京都大学医学部附属病院 医療安全管理室  

HOME報告体制メンバー業務と実績対応指針・マニュアル医療安全講習会ニュース医療安全室だより問合せ

室長より患者の皆様へ


  京大病院には,近隣はもとより遠方からも多くの患者さんが来院されます.患者さんは,「最新の医療を受けたい」, 「治療経験豊富な病院で診てもらいたい」,「納得のいく説明・治療を受けたい」,そのような思いで受診されていると思います. 当院ではその期待に添っていくことのできる高いプロ意識を持って,診療・看護にあたっていきたいと考えています.
  ところで,治療は患者さんと医療者の相互の共同作業です.治療方法は唯一の正解があるのではなく, 通常は複数の選択肢があり,そこに患者さんご自身の考え方や生き方を反映させることも少なくありません. 安全で質の高い医療を提供するためには,患者さんと医療者の相互の信頼関係が鍵となります.
  医療安全管理室は,安全な医療を提供できるように,医療行為中のエラーを防止するシステム作りに努力してきました. しかし,システムに頼るだけでは不十分で,結局,職員同士や職員と患者さんとの良好なコミュニケーションが必要だと 再認識しています.
  私たちの安全確認行動にどうぞ患者さんもご参加ください.その第一歩が「納得して治療を受ける」ということになります. 診療中に不安な点,疑問点がありましたら尋ねてください.質の高い医療のためにご協力をお願いします.


  エラー:正しいことをするつもりだったのに,結果として誤ったことをしてしまうこと.