京都大学医学部付属病院形成外科
特許・公的研究費など
2015年論文・著書・発表
2014年論文・著書・発表
2013年論文・著書・発表
2012年論文・著書・発表
2011年学会発表
2010年学会発表
2009年学会発表
2008年学会発表
業績

【2015年 論文,著書

1. Chang EI, Ito R, Zhang H, Nguyen AT, Skoracki RJ, Hanasono MM, et al. Challenging a traditional paradigm: 12-year experience with autologous free flap breast reconstruction for inflammatory breast cancer. Plast Reconstr Surg. 2015;135(2):262e-9e.
2. Morimoto N, Mahara A, Shima K, Ogawa M, Jinno C, Kakudo N, et al. The rapid inactivation of porcine skin by applying high hydrostatic pressure without damaging the extracellular matrix. Biomed Res Int. 2015;2015:587247.
3. Katsube M, Yoshiura K, Kusumoto K. A Japanese family with popliteal pterygium syndrome. Case reports in plastic surgery hand surgery. 2015; 2(3-4): 50–52
4. Kawakatsu M, Saito S. Simultaneous Regional Fasciectomy, Skin Grafting, and Distraction Arthrolysis of the Proximal Interphalangeal Joint for Dupuytren's Contracture of the Little Finger. Hand Surg. 2015;20(2):298-301.
5. Noda K, Mishina Y, Komatsu Y. Constitutively active mutation of ACVR1 in oral epithelium causes submucous cleft palate in mice. Dev Biol. 2015.
6. Aya R, Yamawaki S, Yoshikawa K, Katayama Y, Enoshiri T, Naitoh M, et al. The Shear Wave Velocity on Elastography Correlates with the Clinical Symptoms and Histopathological Features of Keloids. Plast Reconstr Surg Glob Open. 2015;3(7):e464.
7. Liem PH, Morimoto N, Mahara A, Jinno C, Shima K, Ogino S, et al. Preparation of Inactivated Human Skin Using High Hydrostatic Pressurization for Full-Thickness Skin Reconstruction. PLoS One. 2015;10(7):e0133979.
8. Ito R, Suami H. Lymphatic Territories (Lymphosomes) in Swine: An Animal Model for Future Lymphatic Research. Plast Reconstr Surg. 2015;136(2):297-304.
9. Ito R, Lin MC, Cheng MH. Simultaneous Bilateral Submental Lymph Node Flaps for Lower Limb Lymphedema Post Leg Charles Procedure. Plast Reconstr Surg Glob Open. 2015;3(9):e513.
10. Masuoka H, Morimoto N, Sakamoto M, Ogino S, Suzuki S. Exploration of the wound healing effect of topical administration of nicotine in combination with collagen scaffold in a rabbit model. J Artif Organs. 2015.
11. Noda K, Nakamura T, Komatsu Y. Fibulin-5 deficiency causes developmental defect of premaxillary bone in mice. Biochem Biophys Res Commun. 2015;466(3):585-91.
12.  Saito S, Ueda M, Takahashi N, Kawakatsu M, Suzuki S. Three-dimensional ultrasonography for visualization of muscular anomalies in type VI and VII radial polydactyly. Skeletal Radiol. 2015.
13. Jinno C, Morimoto N, Mahara A, Liem PH, Sakamoto M, Ogino S, et al. Inactivation of Human Nevus Tissue Using High Hydrostatic Pressure for Autologous Skin Reconstruction: A Novel Treatment for Giant Congenital Melanocytic Nevi. Tissue Eng Part C Methods. 2015;21(11):1178-87.
14. Kamiya N, Shen J, Noda K, Kitami M, Feng GS, Chen D, et al. SHP2-Deficiency in Chondrocytes Deforms Orofacial Cartilage and Ciliogenesis in Mice. J Bone Miner Res. 2015;30(11):2028-32.
15. Saito S, Suzuki Y, Suzuki S. Technique of Dorsal Transversely Oriented Transposition Flap for Web Reconstruction in Toe Syndactyly Surgery. J Foot Ankle Surg. 2015;54(6):1119-23.
16. Aya R, Ishiko T, Noda K, Yamawaki S, Sakamoto Y, Tomihata K, et al. Regeneration of elastic fibers by three-dimensional culture on a collagen scaffold and the addition of latent TGF-β binding protein 4 to improve elastic matrix deposition. Biomaterials. 2015;72:29-37.
