何でも相談できる、かかりつけ医を持ちましょう

 皆さんは「かかりつけ医」という言葉を聞かれたことがあるでしょうか。たとえば、医師が介護保険認定の時に記入する書類も「かかりつけ医意見書」という名前になっています。

「かかりつけ医」とは、
どんなことでも相談できる、あなたの家の近くにある診療所などの医師のことです。皆さんはそんな「かかりつけ医」をもっておられるでしょうか。

 新聞やニュースをにぎわしている「医療改革」の中で、「医療連携」とか「大病院と診療所の機能分化」という話を聞かれたことがあると思います。これは大学病院などの大病院と地域の診療所の役割分担を明らかにして、しっかりした協力態勢を作っていこうというものです。

 普段の診察はかかりつけ医で受けて、何か問題があればいつでも京大病院などの大病院に紹介してもらい検査や治療を受け、そして安定したらまたかかりつけ医に戻る、これが機能分化に基づいた医療連携であり、京大病院でもこれからの医療のあるべきひとつの姿と考えています。


 つまり、京大病院の主治医と診療所のかかりつけ医が共同で患者さんを診ていくという考え方です。

 介護保険の意見書には普段の生活の様子や問題点を記述する欄がありますが、これなどまさに患者さんの日常生活のことをよく知っているかかりつけ医が書くべきものと考えられます。

 また、これからの高齢社会では往診などの在宅医療も大事になってきますが、在宅医療の担い手も地域のかかりつけ医です。
これからは、京大病院の主治医とかかりつけ医の連係プレーが、患者さんによりよい医療を提供するためにとても大事になってきます。

 京大病院に通院中の患者さんも、京大病院の主治医だけでなく、自分にあったかかりつけ医を是非もつようにしましょう。