ご挨拶

ご挨拶

我が国の優れた学¢蜉w・研究所の基礎研究と高度な技術水準を有する産♀驪ニにおける開発研究は世界的にも高い評価を得ております。にもかかわらず欧米諸国に比べ先端医療開発が大きく立ち遅れているのは、これらの研究を臨床応用化するべきシステムが国内に十分整備されていなかったことにあると考えられております。

京都大学では、このような研究体制に憂慮し、医学研究科及び医学部附属病院を中心にトランスレーショナル・リサーチセンター≠フ設立に努力していたところ、平成13年4月に「探索医療センター」として医学部附属病院に設置されることとなり、現在までその基盤整備に努めて参りました。

本センターは所謂ナショナルセンターとして位置付けられたものであり、全国の産≠ニ学≠フ幅広い分野から優れた研究者の叡智を集め、本学医学研究科及び医学部附属病院と協力・連携し、科学技術の臨床応用化を目標に研究を推し進めることを理念としております。 従いまして、「探索医療センター」が国内でのトランスレーショナル・リサーチ≠フ拠点として21世紀における先端医療開発を飛躍的に発展させ、国際競争への参画と医療水準の向上、同時に国民の健康と福祉に多大な貢献をなし得ると考えております。


京都大学医学部附属病院
探索医療センター



ページトップへ