17. Ito R, Wu CT, Lin MC, Cheng MH. Successful treatment of early-stage lower extremity lymphedema with side-to-end lymphovenous anastomosis with indocyanine green lymphography assisted. Microsurgery. 2015.
18. 津下 到, 鈴木 茂彦, 内藤 素子, 堀田 秋津, 井上 治久. iPS細胞研究最前線 疾患モデルから臓器再生まで(Vol.14) 患者由来iPS細胞を用いた神経疾患研究. 医学のあゆみ. 2015;252(7):824-8.
19. 吉川 勝宇. State of the ART 乳房再建. Cancer Board of the Breast. 2015;1(1):18-24.
20. 李 成姫, 山脇 聖子, 西井 洋一, 藤高 淳平, 鈴木 茂彦. 肥厚性皮膚骨膜症の3例. 日本形成外科学会会誌. 2015;35(5):247-53.
21. 鈴木 茂彦, 新家 佳代子. 【エステティックユニットを重視した顔面皮膚欠損の治療】 エステティックユニットを重視した下顔面・頸部再建. 形成外科. 2015;58(5):467-75.
22. 澤井 誠司, 齊藤 晋, 佐野 弾, 河合 勝也, 鈴木 茂彦. 非結核性抗酸菌による右示指化膿性屈筋腱腱鞘炎の1例. 日本形成外科学会会誌. 2015;35(6):328-33.
23. 吉川 勝宇. 各種難病の最新治療情報 レックリングハウゼン病とは. 難病と在宅ケア. 2015;21(5):53-6.
24. 山脇 聖子, 内藤 素子, 鈴木 茂彦. 【JSW Scar Scaleの改訂・治療ガイドライン作成に向けて】 JSW Scar Scaleを用いて. 瘢痕・ケロイド治療ジャーナル. 2015(9):34-6.
25. 丸川雄大, 高見昌司, 松末武雄, 鈴木茂彦. 【美容医療の合併症から学ぶ[1]-フィラー編-】 Romberg病患者の頬部陥凹に対してDermaliveを注入し、皮膚潰瘍と異物性肉芽腫を呈した1例. 形成外科. 2015;58(9):1012-1014.
26. 河合 勝也, 森本 尚樹. 【人工真皮の現況と展望】 bFGF徐放性人工真皮の基礎的評価と臨床応用について. 形成外科. 2015;58(12):1303-13.
27. 鈴木 茂彦. 日本形成外科学会の経済事情を聞く. 形成外科. 2015;58(12):1360-1364.
28. 鈴木 茂彦, 益岡 弘, 河合 勝也, 森本 尚樹. 喫煙と創傷治癒―ニコチンが創傷治癒に与える影響―. 平成26年度喫煙科学研究財団研究年報. 2015; 338-342.
29. 梅原 康次, 鈴木 茂彦. 巨大先天性色素性母斑は予防切除すべきか? EBM皮膚疾患の治療up‐to‐date,宮地良樹編, 中外医学社. 2015; 252-254
30. 河合 勝也. 第1編 口唇・顎・口蓋裂・その他の顔面先天異常診療ガイドライン2章口蓋裂, 顎裂部骨移植 2. 治療 Pushback法(粘膜骨膜弁法) 形成外科診療ガイドライン4 頭蓋顎顔面疾患(主に先天性), 金原出版. 2015; 42-5
31. 河合 勝也, 鈴木 茂彦. 第4章 腫瘍 25顔面に用いられる皮弁 専門医取得に必要な形成外科手技36―口頭試問への対策―, 中塚貴志編, 克誠堂出版株式会社 2015; 220-7
   
 

【2015年 学会発表】

1. 口演:江野尻竜樹, 吉川勝宇, 河合勝, 新家佳代子, 鈴木茂彦.計画的に機能的整容的再建を行った上半身広範囲熱傷の1例,第23回 日本熱傷学会近畿地方会,大阪,2015/01/10
2. シンポジウム:齊藤晋.「手外科の最先端」 手外科領域における3次元超音波診断技術の応用,第32回 中部日本手外科研究会,名古屋,2015/01/31
3. 講演:鈴木茂彦.再生医療と再建手術―形成外科の新たな進歩,医療連携講演会,松阪,2015/02/05
4. ポスター:津下到, 内藤素子, 鈴木茂彦, 月田香代子, 井上治久.Establishment of genome-edited ALS iPSCs for examination of TDP-43 contribution,JST-CREST(iPS細胞領域)合同シンポジウム,東京,2015/02/20
5. 口演:吉川勝宇, 江野尻竜樹, 冨士森英之, 山脇聖子, 内藤素子, 河合勝也, 鈴木茂彦.当院での自家組織移植による乳房再建治療,第20回 日本形成外科手術手技学会,鎌倉,2015/02/21
