京都大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭顎部外科

トピックス

咽頭がん・喉頭がんに対する経口的手術

咽頭や喉頭などのいわゆる「のど」は飲み込みや発声など、人が生活を送るうえで重要な機能に大きく関係しています。そのため、咽頭がんや喉頭がんの治療においては癌を治療するだけでなく、治療後の人生を考えて飲み込みや発声の機能を如何に残すかが非常に重要です。

咽頭がんや喉頭がんの治療は手術と放射線治療に大別されます。以前は首の皮膚を切って外側からがんを取る頸部外切開術が広く行われてきましたが、近年はのどを温存するために放射線治療あるいは化学療法を併用した化学放射線治療も多くの施設で行われています。のどを残しながらがんを治療するという点で有効な治療法であり、当科でも積極的に行っていますが、放射線治療には副作用があり、時には深刻な副作用が起こります。放射線治療により唾液を作る唾液腺がダメージを受けたり、のどの組織がダメージを受けて動きが悪くなるので、治療でがんが治っても、口の中がカラカラに乾いたり、食べ物がうまく飲み込めなくなったりして、がんが治っても口から食べることができなくなることがあります。

そこで当科では、出来るだけ飲み込みや発声の機能を残しつつがんを根治することを目的として、首を切らずに内視鏡を用いて口からがんを取る経口的手術(ELPS: endoscopic laryngo-pharyngeal surgery)も積極的に行っています。

経口的手術は消化器内科医と共同で行っており、消化器内科医が口から胃カメラを入れて、耳鼻科医がモニターを見ながら手術を行います。

すべての操作を口から行うため、皮膚に傷をつけずに手術を行うことができます。また必要最小限の範囲でがんを取ることが出来るため、手術後の飲み込みや発声の機能損失を必要最小限に抑えることが可能です。このような咽頭がんや喉頭がんに対する積極的な経口的手術は、新たな低侵襲手術として国内外で急速に広まってきていますが、当科は経口的手術において国内有数の経験を持っております。

ただし、すべての咽頭がんや喉頭がんに経口的手術が有効という訳ではありません。経口的手術が有効なのは早期がんであり、がんの部位・進行によっては化学放射線治療や頸部外切開術の方が適していますので、放射線科と相談しながら最適な方法を選択し、患者さんにご提案しています。

下咽頭がんに対する経口的手術
図:下咽頭がんに対する経口的手術
下咽頭に出来ているがんの周囲に印を付け、皮膚に傷を付けることなく口から摘出します。
正常な組織を極力温存する低侵襲手術により、手術後の飲み込みや発声の機能の温存が可能です。

最終更新: 2014年10月14日16:13

ページトップへ