病院で精神病性障害について学ぶことは重要と考えています。これらの病態に対して、当科の伝統である精神病理学的知見をもとに精神療法的接近をはかりながら薬物療法を行い、さらには隣接するデイ・ケア診療部や医学部人間健康学科,地域ネットワーク医療部と連携して、社会復帰へ向けて包括的で一貫性のある治療・リハビリテーションを行っています。

アクセス

  • 医学部附属病院の本館から西に300mの西病棟で診療を行っています。
  • 京阪 神宮丸太町駅、出町柳方面(5番)出口から北へ徒歩3分(鴨川を左手に)
  • JR/近鉄 京都駅から:駅北側バスターミナルから
    »(C3)乗り場から京都バス 17系統(大原方面)で「荒神橋」下車、南へ徒歩1分
    »(A2)乗り場から市バス 205/17/4系統で「荒神口」下車、荒神橋を渡り南へ徒歩5分
  • 阪急 河原町駅から 市バス 59/37/17系統で「荒神口」下車、荒神橋を渡り南へ徒歩5分
  • 地下鉄烏丸線 丸太町駅から 市バス 204/202系統で「丸太町京阪前」下車、北へ徒歩4分
  • 京都駅からタクシーの場合、「川端通り沿い、神宮丸太町駅を上がった京都大学医学部附病院精神科」とご指定ください。
空欄防止です
  • 外来担当表
  • 医療グループ紹介
  • 摂食障害
  • 発達・子供の心の診療
  • 電気けいれん療法
  • デイ・ケア診療部
  • 精神鑑定
空欄防止です

Page Top