6. 口演:勝部元紀, 吉川勝宇, 河合勝也, 鈴木茂彦.当院における頭部陥凹変形に対するcontouring surgery,第109回 関西形成外科学会学術集会,京都,2015/03/08
7. 口演:吉見育馬, 山脇聖子, 江野尻竜樹, 齊藤晋, 吉川勝字, 内藤素子, 河合勝也, 鈴木茂彦.当科における過去7年間の悪性軟部腫瘍症例の検討第109回 関西形成外科学会学術集会,京都,2015/03/08
8. 口演:山脇聖子, 綾梨乃, 幸島究, 鈴木茂彦.退行性下眼瞼内反症における眼輪筋の乗り上げに対する評価法の提案,第26回日本眼瞼義眼床手術学会,札幌,2015/03/14
9. 口演:荻野秀一, 森本尚樹, 坂本道治, 神野千鶴, 河合勝也, 鈴木茂彦.ゼラチンゲルシートのEGF保持性能と創傷治癒促進効果の検討,第14回 日本再生医療学会,横浜,2015/03/19-21
10. 口演:神野千鶴, 森本尚樹, 坂本道治, 荻野秀一, 馬原淳, 藤里俊哉, 山岡哲二, 鈴木茂彦.高圧処理による母斑組織の不活化条件の検討,第14回 日本再生医療学会,横浜,2015/03/19-21
11. 口演:坂本道治, 森本尚樹, 井家益和, 高萩みき, 荻野秀一, 神野千鶴, 河合勝也, 鈴木茂彦.糖尿病マウスを用いたヒト培養表皮の創傷治癒促進効果の検討,第14回 日本再生医療学会,横浜,2015/03/19-21
12. Poster:Ito R, Lin CY, Cheng MH.Simultaneous Two Vascularized Submental Lymph Node Flaps to the Ankle and Thigh for Progressive Lower Limb Lymphedema Post Charles’s Procedure on the Leg,8th World Society
for Reconstructive Microsurgery Congress,Mumbai, India.2015/03/19-22
13. 口演:岸本英明, 丸川雄大, 内藤素子, 河合勝也, 鈴木茂彦.欠損または萎縮した鼻翼の再建術式の検討,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
14. 口演:神野千鶴, 川添剛, 葉山佐和子.皮膚マイクロニードリング法の皮膚に与える効果の検討,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
15. 口演:江野尻竜樹, 吉川勝宇, 河合勝也, 山脇聖子, 鈴木茂彦.当院におけるエキスパンダー、インプラントによる乳房再建の現状,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
16. 口演:綾梨乃, 幸島究, 上田真帆, 鈴木茂彦.Shear wave elastographyによるケロイドの組織硬度測定値と臨床所見、病理組織像は相関する,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
17. 口演:綾梨乃, 山脇聖子, 片山泰博, 内藤素子, 江野尻竜樹, 鈴木茂彦.皮膚マイクロニードリング法の皮膚に与える効果の検討,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
18. ミニシンポジウム:吉川勝宇, 江野尻竜樹, 冨士森英之, 山脇聖子, 鈴木茂彦.皮弁内血管吻合を駆使した腹部皮弁による乳房再建,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
19. ミニシンポジウム:益岡弘, 河合勝也, 岸本英明, 三河内章子, 竹内真理子, 鈴木茂彦.Pushback法による口蓋裂初回手術と術後成績,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
20. シンポジウム:山脇聖子, 内藤素子, 片山泰博, 綾梨乃, 江野尻竜樹, 鈴木茂彦.ケロイドの超音波診断機器による診断,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
21. シンポジウム:河合勝也, 川端慎吾, 神田則和, 中村陽子, 鈴木茂彦.創傷治癒促進材料としてDDS機能を有する機能的タンパク質(シルクエラスチン)の開発,第58回 日本形成外科学会総会・学術集会,京都,2015/04/08-10
