京都大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭顎部外科

トピックス

早期喉頭癌のレーザー手術

喉頭癌とは

喉頭は気管の上方(入り口)に存在する器官で、後方は食道の入り口になります。

この部位は呼吸の道であると同時に食事が気管にはいらないように保護する役目や、発声機能をもつ極めて重要な器官です。喉頭癌は喉頭に発生する悪性腫瘍で、これらの重要な役割を損なう深刻な病気です。多くは声をだす声帯という粘膜にできますので、早期から声枯れをきたすため早期発見がしやすいという特徴があります。喫煙者に多いので、喫煙者で声枯れが続くようなら早めに受診することが重要です。早期にみつかると声帯の機能を温存した治療が可能ですが、進行癌になると声帯を摘出しないといけない場合が多くなります。

早期喉頭癌の治療

1. 放射線療法治療

早期の喉頭癌は放射線療法で治ることが多く、その場合組織を温存できますので、発声を残すことができるのが最大の利点です。ただし、放射線被爆による後遺症が残ることと、声ももとの状態にもどるわけではありません。治療期間が長いことも欠点のひとつです。次にのべるレーザー手術とどちらを選択するかは病状や各患者さんのニーズに合わせて考える必要があります。

2. レーザー手術

早期の声帯の癌はレーザー手術でも十分に直すことが可能です。放射線療法と治癒率は同等です。最大の利点は治療が短期ですむこと、放射線被爆の問題がないことです。逆に最大の欠点は声が悪くなることですが、これは病状により様々です。癌が深くなればその分深く組織を切除しなくてはならなくなり、術後の声は悪くなります。一方、浅い癌であれば組織欠損も少なくてすみ、声の悪化も軽度ですみます。

当科では、症例を選び、レーザー手術を行っております。これは全身麻酔下に行う手術ですが、口から喉頭鏡という手術器具を喉頭まで挿入し、顕微鏡下に行ないます。皮膚を切ったりしませんので侵襲が低く、日帰りか一泊程度の入院ですみます。術後は1週間ほど声の安静が必要ですが、それ以外は通常通りの生活が可能です。適応については当科音声外来、腫瘍外来でご相談ください。

基本的によい適応は次のような方々です。

  1. 若い方
  2. 病変が浅いかた
  3. 短期間での治療を希望されるかた
  4. 放射線療法を希望されないかた
参考文献
平野 滋:全身麻酔下喉頭微細手術.喉頭19:87-92,2007.
平野 滋、永原國彦:Zeitels型喉頭鏡を用いた早期声門癌のレーザー手術.音声言語47:1-4,2006.
平野 滋、永原國彦、高北晋一、森谷季吉、北村守正、柴山将之、夜陣真司、藤原和典:Zeitels型喉頭鏡を用いたラリンゴマイクロサージャリー.日気食55:468-472,2004.
平野 滋:マイクロフラップテクニックによるラリンゴマイクロ手術.日耳鼻専門医通信 93:18-19,2007.
(文責:平野 滋)
図.

実際の手術所見.

浅い病変であればレーザーを用いずに組織損傷を最小限にした切除が可能.

早期喉頭癌のレーザー手術

最終更新:2016年7月6日 21:22

ページトップへ