小児整形外科概要

平成28年4月より、小児整形外科専門外来を開設しました。関連病院である滋賀県立小児保健医療センターと連携して、こども病院の無い京都府において小児整形外科医療に少しでもお役に立てるようにと考えております。  小児整形外科では、子供の手足や背骨の病気を治します。先天的な病気としては、股関節脱臼(発育性股関節形成不全)、脳性麻痺、先天性内反足、骨形成不全・軟骨無形性症などの骨系統疾患、ダウン症候群などの病気を治療します。後天的な病気としては、ペルテス病、大腿骨頭すべり症、脚長不等、くる病などによる下肢変形、脊柱側弯症、半月板損傷・オスグット病などのスポーツ障害、筋ジストロフィー、シャルコー・マリー・トゥース病などの治療を行います。  乳児健診でひっかかり、股関節脱臼などの疑いがある患者さんについては、エコー検査などできるだけ赤ちゃんに負担がかからない方法で精密検診を行っております。  学校検診で、側弯症、腰椎分離症、さまざまな股関節の病気が疑われる患者さんの精密検査も行っております。必要に応じて治療も行います。  金曜日午前の診察では、経験豊富な小児整形外科医がお子様の診療を担当致します。また、京大病院では、小児科など他の科のサポートがスムーズに受けられます。整形外科の中には脊椎手術、関節鏡(内視鏡)手術、手の外科、骨軟部腫瘍の治療の専門医が多数在籍していますので、連携しながら治療を行っております。  適切な時期に適切な治療を行いながら、お子様の成長を一緒に見守らせてください。

 

担当医紹介  吹上 謙一 (ふきあげ けんいち)
 京都大学 平成10年卒  滋賀県立小児保健医療センター 医長
 京都大学医学部 臨床講師
 平成10年 京都大学医学部附属病院勤務
 平成11年 田附興風会 北野病院勤務
 平成13年 神戸市立中央市民病院勤務
 平成20年 水野記念病院勤務(小児整形外科)
 平成25年 滋賀県立小児保健医療センター勤務(小児整形外科)

谷田司明 (たにだ しめい)
京都大学平成14年卒
主に小児の側弯症を担当します。