22. ポスター:齊藤晋, 澤辺一馬, 鈴木義久, 鈴木茂彦.PIP関節Accessory collateral ligamentの線維化の局在性を掌側板の配置から間接的に評価する方法に関する研究,第58回 日本手外科学会学術集会,東京,2015/04/16-17
23. ポスター:津下到, 内藤素子, 鈴木茂彦, 月田香代子, 井上治久.Genomic correction of mutant TDP-43 iPSCs,第56回 日本神経学会学術集会,新潟,2015/05/20-23
24. ポスター:河合勝也, 川端慎吾, 神田則和, 鈴木茂彦.Pushback法における上顎発育抑制回避を目指した新規医療材料シルクエラスチンの検討,第39回 日本口蓋裂学会総会・学術集会,東京,2015/05/21-22
25. 口演:岸本英明, 丸川雄大, 益岡弘, 河合勝也, 鈴木茂彦.顎裂手術の腸骨採取による腸骨骨折合併症症例の報告,第39回 日本口蓋裂学会総会・学術集会,東京,2015/05/21-22
26. 口演:益岡弘, 河合勝也, 岸本英明, 鈴木茂彦.片側唇裂手術における就学前鼻形成手術後の中長期経過,第39回 日本口蓋裂学会総会・学術集会,東京,2015/05/21-22
27. Symposium:Kawai K, Masuoka H, Kishimoto H, Nakamura Y, Kishimoto M, Takeuchi M, Mitsugouchi A, Suzuki S.Modified Pushback Method to Avoid the?Suppression of the Maxillary Growth,第39回 日本口蓋裂学会総会・学術集会,東京,2015/05/21-22 
28. Poster:Yamawaki S, Yoshikawa K, Enoshiri T, Kitamura M, Tateya I, Hirano S.Cancellous bone grafts are effective for small bone defects due to mandible osteoradionecrosis,4th Congress of Asian Society of Head and Neck Oncology and 39th Annual Meeting of Japan Society for Head and Neck Cancer,Kobe,2015/06/3-6
29. 口演:坂本道治, 森本尚樹, 畠賢一郎, 井家益和, 高萩みき, 荻野秀一, 神野千鶴, 鈴木茂彦.同種培養表皮の臨床応用実現に向けての取り組み,第41回 日本熱傷学会総会・学術集会,名古屋,2015/06/18-19
30. 特別講演:河合勝也.創傷治癒理論及びV.A.C.の応用について,京都創傷管理セミナー,京都,2015/06/20
31. 口演:植木健太郎, 齊籐晋, 河合勝也, 鈴木茂彦.創の歪みに対するびらん形成術,第110回関西形成外科学会学術集会,大阪,2015/07/12
32. 講演:河合勝也.人工真皮の基礎と臨床,第8回 日本創傷外科学会教育セミナー2015,東京,2015/07/24
33. ポスター:河合勝也, 川端慎吾, 尾崎千紗, 中村陽子, 鈴木茂彦.新規創傷治癒促進材料シルクエラスチンにおける正電荷および負電荷細胞増殖因子のdual DDS機能について,第7回 日本創傷外科学会総会・学術集会,東京,2015/07/24-25 
34. 口演:荻野秀一, 森本尚樹, 坂本道治, 神野千鶴, 河合勝也, 鈴木茂彦.コラーゲン/ゼラチンスポンジよりのHGFとbFGF同時保持・徐放の検討,第7回 日本創傷外科学会総会・学術集会,東京,2015/07/24-25 
35. 口演:高田聡,中村陽子, 河合勝也, 田畑泰彦, 鈴木茂彦.ゼラチンハイドロゲル粒子含有積層化軟骨膜細胞シートの検討,平成27年度 京大形成外科集談会,京都,2015/08/01
36. 口演:上田 真帆, 齊藤 晋, 村田 光麻, 椛島 健治, 鈴木 茂彦.皮膚の線維配向性に関する研究,平成27年度 京大形成外科集談会,京都,2015/08/01
37. ポスター:平石宏行, 原弘明, 伊藤貢江, 岡田依子, 仲村ゆうな, 吉村正子, 木戸祐也, 長尾由理 ,松谷泰男, 河合勝也.当院における院内発生褥瘡の部位別の栄養学的検討,第17回 日本褥瘡学会学術集会,仙台,2015/08/28-29
38. 口演:吉川勝宇, 江野尻竜樹, 冨士森英之, 山脇聖子, 鈴木茂彦.乳房再建におけるDIEP-flapの重量の予測〜 シンプルな計算法 〜,第3回 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会,札幌,2015/09/03-04
