脊椎外科グループの活動報告

2013年10月05日

European Spine Journalに大槻先生の論文が掲載されました。


腰椎の椎体間固定術の隣接障害のrisk因子としてDISH (Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis)を指摘した初めての論文です


Otsuki B, Fujibayashi S, Takemoto M, Kimura H, Shimizu T, Matsuda S.Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis (DISH) is a risk factor for further surgery in short-segment lumbar interbody fusion.Eur Spine J. 2014 Oct 1. [Epub ahead of print]