39. 講演:鈴木茂彦.小児の形成外科治療,相楽郡小児科医会,奈良,2015/09/10
40. 講演:河合勝也.褥瘡の治療,第9回 在宅褥瘡セミナー,京都,2015/09/13
41. Poster:Katsube M, Kusumoto K, Nakano M, Iguchi Y, Tanaka Y, Suzuki S.Augmentation for Maxillofacial Deformities using Porous Hydroxyapatite Blocks,The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery,Maihama,2015/09/14-18
42. Poster:Yamawaki S, Yoshimi I, Enoshiri T, Katsube M, Aya R, Naitoh M, Suzuki S.CT-guided sclerotherapy for venous malformation,The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery,Maihama,2015/09/14-18
43. oral presentation:Kishimoto H, Yamada S, Katsube M, Masuoka H, Kawai K, Suzuki S.The proposal to preserve the lesser palatine nerve during palatoplasty,The 16th Congress of International Society of Craniofacial Surgery,Maihama,2015/09/14-18 
44. Poster:Noda K, Mishina Y, Komatsu Y.Constitutive active mutation of ACVR1 in oral epithelium causes submucous cleft palate in mice by preventing palatal epithelial disintegration during palatal fusion,5th Annual Postdoctoral Science Symposium at Texas Medical Center,Houston/ U. S. A.,2015/09/17
45. ポスター:片山泰博, 内藤素子, 石河利弘, 山脇聖子, 綾梨乃, 江野尻竜樹, 鈴木茂彦.ケロイド由来線維芽細胞の細胞増殖に対するコンドロイチン硫酸の影響,第24回 日本形成外科学会基礎学術集会,盛岡,2015/10/08-09
46. ポスター:高田聡, 中村陽子, 河合勝也, 田畑泰彦, 鈴木茂彦.積層化軟骨膜細胞シート機能に対するゼラチンハイドロゲル粒子の与える影響,第24回 日本形成外科学会基礎学術集会,盛岡,2015/10/08-09
47. ポスター:河合勝也, 川端慎吾, 中村陽子, 杣本聡, 鈴木茂彦.新規医療材料シルクエラスチンスポンジの創傷治癒効果とその作用機序について,第24回 日本形成外科学会基礎学術集会,盛岡,2015/10/08-09
48. 口演:荻野秀一, 森本尚樹, 坂本道治, 神野千鶴, 河合勝也, 鈴木茂彦.コラーゲン/ゼラチンスポンジからのHGF単独、bFGF同時徐放の検討,第24回 日本形成外科学会基礎学術集会,盛岡,2015/10/08-09
49. 口演:神野千鶴, 森本尚樹, 坂本道治, 荻野秀一, 馬原淳, 藤里俊哉,  鈴木茂彦, 山岡哲二.高圧処理によるヒト母斑組織の不活化及び再移植の検討,第24回 日本形成外科学会基礎学術集会,盛岡,2015/10/08-09
50. パネルディスカッション:齊藤晋, 上田真帆, 川勝基久, 鈴木茂彦.「解剖学的研究から臨床応用を目指す」 母指多指症の内在筋異常に対する超音波3次元イメージング〜解剖学的異常の同定と個別的治療戦略,第24回 日本形成外科学会基礎学術集会,盛岡,2015/10/08-09 
51. シンポジウム:坂本道治, 森本尚樹, 畠賢一郎, 井家益和, 篠原力, 高萩みき, 鈴木茂彦.同種培養表皮の製品化に向けての取り組み,第24回 日本形成外科学会基礎学術集会,盛岡,2015/10/08-09
52. 教育講演: 鈴木茂彦.競争的研究費獲得のために,第24回 日本形成外科学会基礎学術集会,盛岡,2015/10/08-09
53. Poster: Yamawaki S, Naitoh M, Aya R, Katayama Y, Enoshiri T, Saitoh S, Suzuki S.Quantitative assessment of scar stiffness using ultrasonography 7th joint meeting of Europearn Tissue Repair Society and the Wound Healing Society,Copenhagen/Denmark, 2015/10/21-23
54. ポスター:江野尻竜樹, 吉川勝宇, 山脇聖子, 河合勝也, 内藤素子, 齊藤晋, 鈴木茂彦.乳房再建〜低侵襲で整容性に優れた手術をめざして〜,第53回日本癌治療学会学術集会,京都,2015/10/29-31
55. ポスター:荻野秀一, 森本尚樹, 坂本道治, 神野千鶴, 伊藤蘭, 坂元悠紀, 鈴木茂彦.吸収性材料を用いた脂肪の再生,第37回バイオマテリアル学会大会,京都,2015/11/09-10
56. ポスター:神野千鶴, 森本尚樹,坂本道治,荻野秀一,馬原淳,藤里俊哉, 鈴木茂彦,山岡哲二.高圧処理によるヒト母斑組織の不活化及び再移植の検討,第37回バイオマテリアル学会大会,京都,2015/11/09-10
57. ポスター:神野千鶴, 森本尚樹, 坂本道治, 荻野秀一, 鈴木茂彦.Collagen SpongeとCollagen/Gelatin Sponge 移植後の治癒過程の比較,第37回バイオマテリアル学会大会,京都,2015/11/09-10
58. ポスター:高田聡, 中村陽子, 河合勝也, 鈴木茂彦, 田畑泰彦.生体吸収性ハイドロゲル粒子を含んだ積層化軟骨膜細胞シートの機能評価,第37回バイオマテリアル学会大会,京都,2015/11/09-10
59 ポスター:河合勝也, 川端慎吾, 中村陽子, 杣本聡, 田畑泰彦, 鈴木茂彦.新規創傷治癒材料シルクエラスチンの菌増殖抑制効果検討,第37回バイオマテリアル学会大会,京都,2015/11/09-10
60. 口演:坂本道治, 森本尚樹, 井家益和, 篠原力, 高萩みき, 荻野秀一, 神野千鶴, 鈴木茂彦. 重症熱傷の治療を目的とした同種培養表皮の製品化に向けての取り組み,第37回バイオマテリアル学会大会,京都,2015/11/09-10
61. シンポジウム:鈴木茂彦.形成外科(創傷外科学分野)において臨床応用されているバイオマテリアル,第37回バイオマテリアル学会大会,京都,2015/11/09-10
62. 口演:吉川勝宇, 江野尻竜樹, 冨士森英之, 山脇聖子, 鈴木茂彦.腹部皮弁による乳房再建
〜 皮弁内血管吻合と皮弁重量の予測〜,第42回 日本マイクロサージャリー学会学術集会,埼玉,2015/11/26-27
63. 口演:荻野秀一, 森本尚樹, 坂本道治, 神野千鶴, 坂元悠紀, 河合勝也, 鈴木茂彦.コラーゲン/ゼラチンスポンジのHGF単独、bFGF同時徐放能と創傷治癒促進効果の検討,第5回 DDS再生医療研究会,大阪,2015/11/2
64. 口演:荻野秀一, 森本尚樹, 中村陽子, 坂本道治, 神野千鶴, 伊藤蘭, 坂元悠紀, 平嗣良, 河合勝也, 田畑泰彦, 鈴木茂彦.生体吸収材料を用いたbFGFとその他サイトカインのdual徐放効果の検討,第45回 日本創傷治癒学会,東京,2015/11/30-12/01
65. 口演:坂本道治, 森本尚樹, 荻野秀一, 神野千鶴, 高萩みき, 篠原力, 井家益和, 鈴木茂彦.同種培養表皮の薬事承認に向けて-セルバンクに必要な安全性と有効性-,第45回 日本創傷治癒学会,東京,2015/11/30-12/01
66. 口演:田中啓貴, 齊藤晋, 鈴木茂彦.梢型Volkmann症候群の治療経験,第111回 関西形成外科学会学術集会,橿原,2015/12/05
67. 口演:前田和彦, 吉川勝宇, 田中啓貴, 江野尻竜樹, 齊籐晋, 河合勝也, 鈴木茂彦.移動型術中コーンビームCTの使用経験,第111回 関西形成外科学会学術集会,橿原,2015/12/05
68. ポスター:津下到, 内藤素子, 鈴木茂彦, 月田香代子, 井上治久.ALS iPS細胞の遺伝子修復,再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究)合同シンポジウム,東京,2015/12/14
 
   

▲ ページ上部へ
     
     

Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital

Copyright(C) by Department of Ophthalmology, Kyoto University Hospital. All Rights Reserved.